豆の風味豊かな一杯を。「フレンチプレス式コーヒー」の美味しい淹れ方【名店ガイド付】

豆の風味豊かな一杯を。「フレンチプレス式コーヒー」の美味しい淹れ方【名店ガイド付】

家でコーヒーを淹れる場合、「インスタント」や「ドリップ式」で楽しむ方が多いかもしれませんが、「フレンチプレス式」で新たな美味しさに出会ってみませんか?これはコーヒープレスという器具を使った淹れ方で、“容器の中にコーヒーの粉・お湯を入れてプレスし、数分待つ”だけで出来上がり。カンタンな手順ながら、油分や香りなど、豆の個性をしっかり引き出してくれるんです。今回は初心者さん向けに「フレンチプレス式コーヒー」の淹れ方・おすすめの名店などをまとめました。ぜひその味を堪能してみてください♪ 2018年02月03日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
カフェ
コーヒー
喫茶店
本格コーヒー
お家カフェ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
442

ドリップにない美味しさ。コーヒー豆の個性を味わってみませんか?

一口にコーヒーを淹れるといっても、ペーパードリップ、ネルドリップなど、様々な方法がありますよね。同じ豆を使っても、淹れ方によって異なる味わいを楽しめるのが、コーヒーの奥深い魅力。
今回ご紹介する「フレンチプレス式」は、金属製のフィルターを使用した淹れ方です。ペーパーフィルターでは大半が吸着されてしまうコーヒー豆の油分も、フレンチプレス式ではしっかり抽出できます。

出典:

一口にコーヒーを淹れるといっても、ペーパードリップ、ネルドリップなど、様々な方法がありますよね。同じ豆を使っても、淹れ方によって異なる味わいを楽しめるのが、コーヒーの奥深い魅力。
今回ご紹介する「フレンチプレス式」は、金属製のフィルターを使用した淹れ方です。ペーパーフィルターでは大半が吸着されてしまうコーヒー豆の油分も、フレンチプレス式ではしっかり抽出できます。

油分が出るため、ドリップコーヒーと⽐べると少し濁ったような色になりますが、実はこの油分こそが、それぞれのコーヒー豆の持つ繊細な香りや風味のもと。口に含めば、油分によるまろやかな舌触りとともにコーヒー豆の甘み、飲み込んだ後も味わいの余韻を楽しめます。ちなみに、飲みきったあとに微粉が残りますが、⾖の個性をしっかりと抽出できた証ですのでお気になさらずに◎

出典:

油分が出るため、ドリップコーヒーと⽐べると少し濁ったような色になりますが、実はこの油分こそが、それぞれのコーヒー豆の持つ繊細な香りや風味のもと。口に含めば、油分によるまろやかな舌触りとともにコーヒー豆の甘み、飲み込んだ後も味わいの余韻を楽しめます。ちなみに、飲みきったあとに微粉が残りますが、⾖の個性をしっかりと抽出できた証ですのでお気になさらずに◎

フレンチプレス式コーヒーの美味しい淹れ方

まずは、「準備するもの」をチェック。

準備が「簡単」であることも、フレンチプレス式の大きな魅力。使用する器具は、こちらの「コーヒープレス」のみ。金属製のプレスフィルターが付いたプランジャーと、耐熱ガラスのビーカーで構成されています。

出典:

準備が「簡単」であることも、フレンチプレス式の大きな魅力。使用する器具は、こちらの「コーヒープレス」のみ。金属製のプレスフィルターが付いたプランジャーと、耐熱ガラスのビーカーで構成されています。

【準備するもの】
■道具
・コーヒープレス(「フレンチプレス」とも呼ばれます)
・タイマー

■材料
・コーヒーの粉:350mlのプレス容量に対して16g、500mlのプレス容量に対して25g
(豆の挽き方は「中挽き~粗挽き」、炒り具合は「中炒り~深炒り」で用意した粉がおすすめです)
・熱湯

【準備するもの】
■道具
・コーヒープレス(「フレンチプレス」とも呼ばれます)
・タイマー

■材料
・コーヒーの粉:350mlのプレス容量に対して16g、500mlのプレス容量に対して25g
(豆の挽き方は「中挽き~粗挽き」、炒り具合は「中炒り~深炒り」で用意した粉がおすすめです)
・熱湯

準備を終えたら、早速抽出してみましょう。

まずはコーヒーの粉を入れます。もちろん慣れてきたら、お好みに合わせて量を調節してみてくださいね。

まずはコーヒーの粉を入れます。もちろん慣れてきたら、お好みに合わせて量を調節してみてくださいね。

二回に分けて、お湯を注ぎいれる方法をご紹介します。お湯は、コーヒーのフレーバーをしっかりと抽出するために、100度に近い沸かしたてのお湯をご用意ください。
【一湯目】
まずはタイマーをスタートし、一湯目をビーカーの半分くらいまで注ぎます。お湯が粉全体にかかるよう、円を描くように勢いよく注ぎます。ドリップのように細いお湯を注ぐ必要はないので、普通の使い慣れたヤカンでOK。

出典:

二回に分けて、お湯を注ぎいれる方法をご紹介します。お湯は、コーヒーのフレーバーをしっかりと抽出するために、100度に近い沸かしたてのお湯をご用意ください。
【一湯目】
まずはタイマーをスタートし、一湯目をビーカーの半分くらいまで注ぎます。お湯が粉全体にかかるよう、円を描くように勢いよく注ぎます。ドリップのように細いお湯を注ぐ必要はないので、普通の使い慣れたヤカンでOK。

【二湯目】
30秒経過したら二湯目を注ぎます。ビーカーの一番上から1.5cm下くらいのところまで、静かにゆっくりと。お湯の適量を目で見て量れるのが、楽ですね。

【二湯目】
30秒経過したら二湯目を注ぎます。ビーカーの一番上から1.5cm下くらいのところまで、静かにゆっくりと。お湯の適量を目で見て量れるのが、楽ですね。

注ぎ終えたら、やさしくフタをして4分待ちましょう。この時には、まだプランジャーは下げません。

出典: (@Kim Piper Werker)

注ぎ終えたら、やさしくフタをして4分待ちましょう。この時には、まだプランジャーは下げません。

4分経ったらプランジャーをゆっくり押し下げてプレスします。カップに注げば、出来上がり。コーヒーのさらなる奥深い魅⼒を堪能してみてください。

出典: (@Kim Piper Werker)

4分経ったらプランジャーをゆっくり押し下げてプレスします。カップに注げば、出来上がり。コーヒーのさらなる奥深い魅⼒を堪能してみてください。

【豆知識】フレンチプレスを楽しむために。

コーヒー豆の保存方法

コーヒーの豆・粉は周りの湿気や匂いを吸収しやすいので、密閉容器に移して保存しましょう。なかなか使い切れそうにない場合、豆の状態なら密閉容器ごと冷蔵庫、粉の状態で3週間以上長期保存したい場合は冷凍庫へ。とはいえ徐々に鮮度が落ちますので、フレッシュなうちに飲みきれるよう適量を購入するのがおすすめです。

出典:

コーヒーの豆・粉は周りの湿気や匂いを吸収しやすいので、密閉容器に移して保存しましょう。なかなか使い切れそうにない場合、豆の状態なら密閉容器ごと冷蔵庫、粉の状態で3週間以上長期保存したい場合は冷凍庫へ。とはいえ徐々に鮮度が落ちますので、フレッシュなうちに飲みきれるよう適量を購入するのがおすすめです。

ちなみにコーヒー専用の保存缶には、こんなに可愛らしいデザインのものも。並べておくだけでもインテリアになりそうです。

出典:

ちなみにコーヒー専用の保存缶には、こんなに可愛らしいデザインのものも。並べておくだけでもインテリアになりそうです。

用途にあわせた「コーヒープレス」の選び方

自分用にぴったりな350mlサイズ
コーヒーカップで2杯、マグで1杯分の350mlサイズは、自分一人のための普段使いにちょうどよいサイズ。RIVERSから発売されているこちらの「CORE」のように、インテリアにもすっと馴染む、スタイリッシュなデザインのものもあります。

出典:

コーヒーカップで2杯、マグで1杯分の350mlサイズは、自分一人のための普段使いにちょうどよいサイズ。RIVERSから発売されているこちらの「CORE」のように、インテリアにもすっと馴染む、スタイリッシュなデザインのものもあります。

ファミリー向けの1Lサイズ
一度に5、6杯くらいをつくれる1リットルの大容量サイズは、ファミリーにぴったり。こちらのデンマーク・ボダム社製の「シャンボール(CHAMBORD)」も1リットルサイズを展開しており、フレンチプレス式コーヒーを出す世界中のお店で使用されています。1950年代にパリで親しまれていた、当時のプレス器をイメージしてつくられたデザインは、クラシックで上品な雰囲気を放っています。足つきなのもうれしいですね。

出典:

一度に5、6杯くらいをつくれる1リットルの大容量サイズは、ファミリーにぴったり。こちらのデンマーク・ボダム社製の「シャンボール(CHAMBORD)」も1リットルサイズを展開しており、フレンチプレス式コーヒーを出す世界中のお店で使用されています。1950年代にパリで親しまれていた、当時のプレス器をイメージしてつくられたデザインは、クラシックで上品な雰囲気を放っています。足つきなのもうれしいですね。

アウトドア向けのタフなボディタイプ
ハイキングや登山などのアウトドア、あるいは長期旅行などで役立ってくれるような、タフなボディタイプもあります。なかでも、こちらのSTANLEY(スタンレー)の「CLASSIC VACUUME TRAVEL PRESS」はフレンチプレスと水筒がセットになっているので、淹れたてのコーヒーをその場で楽しむことができます。大自然でいただく一杯は、また格別ですね。

出典:

ハイキングや登山などのアウトドア、あるいは長期旅行などで役立ってくれるような、タフなボディタイプもあります。なかでも、こちらのSTANLEY(スタンレー)の「CLASSIC VACUUME TRAVEL PRESS」はフレンチプレスと水筒がセットになっているので、淹れたてのコーヒーをその場で楽しむことができます。大自然でいただく一杯は、また格別ですね。

プロの一杯を。フレンチプレス式コーヒーが美味しい名店【3選】

ここからは、フレンチプレス式コーヒーを提供する【名店】ご紹介します。家とは違って、今の時期に旬の豆や、季節に合わせたブレンドが気軽に楽しめるのも、お店ならではのいいところ。プロの手によって淹れられる一杯も格別に美味しいですよ。

出典: (@cibone_ts)

ここからは、フレンチプレス式コーヒーを提供する【名店】ご紹介します。家とは違って、今の時期に旬の豆や、季節に合わせたブレンドが気軽に楽しめるのも、お店ならではのいいところ。プロの手によって淹れられる一杯も格別に美味しいですよ。

丸山珈琲

軽井沢に本店を持つ「丸山珈琲」は、スペシャルティコーヒーの先駆けとも言える珈琲専門店です。常時20~30種類のシングルオリジンコーヒーやハイクオリティなコーヒー豆を取り扱っており、トップレベルのバリスタが、好みや気分に合わせた豆をセレクト。独自技術によって焙煎された、香り高い一杯を楽しめます。

出典:

軽井沢に本店を持つ「丸山珈琲」は、スペシャルティコーヒーの先駆けとも言える珈琲専門店です。常時20~30種類のシングルオリジンコーヒーやハイクオリティなコーヒー豆を取り扱っており、トップレベルのバリスタが、好みや気分に合わせた豆をセレクト。独自技術によって焙煎された、香り高い一杯を楽しめます。

軽井沢本店では陶器のカップでいただくことができますよ。都内には西麻布、尾山台、表参道の3店舗を構えています。それぞれ店舗限定のオリジナルブレンドを販売しているほか、モーニングプレートや軽食、デザートもお店の個性が出たものになっています。1店舗だけでなく、いくつかに足を運んでみるのもよさそうですね。

出典:

軽井沢本店では陶器のカップでいただくことができますよ。都内には西麻布、尾山台、表参道の3店舗を構えています。それぞれ店舗限定のオリジナルブレンドを販売しているほか、モーニングプレートや軽食、デザートもお店の個性が出たものになっています。1店舗だけでなく、いくつかに足を運んでみるのもよさそうですね。

店内では豊富な種類のコーヒーを試飲できるので、コーヒー豆選びが初めてという方でも安心。また、定番ともいえるボダムのフレンチプレスを数種類取り扱っているので、実際に手に取ってみて器具を選びたいという方にもオススメです。

出典:

店内では豊富な種類のコーヒーを試飲できるので、コーヒー豆選びが初めてという方でも安心。また、定番ともいえるボダムのフレンチプレスを数種類取り扱っているので、実際に手に取ってみて器具を選びたいという方にもオススメです。

Unir(ウニール)

京都発のスペシャルティコーヒーブランド「Unir(ウニール)」。Unirとは、スペイン語で「結びつける」、「ひとつにする」という意味。自慢のスペシャルティコーヒーをはじめ、そのコーヒーが作られている農園、意欲的な生産者など、Unirならではの魅力を、来店する方に届けていきたいというお店の想いが込められています。

出典:

京都発のスペシャルティコーヒーブランド「Unir(ウニール)」。Unirとは、スペイン語で「結びつける」、「ひとつにする」という意味。自慢のスペシャルティコーヒーをはじめ、そのコーヒーが作られている農園、意欲的な生産者など、Unirならではの魅力を、来店する方に届けていきたいというお店の想いが込められています。

そのUnirの味わいを都内で楽しめるのが、東京第1号店となる赤坂店。赤坂駅徒歩2分で、ホテル併設のカフェということもあり、24時間営業でスペシャルティコーヒーを提供しています。広々とした店内にゆったりとしたソファなど、ビジネス街でありながらちょっと喧騒を忘れられる穴場かもしれません。読書やデスクワークにも最適です。

出典:

そのUnirの味わいを都内で楽しめるのが、東京第1号店となる赤坂店。赤坂駅徒歩2分で、ホテル併設のカフェということもあり、24時間営業でスペシャルティコーヒーを提供しています。広々とした店内にゆったりとしたソファなど、ビジネス街でありながらちょっと喧騒を忘れられる穴場かもしれません。読書やデスクワークにも最適です。

人気のプレスコーヒーは、レギュラーとラージの2サイズ。京都で焙煎されたスペシャルティコーヒー数種類の中から、好みに合わせて選ぶことができます。世界トップクラスのバリスタが、注文を受けてから丁寧に淹れる一杯は、豆本来の旨みが生きた極上の美味しさ。可愛いマグカップと、上質なひと時をどうぞ。

出典:

人気のプレスコーヒーは、レギュラーとラージの2サイズ。京都で焙煎されたスペシャルティコーヒー数種類の中から、好みに合わせて選ぶことができます。世界トップクラスのバリスタが、注文を受けてから丁寧に淹れる一杯は、豆本来の旨みが生きた極上の美味しさ。可愛いマグカップと、上質なひと時をどうぞ。

ぜひ、バターの香りが芳醇なクロワッサンも一緒に楽しんでみて。京都・今出川大宮の人気ブーランジュリ「ル・プチメック」のパンも提供しています。濃いめのコーヒーともよく合いそうですね。

出典:

ぜひ、バターの香りが芳醇なクロワッサンも一緒に楽しんでみて。京都・今出川大宮の人気ブーランジュリ「ル・プチメック」のパンも提供しています。濃いめのコーヒーともよく合いそうですね。

NOZY COFFEE(ノージーコーヒー)

三軒茶屋と池尻大橋の間、三宿にある「NOZY COFFEE」は、一切ブレンドせずに、全てシングルオリジンコーヒーで提供しているお店。

出典:

三軒茶屋と池尻大橋の間、三宿にある「NOZY COFFEE」は、一切ブレンドせずに、全てシングルオリジンコーヒーで提供しているお店。

「その年の、その土地の、そのコーヒー豆にしかない風味・特性をそのまま味わってほしい」という店主の想いが込められたプレスコーヒーは、しっかりと豆本来の味が引き出されています。オリジナルのロゴ入りカップは、よく見ると動物が隠れている可愛らしいデザイン。近くに世田谷公園があるので、テイクアウトしてのんびりお散歩するのもいいかもしれません。

出典:

「その年の、その土地の、そのコーヒー豆にしかない風味・特性をそのまま味わってほしい」という店主の想いが込められたプレスコーヒーは、しっかりと豆本来の味が引き出されています。オリジナルのロゴ入りカップは、よく見ると動物が隠れている可愛らしいデザイン。近くに世田谷公園があるので、テイクアウトしてのんびりお散歩するのもいいかもしれません。

店内で販売している豆の種類も豊富。香りや味など、シングルオリジンの特徴を写真付きで説明しているので、イメージしながら選べますね。ぜひ自分のお気に入りを探してみてください。

出典:

店内で販売している豆の種類も豊富。香りや味など、シングルオリジンの特徴を写真付きで説明しているので、イメージしながら選べますね。ぜひ自分のお気に入りを探してみてください。

終わりに

豆の個性を簡単に、しっかりと味わえる「フレンチプレス式コーヒー」。淹れ方に慣れてきた方は、ぜひ国や品種、焙煎方法にこだわってコーヒー豆を選んでみてくださいね。柑橘系のすっきりとした飲み口や、花のような甘い香りのもの、しっかりと苦味があるものなど…コーヒーの新たな美味しさに、きっと出会えるはず♪
⾃分のために、誰かのためにコーヒーを淹れるゆったりとした時間を、気軽に楽しんでいただけたら嬉しいです。

出典: (@sempre_days)

豆の個性を簡単に、しっかりと味わえる「フレンチプレス式コーヒー」。淹れ方に慣れてきた方は、ぜひ国や品種、焙煎方法にこだわってコーヒー豆を選んでみてくださいね。柑橘系のすっきりとした飲み口や、花のような甘い香りのもの、しっかりと苦味があるものなど…コーヒーの新たな美味しさに、きっと出会えるはず♪
⾃分のために、誰かのためにコーヒーを淹れるゆったりとした時間を、気軽に楽しんでいただけたら嬉しいです。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info