島巡りっていいかも。注目の瀬戸内の島々をご紹介♪

島巡りっていいかも。注目の瀬戸内の島々をご紹介♪

本州・四国・九州に囲まれた瀬戸内海には、大小さまざまな島が点在しています。その1つ1つに独自の魅力と観光スポットがたくさん!今回は、中でも「淡路島」「男木島」「犬島」「女木島」「豊島」「小豆島」「下浦刈島」「生口島」「直島」「本島」「粟島」「大三島」の12の島について簡単にご紹介。瀬戸内の島巡りの魅力を、ぎゅっとまとめてみました♪ 2017年01月16日更新

カテゴリ:
旅行・お出かけ
キーワード:
全国
瀬戸内
美術館
島巡り
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
296

<瀬戸内海に浮かぶ島々>

島巡りっていいかも。注目の瀬戸内の島々をご紹介♪
出典:
瀬戸内海は、日本の本州・四国・九州に囲まれた海域のことを指します。

そこには、大小無数の島々が点在していて、美しい海とその島々が作り出す見事な景色は日本を代表する景観のひとつとしても有名ですね。

そんな瀬戸内にあるおすすめの島々とその魅力を、少しずつご紹介していきたいと思います♪

<渦潮を見られる淡路島>

鳴門海峡の「うずの大きさ」は世界最大級

瀬戸内海にある島の数は727島にも及びますが、中でも最も知名度が高いのが淡路島ではないでしょうか。淡路島と四国の間にある鳴門海峡は、とても豪快な渦潮が見れると人気の観光スポットです。たった数十秒しか現れませんが、その迫力にはきっとびっくりさせられます。
出典:(@Ryosuke Sekido)

瀬戸内海にある島の数は727島にも及びますが、中でも最も知名度が高いのが淡路島ではないでしょうか。淡路島と四国の間にある鳴門海峡は、とても豪快な渦潮が見れると人気の観光スポットです。たった数十秒しか現れませんが、その迫力にはきっとびっくりさせられます。

「温泉」での湯巡りを楽しめる

淡路島は、色々な温泉を楽しめる場所でもあるんです。島のあちこちに温泉宿があるので、ゆっくり宿泊できます。もちろん日帰り入浴が出来るところもあるので、せっかく訪れたらいくつかの温泉につかってみてください。また、この島に別荘を持ち、週末を過ごしているという方も多々いるとのこと。移住者も受け入れていて、市の相談窓口も設けられています。
出典:

淡路島は、色々な温泉を楽しめる場所でもあるんです。島のあちこちに温泉宿があるので、ゆっくり宿泊できます。もちろん日帰り入浴が出来るところもあるので、せっかく訪れたらいくつかの温泉につかってみてください。また、この島に別荘を持ち、週末を過ごしているという方も多々いるとのこと。移住者も受け入れていて、市の相談窓口も設けられています。

淡路島の味覚を代表する野菜「たまねぎ」

淡路島で有名なのが、玉ねぎ。普通のものと比べてかなり甘みが強く、辛味がとっても少ないのが特徴です。育成に半年以上もの時間をかけ、収穫後はゆっくりと乾燥させる、とても手間のかかった美味しいお野菜です。
出典:

淡路島で有名なのが、玉ねぎ。普通のものと比べてかなり甘みが強く、辛味がとっても少ないのが特徴です。育成に半年以上もの時間をかけ、収穫後はゆっくりと乾燥させる、とても手間のかかった美味しいお野菜です。

“兵庫のハワイ”と呼ばれる淡路島は、魅力たっぷり&遊び場の宝庫です!
“兵庫のハワイ”と呼ばれる淡路島は、魅力たっぷり&遊び場の宝庫です!

淡路島は、瀬戸内海に浮かぶ島々の中で最大の島です。アクセスも便利で、神戸と島を結ぶ世界最長の吊り橋・明石海峡大橋を渡れば、ひとっ飛びで行けます。青い海に囲まれ、自然に恵まれた島は、美味しいものであふれ遊び場もいっぱいです!

淡路島で1日遊ぼう◎こちらでは、釣りやキャンプをはじめ、カフェなどのグルメ、公園・神社などのおすすめスポットを詳しくご紹介しています。美しい景色を眺めながら島巡りを楽しみましょう♪

<猫島とも呼ばれる男木島>

男木島は、猫島という別名を持っています。というのも、島にはたくさんの猫たちが暮らしているのです。彼らのほとんどはノラとして生活し、島の人々と共存しています。人慣れしているので、猫によっては触れたり抱っこ出来たりもするので猫好きにはたまりません。
出典:

男木島は、猫島という別名を持っています。というのも、島にはたくさんの猫たちが暮らしているのです。彼らのほとんどはノラとして生活し、島の人々と共存しています。人慣れしているので、猫によっては触れたり抱っこ出来たりもするので猫好きにはたまりません。

1、2匹見かけることもありますが、このように群れを成している様子も見られます。特に地元の人がえさをあげる瞬間に立ち会えば、あちこちから数十匹もの猫たちが集まる様子を見ることも出来るでしょう。
出典:

1、2匹見かけることもありますが、このように群れを成している様子も見られます。特に地元の人がえさをあげる瞬間に立ち会えば、あちこちから数十匹もの猫たちが集まる様子を見ることも出来るでしょう。

灯台好きの"聖地"といわれる「男木島灯台」

男木島の見どころは、猫だけではありません。観光におすすめなのが、1895年から現在まで使われている男木島灯台。日本の灯台50選にも選ばれており、映画『喜びも悲しみも幾歳月』の舞台にもなりました。
出典:

男木島の見どころは、猫だけではありません。観光におすすめなのが、1895年から現在まで使われている男木島灯台。日本の灯台50選にも選ばれており、映画『喜びも悲しみも幾歳月』の舞台にもなりました。

〈瀬戸内のアートな島めぐり旅〉迷路のような集落に突然現れるアートを発見【男木島】
〈瀬戸内のアートな島めぐり旅〉迷路のような集落に突然現れるアートを発見【男木島】

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、「男木島(おぎしま)」をご存知ですか?迷路のような坂道に集落が密集している独特の景観を味わうことができます。島には猫も多いので猫好きさんにもオススメの島。また、近年ではアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」の会場になっており、坂道にも作品が点在しています。みなさんも「男木島」の空気を堪能しつつ、坂道に並ぶアートを見つけに行きましょう。

男木島でワクワク探しの旅へ出かけよう!こちらでは、アクセス方法をはじめ、アート・自然の風景・カフェ&お食事処などの情報を詳しくご紹介しています◎思わず写真に収めたくなるような風景がたくさん見つけかりますよ◎

<犬ではなく猫のいる犬島>

犬島という名前ですが、ここでも多くの猫が気ままに歩く姿を目にします。この名がついた由来は、"島内に犬に似た岩があったから"、"枕草子で一条天皇が犬を追放した島の比定地であったから"など、諸説あります。
出典:

犬島という名前ですが、ここでも多くの猫が気ままに歩く姿を目にします。この名がついた由来は、"島内に犬に似た岩があったから"、"枕草子で一条天皇が犬を追放した島の比定地であったから"など、諸説あります。

犬島精錬所美術館

犬島の観光スポットといえば、犬島精錬所美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトで作られ、「遺産、建築、アート、環境」による循環型社会を意識しています。かつては銅の精錬所として活躍していましたが、銅価格の下落により廃業、2001年に美術館として生まれ変わりました。
出典:

犬島の観光スポットといえば、犬島精錬所美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトで作られ、「遺産、建築、アート、環境」による循環型社会を意識しています。かつては銅の精錬所として活躍していましたが、銅価格の下落により廃業、2001年に美術館として生まれ変わりました。

<桃太郎の伝説が伝わる女木島>

神秘的な「鬼ヶ島洞窟」

女木島は、鬼ヶ島と呼ばれています。香川県では桃太郎が鬼を退治に鬼ヶ島に行ったという伝説が伝わっていますが、その鬼がいた島とされるのが、ここ女木島なのです。島内には鬼ヶ島洞窟という観光スポットがあり、「宝庫」や「鬼の力水」など見どころがたくさんです。
出典:

女木島は、鬼ヶ島と呼ばれています。香川県では桃太郎が鬼を退治に鬼ヶ島に行ったという伝説が伝わっていますが、その鬼がいた島とされるのが、ここ女木島なのです。島内には鬼ヶ島洞窟という観光スポットがあり、「宝庫」や「鬼の力水」など見どころがたくさんです。

リゾートとしての楽しみ

女木島はリゾートとしても人気が高く、きれいなビーチでゆっくりしたい方にもおすすめです。島には信号機もなく、都会よりもゆるやかなスピードで時間の流れを感じられるでしょう。
出典:

女木島はリゾートとしても人気が高く、きれいなビーチでゆっくりしたい方にもおすすめです。島には信号機もなく、都会よりもゆるやかなスピードで時間の流れを感じられるでしょう。

この島に滞在するなら、女木島ビーチアパートで暮らすように宿泊してみてはいかがでしょうか。窓の外にはすぐ海が広がり、共有部では他のお客さんたちとの会話を楽しめます。もちろんお部屋ではプライベートが確保されているので、人と交流しながら自然を楽しめる素敵なお宿です。
出典:

この島に滞在するなら、女木島ビーチアパートで暮らすように宿泊してみてはいかがでしょうか。窓の外にはすぐ海が広がり、共有部では他のお客さんたちとの会話を楽しめます。もちろんお部屋ではプライベートが確保されているので、人と交流しながら自然を楽しめる素敵なお宿です。

〈瀬戸内のアートな島めぐり旅〉いざ鬼退治!?鬼ヶ島と呼ばれる石垣の島『女木島』
〈瀬戸内のアートな島めぐり旅〉いざ鬼退治!?鬼ヶ島と呼ばれる石垣の島『女木島』

高松港から沖合い約4km、瀬戸内海に浮かぶ小さな島、「女木島(めぎじま)」をご存知ですか?高松市は桃太郎伝説のある地方のひとつということもあり、女木島は鬼ヶ島の一部であるとも伝えられています。また、近年ではアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」の会場の1つとしても注目され、“アートの島”としての認知度も高まっています。今回は、「女木島」の魅力やおすすめの観光スポットをご紹介します。

女木島でアート旅を愉しもう!こちらでは、アクセス方法をはじめ、観光スポット・お食事処・宿泊施設などの情報を詳しくご紹介しています◎他の島にはない、「鬼ヶ島」スポットも要チェックです!

<アートと食を楽しめる豊島>

豊島美術館

豊島はアートと食に恵まれた場所。アートに関しては、豊島美術館がその中核をなしています。アーティストの内藤礼と建築家の西沢立衛が作り上げたこの美術館は、柱が一本もない不思議な造りになっています。
出典:

豊島はアートと食に恵まれた場所。アートに関しては、豊島美術館がその中核をなしています。アーティストの内藤礼と建築家の西沢立衛が作り上げたこの美術館は、柱が一本もない不思議な造りになっています。

食の宝庫

豊島では魚介類はもちろん、野菜や果物もハイクオリティなものが食べられます。それは、壇山のふもとを流れるきれいな川のおかげです。レモンの他みかんやオリーブ、またお米も美味しいのでぜひ食べてみてください。
出典:

豊島では魚介類はもちろん、野菜や果物もハイクオリティなものが食べられます。それは、壇山のふもとを流れるきれいな川のおかげです。レモンの他みかんやオリーブ、またお米も美味しいのでぜひ食べてみてください。

豊島の宿泊施設は、民宿タイプが多いです。モダンなアートに触れた後に伝統的な日本式のお宿に帰ってくると、なんだかほっとするという方もいるようです。多くの民宿で、地元の野菜や魚介を使ったお料理をいただけます。
出典:

豊島の宿泊施設は、民宿タイプが多いです。モダンなアートに触れた後に伝統的な日本式のお宿に帰ってくると、なんだかほっとするという方もいるようです。多くの民宿で、地元の野菜や魚介を使ったお料理をいただけます。

<オリーブの一大生産地小豆島>

小豆島は、オリーブの生産地として有名です。島内には多くのオリーブ園や、小豆島オリーブ公園などがあります。公園内にはオリーブ園、ギリシア風車、ハーブガーデンなどがあり、散策するのにぴったり。最近では移住者も積極的に受け入れていて、ますます盛り上がりそうな島ですね。
出典:

小豆島は、オリーブの生産地として有名です。島内には多くのオリーブ園や、小豆島オリーブ公園などがあります。公園内にはオリーブ園、ギリシア風車、ハーブガーデンなどがあり、散策するのにぴったり。最近では移住者も積極的に受け入れていて、ますます盛り上がりそうな島ですね。

素敵な言い伝えのある「エンジェルロード」

エンジェルロードも見どころの一つ。1日に2回引き潮の時に現れるこの道は、大切な人と手をつないで渡ると願いが叶うと言われています。カップルやご夫婦で訪れた際には、ぜひ観光したいところ。
出典:

エンジェルロードも見どころの一つ。1日に2回引き潮の時に現れるこの道は、大切な人と手をつないで渡ると願いが叶うと言われています。カップルやご夫婦で訪れた際には、ぜひ観光したいところ。

海と自然を満喫「シーカヤック」

【シーカヤック】

小豆島で夏のレジャーといえば、シーカヤック!初心者もガイドさんに教われば安心。海と自然をシーカヤックならではの目線で大満喫できます。
出典:

【シーカヤック】

小豆島で夏のレジャーといえば、シーカヤック!初心者もガイドさんに教われば安心。海と自然をシーカヤックならではの目線で大満喫できます。

リゾートホテルも多数

小豆島にはたくさんの素敵なリゾートがあります。瀬戸内海を一望できるリゾートホテルでのんびり過ごすのもいいかも。
出典:

小豆島にはたくさんの素敵なリゾートがあります。瀬戸内海を一望できるリゾートホテルでのんびり過ごすのもいいかも。

7人の女性の視点でとらえる島の日々。「小豆島カメラ」が素敵♪
7人の女性の視点でとらえる島の日々。「小豆島カメラ」が素敵♪

瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな島、小豆島。 小豆島のさまざまな魅力が美しい写真で毎日発信されている「小豆島カメラ」をご存知でしょうか? 島で暮らす女性7人+オリンパス+写真雑誌「PHaT PHOTO」+写真家MOTOKOさんらが進めている画期的なプロジェクトです。

自然豊かな島の魅力をお届けしている「小豆島カメラ」をご存知でしょうか?こちらでは、女性7人が小豆島の日々の暮らしのなかで出会う、美しい景色、おいしい食べ物、優しい人々をご紹介しています。この島ならではのゆったりとした時の流れを感じに、是非足を運んでみてくださいね。

<朝鮮通信使の交通路だった下浦刈島>

下浦刈島は、かつて朝鮮通信使の交通路、宿泊地として栄えた島です。現在では、イチゴやみかんが育つ島としてその名が知られています。民宿も良いですが、自然が好きな方は海から近いキャンプ場もおすすめです。
出典:

下浦刈島は、かつて朝鮮通信使の交通路、宿泊地として栄えた島です。現在では、イチゴやみかんが育つ島としてその名が知られています。民宿も良いですが、自然が好きな方は海から近いキャンプ場もおすすめです。

サントリー地域文化賞受賞

この島は、島民一体となって島の歴史や文化を活発にさせる運動をしており、瀬戸内海の美術を知れる「蘭島閣美術館」や、昔のおもてなし料理の模型を見られる「朝鮮通信使資料館」などを作り、人気の観光地となっていきました。そうした点が評価され2015年に「第37回サントリー地域文化賞」を受賞しています。
出典:

この島は、島民一体となって島の歴史や文化を活発にさせる運動をしており、瀬戸内海の美術を知れる「蘭島閣美術館」や、昔のおもてなし料理の模型を見られる「朝鮮通信使資料館」などを作り、人気の観光地となっていきました。そうした点が評価され2015年に「第37回サントリー地域文化賞」を受賞しています。

<レモン好きにはたまらない生口島>

生口島ではレモンやみかんなどの柑橘類の生産が盛んにおこなわれています。その秘密は、島の傾斜。島の約半分が急な傾斜になった土地なので、日光がよくあたりこうした作物が育ちやすい環境です。
出典:

生口島ではレモンやみかんなどの柑橘類の生産が盛んにおこなわれています。その秘密は、島の傾斜。島の約半分が急な傾斜になった土地なので、日光がよくあたりこうした作物が育ちやすい環境です。

美しい夕焼けに魅了される、瀬戸田サンセットビーチ

しまなみレモンビーチの名で親しまれる瀬戸田サンセットビーチは、日本の名海水浴場88選に選ばれています。瀬戸内で最も美しい夕焼けが見られる海岸とも言われており、連日多くの観光客を魅了しています。
出典:

しまなみレモンビーチの名で親しまれる瀬戸田サンセットビーチは、日本の名海水浴場88選に選ばれています。瀬戸内で最も美しい夕焼けが見られる海岸とも言われており、連日多くの観光客を魅了しています。

のんびり島暮らしを体験しに。瀬戸内海「しまなみ海道」の魅力とおすすめスポット♪
のんびり島暮らしを体験しに。瀬戸内海「しまなみ海道」の魅力とおすすめスポット♪

広島県の尾道と愛媛県の今治を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」。通称・しまなみ海道は、瀬戸内海に浮かぶ島々をむすぶかのように掛けられた11の橋によってひとつの道となっています。しまなみ海道は美しい海に囲まれながらもリゾート地とは違った魅力がたくさん。サイクリングコースや名産のレモンをはじめとする柑橘類と、何より美しい景色を楽しむことができる、今おすすめしたいとっておきのスポットです。

のんびり「瀬戸内しまなみ海道」へ行ってみよう!リゾート地とは違った《サイクリングコースや名産のレモンをはじめとする柑橘類》などが堪能できる、人気スポットを巡る詳しい情報はこちらです

<現代アートの聖地直島>

日本を代表する芸術家、草間弥生さんの南瓜オブジェをはじめ、様々なアーティストの作品が島全体に点在している、島全体が現代アートと一体化したような存在、それが直島です。
出典:

日本を代表する芸術家、草間弥生さんの南瓜オブジェをはじめ、様々なアーティストの作品が島全体に点在している、島全体が現代アートと一体化したような存在、それが直島です。

「ベネッセアートサイト直島」

株式会社ベネッセホールディングスが直島を中心に展開しているアート活動。ベネッセハウスという宿泊施設では、アートと自然と建築が融合した空間を堪能することができます。
出典:

株式会社ベネッセホールディングスが直島を中心に展開しているアート活動。ベネッセハウスという宿泊施設では、アートと自然と建築が融合した空間を堪能することができます。

株式会社ベネッセホールディングスが直島を中心に展開しているアート活動。ベネッセハウスという宿泊施設では、アートと自然と建築が融合した空間を堪能することができます。
出典:

株式会社ベネッセホールディングスが直島を中心に展開しているアート活動。ベネッセハウスという宿泊施設では、アートと自然と建築が融合した空間を堪能することができます。

行ったことある?気になる直島の見どころまとめました♪
行ったことある?気になる直島の見どころまとめました♪

香川県の北、瀬戸内海に浮かぶ「直島」は、島がまるごとアートスペースになっています。世界中から注目を集めるオシャレアートな「直島」の魅力とは?

人気の「直島」へアートを楽しむ旅へ出かけよう!こちらの記事では、ベネッセアートサイト直島をはじめ、人気の李禹煥美術館、家プロジェクト、町中のアートスポットを詳しくご紹介しています。是非、足を運んでみてくださいね。

<歴史的町並みひろがる本島>

本島といえば「笠島集落」

笠島集落は、国の「伝統的建造物群保存地区」に指定されている集落で、網の目のような細い路地や古い町並みから、時間の流れが止まったかのような昔ながらの港町を闊歩することができます。
出典:

笠島集落は、国の「伝統的建造物群保存地区」に指定されている集落で、網の目のような細い路地や古い町並みから、時間の流れが止まったかのような昔ながらの港町を闊歩することができます。

本島に行くならカメラは必須アイテム。都会では決して撮ることのできない情緒溢れる写真が撮れるはずです。
出典:

本島に行くならカメラは必須アイテム。都会では決して撮ることのできない情緒溢れる写真が撮れるはずです。

<海ほたるが輝く粟島>

粟島といったら、なんといっても海ほたる!
出典:

粟島といったら、なんといっても海ほたる!

海ほたるとは?

2~3ミリのちいさな生き物。エビやミジンコなどと同じ甲殻類の仲間です。
昼間は土の中に潜っていて、夜になると活動を始める海ほたる。きらきらと輝くのは、外部からの刺激による威嚇物質だとされています。
自然環境の整っている場所にしか生息しないと言われているので、自然溢れる粟島は絶好の観測スポット。

真っ暗な海に輝く無数の光は、とっても幻想的です。
カクテルグラスに入れるとこんな感じに。生き物から発せられている光とはおもえない美しさ。
出典:

カクテルグラスに入れるとこんな感じに。生き物から発せられている光とはおもえない美しさ。

<ミュージアム巡りなら大三島>

ところミュージアム大三島

こちらは現代彫刻の美術館です。ノエ・カッツ、マリソールなどの世界的な作家や、林範親、深井隆ら日本人作家の彫刻作品も見ることができます。館内のオープンテラスからは瀬戸内海の多島美が望める絶好のビューポイントも!
出典:

こちらは現代彫刻の美術館です。ノエ・カッツ、マリソールなどの世界的な作家や、林範親、深井隆ら日本人作家の彫刻作品も見ることができます。館内のオープンテラスからは瀬戸内海の多島美が望める絶好のビューポイントも!

伊東豊雄建築ミュージアム

この個性的な建物は、世界から注目を集めている建築家・伊東豊雄氏の軌跡を展示した日本では初めての「建築ミュージアム」です。自然と建築と空間デザイン、それらの融合を肌で感じることができますよ。
出典:

この個性的な建物は、世界から注目を集めている建築家・伊東豊雄氏の軌跡を展示した日本では初めての「建築ミュージアム」です。自然と建築と空間デザイン、それらの融合を肌で感じることができますよ。

岩田健母と子のミュージアム

こちらは岩田健氏の「母と子」を主な題材にした温かみのある彫刻を展示しているミュージアム。円筒状の半屋外の展示スペースは時間や天気によって印象が変わります。ベンチもあるのでゆったりとした時間を過ごせそう。
出典:

こちらは岩田健氏の「母と子」を主な題材にした温かみのある彫刻を展示しているミュージアム。円筒状の半屋外の展示スペースは時間や天気によって印象が変わります。ベンチもあるのでゆったりとした時間を過ごせそう。

<瀬戸内の島々の魅力は尽きません>

ここでご紹介した瀬戸内の島々は、まだほんの一部。
それぞれの島にもまだまだたくさんの魅力が詰まっています!

あなたの心を掴んだ島へぜひ実際に足を運び、その魅力を肌で感じとってみてくださいね♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info