おいしく食べて美しく*食と美容にまつわる11のヒント

おいしく食べて美しく*食と美容にまつわる11のヒント

揺るぎない美を育てるためには、常に体の内側を整えておく必要があります。そこで重要になってくるのが、“食事”。ここでは、「キレイ」を健やかに育む、食に関するちょっとしたヒントをご紹介します♪ 2018年09月11日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
食事
ヘルス・ビューティー
健康
生活習慣
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
770

切り離せない“食と美容”の関係

ご存知の通り、食と美容は密接に関わっています。何をどんな風に食べるかによって、体内環境は変化し、その人本来の美しさにも影響します。
出典: (@monocoto_scrap)

ご存知の通り、食と美容は密接に関わっています。何をどんな風に食べるかによって、体内環境は変化し、その人本来の美しさにも影響します。

そこで今回は、食にまつわる美容のヒントをご紹介。食事を適切に、おいしくいただいて、体の内側から美を育んでいきましょう♪
出典: (@receno.interior)

そこで今回は、食にまつわる美容のヒントをご紹介。食事を適切に、おいしくいただいて、体の内側から美を育んでいきましょう♪

食にまつわる美容のヒント ~飲みもの編~

1. 飲みものの温度に気を遣おう

熱過ぎる飲みものは体がびっくりしてしまい、冷た過ぎると冷えや下痢の原因に。特に理由がない場合は、常温か体温くらいの飲みものを飲むようにしましょう。
出典: (@monocoto_scrap)

熱過ぎる飲みものは体がびっくりしてしまい、冷た過ぎると冷えや下痢の原因に。特に理由がない場合は、常温か体温くらいの飲みものを飲むようにしましょう。

2. お白湯で体の深部から温める

朝はお白湯を飲み、体の内側からゆっくりと温めて。外出時に持っていけば、糖分の多いドリンク類が控えられ、ダイエットにも効果的♪
出典: (@receno.interior)

朝はお白湯を飲み、体の内側からゆっくりと温めて。外出時に持っていけば、糖分の多いドリンク類が控えられ、ダイエットにも効果的♪

3. ハーブティーでリラックスタイムを

お仕事中や家事の合間のリラックスタイム。甘いものをガツガツ食べるより、心が安らぐハーブティーで穏やかな時間を過ごしましょう。
出典:

お仕事中や家事の合間のリラックスタイム。甘いものをガツガツ食べるより、心が安らぐハーブティーで穏やかな時間を過ごしましょう。

4. 寝る前はカフェインレスをセレクト

寝る前にカフェインたっぷりの飲みものをとると、頭が冴えて寝不足になってしまうことも。今はカフェインレスの紅茶やコーヒーが出ているので、この機会に一度チェックを!
出典:

寝る前にカフェインたっぷりの飲みものをとると、頭が冴えて寝不足になってしまうことも。今はカフェインレスの紅茶やコーヒーが出ているので、この機会に一度チェックを!

食にまつわる美容のヒント ~食べもの編~

1. お腹が空いたら、食べる

“お腹が空いたら、食べる。”当たり前のことのように聞こえますが、ついつい「口が寂しいから」「何となく食べる時間だから」という理由で、食事を適当にとってしまっていませんか?
出典: (@lindyiso)

“お腹が空いたら、食べる。”当たり前のことのように聞こえますが、ついつい「口が寂しいから」「何となく食べる時間だから」という理由で、食事を適当にとってしまっていませんか?

そんな習慣では、不必要なカロリーもどんどん摂取することになります。そうではなく、きちんと「お腹が空いた」状態で食べるようにしましょう。
出典: (@tomita_tadasuke)

そんな習慣では、不必要なカロリーもどんどん摂取することになります。そうではなく、きちんと「お腹が空いた」状態で食べるようにしましょう。

2. よく噛んで消化をよくしよう

しっかり噛むことで消化を助け、腸に過剰な負荷がかからないように意識。消化不良は肌のコンディションにも影響し、吹き出ものの一因にもなります。
出典: (@monocoto_scrap)

しっかり噛むことで消化を助け、腸に過剰な負荷がかからないように意識。消化不良は肌のコンディションにも影響し、吹き出ものの一因にもなります。

3. グルテンフリー生活に挑戦

「なんとなく体がずっとだるい…」「肌のくすみが取れない…」そんな状態が長期的に続いているなら、一度グルテンフリーの生活にトライ。体質にもよりますが、継続することで大幅に改善することがあります。
出典: (@monocoto_scrap)

「なんとなく体がずっとだるい…」「肌のくすみが取れない…」そんな状態が長期的に続いているなら、一度グルテンフリーの生活にトライ。体質にもよりますが、継続することで大幅に改善することがあります。

4. お肉の選び方にもひと工夫

お肉を買うときは、脂身の多さもしっかりチェック。脂質を抑えたいと思っている方は特に、比較的赤身の多いものを選びましょう。
出典: (@abccookingofficial)

お肉を買うときは、脂身の多さもしっかりチェック。脂質を抑えたいと思っている方は特に、比較的赤身の多いものを選びましょう。

5. 甘いものはダラダラ食べない

待ちに待った甘いおやつ。おいしいからと、時間をかけてダラダラ食べるのはおすすめできません。言うまでもなく、糖分をとった口内は虫歯にとって好都合な環境。虫歯を防ぎたいなら、甘いものは短時間で食べ、その後は歯磨きやうがいをしておきましょう。
出典: (@harmonyfoodlifedesign)

待ちに待った甘いおやつ。おいしいからと、時間をかけてダラダラ食べるのはおすすめできません。言うまでもなく、糖分をとった口内は虫歯にとって好都合な環境。虫歯を防ぎたいなら、甘いものは短時間で食べ、その後は歯磨きやうがいをしておきましょう。

アレルギーなどがない場合は、甘いものの代わりにナッツ類にしてみるのもGOOD!
出典: (@receno.interior)

アレルギーなどがない場合は、甘いものの代わりにナッツ類にしてみるのもGOOD!

6. 発酵食品でヘルシーな食事を

市販されている酵素ドリンクは、加熱処理の過程で酵素が破壊されていることがあります。納豆やヨーグルト、豆腐などで、生の酵素をしっかり体内に取り入れて。
出典:

市販されている酵素ドリンクは、加熱処理の過程で酵素が破壊されていることがあります。納豆やヨーグルト、豆腐などで、生の酵素をしっかり体内に取り入れて。

7. とろみスープで体内を温かく

とろみのあるスープなら、体を温めてくれるうえ、胃の中でも冷めにくい状態をキープしてくれます。片栗粉などでとろみをつけたり、かぼちゃやじゃがいもをすりつぶし、材料そのものでとろみを出しても◎。
出典: (@monocoto_scrap)

とろみのあるスープなら、体を温めてくれるうえ、胃の中でも冷めにくい状態をキープしてくれます。片栗粉などでとろみをつけたり、かぼちゃやじゃがいもをすりつぶし、材料そのものでとろみを出しても◎。

食を楽しみながら、美を育む

深く結びついている“食と美”。適度に気を遣いながら、体にベストな形で食事をとることが大切です。ぜひ参考にして、食べることを楽しみながら、健やかな美しさを手に入れましょう♪
出典: (@receno.interior)

深く結びついている“食と美”。適度に気を遣いながら、体にベストな形で食事をとることが大切です。ぜひ参考にして、食べることを楽しみながら、健やかな美しさを手に入れましょう♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info