歩いて発見、街の魅力。春の東京散策に訪れたい【両国】の観光スポット&カフェ

歩いて発見、街の魅力。春の東京散策に訪れたい【両国】の観光スポット&カフェ

相撲でお馴染み”国技館”がある街「両国」。相撲ファンにとっては勿論、両国は、東京の歴史を感じる事のできる、魅力あふれる地でもあります。今回は、両国散策にぴったりな、カフェスポットをご紹介したいと思います。相撲に触れたり、東京の文化や自然を楽しんだり…「両国」を散策しながら、美味しいコーヒーやスイーツで、心もお腹も満たしに、出かけてみませんか♪ 2018年03月21日作成

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
カフェ
東京
散歩
散策
観光
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
363

相撲も歴史も自然も!散策したくなる街「両国」

相撲で有名な地「両国」といえば、やっぱり”両国国技館”。街を歩いていると力士の方々とすれ違うこともある、まさに相撲ファンにはたまらないスポットとして知られています。

出典:

相撲で有名な地「両国」といえば、やっぱり”両国国技館”。街を歩いていると力士の方々とすれ違うこともある、まさに相撲ファンにはたまらないスポットとして知られています。

実は、「両国」は、相撲以外にも、博物館や美術館、庭園など、東京の歴史に触れることの出来る、東京観光&散策におすすめのスポットなんです。
今回は、相撲だけじゃない「両国」の魅力と、両国散策で立ち寄りたくなる、素敵なカフェをご紹介したいと思います。
カフェで一息入れながら、両国の街を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

出典:

実は、「両国」は、相撲以外にも、博物館や美術館、庭園など、東京の歴史に触れることの出来る、東京観光&散策におすすめのスポットなんです。
今回は、相撲だけじゃない「両国」の魅力と、両国散策で立ち寄りたくなる、素敵なカフェをご紹介したいと思います。
カフェで一息入れながら、両国の街を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

両国国技館&相撲博物館

両国の代表的スポット「国技館」は、大相撲の興行を行う施設。東京・国技館での本場所の開催は、年3回、1月、5月、9月となっています。開催シーズンには、観戦をしなくても、館内の売店で、おみやげを買ったり、館内見物を楽しむことが出来ます。
地下には巨大な焼き鳥工場があるそうで、ここで作られる焼き鳥は絶品なんだとか…

出典:

両国の代表的スポット「国技館」は、大相撲の興行を行う施設。東京・国技館での本場所の開催は、年3回、1月、5月、9月となっています。開催シーズンには、観戦をしなくても、館内の売店で、おみやげを買ったり、館内見物を楽しむことが出来ます。
地下には巨大な焼き鳥工場があるそうで、ここで作られる焼き鳥は絶品なんだとか…

相撲博物館は、国技館の裏手にあります。国技館から歩いて行ける距離なのが嬉しいですね!
館内には、相撲の文化や歴史を感じることのできる展示物がずらりと展示されています。2ヶ月ごとに、テーマに合わせて展示内容も変わるので、是非、日本の国技である相撲を学んでみてはいかがでしょうか。
普段、テレビでしか見たことのない場所へ、実際に足を運び堪能してみるというのも、忘れられない思い出になりそうですね!

出典:

相撲博物館は、国技館の裏手にあります。国技館から歩いて行ける距離なのが嬉しいですね!
館内には、相撲の文化や歴史を感じることのできる展示物がずらりと展示されています。2ヶ月ごとに、テーマに合わせて展示内容も変わるので、是非、日本の国技である相撲を学んでみてはいかがでしょうか。
普段、テレビでしか見たことのない場所へ、実際に足を運び堪能してみるというのも、忘れられない思い出になりそうですね!

江戸東京博物館

両国国技館の横にあるのが「江戸東京博物館」。高床式のデザインが特徴的な外観が目印です。東京が江戸と呼ばれていた時代から東京へと移り変わる、その歴史と文化をふりかえります。

出典:

両国国技館の横にあるのが「江戸東京博物館」。高床式のデザインが特徴的な外観が目印です。東京が江戸と呼ばれていた時代から東京へと移り変わる、その歴史と文化をふりかえります。


1階には「企画展示室」、3階に「江戸東京ひろば」、5、6階に「常設展示室」があり、浮世絵や日本橋、中村座、千両箱などなど…精巧な模型とジオラマが展示され、江戸時代から明治時代に至る庶民の日常生活などを見ることができ、まるで、その時代にタイムスリップしているかのような感覚に。
館内は「江戸」の文化と「東京」の文化の2つに分かれていて、時代の流れを存分に感じることが出来ます。

出典:

1階には「企画展示室」、3階に「江戸東京ひろば」、5、6階に「常設展示室」があり、浮世絵や日本橋、中村座、千両箱などなど…精巧な模型とジオラマが展示され、江戸時代から明治時代に至る庶民の日常生活などを見ることができ、まるで、その時代にタイムスリップしているかのような感覚に。
館内は「江戸」の文化と「東京」の文化の2つに分かれていて、時代の流れを存分に感じることが出来ます。

旧安田庭園

JR両国駅西口より徒歩5分のところにある「旧安田庭園」。約1万4千坪の敷地には、美しい日本庭園が広がり、両国の癒しのスポットとして親しまれています。季節のうつろいと共に、四季折々の表情をたのしむことができ、ビルの合間からはスカイツリーを鑑賞することも出来ます。両国を散策しながら、都会と自然の融合を堪能してみてはいかがでしょう。

出典:

JR両国駅西口より徒歩5分のところにある「旧安田庭園」。約1万4千坪の敷地には、美しい日本庭園が広がり、両国の癒しのスポットとして親しまれています。季節のうつろいと共に、四季折々の表情をたのしむことができ、ビルの合間からはスカイツリーを鑑賞することも出来ます。両国を散策しながら、都会と自然の融合を堪能してみてはいかがでしょう。


回向院(えこういん)

明暦3(1657)年に起きた明暦大火の犠牲者の弔いのために作られた「回向院」。
国技館ができる以前、江戸時代の終わりから明治時代にかけ、相撲の本場所はこの「「回向院」」で開かれていたんだとか…。

出典:

明暦3(1657)年に起きた明暦大火の犠牲者の弔いのために作られた「回向院」。
国技館ができる以前、江戸時代の終わりから明治時代にかけ、相撲の本場所はこの「「回向院」」で開かれていたんだとか…。

敷地内には「力塚」、「旧国技館跡」の案内板、「ねずみ小僧の墓」など、見どころも多く、相撲発祥の場所ならではの歴史溢れるスポットとなっています。

出典:

敷地内には「力塚」、「旧国技館跡」の案内板、「ねずみ小僧の墓」など、見どころも多く、相撲発祥の場所ならではの歴史溢れるスポットとなっています。

「両国」散策におすすめ!素敵カフェ5選♪

クレイジー カフェ ブランク (CRAZY CAFE 「Blank」)

両国から清澄通りを本所方面へ、蔵前橋通りを超え、路地を一歩入ったところにある静かなカフェ。
もともと配送センターだった建物をリニューアルし、オフィス兼カフェとしてオープンしたのだそうです。木のぬくもりいっぱいのあたたかみのある外観です。

出典:

両国から清澄通りを本所方面へ、蔵前橋通りを超え、路地を一歩入ったところにある静かなカフェ。
もともと配送センターだった建物をリニューアルし、オフィス兼カフェとしてオープンしたのだそうです。木のぬくもりいっぱいのあたたかみのある外観です。

中に入ると、大きなテーブルに8席、外には木製のベンチが…
テーブルの脚が廃材で作られていたり、配送センター時代のベルトコンベヤーがそのまま残されていたりと、所々に遊び心が感じられる空間に。
ガラスの向こう側の小部屋は、それぞれ小さなオフィスになっていて、カフェスペース側からはミーティングルームなども見えるそうです。

出典:

中に入ると、大きなテーブルに8席、外には木製のベンチが…
テーブルの脚が廃材で作られていたり、配送センター時代のベルトコンベヤーがそのまま残されていたりと、所々に遊び心が感じられる空間に。
ガラスの向こう側の小部屋は、それぞれ小さなオフィスになっていて、カフェスペース側からはミーティングルームなども見えるそうです。

おすすめはアイスラテとクロックムッシュ。焼き立てのクロックムッシュは、チーズがとろ~りとろけて、おかわりしたくなっちゃう美味しさ。店内では焼き菓子なども販売されていて、飲み物と合わせて注文することが出来ます。

出典:

おすすめはアイスラテとクロックムッシュ。焼き立てのクロックムッシュは、チーズがとろ~りとろけて、おかわりしたくなっちゃう美味しさ。店内では焼き菓子なども販売されていて、飲み物と合わせて注文することが出来ます。

CHILL OUT COFFEE&...RECORDS

錦糸町から両国に向かう京葉道路沿いにあるこちらのカフェは、レコードを聴きながらコーヒーが頂ける癒しのスポット。
打ちっぱなしのコンクリート床とウッディーなカウンターのコントラストがとってもお洒落です。
カウンター上には、コーヒーマシンやレコードがディスプレイされていて、どこか懐かしさを感じる、ほっとできる空間です。

出典:

錦糸町から両国に向かう京葉道路沿いにあるこちらのカフェは、レコードを聴きながらコーヒーが頂ける癒しのスポット。
打ちっぱなしのコンクリート床とウッディーなカウンターのコントラストがとってもお洒落です。
カウンター上には、コーヒーマシンやレコードがディスプレイされていて、どこか懐かしさを感じる、ほっとできる空間です。

カフェラテは可愛らしくラテアートが施されていて、焼き菓子などと一緒に店内で楽しむことが出来ます。

出典:

カフェラテは可愛らしくラテアートが施されていて、焼き菓子などと一緒に店内で楽しむことが出来ます。

コーヒーなどはテイクアウトも可能なので、両国を散策しながらブレイクタイム出来ちゃいます♪オリジナルのロゴと一緒にスタンプされたキャラクターが、なんだか可愛らしいですね!

出典:

コーヒーなどはテイクアウトも可能なので、両国を散策しながらブレイクタイム出来ちゃいます♪オリジナルのロゴと一緒にスタンプされたキャラクターが、なんだか可愛らしいですね!

シングル オー ジャパン (Single O Japan)

オーストラリア・サリーヒルズでオープンしたのが始まりのロースタリー・カフェ&バーの「Single O」が、両国にオープン。海外1号店として話題になっています。お店は、都営両国駅から歩いて6~7分、閑静な住宅街の一角にあります。黒い看板が目印!

出典:

オーストラリア・サリーヒルズでオープンしたのが始まりのロースタリー・カフェ&バーの「Single O」が、両国にオープン。海外1号店として話題になっています。お店は、都営両国駅から歩いて6~7分、閑静な住宅街の一角にあります。黒い看板が目印!

焙煎所内にカウンターが3席、入口にも座ってコーヒーを楽しめるベンチが用意されています。
店内ではエスプレッソ系のドリンクや、ハンドドリップで抽出されたコーヒーを楽しむことができ、焙煎したコーヒー豆を購入することも出来ます。

出典:

焙煎所内にカウンターが3席、入口にも座ってコーヒーを楽しめるベンチが用意されています。
店内ではエスプレッソ系のドリンクや、ハンドドリップで抽出されたコーヒーを楽しむことができ、焙煎したコーヒー豆を購入することも出来ます。

こちらのカフェには、エアロプレス選手権で世界2位に輝いた成沢勇佑バリスタが在籍しているそうで、彼がシフトに入っている日には、世界レベルのエアロプレスコーヒーを注文する事ができるんだそうです。是非、事前にシフトを確認してから訪れれば、楽しみも倍増しそうですね!

出典:

こちらのカフェには、エアロプレス選手権で世界2位に輝いた成沢勇佑バリスタが在籍しているそうで、彼がシフトに入っている日には、世界レベルのエアロプレスコーヒーを注文する事ができるんだそうです。是非、事前にシフトを確認してから訪れれば、楽しみも倍増しそうですね!

マノ カフェ (mano cafe)

両国駅から数分のところにある「マノカフェ」は、女心をくすぐる、ナチュラルで可愛らしい雰囲気のカフェ。
コンクリート打ちっぱなし風なデザインと木製のドアが目印です!

出典:

両国駅から数分のところにある「マノカフェ」は、女心をくすぐる、ナチュラルで可愛らしい雰囲気のカフェ。
コンクリート打ちっぱなし風なデザインと木製のドアが目印です!

一歩店内に入ると、ナチュラルであたたかみのある北欧テイストなテーブルや椅子がお出迎えしてくれます。
入ってすぐのところには、小物や雑貨などの販売スペース、その奥にカウンターとテーブル、両方のカフェスペースが用意されています。広めの店内で、ゆったりとした時間が過ごせそう…

出典:

一歩店内に入ると、ナチュラルであたたかみのある北欧テイストなテーブルや椅子がお出迎えしてくれます。
入ってすぐのところには、小物や雑貨などの販売スペース、その奥にカウンターとテーブル、両方のカフェスペースが用意されています。広めの店内で、ゆったりとした時間が過ごせそう…

メニューは、ちょっと小腹が空いた時に嬉しい、お食事系のものから、ドリンク、スイーツと、両国散策の途中に一息つくのに丁度良いお店です。ランチメニューはカレーとサンドイッチと日替わりのハンバーグプレートの3種類がから選ぶことが出来ます。こちらは、ひき肉のカレー。トッピングが盛りだくさんの人気の一品です。

出典:

メニューは、ちょっと小腹が空いた時に嬉しい、お食事系のものから、ドリンク、スイーツと、両国散策の途中に一息つくのに丁度良いお店です。ランチメニューはカレーとサンドイッチと日替わりのハンバーグプレートの3種類がから選ぶことが出来ます。こちらは、ひき肉のカレー。トッピングが盛りだくさんの人気の一品です。

そして、こちらのカフェで人気のスイーツと言ったら、パフェ。季節によって色々なパフェを楽しむことが出来ます。こちらは季節のパフェ”ショートケーキ”。パリパリっとしたミルフィーユ、クリーム&アイスがぎっしし詰まって、大満足!両国散策で疲れたら、優しい甘さのパフェで、ほっと一息、疲れを癒してみては…

出典:

そして、こちらのカフェで人気のスイーツと言ったら、パフェ。季節によって色々なパフェを楽しむことが出来ます。こちらは季節のパフェ”ショートケーキ”。パリパリっとしたミルフィーユ、クリーム&アイスがぎっしし詰まって、大満足!両国散策で疲れたら、優しい甘さのパフェで、ほっと一息、疲れを癒してみては…

北斎茶房 (ほくさいさぼう)

錦糸町と両国のほぼ中間地点に位置する「北斎茶房」は、和の趣漂う和カフェ。ガラス戸から見えるあたたかな灯と、どこかノスタルジックな雰囲気の外観に、心惹かれ、訪れる方も多いのではないでしょうか。

出典:

錦糸町と両国のほぼ中間地点に位置する「北斎茶房」は、和の趣漂う和カフェ。ガラス戸から見えるあたたかな灯と、どこかノスタルジックな雰囲気の外観に、心惹かれ、訪れる方も多いのではないでしょうか。

店内は、古民家を思わせる落ち着いた空間。もともとは倉庫だった建物をリノベーションし、カフェとしてオープンしたんだそうです。そのせいあってか、天井の高さなどに面影が残ります。カウンター、テーブル席だけでなく、座敷席もあるところも嬉しいポイントです。

出典:

店内は、古民家を思わせる落ち着いた空間。もともとは倉庫だった建物をリノベーションし、カフェとしてオープンしたんだそうです。そのせいあってか、天井の高さなどに面影が残ります。カウンター、テーブル席だけでなく、座敷席もあるところも嬉しいポイントです。

こちらは、冬限定の”冬限定 北斎冬あんみつ”。あんこ、白玉、フルーツ…とボリュームも満点で、疲れた体を癒してくれそう…パスタや和デリプレートなどのお食事系メニューもあるので、和の雰囲気に包まれながら、ゆっくり&のんびりランチを楽しむというのもいいですね!

出典:

こちらは、冬限定の”冬限定 北斎冬あんみつ”。あんこ、白玉、フルーツ…とボリュームも満点で、疲れた体を癒してくれそう…パスタや和デリプレートなどのお食事系メニューもあるので、和の雰囲気に包まれながら、ゆっくり&のんびりランチを楽しむというのもいいですね!

おわりに…。

相撲の魅力に触れたり、東京の文化や自然を楽しむ、両国散策。両国には、気軽に立ち寄れる魅力あふれるスポットや、お洒落なカフェがたくさんあります。是非、両国を訪れた際は、素敵なカフェで一息つきながら、両国の街を楽しんでみてはいかがでしょうか…。

出典:

相撲の魅力に触れたり、東京の文化や自然を楽しむ、両国散策。両国には、気軽に立ち寄れる魅力あふれるスポットや、お洒落なカフェがたくさんあります。是非、両国を訪れた際は、素敵なカフェで一息つきながら、両国の街を楽しんでみてはいかがでしょうか…。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info