最近、ムダに疲れていませんか?「疲れない暮らし方」と「疲れない考え方」のすすめ

最近、ムダに疲れていませんか?「疲れない暮らし方」と「疲れない考え方」のすすめ

病気をわずらっているわけでもないのに、「疲れがなかなか取れない」「しっかり休んだはずなのにやる気が出ない」「身体がだる重い」そんなあなたは要注意です。もしかしたら、知らないうちにストレスを溜め込んでしまっているのかもしれません。実は、ストレスを感じているのは身体の中でも脳なのです。脳の疲れを癒し、疲れない暮らし方や考え方を習慣にするためにはどうしたら良いでしょう?今回は日々疲れないコツをまとめてみました。 2017年09月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
リフレッシュ
疲労回復
暮らし方
生き方
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1694

なんだか疲れが取れない・・・その疲労の原因はなに?

たくさん寝ているのに、疲れが取れない、休日ダラダラ過ごしたのに、休んだ気がしない・・・そんなあなたは要注意。

出典:

たくさん寝ているのに、疲れが取れない、休日ダラダラ過ごしたのに、休んだ気がしない・・・そんなあなたは要注意。

それは、ひょっとしたら・・・ちゃんと休んだつもりでも、脳をしっかり休められていないせいかもしれません。

出典:

それは、ひょっとしたら・・・ちゃんと休んだつもりでも、脳をしっかり休められていないせいかもしれません。

あれこれ考え事ばかりしていたり、ストレスを溜め込んでいたりすると、疲労感はなかなか取れません。では、頭をスッキリさせて、疲れをしっかり取るには、どうしたら良いでしょう。

出典:

あれこれ考え事ばかりしていたり、ストレスを溜め込んでいたりすると、疲労感はなかなか取れません。では、頭をスッキリさせて、疲れをしっかり取るには、どうしたら良いでしょう。

疲れをためない習慣をつくろう

自分の雑念を知る

人は常になにかしら考えごとをしています。「今、自分がどんなことを考えているか」と自分の心に目を向けて、よく観察してみましょう。あなたが今無意識に考えていることは、特に考える必要のないことが多くを占めているかもしれません。

出典:

人は常になにかしら考えごとをしています。「今、自分がどんなことを考えているか」と自分の心に目を向けて、よく観察してみましょう。あなたが今無意識に考えていることは、特に考える必要のないことが多くを占めているかもしれません。

雑念を無理に追い払おうとするのは難しいことです。しかし、自分自身が今なにを考えているのかを自分で理解すればするほど、無駄に気づけて、自然にあるべきこと・必要なことのみ考えられるようになることもあります。

出典:

雑念を無理に追い払おうとするのは難しいことです。しかし、自分自身が今なにを考えているのかを自分で理解すればするほど、無駄に気づけて、自然にあるべきこと・必要なことのみ考えられるようになることもあります。

過去や未来に意識を向けすぎない

あなたが生きているのは「今・ここ・この瞬間」です。「今・ここ・この瞬間」に意識を向けるようにしてみましょう。過去や未来に意識を向けすぎることが、ストレスの原因になることもあるのだそうです。

出典:

あなたが生きているのは「今・ここ・この瞬間」です。「今・ここ・この瞬間」に意識を向けるようにしてみましょう。過去や未来に意識を向けすぎることが、ストレスの原因になることもあるのだそうです。

あなたが生きている「今・ここ・この瞬間」を大切にしてください。自分で人生を動かせる瞬間は、いつだって「今・ここ・この瞬間」だけなのです。

出典:

あなたが生きている「今・ここ・この瞬間」を大切にしてください。自分で人生を動かせる瞬間は、いつだって「今・ここ・この瞬間」だけなのです。

ストレスに輪郭を与える

ストレスは自分自身でその実体に気づけないと、解消できません。まずは自分がなににストレスを感じているかを言葉にしてみましょう。言葉にすることで、心がぎゅっと苦しくなったり、お腹がキリキリと痛むこともあるかもしれません。しかし、自分のストレスを見える化することで、自分自身の悩みや考え方を客観視することができ、認識の歪みを正すことができます。

出典:

ストレスは自分自身でその実体に気づけないと、解消できません。まずは自分がなににストレスを感じているかを言葉にしてみましょう。言葉にすることで、心がぎゅっと苦しくなったり、お腹がキリキリと痛むこともあるかもしれません。しかし、自分のストレスを見える化することで、自分自身の悩みや考え方を客観視することができ、認識の歪みを正すことができます。

人は、自分自身の主観でモノを考え、選択をし、この世界と繋がっています。しかし、自分の存在や尊厳を守ろうとするあまり、時には自身の本心とは違った行動を選択してしまうこともあるでしょう。

出典:

人は、自分自身の主観でモノを考え、選択をし、この世界と繋がっています。しかし、自分の存在や尊厳を守ろうとするあまり、時には自身の本心とは違った行動を選択してしまうこともあるでしょう。

まずはストレスの原因は何かを考え、言葉にすることからはじめてみましょう。自分が何にストレスを感じ、何に傷ついたり怒ったり苦しんだりしているかを正確に理解することで、ストレスフルな状況は改善へ向かいます。

出典:

まずはストレスの原因は何かを考え、言葉にすることからはじめてみましょう。自分が何にストレスを感じ、何に傷ついたり怒ったり苦しんだりしているかを正確に理解することで、ストレスフルな状況は改善へ向かいます。

疲れが緩和される休息の方法

自然に触れる

 自分の存在をはるかに超えたスケールの自然に触れることで、日常や仕事の煩わしさから解放されます。何気なく立っている木は、何十年、何百年と生きている木かもしれません。川は、水のサイクルにしたがって空気になり雲になり雨になり、多くの生き物の命を巡って流れ続けています。海は太古から絶え間なく世界の果てまで繋がっています。 大きな自然の一部として自分というちっぽけな存在を抱きしめてみましょう。

出典:

自分の存在をはるかに超えたスケールの自然に触れることで、日常や仕事の煩わしさから解放されます。何気なく立っている木は、何十年、何百年と生きている木かもしれません。川は、水のサイクルにしたがって空気になり雲になり雨になり、多くの生き物の命を巡って流れ続けています。海は太古から絶え間なく世界の果てまで繋がっています。 大きな自然の一部として自分というちっぽけな存在を抱きしめてみましょう。

雲の様子や空や月や太陽・・・遠くに行かなくても、大都会で暮らしていても、私たちの日常は大自然の中にあり、活かされています。人間という存在の小ささや自分自身の生きてきた時間の短さを実感することも、時に大切なことです。

出典:

雲の様子や空や月や太陽・・・遠くに行かなくても、大都会で暮らしていても、私たちの日常は大自然の中にあり、活かされています。人間という存在の小ささや自分自身の生きてきた時間の短さを実感することも、時に大切なことです。

オン・オフの切り替えをする

「これをしたらオン!」「これをしたらオフ」というように、自分なりの決まりをつくっておくと良いでしょう。脳は習慣を好む性質があるそうです。例えば、「この曲を聴いたら今日はもうおやすみ」などと自分なりのルールがあると、しっかりと休息を取ることができるようになるでしょう。

出典:

「これをしたらオン!」「これをしたらオフ」というように、自分なりの決まりをつくっておくと良いでしょう。脳は習慣を好む性質があるそうです。例えば、「この曲を聴いたら今日はもうおやすみ」などと自分なりのルールがあると、しっかりと休息を取ることができるようになるでしょう。

 シャワーやお風呂なども良いリフレッシュのスイッチになります。汚れと一緒に心の穢れも洗い流すことで、気持ちを切り替えたり、リラックスすることができるでしょう。朝や夜とご自分のタイミングで上手に活用してみてください。

出典:

シャワーやお風呂なども良いリフレッシュのスイッチになります。汚れと一緒に心の穢れも洗い流すことで、気持ちを切り替えたり、リラックスすることができるでしょう。朝や夜とご自分のタイミングで上手に活用してみてください。

美しいものに触れる・自分の好きなことに没頭する

 美しいものに触れたり、自分の好きなことに没頭する時間は、脳にとって栄養になります。映画を見たり、ショッピングに出かけたり、お気に入りのカフェで本を読んだり、ものづくりを体験したり、普段はちょっと敷居が高いと感じるレストランへ行ってみたり・・・あなたの「好き」を大切に、素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

出典:

美しいものに触れたり、自分の好きなことに没頭する時間は、脳にとって栄養になります。映画を見たり、ショッピングに出かけたり、お気に入りのカフェで本を読んだり、ものづくりを体験したり、普段はちょっと敷居が高いと感じるレストランへ行ってみたり・・・あなたの「好き」を大切に、素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

ゆったりと呼吸をしてみよう

自分の身体と心を慈しむように、ゆったりと呼吸をしてみましょう。無理に深呼吸をしなくても大丈夫です。呼吸に意識を向けながら、自然に深く呼吸をし、空気が自分自身の身体や心を癒してくれるイメージを抱いてみてください。軽く目を瞑っても良いでしょう。椅子に座っているときや、寝姿勢のまま、ゆったりとした呼吸を繰り返すことで心身ともに癒されていきます。

出典:

自分の身体と心を慈しむように、ゆったりと呼吸をしてみましょう。無理に深呼吸をしなくても大丈夫です。呼吸に意識を向けながら、自然に深く呼吸をし、空気が自分自身の身体や心を癒してくれるイメージを抱いてみてください。軽く目を瞑っても良いでしょう。椅子に座っているときや、寝姿勢のまま、ゆったりとした呼吸を繰り返すことで心身ともに癒されていきます。

おわりに

「休めているのに疲れがなかなかとれない・・・だけど病気をしているわけでもない」、というときは、身体ではなく心が疲れているのかもしれません。そんなときは、まず、ゆったりと呼吸をして、自分自身にそっと向き合ってみてくださいね。

出典:

「休めているのに疲れがなかなかとれない・・・だけど病気をしているわけでもない」、というときは、身体ではなく心が疲れているのかもしれません。そんなときは、まず、ゆったりと呼吸をして、自分自身にそっと向き合ってみてくださいね。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info