日本文化

28件RSS

その趣味、もっと突き詰めてみよう。暮らしを豊かに彩る《習い事》のすすめ

その趣味、もっと突き詰めてみよう。暮らしを豊かに彩る《習い事》のすすめ

大人になると自分のまわりの世界がなかなか広げられなくなってしまう人も多いものですよね。新しい世界を知るために、普段から楽しんでいるお花や楽器などをしっかりと習い事として学んでみるのはいかがですか?自分をブラッシュアップしていくことで、毎日の暮らしはもっともっと豊かになっていくはずです。大人の女性におすすめの習い事をご紹介していきましょう。

shiro_chan

8月4日は「箸の日」。欠かせない存在に感謝を込めて、知っておきたい《箸のアレコレ》

8月4日は「箸の日」。欠かせない存在に感謝を込めて、知っておきたい《箸のアレコレ》

日本の食文化に欠かせず、食を口へ運ぶことで命をつなぐ“かけハシ”にもなっている箸。身近にあることがあまりにも当たり前になっているものですが、1年に1度はその存在にもっと注目してみませんか?「箸の日」を記念して、箸にまつわる豆情報をお届けします。

kimimaki

和装のオシャレ度が断然上がるワインポイント。「帯締め」にこだわるということ

和装のオシャレ度が断然上がるワインポイント。「帯締め」にこだわるということ

和装にはさまざまな小物がありますが、その中でもセンスの良さが現れる「帯締め」。着物の柄や帯を選んだあと、その色合いや印象に合わせた帯締めにまでこだわれたら上級者です。全体のバランスを引き締める役目を果たし、コーディネートも気軽に楽しめます。この夏は浴衣でも、帯締めでアクセントをつけてみては?

kimimaki

「包む」それは、大人のたしなみ。「ふくさ・ふろしき」に入れる “大切な気持ち”

「包む」それは、大人のたしなみ。「ふくさ・ふろしき」に入れる “大切な気持ち”

「包む」ことは日本独自の文化のひとつ。シチュエーションに合わせて様々な作法があり、そのひとつひとつに相手を敬う心づかいが込められています。最近ではめっきり使う機会が減った「ふくさ・ふろしき」ですが、大人のたしなみとして、また先人の想いを引き継ぐ意味も含めて、あらためて知って、使ってみませんか。

ten_ten

薄明りの中で味わいたい。「和食器」でゆったり楽しむ【食】はいかが?

薄明りの中で味わいたい。「和食器」でゆったり楽しむ【食】はいかが?

同じお料理でも、器やその場所の雰囲気が違うだけで、全く違う味に感じてしまった経験はありませんか?「日本食は目で楽しむもの」とよく言われますが、お料理に合わせて、素敵な和食器を使ってみたいものですよね。この記事では、和食器やその魅力を生かすレシピ、食卓の雰囲気づくりをご紹介。時には、古くから日本人が大切にしてきた事柄に想いを馳せながら...

chiiisa

【日本全国】伝統・ものづくり体験の旅へ。体験を通してもっと知って、もっと楽しもう!

【日本全国】伝統・ものづくり体験の旅へ。体験を通してもっと知って、もっと楽しもう!

「誰かと一緒に何かを作る」。大人になるとなかなか経験できないことの1つです。「温泉」や「リゾート」への大人の女子旅もいいですが、たまには旅先で何かを≪体験≫してみるのはいかがですか。旅した人と何かを一緒に作ることで絆も深まり、また旅先の文化や名物への理解も深まります。旅の選択肢も広がってオススメですよ。

yumi3

外国のお友達にもきっと喜ばれる◎優美で愛らしい< Made in Japan の贈り物 >

外国のお友達にもきっと喜ばれる◎優美で愛らしい< Made in Japan の贈り物 >

日本には世界に誇れる良品がいっぱい。かわいらしい和菓子やアイデアが光る雑貨など、海外の人たちに自慢したくなるような日本製品をご紹介します。その中でも軽くてかさばらない、日持ちがする、などといったお土産にしやすい特徴を持つものを集めました。海外留学する時や、外国のお客様が来日する際に、こんなおしゃれな和アイテムをプレゼントしてはいかが...

kimimaki

春から一生もののスキルを♪海外でも通用する日本文化が身に付く、“和の習い事”帳

春から一生もののスキルを♪海外でも通用する日本文化が身に付く、“和の習い事”帳

春に向けてそろそろ何か新しいことをはじめたいと思っている方、“和の習い事”はいかがですか?和菓子、着付け教室、お習字、お茶、いけばな、日本舞踊、三味線・琴・和太鼓などの和楽器、短歌・俳句、落語、写経などなど、数え上げたらきりがないほどバラエティに富んでいるんです。今回は、コツコツと身に付ければ一生もののスキルになる上に、東京オリンピ...

cafe coffee

知って和食をもっとおいしく。日本の食文化から再発見できる「和食器」のスゴさ

知って和食をもっとおいしく。日本の食文化から再発見できる「和食器」のスゴさ

食が多様化してきている昨今。テーブルウエアもさまざま楽しめるようになり、ご家庭では和・洋の器を組み合わせて使っているという方も多いのではないでしょうか。ところで、和食器はそもそも洋食器と何がどう違うのか、ご存知ですか?伝統的な日本の食文化を考察しながら、洋食器とは異なる和の魅力を探ってみましょう。違いを知ると、器の奥深さを再発見でき...

kimimaki

1月は新しい一年の始まり。きちんと知っておきたい【日本古来の行事】

1月は新しい一年の始まり。きちんと知っておきたい【日本古来の行事】

まもなく迎える「お正月」。初日の出とともに各家庭にあらわれる年神様は、家族に一年の幸せを運んできてくれるといわれています。素晴らしい一年をはじめられるように、しっかりとお正月行事を行いたいですね。今回は、1月1日から1月15日までのお正月行事を由来とともにご紹介します。きちんと知ることで、より日本文化への理解も深まるかも。

yumi3

「良い一年になりますように。」お正月飾りにまつわるアレコレと、素敵な飾りかた

「良い一年になりますように。」お正月飾りにまつわるアレコレと、素敵な飾りかた

鏡餅にしめ飾り、門松などのお正月飾り。なんとなく毎年飾っているという人も多いですよね。お正月飾りにはそれぞれちゃんと意味があるんです!せっかく日本に生まれたのですから、お正月という素晴らしい日本文化についておさらいしてみましょう。きっとお正月飾りを飾るのがもっともっと楽しみになりますよ♪お正月飾りにまつわるアレコレをご紹介していきます。

shiro_chan

文化の違いに興味津々*海外ではあたり前の "ドネーション(寄付)"について知ろう

文化の違いに興味津々*海外ではあたり前の "ドネーション(寄付)"について知ろう

皆さんは、今年どんなことに寄付をしましたか?海外では当たり前のように行われている「ドネーション(寄付)」ですが、日本ではあまり馴染みがありませんよね。これは日本と海外の文化の違いによるもの。今回は誰かを笑顔にできる、素敵な「寄付」の習慣について一緒に考えてみましょう。

yumei3

2018年はもうすぐ。"AKOMEYA"で見つける新年支度&かわいいお正月アイテム

2018年はもうすぐ。"AKOMEYA"で見つける新年支度&かわいいお正月アイテム

もうすぐお正月。「新年の準備」は、始めていますか。年末年始の食卓準備やお年賀、新しい年から使う雑貨など…大切な家族の幸せを願いながら、少しずつ用意していきたいですね。新しい年が素敵な1年になるように、丁寧に年末年始を過ごしましょう。今回は楽しい新年を迎える時にあると嬉しいアイテムの数々をAKOMEYA TOKYOよりご紹介します。

yumi3

全国津々浦々、北から南まで。旅先で食べた味【郷土料理】を再現レシピ!

全国津々浦々、北から南まで。旅先で食べた味【郷土料理】を再現レシピ!

旅に出た時に出会う、その土地でしか食べられない郷土料理。地元の食材をふんだんに使い、伝統の味付けで作られたその味はこの先もずっと受け継いでいきたいふるさとの味です。全国北から南まで様々な郷土料理がありますが、自分の家でもそれが再現できたらうれしいですね。思ったよりも手軽に作れる、郷土料理のレシピをご紹介します。

moemoi

きちんと自国の文化を語れる人に。今さら聞けない、もっと知りたい『和食』のこと

きちんと自国の文化を語れる人に。今さら聞けない、もっと知りたい『和食』のこと

毎日の食事、今日は和風にしようと思ったら、どんなメニューが思い浮かびますか?パッと頭に浮かんだものは、和食、それとも日本食?そういえば和食と日本食ってどう違うんだろう…。食事は毎日のことだから、きちんと知っておきたいですよね。今改めて和食についてまとめました。

dayasu

日本のブルー、美しい伝統技術を身に纏う。夏にぴったりの「藍染め」コーデ

日本のブルー、美しい伝統技術を身に纏う。夏にぴったりの「藍染め」コーデ

日本の伝統的な技術がつまった「藍染め」。深みのある美しい藍色はジャパンブルーとも呼ばれ、世界中の人に知れ渡っています。独特の性質を生かした「藍」は、人類最古の天然染料と言われ重宝されてきました。古来から伝わる藍染めを身に纏って、夏のファッションを楽しんでみませんか♪

kainalu5

暮らしのそばに美意識を。日本人女性として大切にしたい「たしなみ」とは?

暮らしのそばに美意識を。日本人女性として大切にしたい「たしなみ」とは?

「たしなみ」がある、とはどういったイメージでしょう。好みや趣味、心がけ、つつしみ、物事に対する心得…特に、芸事・武道などの心得などを「たしなみ」というのだそうです。今回は、日本人女性として知っておきたい、歴史と共に培われた文化の奥ゆかしさと共に「たしなみ」とはなんだろう?ということを一緒に考えてみたいと思います。日々をよりよく暮らす...

kitto

古着を裂いて織って。古布が新しく生まれ変わる“裂き織り”文化の魅力

古着を裂いて織って。古布が新しく生まれ変わる“裂き織り”文化の魅力

“ひとつのモノを長く使う”そんな古き良き日本の文化から生まれた「裂き織り」は、昔から人々の生活を少しでも潤すために重宝されてきました。そして現在、その使い心地の良さやデザイン性の高さから魅力が再認識され始め、幅広い年齢層の人々から支持を得ています。そんな「裂き織り」の文化やアイテムを紹介します。

kouno-u

改めて魅力を知る。美味しい「日本茶」が味わえるカフェ@東京

改めて魅力を知る。美味しい「日本茶」が味わえるカフェ@東京

日本の歴史と共に親しまれてきた日本茶。いつも身近にある日本茶ですが、本当に美味しいお茶がどんな味なのかは、意外に知らない人も多いのでは?ペットボトルで気軽にお茶が飲めるようになった一方、家庭に急須がないという方もたくさんいらっしゃるかもしれません。海外からの観光客が増えたり、和食が世界文化遺産に登録されたりという中で、今また日本茶の...

ori-oon

ジャパンメイドブランドのSCYE/ SCYE BASICSってどんなブランド?

ジャパンメイドブランドのSCYE/ SCYE BASICSってどんなブランド?

ジャパンメイドのSCYE/ SCYE BASICS(サイ・サイベーシック)、仕立ての良さや気品あふれるデザインは一体どこからくるのでしょうか??可愛いけど、ただ可愛いだけじゃない!そんな奥の深いSCYEの魅力をまとめてみました♪

citrus

奈良ののどかな空気をそのままに。天平の都・奈良の魅力あふれる商品を届ける「中川政七商店」

奈良ののどかな空気をそのままに。天平の都・奈良の魅力あふれる商品を届ける「中川政七商店」

1716年に奈良で創業した「中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)」。日々の暮らしを豊かにしてくれる、高品質でありながらどこか遊び心がある生活雑貨が幅広く取り扱われています。中でも奈良の伝統工芸品や奈良にまつわる商品は、奈良で生まれ「日本の工芸を元気にする!」がモットーなお店だけあり、たくさん作り出されています。そんな中川政七商...

eriiy

京都を旅するのなら「名園」へ。庭が授ける“わたしの時間”

京都を旅するのなら「名園」へ。庭が授ける“わたしの時間”

京都は、世界に誇る日本文化の宝庫。京都旅行の醍醐味は、歴史が育んだ芸術や文化と出会い、自身の感性と響き合わせることにあります。本記事では、京都で育まれた日本美術の一ジャンル「日本庭園」の歴史と様式について、京都の素晴らしい庭園の数々と共に紹介します。庭園を訪れて、あなただけの素敵な一時を味わいましょう。

rocoroco

「はじめてのお歳暮」に。Amorpropio読者におすすめしたい“うれしい贈り物”

「はじめてのお歳暮」に。Amorpropio読者におすすめしたい“うれしい贈り物”

お世話になった方や上司、あるいは取引先などへ贈るお礼の品や挨拶の品、そしてその行事のことを指す「お歳暮」。そして最近では、友人などの親しい相手に贈るケースも増えてきているとのことです。人とは少し違う、オシャレで個性的な、いただいた方が思わず笑顔になるような品物をセレクトして、日頃の感謝の気持ちを伝えてみませんか?

eri

きれいは「ことば」に表れる。美しい大和言葉を話してみませんか

きれいは「ことば」に表れる。美しい大和言葉を話してみませんか

大和言葉とは、わたしたちの先祖が作りだした生粋の和の言葉。最近、その響きの良さと知的な表現に、あらためて注目が集まっています。話し言葉には人柄がにじみ出るもの。美しい大和言葉をさらりと使いこなして、ワンランク上のコミュニケーションを楽しみましょう。

ten_ten

包む、結ぶ、巻く。気持ちをこめる日本の伝統文化を知ろう

包む、結ぶ、巻く。気持ちをこめる日本の伝統文化を知ろう

プレゼントにはきれいにラッピングをしてリボンをかけるように、日本人は伝統的に「贈る」時には「包む」「結ぶ」という所作をしてきました。単なる飾りではない「包む」「結ぶ」に込めた気持ちを知って、これからの時代にも引き継いでゆきたいですね。

saji

極上の緑茶を味わって。300年愛される京の老舗茶屋「一保堂」

極上の緑茶を味わって。300年愛される京の老舗茶屋「一保堂」

京都で300年近く愛され続けているお茶屋「一保堂」さん。一級の緑茶と季節の和菓子を楽しめて、お茶の知識を得ることもできるオススメのお店です。喫茶室でゆったりとお茶を味わったり、テイクアウトを頼んで京散策に出かけたりと、自由なスタイルで京の和を堪能してみてはいかがでしょう。

kota_design

使い道さまざま!古き良き日本の道具“竹ざる”を使ってみよう。

使い道さまざま!古き良き日本の道具“竹ざる”を使ってみよう。

夏の食卓に欠かせない竹製のざる。涼しげなガラスの器との組み合わせも相性が良く、いつもの食材もひと際美味しそうに見せてくれます。プラスチックや金属製のざるも便利だけど、竹ざるはお手入れも簡単で軽くて割れる心配もなく、とても扱いやすいのです。普段使いの日用品として、竹ざるを見直してみませんか。

ann_ann

日本の夏。昔ながらの蚊取り線香をもう一度見直してみる。

日本の夏。昔ながらの蚊取り線香をもう一度見直してみる。

近頃、昔ながらのくるくると渦を巻いた蚊取り線香に再び注目が集まっています。ちょっぴりノスタルジーに浸りながら、夏の風物詩でもある蚊取り線香を楽しんでみませんか?

gri-gs

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info