今日の安眠のおともに。『枕』と寝具のバリエーション&正しい選び方

今日の安眠のおともに。『枕』と寝具のバリエーション&正しい選び方

私たちは、一生の約3分の1もの時間を睡眠にあてられています。1日の疲れを癒し、明日へのエネルギーを充填してくれる睡眠時間は誰にとっても必要不可欠。だからこそ、寝具にこだわる人も多いはず。例えば、好みの硬さの枕でないと快眠できなかったり、ガーゼのタオルケットがお気に入りだったり、抱き枕が欠かせなかったりと自分の感性に合った寝具は暮らしをそっとサポートしてくれるもの。今回は、そんな快適な睡眠環境に繋がる「枕」をはじめとする、寝具選びのポイントをまとめてみました。 2018年01月02日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
ベッド
睡眠
寝具
眠り
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
124

快適な睡眠へ誘う寝具とは

選ぶなら、寝ている間の環境を快適にサポートしてくれる寝具がおすすめです。「寝返りがしやすいこと」、「体温や湿度が好ましい状態を保てること」、「重さや硬さ、手触りが適切なこと」が求められます。個人の好みも影響しますが、汗をだらだらかいてしまう寝室環境や重すぎる掛け布団などは睡眠を妨げることがあるでしょう。

この記事では寝具に使われる素材や仕立ての工夫などをまとめてみました。ご自身のスタイルにあったものを探してみてくださいね。

出典:

選ぶなら、寝ている間の環境を快適にサポートしてくれる寝具がおすすめです。「寝返りがしやすいこと」、「体温や湿度が好ましい状態を保てること」、「重さや硬さ、手触りが適切なこと」が求められます。個人の好みも影響しますが、汗をだらだらかいてしまう寝室環境や重すぎる掛け布団などは睡眠を妨げることがあるでしょう。

この記事では寝具に使われる素材や仕立ての工夫などをまとめてみました。ご自身のスタイルにあったものを探してみてくださいね。

現代人に多いとされる首の状態、“ストレートネック”について知ろう

スマホやタブレットを見る時間が増えたことで最近増加していると言われるのが「ストレートネック」という状態。正常な頚椎(頭を支える首の骨)はS字カーブを描いていますが、うつむいて下向きの角度を続けていると、このカーブが徐々に失われていきます。頭の重量を受け止めていたカーブが失われることで首・肩や背中への負担が増え、肩こりや頭痛などに繋がっていくとのこと。

症状が辛い場合には整体や病院にかかることをお勧めします。

出典: (@Jean-Baptiste Faure)

スマホやタブレットを見る時間が増えたことで最近増加していると言われるのが「ストレートネック」という状態。正常な頚椎(頭を支える首の骨)はS字カーブを描いていますが、うつむいて下向きの角度を続けていると、このカーブが徐々に失われていきます。頭の重量を受け止めていたカーブが失われることで首・肩や背中への負担が増え、肩こりや頭痛などに繋がっていくとのこと。

症状が辛い場合には整体や病院にかかることをお勧めします。

スマホ症候群
スマートフォンの普及で「ストレートネック」にともなう症状(首の痛みや肩こり、ひどい場合は、めまいや吐き気)を訴える女性が増えている。正常な首の骨は、重い頭を支えるために、前方向きに彎曲しているが、「ストレートネック」は、姿勢の崩れや慢性的な疲労により、カーブは失われ、まっすぐになってしまう。斜視等。

出典:

首・肩に負担の少ない枕を選ぶポイント

自分にぴったりの枕の形状をチェック!

正しい姿勢で立っている状態が一番首に負担の少ない姿勢と言われています。仰向け姿勢でも、この首の位置をキープできるような枕を選ぶと体に負担が少ないとのこと。特にストレートネックの方は、横から見たときに頭が前に出過ぎず、自然な頚椎のカーブが保てる枕を選ぶ必要があります。

顔面が5度程度うつむいた状態がベストとのことですが、自分ではなかなか確認しづらいものですよね。専門店で試したり、後述のすぐできる枕の調節法を試してベストの枕の高さを探ってみましょう。

出典:

正しい姿勢で立っている状態が一番首に負担の少ない姿勢と言われています。仰向け姿勢でも、この首の位置をキープできるような枕を選ぶと体に負担が少ないとのこと。特にストレートネックの方は、横から見たときに頭が前に出過ぎず、自然な頚椎のカーブが保てる枕を選ぶ必要があります。

顔面が5度程度うつむいた状態がベストとのことですが、自分ではなかなか確認しづらいものですよね。専門店で試したり、後述のすぐできる枕の調節法を試してベストの枕の高さを探ってみましょう。

大まかな傾向として、肩ががっしりされている方や大柄な方は背中の厚みをフォローしてくれる高めの枕を好まれることが多く、逆に痩せ型の方や首が長めの方は比較的低めの枕を好む傾向があるそう。筆者(平均身長・痩せ型・デスクワークの仕事)は高めの枕を愛用していたのですが、肩こりを機に低めの低反発枕に変えたところ肩まわりが楽になりました。

上記はあくまでの傾向であり、大柄な方でも枕は低めがしっくりくるという方、痩せ型だけれど枕は高くして寝たいという方ももちろんいらっしゃいます。実際に試してみてご自身の寝心地を確認してみるのが一番でしょう。

出典:

大まかな傾向として、肩ががっしりされている方や大柄な方は背中の厚みをフォローしてくれる高めの枕を好まれることが多く、逆に痩せ型の方や首が長めの方は比較的低めの枕を好む傾向があるそう。筆者(平均身長・痩せ型・デスクワークの仕事)は高めの枕を愛用していたのですが、肩こりを機に低めの低反発枕に変えたところ肩まわりが楽になりました。

上記はあくまでの傾向であり、大柄な方でも枕は低めがしっくりくるという方、痩せ型だけれど枕は高くして寝たいという方ももちろんいらっしゃいます。実際に試してみてご自身の寝心地を確認してみるのが一番でしょう。

自分の好みはある程度重要視したいところですが、やはり高すぎる枕、低すぎる枕は、肩や首への負担も大きくなります。

すぐにできる枕の高さ調節法として、タオルを使った方法があります。ストレートネックで悩んでいる方は、気軽にできるこちらの方法で様子をみるのも良いでしょう。

今ある枕にタオルをのせたり(もしくは敷いてみたり)、枕の手前の肩のあたりに折りたたんだタオルを適宜敷いてみたりするとどのくらいの高さの枕が自分に一番フィットするか、気軽に試すことができます。何日か試してみて快適な睡眠がとれる枕を探してみてくださいね。

逆に枕を低くしたい場合は、タオルを折りたたんだものを枕代わりに使ってみると良いでしょう。

出典: (@Helga Weber)

自分の好みはある程度重要視したいところですが、やはり高すぎる枕、低すぎる枕は、肩や首への負担も大きくなります。

すぐにできる枕の高さ調節法として、タオルを使った方法があります。ストレートネックで悩んでいる方は、気軽にできるこちらの方法で様子をみるのも良いでしょう。

今ある枕にタオルをのせたり(もしくは敷いてみたり)、枕の手前の肩のあたりに折りたたんだタオルを適宜敷いてみたりするとどのくらいの高さの枕が自分に一番フィットするか、気軽に試すことができます。何日か試してみて快適な睡眠がとれる枕を探してみてくださいね。

逆に枕を低くしたい場合は、タオルを折りたたんだものを枕代わりに使ってみると良いでしょう。

こちらの動画は、タオルで作る枕の作り方がわかりやすく解説されています。

マットレスとの相性

今お使いのマットレスや布団が柔らかめの物であれば、少し体が沈み頭が浮きがちになるので低めの枕がオススメです。逆に硬めのマットレスの場合はやや高めの枕を選ぶほうがしっかり支えてくれるでしょう。
また、頭があまり沈まない、硬めの材質の枕の場合、幅のあるものをチョイスすると寝返りがしやすくなります。

出典:

今お使いのマットレスや布団が柔らかめの物であれば、少し体が沈み頭が浮きがちになるので低めの枕がオススメです。逆に硬めのマットレスの場合はやや高めの枕を選ぶほうがしっかり支えてくれるでしょう。
また、頭があまり沈まない、硬めの材質の枕の場合、幅のあるものをチョイスすると寝返りがしやすくなります。

素材ごとの特長をチェック

羽毛の枕はふんわりとした弾力が魅力的。適度に頭を受け止め、柔らかく支えてくれます。
こちらの枕は立体縫製なので、羽毛の偏りも気にせず使えるでしょう。

※羽毛なのでアレルギーがある方は避けた方が良い場合もあります。

出典:

羽毛の枕はふんわりとした弾力が魅力的。適度に頭を受け止め、柔らかく支えてくれます。
こちらの枕は立体縫製なので、羽毛の偏りも気にせず使えるでしょう。

※羽毛なのでアレルギーがある方は避けた方が良い場合もあります。

低反発枕は、首にフィットするちょうど良い弾力で、自然な寝姿勢を保ちやすいのが人気のポイント。頭を包み込むように重量を分散してくれるので首や肩への負担を減らしてくれます。
反面、湿気がたまりやすいというデメリットも。こちらのように自宅で丸洗いできる付属のカバー付きの枕なら、こまめに洗濯して、いつでも清潔さを保つことができますね。

出典:

低反発枕は、首にフィットするちょうど良い弾力で、自然な寝姿勢を保ちやすいのが人気のポイント。頭を包み込むように重量を分散してくれるので首や肩への負担を減らしてくれます。
反面、湿気がたまりやすいというデメリットも。こちらのように自宅で丸洗いできる付属のカバー付きの枕なら、こまめに洗濯して、いつでも清潔さを保つことができますね。

檜のチップが入った枕は、リラックス効果のある香りがゆったりとした深い眠りをサポートしてくれます。天然の檜チップは、ダニを寄せ付けないので、気持ちよくお使いいただけるでしょう。

出典:

檜のチップが入った枕は、リラックス効果のある香りがゆったりとした深い眠りをサポートしてくれます。天然の檜チップは、ダニを寄せ付けないので、気持ちよくお使いいただけるでしょう。

綿の布団は、適度な硬さがあり、もっとも手に入りやすい一般的な枕。メーカー各社によって中材の綿の材質に様々な工夫を凝らしたものも。「綿の枕」といっても、使い心地は実に様々。それぞれの特徴をチェックして自分にあったものを見つけてくださいね。

出典:

綿の布団は、適度な硬さがあり、もっとも手に入りやすい一般的な枕。メーカー各社によって中材の綿の材質に様々な工夫を凝らしたものも。「綿の枕」といっても、使い心地は実に様々。それぞれの特徴をチェックして自分にあったものを見つけてくださいね。

抱き枕でリラックス&負担軽減

ぎゅっと抱きしめることでリラックス効果が味わえると今人気の抱き枕。不安定な横向きの寝姿勢は、肩や腰、関節にも負担をかけやすいと言われています。こちらは一般的な横向き姿勢を安定させ、サポートしてくれるS字型タイプ。様々な形の抱き枕が出ているのでご自分のスタイルに合ったものを探してみてくださいね。

出典:

ぎゅっと抱きしめることでリラックス効果が味わえると今人気の抱き枕。不安定な横向きの寝姿勢は、肩や腰、関節にも負担をかけやすいと言われています。こちらは一般的な横向き姿勢を安定させ、サポートしてくれるS字型タイプ。様々な形の抱き枕が出ているのでご自分のスタイルに合ったものを探してみてくださいね。

マットレスパッド・敷布団にもこだわって

こちらは今使っているマットレスに重ねて使うマットレスパッド。体圧を分散し、寝返りをサポートし、寝姿勢を安定させてくれます。洗えるので清潔に使い続けられるのも嬉しいポイント。

出典:

こちらは今使っているマットレスに重ねて使うマットレスパッド。体圧を分散し、寝返りをサポートし、寝姿勢を安定させてくれます。洗えるので清潔に使い続けられるのも嬉しいポイント。

片面は夏用のメッシュ地、反対面は冬に嬉しい暖かなキルト地の敷布団。夏は通気性を確保し、冬は暖かさを逃さない、快眠のポイントをしっかり押さえた敷布団です。

出典:

片面は夏用のメッシュ地、反対面は冬に嬉しい暖かなキルト地の敷布団。夏は通気性を確保し、冬は暖かさを逃さない、快眠のポイントをしっかり押さえた敷布団です。

掛け布団の使い方ポイント

寒い冬に特にオススメなのは、体にふわっとフィットして空気の層に熱を蓄える羽毛布団。毛布などが体との間に入るとかえって熱を蓄えにくくなるため、羽毛布団の上に毛布をかける方がオススメとのこと。

出典:

寒い冬に特にオススメなのは、体にふわっとフィットして空気の層に熱を蓄える羽毛布団。毛布などが体との間に入るとかえって熱を蓄えにくくなるため、羽毛布団の上に毛布をかける方がオススメとのこと。

こちらはアルミ繊維を蒸着させた繊維を用いることで綿メインながら驚きの暖かさを実現したお布団。比較的綿ぼこりが少なく、防ダニ性能もあり、ストレスフリーで眠りにつけそう。

出典:

こちらはアルミ繊維を蒸着させた繊維を用いることで綿メインながら驚きの暖かさを実現したお布団。比較的綿ぼこりが少なく、防ダニ性能もあり、ストレスフリーで眠りにつけそう。

寝具カバーで快眠サポート

柔らかなマイクロファイバーの寝具カバーは、暖かさと肌触りが格別。寝室が寒くても、空気をたっぷり含んで一晩中暖かく保温してくれるマイクロファイバーなら冬でもゆったりと眠りにつけそうです。

出典:

柔らかなマイクロファイバーの寝具カバーは、暖かさと肌触りが格別。寝室が寒くても、空気をたっぷり含んで一晩中暖かく保温してくれるマイクロファイバーなら冬でもゆったりと眠りにつけそうです。

夏にはさらっとした生地の寝具カバーがオススメ。肌に触れていても不快感がなく、通気性の良い素材を選ぶと良いでしょう。
こちらは綿 100%のデニム生地使用で、インテリアにもおしゃれに溶け込んでくれます。

出典:

夏にはさらっとした生地の寝具カバーがオススメ。肌に触れていても不快感がなく、通気性の良い素材を選ぶと良いでしょう。
こちらは綿 100%のデニム生地使用で、インテリアにもおしゃれに溶け込んでくれます。

ゆったり疲れを取ってくれる寝具選びを

人それぞれ好みや落ち着く要素が違う睡眠環境。寝具選びのポイントを正しくおさえることでより良い睡眠のヒントにつながるかもしれません。なんとなく熟睡できない日、目が冴えてしまった時もお気に入りの寝具に囲まれてゆったりできる空間なら気分も安らぐはず。寝つき良く、途中で目が覚めず、体の疲れを取ってくれる理想的な睡眠環境を目指して、ご自分にあった寝具を選んでみてくださいね。

出典:

人それぞれ好みや落ち着く要素が違う睡眠環境。寝具選びのポイントを正しくおさえることでより良い睡眠のヒントにつながるかもしれません。なんとなく熟睡できない日、目が冴えてしまった時もお気に入りの寝具に囲まれてゆったりできる空間なら気分も安らぐはず。寝つき良く、途中で目が覚めず、体の疲れを取ってくれる理想的な睡眠環境を目指して、ご自分にあった寝具を選んでみてくださいね。

関連する情報

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info