自分

22件RSS

私って、どんな人間?静かに内面と向き合える15の「自分テスト」

私って、どんな人間?静かに内面と向き合える15の「自分テスト」

あなたは自分自身のことをどれくらい知っていますか?自分のことは全て知っているようで、まだまだ奥深い側面をもっている私たち。今回は、本当の自分の姿を見つめるために、15の質問を用意しました。静かに自分の内面と向き合ってみませんか?

mi--ma

月イチのご褒美やおすそ分けにも。暮らしを豊かにする「定期便」6のリスト

月イチのご褒美やおすそ分けにも。暮らしを豊かにする「定期便」6のリスト

食材や美容、ライフスタイルの製品を定期的に自宅に届けてくれる定期便。利用したことありますか?今回はその中でも、暮らしを豊かにする、特別感のある定期便を集めてみました。毎日頑張っている私に、ちょっとした贅沢をしてみましょう。毎月自分のために何か素敵なものが届くのは、ワクワクしますよね。中身が分かっていても、分かっていなくてもお届け物が...

jasmy66

立ち止まったら白紙に戻そう。「初心に返る」効果的なリセット方法

立ち止まったら白紙に戻そう。「初心に返る」効果的なリセット方法

人生にはさまざまな出来事が起こります。良いこともそうでないこともありますが、頭も心も、そして身体もいっぱいいっぱいになってしまったら、いったん立ち止まることも必要です。初心に返り、本来の自分自身を取り戻すためにできる、9つのリセット方法をご紹介します。

mi--ma

恥ずかしい気持ちから逃げないで。大人になったら少しだけ「恥ずかしさ」に目を向けてみませんか?

恥ずかしい気持ちから逃げないで。大人になったら少しだけ「恥ずかしさ」に目を向けてみませんか?

子どもでも、大人になってからも「恥ずかしい」と思うこと、ありますよね。ドキドキと胸が鳴って、顔が赤らむような「恥ずかしさ」、子どもの頃ならなんとなくやり過ごしていたかもしれません。でも、大人になってからの「恥ずかしさ」は、捉え方によっては自分を応援するための大きな力に変えられるものです。

dayasu

「毎日なんだか退屈…」な人へ。人生の楽しみを増やす《アウトプット》のすすめ

「毎日なんだか退屈…」な人へ。人生の楽しみを増やす《アウトプット》のすすめ

たくさんの情報やものに囲まれて、欲しい、知りたいという欲求は苦労せずとも満たすことができる時代。それなのに、どうしてか「毎日がなんだか退屈」と感じることはないでしょうか。情報もモノも、受ける(=インプット)ばかりではだんだんと面白さは薄れていってしまいます。だからこそインプットと同時にバランスよく行いたいのが「アウトプット」です。人...

dayasu

来年をもっと素敵に過ごせるように。今年一年を振り返る「質問リスト」手帳術

来年をもっと素敵に過ごせるように。今年一年を振り返る「質問リスト」手帳術

今年も残すところあとわずかとなり、慌ただしい時季に差し掛かりました。今年はどんな一年だったでしょうか? よかったことも悪かったことも含めて、手帳を使ってこの一年を振り返ってみませんか。自分の軌跡を振り返ることで、課題が見つかり、次の一年の夢や目標を見出すことができます。それは、新しい一年をもっと素敵にするための、大切なステップであり...

mmommon

変化に負けない自分づくり。「タフ」さを引き出す方法

変化に負けない自分づくり。「タフ」さを引き出す方法

若い頃はもちろん、ある程度歳を重ねても自分の人生設計とは必要なものです。目指したい自分の姿が明確であることは、気持ちにハリをもたせ、輝き続けるために必要な事ですよね。でも、全て自分の思い通りには、いかないもの。どこかでつまづく事や予定変更を余儀なくされることもあるでしょう。だからこそそんなトラブルは当たり前と思えるようなタフさを身に...

dayasu

一冊あればうまくいく!人生をムダにしない「わたしのマニュアルノート」

一冊あればうまくいく!人生をムダにしない「わたしのマニュアルノート」

スマホひとつで何でも調べられる時代ですが、自分のことは自分自身にしか分からないもの。みなさんはご自身のことをどれだけ把握できているでしょうか? なんとなく頭で覚えているものの、細かいことはあやふや……なんてこともあるかもしれません。いざというときに慌てないためにも、ひいては人生をムダにしないためにも、「わたしのマニュアルノート」を一...

mmommon

今よりもっと魅力的な自分に出会えるはず。「感性」を磨く5つの方法

今よりもっと魅力的な自分に出会えるはず。「感性」を磨く5つの方法

“感性が豊かな人”というのは、どこかアーティスティックで、特別感があって、とても魅力的にうつるもの。例えば、自分が思いつかなかったようなアイデアを出してくれたり、一緒にいるだけでワクワクするような体験ができたり、表現や言葉に感心させられることもしばしば。そんな素敵な魅力ある人に近づく、「感性」を磨く方法をご紹介します。

himary

「大人だから」に縛られていない?本当の“自分らしさ”を楽しむヒント*

「大人だから」に縛られていない?本当の“自分らしさ”を楽しむヒント*

「年を重ねた分、賢くなる」とは、すでに大人になった私たちにとっては、ある種の励ましのような言葉。私たちは年を取るほど、この経験をちゃんと生かさないといけないとか、もう2度と同じ失敗はしないと思いがち。そして、いつからか、冒険心や好奇心を一旦心の隅に置いて、要領よく生きることが当たり前になってしまっているかもしれません。でも、それって...

h_mk

いつだって古びない私でいたいから。どちらも大切な「自分をもつ」+「自分を捨てる」こと

いつだって古びない私でいたいから。どちらも大切な「自分をもつ」+「自分を捨てる」こと

変化の激しい時代、「当たり前」だと思っていたことがいつしか「当たり前」ではなくなっていたり、広く信じられていた事の誤りが明るみになって、いつのまにか新たな知識が「常識」としてアップデートされていたり…ということも。すんなり適応できる場合もあれば、戸惑ってしまうケースも。今後、変化の中で自分らしく生きるためには、「自分をもつ」ことと同...

mozumozu

頑張りすぎない、詰め込みすぎない。心の「余白」でゆとりのある暮らしを

頑張りすぎない、詰め込みすぎない。心の「余白」でゆとりのある暮らしを

モノで溢れた部屋が落ち着かないように、心だって同じこと。予定や考え事でギュウギュウに詰まっていると、気持ちが荒んだり、ネガティブになりやすくなります。自分らしく、生き生きと過ごすためには心に「余白」を持つことがとっても大切。日々のちょっとした習慣で、誰でも手に入れることができますよ。

ten_ten

「からだの声」を聴く方法って?自分と最高の親友になれる「フォーカシング」技法

「からだの声」を聴く方法って?自分と最高の親友になれる「フォーカシング」技法

心の内に「もやもや」や「ふわふわ」、「冷たくて硬いもの」といった何かを感じるけれど、それが何なのかよくわからない…ということはありませんか?頭や心で考えるより先に、自分の体が感じとっている「何か」。でもその原因は、明確に言語化できる事ばかりではありませんよね。気分がふわふわしたり、お腹がちくっと硬くなったり。そんな「からだの声」に、...

mozumozu

さりげなく個性光る大人に。自分の“得意”を伸ばす上で役立つ「8つの性格タイプ」をご案内

さりげなく個性光る大人に。自分の“得意”を伸ばす上で役立つ「8つの性格タイプ」をご案内

自分の「得意な能力」は、生活したり仕事をしたりする上で、自然と活かせているものですよね。でも無意識に使っているので、どんな能力なのか自覚できていない場合も…。分析心理学者のC・G・ユングは、そんな「得意なこと」を基準に、人の「性格」を8つのタイプに分けました。もちろん、この8つのタイプに誰もがぴったりあてはまるわけではありませんが、...

mozumozu

自分の意見を言って終わり?他人の意見を受け入れるための「心のゆとりの作り方」

自分の意見を言って終わり?他人の意見を受け入れるための「心のゆとりの作り方」

社会人となっていろんなものを吸収しながらがむしゃらに突き進んだ20代に比べて、30代というのはある程度の経験を積み自信もついてくる時期、ですよね。意見を求められたり他人にアドバイスする立場になっているかもしれません。でも、そんな時期だからこそ大切にしたいのが、どう意見するかより「人の意見を受け入れられるか」どうかです。人の意見を受け...

dayasu

自分の心の声に敏感になるためには?本心の赴くまま「直観力」を鍛えよう

自分の心の声に敏感になるためには?本心の赴くまま「直観力」を鍛えよう

多くの人と関わりを持ちながら暮らしている毎日、本心とは違うなと感じつつも誰かに合わせなくてはいけない場面も時にはあるでしょう。でも、本当に大事な局面に立ったときには自分の心が指し示す「直感」を大事にしたいものです。「直感力」とは何か、どんな風に鍛えられるのか、自分で納得した道を歩いて行くために必要な「直感力」についてまとめました。

dayasu

自分の心にそっと耳を傾けて。“好きなものを好き”と素直に言える私でいるために

自分の心にそっと耳を傾けて。“好きなものを好き”と素直に言える私でいるために

“好きなものを好き”と言うことは、簡単なようで難しい。「流行じゃない」「歳相応じゃない」「みんなと違うから」いろんな理由をつけて自分の気持ちにフタをしてしまっていませんか。「好き」は自分らしさをあらわす大切な感情です。心の声を素直に言葉にすれば、人生がもっと素敵に、もっと楽しく広がりますよ。

ten_ten

とらわれずに活かすべき。大切に育てたい“適性”とは?働く人の「6つの性格タイプ」をご案内

とらわれずに活かすべき。大切に育てたい“適性”とは?働く人の「6つの性格タイプ」をご案内

「自分にはどんな仕事が向いているんだろう?」仕事探しの際にこんな風に考えることはないでしょうか。特に職探しをしていなくても、今の仕事に活きている自分の「特性」とはどんなものなのか、これから活かしていける「特技」があるとしたらどんな分野なのか、今一度見つめ直してみるのも長い将来において役に立つかもしれません。ホランドというアメリカの心...

mozumozu

365日あなたに寄り添うストーリーを探しに〜《世界のおとぎ話、神話、民話編-第1章-》

365日あなたに寄り添うストーリーを探しに〜《世界のおとぎ話、神話、民話編-第1章-》

子どもの頃、神話や民話・おとぎ話に、わくわくと読み入った経験はないでしょうか。「子どもの時に読んだけれど、大人になってからは馴染みがない」という人も多いかもしれません。しかし、神話やおとぎ話や民話の寓意の中には、私たち現代人が今まさに直面しているようなテーマ性が脈々と息づいていることがあり、心が晴れ模様の時も荒れ模様の時も、その時々...

mozumozu

たまにはいいよね。今年も一年頑張ったわたしに「自分へのご褒美」のススメ

たまにはいいよね。今年も一年頑張ったわたしに「自分へのご褒美」のススメ

そろそろ年末の声を聞くようになってきました。一年を振り返ってみると良いことも嫌なこともその都度懸命に向き合って乗り越えてきた自分がいますよね。そんな自分に今年もお疲れ様、と何かご褒美をあげましょう。自分のことは自分が1番わかっているからこそ、「今の自分」にあったご褒美を選びたいですよね?体や心が疲れている、新しい世界に興味がある、と...

dayasu

小さな目標を立てて「新しい私」に。この春、何かひとつから始めてみませんか?

小さな目標を立てて「新しい私」に。この春、何かひとつから始めてみませんか?

身の周りの何かを変えると、気持ちの切り替えができ、毎日の生活に張りが出るというもの。でも最初に立てる目標が大きすぎると、達成できずに計画倒れになってしまうこともよくあります。それなら、無理をしないでできる小さな目標をひとつ立てみませんか?今回は、気楽に「新しい私」を見つけるためのヒントをご紹介します。

ten_ten

誰かのために今日も頑張るあなたに。今、大切にしてほしい「自分」のこと

誰かのために今日も頑張るあなたに。今、大切にしてほしい「自分」のこと

家族や会社のためにいつも頑張っている、そんな女性はきっと少なくないでしょう。相手のためにと頑張る毎日の中で、自分の心や体の声に耳をすませ、いたわる時間をとっていますか?自分をしっかりいたわることは前へと進む原動力につながります。前向きで溌剌とした毎日を過ごすためにちょっと立ち止まって「自分」に目を向けてみませんか?

dayasu

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info