シーズンオフの前におさらい!「冬物5大アイテム」のお手入れ方法まとめ

シーズンオフの前におさらい!「冬物5大アイテム」のお手入れ方法まとめ

まだ寒さの厳しい毎日ですが、少しづつ日も延びて、冬も折り返し地点を迎えました。これからやってくる春の衣替えシーズンを前に、今冬、身に纏った冬物たちのお手入れを始めてみませんか?今までもAmorpropioサイトで、たくさんのお手入れ方法をご紹介していますが、今回は今季トレンドの「冬物アイテム」を中心にまとめています。この機会にもう一度おさらいしてみましょう! 2018年01月06日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
アウター
衣替え
お手入れ方法
冬物
しまい方
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
762

「冬物アイテム」のお手入れ、どうしていますか?

シーズンオフの前におさらい!「冬物5大アイテム」のお手入れ方法まとめ

出典:

冬のファッションアイテムはニットやベロア、ファーやボアなど、少しお手入れに手間のかかる素材が多いように感じます。でも、また次のシーズンも身につけられるように、なるべくきれいな状態で保管したいですよね。そして、何よりも大切にお手入れすることで、よりアイテムへの愛着が増して、末長くお付き合いすることが可能になります。
今回は衣替えシーズンを前におさらいしたい「冬物アイテム」のお手入れ方法を、定番物とトレンドアイテムを織り交ぜてご案内しています。みなさんのこれからの参考に少しでもなれたら嬉しいです。

出典:

今回は衣替えシーズンを前におさらいしたい「冬物アイテム」のお手入れ方法を、定番物とトレンドアイテムを織り交ぜてご案内しています。みなさんのこれからの参考に少しでもなれたら嬉しいです。

アウター編

冬の防寒にもおしゃれにも欠かせないアウターは、ちょっぴりお値段も張りますし、毎日着るものだから、できるだけ末長く大切に着たいですよね。こちらでは、その中でも「フリース」と「ダウン」に絞ってお手入れ方法をご紹介しています。

出典:

冬の防寒にもおしゃれにも欠かせないアウターは、ちょっぴりお値段も張りますし、毎日着るものだから、できるだけ末長く大切に着たいですよね。こちらでは、その中でも「フリース」と「ダウン」に絞ってお手入れ方法をご紹介しています。

フリースのお手入れ方法

フリースはデリケートな素材なので、普段はブラッシングや陰干し、ファブリックミストでのお手入れをオススメします。どうしても汚れや匂いの気になる場合のみ洗濯してくださいね。

出典:

フリースはデリケートな素材なので、普段はブラッシングや陰干し、ファブリックミストでのお手入れをオススメします。どうしても汚れや匂いの気になる場合のみ洗濯してくださいね。

日頃から布素材のアウターは、着用後すぐにクローゼットへ仕舞わず、衣類用ブラシでこまめにブラッシングすることで、毛玉対策や毛並みのきれいな状態をキープすることができます。

出典:

日頃から布素材のアウターは、着用後すぐにクローゼットへ仕舞わず、衣類用ブラシでこまめにブラッシングすることで、毛玉対策や毛並みのきれいな状態をキープすることができます。

フリースについてしまった毛玉には、こちらのセーターストーンという毛玉除去専用グッズもオススメです。優しく小刻みに滑らせることで毛玉がきれいに取り除かれます。

出典:

フリースについてしまった毛玉には、こちらのセーターストーンという毛玉除去専用グッズもオススメです。優しく小刻みに滑らせることで毛玉がきれいに取り除かれます。

フリースを洗う時は、必ず洗濯タグを確認して、その内容に合ったケアをしてください。ホームクリーニングをする際は、おしゃれ着専用の洗剤を使用しましょう。柔軟剤が含まれている洗剤や漂白剤、蛍光増白剤が含まれている洗剤は、吸湿性低下に繋がりますので使用しないでくださいね。

出典:

フリースを洗う時は、必ず洗濯タグを確認して、その内容に合ったケアをしてください。ホームクリーニングをする際は、おしゃれ着専用の洗剤を使用しましょう。柔軟剤が含まれている洗剤や漂白剤、蛍光増白剤が含まれている洗剤は、吸湿性低下に繋がりますので使用しないでくださいね。

洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて「ドライコース」や「手洗いコース」を選びましょう。洗剤が残らないようにすすぎはしっかり行って、軽く脱水してください。手洗いの場合は、ぬるま湯を張った容器に中性洗剤を入れて、その中で押し洗いを数回してください。

出典:

洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて「ドライコース」や「手洗いコース」を選びましょう。洗剤が残らないようにすすぎはしっかり行って、軽く脱水してください。手洗いの場合は、ぬるま湯を張った容器に中性洗剤を入れて、その中で押し洗いを数回してください。

形を整えてから、ハンガーにかけて、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

出典:

形を整えてから、ハンガーにかけて、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

ダウンのお手入れ方法

ダウン製品は羽毛を使用しているので油分がなくなると保温効果が下がってしまいます。なるべくドライクリーニングは避けて、軽い表面の部分汚れ程度であればホームクリーニングで解決しましょう。通気性を良くするためにも、こまめに汚れを落とすことが大切です。

出典:

ダウン製品は羽毛を使用しているので油分がなくなると保温効果が下がってしまいます。なるべくドライクリーニングは避けて、軽い表面の部分汚れ程度であればホームクリーニングで解決しましょう。通気性を良くするためにも、こまめに汚れを落とすことが大切です。

こちらは、衣類を傷めにくく環境にも配慮した部分洗い専用洗剤です。汚れの気になる部分にスプレーをして軽くつまんで揺すります。10分ほど放置したら汚れが浮きあがってきます。固く絞った濡れタオルで洗剤が残らないように何度も拭き取りましょう。ダウン専用の洗剤の使用もオススメです。

出典:

こちらは、衣類を傷めにくく環境にも配慮した部分洗い専用洗剤です。汚れの気になる部分にスプレーをして軽くつまんで揺すります。10分ほど放置したら汚れが浮きあがってきます。固く絞った濡れタオルで洗剤が残らないように何度も拭き取りましょう。ダウン専用の洗剤の使用もオススメです。

そんなに多くクリーニングすることは難しいので、生地の裏側など目立たない箇所にプレスプレーして、シミにならなければ、ファブリックミストでシワや匂いの対策をしてみましょう。また裏返しにして短時間の天日干しも臭い対策に効果的です。

出典:

そんなに多くクリーニングすることは難しいので、生地の裏側など目立たない箇所にプレスプレーして、シミにならなければ、ファブリックミストでシワや匂いの対策をしてみましょう。また裏返しにして短時間の天日干しも臭い対策に効果的です。

トップス編

冬のおしゃれの定番トップスは、やはり誰もが必ず持っているニット製品。セーターやプルオーバーなど、あたたかで着心地の良いアイテムは、冬の寒さから身を守ってくれます。そして今季トレンドのベロア素材のお手入れ方法も一緒にご紹介しています。

出典:

冬のおしゃれの定番トップスは、やはり誰もが必ず持っているニット製品。セーターやプルオーバーなど、あたたかで着心地の良いアイテムは、冬の寒さから身を守ってくれます。そして今季トレンドのベロア素材のお手入れ方法も一緒にご紹介しています。

ニットのお手入れ方法

毎日のお手入れにはニット専用のブラシを使って優しく撫でるようにブラッシングしましょう。それだけで表面の毛羽立ちや毛玉が改善されます。またホームクリーニングをする前にも、予めブラッシングをして表面の埃などの汚れを落としておくことをオススメします。

出典:

毎日のお手入れにはニット専用のブラシを使って優しく撫でるようにブラッシングしましょう。それだけで表面の毛羽立ちや毛玉が改善されます。またホームクリーニングをする前にも、予めブラッシングをして表面の埃などの汚れを落としておくことをオススメします。

毎日でもたくさん着たいウールアイテム。クリーニング専門店でのドライクリーニングが基本ですが、自宅でお洗濯をする場合は、ウールなどのデリケート素材専用の中性洗剤を使用しましょう。色落ちしそうな物は単独で洗ってくださいね。

出典:

毎日でもたくさん着たいウールアイテム。クリーニング専門店でのドライクリーニングが基本ですが、自宅でお洗濯をする場合は、ウールなどのデリケート素材専用の中性洗剤を使用しましょう。色落ちしそうな物は単独で洗ってくださいね。

洗濯機を使う場合は、裏返しにして、洗濯ネットへ入れることも忘れずに。また「ドライコース」や「手洗いコース」がある場合は、そちらを選びましょう。手洗いの場合は、予め洗剤を入れたぬるま湯で、30~40回ほど優しく押し洗いして、よくすすいでください。必ず柔軟剤に浸して大切な衣類を静電気や汚れから守りましょう。

出典:

洗濯機を使う場合は、裏返しにして、洗濯ネットへ入れることも忘れずに。また「ドライコース」や「手洗いコース」がある場合は、そちらを選びましょう。手洗いの場合は、予め洗剤を入れたぬるま湯で、30~40回ほど優しく押し洗いして、よくすすいでください。必ず柔軟剤に浸して大切な衣類を静電気や汚れから守りましょう。

またシワの原因にもなるので、脱水は短めに終えて、形を整えて陰干しすることが基本です。でも、お洗濯の際に気をつけていても、万が一ニットが伸びたり縮んだりしてしまった場合、スチームアイロンを2cmほど離して、当て布の上から、ゆっくり蒸気をかけて形を整えてください。

出典:

またシワの原因にもなるので、脱水は短めに終えて、形を整えて陰干しすることが基本です。でも、お洗濯の際に気をつけていても、万が一ニットが伸びたり縮んだりしてしまった場合、スチームアイロンを2cmほど離して、当て布の上から、ゆっくり蒸気をかけて形を整えてください。

ニットの毛玉問題にはこちらを...

ウールコームを使ってケアすることもオススメです。こちらは、ご使用方法も簡単です。ニットやストールなどを平らな場所に置いたら、表面にコームを垂直に立てて、ゆっくり梳くように表面を整えながら毛玉を取り除くだけでOKです。少しのお手入れで、ニットの表面が蘇ります。

出典:

ウールコームを使ってケアすることもオススメです。こちらは、ご使用方法も簡単です。ニットやストールなどを平らな場所に置いたら、表面にコームを垂直に立てて、ゆっくり梳くように表面を整えながら毛玉を取り除くだけでOKです。少しのお手入れで、ニットの表面が蘇ります。

毛玉になってしまった場合、身近にある食器洗い用スポンジのザラザラした面を撫でるようにして取ることも効果的だそうです。あまり高価な物にはオススメできませんが、綺麗に毛玉が取れるので試してみる価値はありますよ。

出典:

毛玉になってしまった場合、身近にある食器洗い用スポンジのザラザラした面を撫でるようにして取ることも効果的だそうです。あまり高価な物にはオススメできませんが、綺麗に毛玉が取れるので試してみる価値はありますよ。

ベロア素材のお手入れ方法

肌触りも良く美しい光沢のベロア素材のお洋服。繊細な素材なので、お洗濯するときは、裏返しにして、洗濯ネットに入れてください。色落ちしやすい素材なので、おしゃれ着用の中性洗剤を使って、洗濯機の場合は「手洗いモード」や「ドライモード」を選択しましょう。

出典:

肌触りも良く美しい光沢のベロア素材のお洋服。繊細な素材なので、お洗濯するときは、裏返しにして、洗濯ネットに入れてください。色落ちしやすい素材なので、おしゃれ着用の中性洗剤を使って、洗濯機の場合は「手洗いモード」や「ドライモード」を選択しましょう。

また手洗いの場合は、ぬるま湯を張った容器に洗濯洗剤を溶かして、優しく何度か押し洗いをしましょう。気になる汚れやシミがある場合は、デリケート素材専用のシミ抜き洗剤を予め馴染ませておくと綺麗に落ちますよ。

出典:

また手洗いの場合は、ぬるま湯を張った容器に洗濯洗剤を溶かして、優しく何度か押し洗いをしましょう。気になる汚れやシミがある場合は、デリケート素材専用のシミ抜き洗剤を予め馴染ませておくと綺麗に落ちますよ。

ベロアはシワになりやすいので、短時間で脱水し、すぐに干すことがポイントです。またシワになった場合は、スチームアイロンを1cmほど離した状態でかけてください。長時間畳んだままにすると跡が残ってしまうので、保管の際には、必ずハンガーにかけて吊るすなどしてくださいね。

出典:

ベロアはシワになりやすいので、短時間で脱水し、すぐに干すことがポイントです。またシワになった場合は、スチームアイロンを1cmほど離した状態でかけてください。長時間畳んだままにすると跡が残ってしまうので、保管の際には、必ずハンガーにかけて吊るすなどしてくださいね。

ボトムス編

今季トレンドのコーデュロイアイテムのお手入れ方法をご紹介します。とても温かく丈夫な生地なので、毎シーズン大切にお手入れすれば末長く履けるおしゃれアイテムです。

出典:

今季トレンドのコーデュロイアイテムのお手入れ方法をご紹介します。とても温かく丈夫な生地なので、毎シーズン大切にお手入れすれば末長く履けるおしゃれアイテムです。

コーデュロイのお手入れ方法

ワンランク上のおしゃれに欠かせないコーデュロイ。「縦うね」と呼ばれるとても丈夫な生地なのですが、その分毛羽立ちや埃のつきやすい素材です。長時間の布への圧力や雨に濡れる等の湿潤状態だと毛羽乱れが生じてしまいます。また強い摩擦でもパイルが抜けてしまうので気をつけてくださいね。

出典:

ワンランク上のおしゃれに欠かせないコーデュロイ。「縦うね」と呼ばれるとても丈夫な生地なのですが、その分毛羽立ちや埃のつきやすい素材です。長時間の布への圧力や雨に濡れる等の湿潤状態だと毛羽乱れが生じてしまいます。また強い摩擦でもパイルが抜けてしまうので気をつけてくださいね。

日頃から衣類専用の柔らかいブラシを使って、表面の埃をこまめに落としましょう。そうすることで生地本来の風合いが保たれます。ガムテープや粘着ブラシを使うと表面のパイルが抜けてしまうので避けてくださいね。

出典:

日頃から衣類専用の柔らかいブラシを使って、表面の埃をこまめに落としましょう。そうすることで生地本来の風合いが保たれます。ガムテープや粘着ブラシを使うと表面のパイルが抜けてしまうので避けてくださいね。

デリケート素材専用の洗濯洗剤で「ドライコース」や「手洗いコース」を選ぶことで洗濯機洗いも可能です。必ず洗濯ネットに入れるか、裏返しにしてくださいね。またアイロンをかける際は、スチームをあてるか、裏から軽くアイロンをあてるようにしましょう。

出典:

デリケート素材専用の洗濯洗剤で「ドライコース」や「手洗いコース」を選ぶことで洗濯機洗いも可能です。必ず洗濯ネットに入れるか、裏返しにしてくださいね。またアイロンをかける際は、スチームをあてるか、裏から軽くアイロンをあてるようにしましょう。

シューズ編

秋~冬にかけて、寒さの厳しい季節には、足元の冷えも気になりますよね。きっとレザーブーツやスエード/ヌバッグ素材のモカシンなどが活躍されているのではないでしょうか。こちらでは冬には欠かせない定番シューズのお手入れ方法をご紹介します。

出典:

秋~冬にかけて、寒さの厳しい季節には、足元の冷えも気になりますよね。きっとレザーブーツやスエード/ヌバッグ素材のモカシンなどが活躍されているのではないでしょうか。こちらでは冬には欠かせない定番シューズのお手入れ方法をご紹介します。

レザーブーツのお手入れ方法

レザーシューズの場合は、やはり専用のブラシやクリームを使用することをオススメします。ブラッシングで埃や汚れを落とした後、柔らかい布に専用のクリームを取り、まんべんなく靴の表面に塗りましょう。余分なクリームを拭きとればお手入れは完成です。日頃から履いたらさっとブラッシングして、日陰で1~3日くらいお休みさせてあげると長く履くことができます。

出典:

レザーシューズの場合は、やはり専用のブラシやクリームを使用することをオススメします。ブラッシングで埃や汚れを落とした後、柔らかい布に専用のクリームを取り、まんべんなく靴の表面に塗りましょう。余分なクリームを拭きとればお手入れは完成です。日頃から履いたらさっとブラッシングして、日陰で1~3日くらいお休みさせてあげると長く履くことができます。

仕上げに皮革用の防水スプレーをかけておくと水濡れによるシミも防げて、汚れも付きにくくなります。

出典:

仕上げに皮革用の防水スプレーをかけておくと水濡れによるシミも防げて、汚れも付きにくくなります。

スェード/ヌバック素材のお手入れ方法

スエードやヌバッグ素材のモカシンやブーツ専用のお手入れキットを使いましょう。 お手入れ方法は、まずスウェード/ヌバック部分にイレイサーを当てて優しく擦り、汚れを浮き上がらせます。 浮き上がらせた汚れはブラシを使って除去します。 普段からブラッシングすることでスウェード本来の滑らかな起毛を蘇らせることができますよ。

出典:

スエードやヌバッグ素材のモカシンやブーツ専用のお手入れキットを使いましょう。 お手入れ方法は、まずスウェード/ヌバック部分にイレイサーを当てて優しく擦り、汚れを浮き上がらせます。 浮き上がらせた汚れはブラシを使って除去します。 普段からブラッシングすることでスウェード本来の滑らかな起毛を蘇らせることができますよ。

水分に弱い素材専用の防水スプレーで、靴表面を汚れや雨などから守りましょう。

出典:

水分に弱い素材専用の防水スプレーで、靴表面を汚れや雨などから守りましょう。

レザーと違って、型崩れがしやすい一面もあるので、もし可能であれば靴専用のシューツリーを入れて、形をキープした状態で保管することをオススメします。

出典:

レザーと違って、型崩れがしやすい一面もあるので、もし可能であれば靴専用のシューツリーを入れて、形をキープした状態で保管することをオススメします。

小物編

冬には見た目にも、身につけていても、温かさや柔らかさを感じさせてくれるファッション小物が素敵ですよね。この冬、ファーやボア素材のアイテムを新しく仲間入りさせた方も多いのではないでしょうか。そして定番のニット帽やウール素材のマフラー/ストールのお手入れ方法も纏めて紹介します。

出典:

冬には見た目にも、身につけていても、温かさや柔らかさを感じさせてくれるファッション小物が素敵ですよね。この冬、ファーやボア素材のアイテムを新しく仲間入りさせた方も多いのではないでしょうか。そして定番のニット帽やウール素材のマフラー/ストールのお手入れ方法も纏めて紹介します。

ニット帽のお手入れ方法

冬の間は定番のニット帽が大活躍してくれますよね。普段のお手入れには、ファブリックミストなどをたっぷりスプレーして、平らな場所で乾かすことで、きれいな状態をキープできます。

出典:

冬の間は定番のニット帽が大活躍してくれますよね。普段のお手入れには、ファブリックミストなどをたっぷりスプレーして、平らな場所で乾かすことで、きれいな状態をキープできます。

どうしても汚れや匂いが気になる場合は、ぬるま湯を張った容器にウール専用の洗剤を溶かして、やさしく押し洗いしましょう。脱水を軽く済ませたら、バスタオルを使ってタオルドライします。水気を軽くきったら、形を整えて日陰で平干ししましょう。

出典:

どうしても汚れや匂いが気になる場合は、ぬるま湯を張った容器にウール専用の洗剤を溶かして、やさしく押し洗いしましょう。脱水を軽く済ませたら、バスタオルを使ってタオルドライします。水気を軽くきったら、形を整えて日陰で平干ししましょう。

マフラー/ストールのお手入れ方法

マフラー/ストールも日頃は衣類専用のブラシを軽くかけて、デリケート素材専用のファブリックミストをスプレーすることで、清潔感をキープすることができます。

出典:

マフラー/ストールも日頃は衣類専用のブラシを軽くかけて、デリケート素材専用のファブリックミストをスプレーすることで、清潔感をキープすることができます。

「世界で最も使い方のシンプルな洗剤」がコンセプトのガーメントグルーム。ウールやカシミヤにも使用可能なファブリックミストです。生地表面の汚れを落としやすくしてくれるだけでなく、素材本来の風合いやツヤまで蘇らせてくれる優れものです。

出典:

「世界で最も使い方のシンプルな洗剤」がコンセプトのガーメントグルーム。ウールやカシミヤにも使用可能なファブリックミストです。生地表面の汚れを落としやすくしてくれるだけでなく、素材本来の風合いやツヤまで蘇らせてくれる優れものです。

どうしてもやむを得ない場合のみ、ウールやカシミヤ専用の洗濯洗剤を使用して、手で優しく押し洗いをしましょう。水に濡れた状態で、強く力が加わると縮んでしまう可能性が高いので、洗濯機洗いは避けた方が無難です。ホームクリーニングが心配な方はクリーニング店で洗うことをオススメします。

出典:

どうしてもやむを得ない場合のみ、ウールやカシミヤ専用の洗濯洗剤を使用して、手で優しく押し洗いをしましょう。水に濡れた状態で、強く力が加わると縮んでしまう可能性が高いので、洗濯機洗いは避けた方が無難です。ホームクリーニングが心配な方はクリーニング店で洗うことをオススメします。

ボアバッグのお手入れ方法

今季トレンドのボアバッグ。ボア部分がもし汚れてしまったら、洗浄液とスポンジできれいに拭き取り洗いをしましょう。洗浄方法は簡単です。まず持ち手がスエードや皮革の場合は、濡れたティッシュなどで軽くこすって色落ちしないかチェックしてください。もし色落ちする場合はホームケアは避けましょう。

出典:

今季トレンドのボアバッグ。ボア部分がもし汚れてしまったら、洗浄液とスポンジできれいに拭き取り洗いをしましょう。洗浄方法は簡単です。まず持ち手がスエードや皮革の場合は、濡れたティッシュなどで軽くこすって色落ちしないかチェックしてください。もし色落ちする場合はホームケアは避けましょう。

水に中性洗剤を溶かして、スポンジに含ませます。汚れの気になるボア部分を、そのスポンジで軽くこすります。汚れが落ちたら、濡れた部分をドライタオルで拭き取ります。

出典:

水に中性洗剤を溶かして、スポンジに含ませます。汚れの気になるボア部分を、そのスポンジで軽くこすります。汚れが落ちたら、濡れた部分をドライタオルで拭き取ります。

最後に衣類用のブラシで優しく毛の流れを整えます。日頃からブラッシングを習慣にしておくことで、汚れの蓄積も予防できますよ。

出典:

最後に衣類用のブラシで優しく毛の流れを整えます。日頃からブラッシングを習慣にしておくことで、汚れの蓄積も予防できますよ。

冬アイテムたちへ。感謝の気持ちを込めて...♡

シーズンオフの前におさらい!「冬物5大アイテム」のお手入れ方法まとめ

出典:

いかがでしたか?今季トレンドアイテムを中心に定番物を織り交ぜてお手入れ方法をご紹介しました。まだ少し衣替えには早いけれど、春が来たら、今冬お世話になった冬アイテムたちに感謝の気持ちを込めて、大切にお手入れしてクローゼットに仕舞いましょう。
★画像提供にご協力いただいた素敵なサイト・ショップ様★
Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info