秘境

15件RSS

一生に一度は訪れてみたい世界の絶景 ~ネパール ポカラとアンナプルナ連峰編~

一生に一度は訪れてみたい世界の絶景 ~ネパール ポカラとアンナプルナ連峰編~

地球上には日々の生活では想像もつかないような素晴らしい景色が点在しています。その土地特有の風土、気候、歴史、文化、景観が織りなすことによって作り出される風光明美な景色や素晴らしい景勝地は「絶景」と評価され、訪れる者を魅了してやみません。日常の喧騒を忘れさせてくれる、自然の造形美が作り出した絶景、メルヘンの世界のような景色など、地球上...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる九州地方北部の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる九州地方北部の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅へ...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる九州地方南部の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる九州地方南部の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅へ...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-中国地方-の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-中国地方-の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-四国地方-の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-四国地方-の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-北陸・上越地方-の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-北陸・上越地方-の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-近畿地方-の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-近畿地方-の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-甲信越地方・長野県-の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-甲信越地方・長野県-の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-関東地方の秘境駅-を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-関東地方の秘境駅-を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-東海地方・静岡県-の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-東海地方・静岡県-の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-東北地方の秘境駅-を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる-東北地方の秘境駅-を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

日本の原風景が広がる関西の秘境。奈良県十津川村のおすすめスポット

日本の原風景が広がる関西の秘境。奈良県十津川村のおすすめスポット

奈良県最南端に位置する十津川村は、1989年に大手旅行会社であるJTBが発刊する雑誌「旅」の創刊750号を記念して選ばれた「日本の秘境100選」として選定された秘境の一つです。「秘境」と評されるに値する豊かな自然と日本の原風景ともいえる素晴らしい景観を持つ十津川村は人々を魅了してやみません。有名な寺社仏閣が集中し、大勢の観光客で賑わ...

poporo

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる北海道の秘境駅を訪れませんか

まるで時間が止まったかのよう。郷愁感じる北海道の秘境駅を訪れませんか

秘境駅という言葉は、1998年に鉄道フリーライター所澤秀樹氏が発刊した著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』で登場してから知られるようになりました。やがて、日本の秘境駅訪問家の牛山隆信が全国の秘境駅を訪問し、テレビやWebサイトなどのメディアを通じて全国の秘境駅を紹介し、「秘境駅」という言葉は一躍有名となりました。人里から遠く離れ、駅...

poporo

一度は訪れてみたい!美しすぎる【東京の秘境・青ヶ島】の見どころ・楽しみかた

一度は訪れてみたい!美しすぎる【東京の秘境・青ヶ島】の見どころ・楽しみかた

太平洋に浮かぶ孤島・青ヶ島。島全体が「二重カルデラ」という火山でできている美しい火山島です。一度見たら忘れられない独特の地形は、いつかは絶対にここを訪れてみたいと思わせます。東京都内でありながら、全国で最も人口が少ない村として知られ、アクセスはヘリコプターか船のみに限られています。地形以外にも、星空観察に適していたり、島寿司や焼酎な...

mooty

昔から変らない"日常"に泊まる。日本の秘境「桃源郷祖谷の山里」を訪れて

昔から変らない"日常"に泊まる。日本の秘境「桃源郷祖谷の山里」を訪れて

ゆったりとした時間が流れ、ここは一瞬どこかしら、と思ってしまうほど幻想的で懐かしい風景が広がる徳島県・祖谷(いや)。そこはまるで桃源郷かと思うほど。今回ご紹介する「桃源郷祖谷の山里」では、茅葺き民家に宿泊することができます。まるでタイムスリップしたかのようなその空間で、自然を感じ、街では味わえない「日常」を知ることが出来ます。

motoue

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info