提供: 自然電力
買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

毎日のお買い物ですが、視点をちょっと変えるだけでもっと楽しくて幸せなものになるかも。そんな気持ちのいい気分を育てる「賢いお金の使い方」について、考えてみました。 2018年03月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
620

「好き」なものを大事にできる人。

主張が強いわけでもないのに、どこか意思や自信が感じられる人。そんな気持ちの根っこが強い人は、自分の好きな世界をしっかり育ててきた人でもあります。毎日新しい感動を発見することで飽きることなく、逆にどんどん「好き」を育てていく。そして、大好きなモノや世界観との付き合いの中で、ブレない自分を作り出している。そんな人って素敵です。
買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

たとえば大好きなカフェ。そこで過ごす優雅な時間を楽しみ、それに対する対価を支払う。それは「消費」のようでもあり、実は見方によっては立派な「投資」でもあります。どのカフェにお金を払うかは、どのカフェを応援するか。「ここでずっと美味しいコーヒーを淹れ続けてほしい」という店長さんへのメッセージでもあり、自分の「好きな場所」を守り育てる行為でもあるのです。

買い物は自分の「好き」を示すポリシーの表明

買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

たとえば洋服。どんな服を買って、どんな服を着るかは、あなたのポリシーを表明すること。オーガニックコットンの洋服を身に纏えばそれは、自然農法を応援する、というポリシーを身に纏うことになります。
買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

たとえば食材。スーパーに並ぶ野菜ではなく、無農薬栽培の農家から直接買ったり、故郷で採れた野菜を選ぶ。「どれも同じ」より「かけがえのなさ」をあえて選んでみること。その選択の積み重ねが、自分だけの根っこを作っていくことにつながります。

毎日の光熱費でもポリシーは示せる

たとえば電気代。太陽や風といった自然の力を利用した自然エネルギーを使う。それは自分の子ども達に住みよい環境や豊かな自然を残したい、という意思表明にもなります。
買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

自然エネルギーとは、有限な化石燃料に頼るのではなく、太陽や風、地熱など、世界に無限に溢れている大きな自然の力を使った新しいエネルギーのこと。欧米諸国をはじめ、世界各地で主要なエネルギー源となり始めている自然エネルギーですが、最近は日本でもよく見かけるようになりました。自然エネルギー由来の電気を提供する電力会社を選択することで、持続可能な社会という未来への投資につながっていきます。地球上の豊かな自然を守るだけでなく、有限な資源を奪いあう争いを減らすこともできるかもしれません。

手続きは10分。気持ちよさは毎日。

2016年4月に施行された電力自由化により、私たちも毎日使う電気の電力会社を自由に選択できるようになりました。実は、電気の切り替えはケータイよりも楽。電力会社同士で調整してくれるので、切り替えたいB社で手続きすれば、今のA社と調整してタイミングのよいところで自動で契約を移行してくれます。A社に対して、解約手続き等を行う必要はありません。気になる電気代はそこまで変わらず、自然エネルギーを使うことで生まれる前向きな気分は毎日得られます。
※お引越し先での使用から切り替えを希望される場合には、現在ご利用中の電力会社へ解約手続きが必要となります。
買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

切り替えるなら、震災を機に生まれ、「自然エネルギー100%の世界は、つくれる」をテーマに、自分たちの手で、全国各地で太陽光・風力・小水力などの自然エネルギー発電所を作り、それらからの電気も供給しながら、100%自然エネルギー由来の電気を販売している自然電力の「自然電力のでんき」がオススメ。
エネルギーの先にある人々の営みや地域の産業を考えて、自然エネルギーを作るだけでなく、エネルギーの新しい使い方を提案し、より良い社会を考える。そんな誠実な取り組みに徐々に共感者が現れ、クチコミで広がってきています。毎月支払う電気代、今のままにするのも、切り替えるのも、それは自分のポリシーを表明するということ。「自然電力のでんき」に切り替えて、気持ちの良いエネルギーとの付き合い方を始めてみませんか。
買い物で自分の「好き」を育てよう。使うほど幸せになる「賢いお金の使い方」

※「自然電力のでんき」では、非化石証書(再エネ由来)を、供給電力分購入し、実質的に「100%自然エネルギー由来」「CO2排出量ゼロ」の電気にします。政府のルールで、自然エネルギーで発電された電気から「CO2を出さない価値」だけを切り出して別に取引することになっており、2017年度分の電気については、2018年5月に取引が行われる予定です。

関連リンク

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info