Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
妊婦さんにおすすめ。カフェインの少ないお茶まとめ | Amorpropio- amorpropio.info
妊婦さんにおすすめ。カフェインの少ないお茶まとめ

妊婦さんにおすすめ。カフェインの少ないお茶まとめ

妊婦さんや授乳期間中のお母さんがカフェインを取ると、胎児や乳幼児によくないとはご存じでしょうか?とはいってもコーヒーが大好きで毎日の習慣、という方や、「ノンカフェインのお茶ってどれを飲めばいいの?」と疑問な方もいますよね。カフェインが身体にもたらす影響と、気をつけることを知っておきましょう。カフェインレスの様々なお茶、ハーブティー、紅茶、コーヒーなど、妊婦さんにお勧めしたいノンカフェインでも気分を癒せるお茶をまとめてみました。 2017年04月27日更新

カテゴリ:
美容・ケア
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
258

どうして?妊娠中のカフェイン摂取がよくない理由。

妊婦さんにカフェインは厳禁。
妊娠すると控えるようにお医者さんに言われますが、お茶やコーヒーは毎日飲むもの。
大好きな人も多い分、カフェインの制限を強いられるとつらいしストレスも溜まってしまいます。
カフェインは何故妊婦さんの身体によくないのでしょうか?
毎朝のコーヒーやおやつの時の紅茶を楽しみに毎日過ごしている方も多いと思います。
出産までそれが制限されてしまうとなるとかなりつらいですよね。

出典:

毎朝のコーヒーやおやつの時の紅茶を楽しみに毎日過ごしている方も多いと思います。
出産までそれが制限されてしまうとなるとかなりつらいですよね。

過度に摂取しなければ、胎児には影響はないと言われていますが、コーヒーや紅茶だけでなくそのほかにもカフェインが含まれている飲食物は結構多くあります。
知らず知らずに摂取している場合もありますので、妊娠中はできるだけ摂取しないように気をつけたいですよね。

出典:

過度に摂取しなければ、胎児には影響はないと言われていますが、コーヒーや紅茶だけでなくそのほかにもカフェインが含まれている飲食物は結構多くあります。
知らず知らずに摂取している場合もありますので、妊娠中はできるだけ摂取しないように気をつけたいですよね。

赤ちゃんの胎内での発育に影響も?

2008年のイギリスのレスター大学とリーズ大学の実験で、妊婦が摂取したカフェインは自由に直接胎盤を通過し、200mgのカフェインを摂取した場合に胎盤の血流が25%減るという結果が報告されているそうです。
大切でかけがえのない赤ちゃん。健康に育ってほしいから発育の妨げになるリスクはできるだけ排除したいもの。

出典:

大切でかけがえのない赤ちゃん。健康に育ってほしいから発育の妨げになるリスクはできるだけ排除したいもの。

授乳期間もカフェインの摂取で赤ちゃんへの負担が大きくなります。

授乳中は、母乳を通して赤ちゃんへもカフェインが届いてしまうと言われていますが、カフェイン摂取による赤ちゃんへの影響は少なく、1日1~2杯程度のコーヒーなら問題ないとは言われていますが、赤ちゃんは大人よりカフェインの影響を受け易いので、母乳を介してといえども必要以上に注意深くありたいですね。
授乳中のカフェイン摂取量の目安

現在のところ、日本では授乳中の女性のカフェイン摂取量について、国が明確な基準値を設けていません。欧州食品安全機関(EFSA)が公表している基準値を見ると、EFSAでは、健康な成人の場合、1日あたり400mg(約5.7mg/kg体重/日)を上限としています。授乳している女性の場合は、1日あたり200mg以下であれば、母乳育児の乳児に安全性の懸念は生じないとしています。カップ1杯(200mL)あたり、コーヒーであれば約120mg、紅茶であれば約60mg、ほうじ茶であれば約40mg、玄米茶であれば約20mgのカフェインが含まれていると考えられます。授乳が終わるまでは引き続き、カフェインの量に気をつけながらコーヒーブレイクを楽しみましょう。

出典:

泣きたい時に元気よく泣くのはいいですが、過度な興奮は赤ちゃんにとって負担が大きいです。
妊娠期間だけでなく、授乳期間もカフェインの摂りすぎには気をつけて。

出典:

泣きたい時に元気よく泣くのはいいですが、過度な興奮は赤ちゃんにとって負担が大きいです。
妊娠期間だけでなく、授乳期間もカフェインの摂りすぎには気をつけて。

妊娠期間でも安心!ノンカフェインなお茶をご紹介します!

麦茶

一年中冷蔵庫へ入れておきたいお馴染のお茶。
麦茶は安くて親しみやすいので妊娠・授乳期間中にはおすすめです。
普段の水分補給には麦茶を活用したいですね。

出典:

一年中冷蔵庫へ入れておきたいお馴染のお茶。
麦茶は安くて親しみやすいので妊娠・授乳期間中にはおすすめです。
普段の水分補給には麦茶を活用したいですね。

杜仲茶

一時期話題になった杜仲茶。健康志向の妊婦さんにおすすめです。ただし飲みすぎるとお腹をこわしてしまうこともありますので注意してください。

出典:

一時期話題になった杜仲茶。健康志向の妊婦さんにおすすめです。ただし飲みすぎるとお腹をこわしてしまうこともありますので注意してください。

タンポポ茶

タンポポ茶も健康維持のために注目されているお茶ですが、こちらもノンカフェインで妊婦さんに嬉しいお茶として有名です。
母乳不全や冷え症にお悩みの方にもおすすめです。まるで妊婦さんのためのお茶みたいですね。

出典:

タンポポ茶も健康維持のために注目されているお茶ですが、こちらもノンカフェインで妊婦さんに嬉しいお茶として有名です。
母乳不全や冷え症にお悩みの方にもおすすめです。まるで妊婦さんのためのお茶みたいですね。

味は少し薄めですが、タンポポの根をコーヒー豆のように焙煎すると、タンポポコーヒーができあがります。
もちろんノンカフェインなのでコーヒー派の方には風味を満喫できるのでおすすめ。
タンポポはお茶にする葉とコーヒーにする根で成分が少し変わってきます。
どちらも栄養価は高いのですが、根のみではなく葉も含まれているほうがより栄養価がアップするのだそう。

出典:

味は少し薄めですが、タンポポの根をコーヒー豆のように焙煎すると、タンポポコーヒーができあがります。
もちろんノンカフェインなのでコーヒー派の方には風味を満喫できるのでおすすめ。
タンポポはお茶にする葉とコーヒーにする根で成分が少し変わってきます。
どちらも栄養価は高いのですが、根のみではなく葉も含まれているほうがより栄養価がアップするのだそう。

黒豆茶

その名の通り「黒豆」から作られたお茶です。黒豆の香ばしい味と香りが広がり、麦茶や煎茶に近い味わいです。苦味やえぐみがないので無理せず毎日楽しむことができ、アイスでもホットでもおいしくいただけます。ノンカフェイン飲料はたくさんありますが、美容にもうれしい黒豆茶は、妊娠中もずっとキレイでいたい妊婦さんにオススメです。

出典:

その名の通り「黒豆」から作られたお茶です。黒豆の香ばしい味と香りが広がり、麦茶や煎茶に近い味わいです。苦味やえぐみがないので無理せず毎日楽しむことができ、アイスでもホットでもおいしくいただけます。ノンカフェイン飲料はたくさんありますが、美容にもうれしい黒豆茶は、妊娠中もずっとキレイでいたい妊婦さんにオススメです。

種類で選べば、ハーブティーだって楽しめます!

ルイボスティー

妊婦さんでも授乳期間でも一番安心して飲めるのがルイボスティー。
南アフリカ原産のルイボスというハーブを使用します。
ノンカフェインですし、カルシウムや鉄分など、妊娠中に不足しがちミネラルも豊富に含まれているのが嬉しいですね。

出典: (@Lyle Nel)

妊婦さんでも授乳期間でも一番安心して飲めるのがルイボスティー。
南アフリカ原産のルイボスというハーブを使用します。
ノンカフェインですし、カルシウムや鉄分など、妊娠中に不足しがちミネラルも豊富に含まれているのが嬉しいですね。

ハーブティーの種類はしっかり選びましょう!

妊婦さんにおすすめ。カフェインの少ないお茶まとめ

出典:

妊婦さんにも安心なハーブをブレンドしたマタニティーハーブティーもいろんなところで販売されています。
また、自らハーブティーの専門店に出かけると、お店の人にどれが妊婦さんでも飲めるハーブティーなのか教えてくれるお店が多いので、説明を聞いてみてください。妊娠・出産のお祝いに贈っても喜ばれそうですね。

出典:

妊婦さんにも安心なハーブをブレンドしたマタニティーハーブティーもいろんなところで販売されています。
また、自らハーブティーの専門店に出かけると、お店の人にどれが妊婦さんでも飲めるハーブティーなのか教えてくれるお店が多いので、説明を聞いてみてください。妊娠・出産のお祝いに贈っても喜ばれそうですね。

妊娠中でもコーヒーが飲みたい方には

たんぽぽコーヒー

ノンカフェインのコーヒーといえば、たんぽぽコーヒーが有名ですが、100%のものだと飲みにくいものもあるので、他の穀物と混ぜて飲みやすくされたものがおすすめです。コーヒー好きさんには物足りないお味かも知れませんが、冷え性や母乳の出が悪いときなどにもおすすめなので、ぜひ取り入れたいですね。

出典:

ノンカフェインのコーヒーといえば、たんぽぽコーヒーが有名ですが、100%のものだと飲みにくいものもあるので、他の穀物と混ぜて飲みやすくされたものがおすすめです。コーヒー好きさんには物足りないお味かも知れませんが、冷え性や母乳の出が悪いときなどにもおすすめなので、ぜひ取り入れたいですね。

穀物コーヒー

穀物コーヒーは大麦やライ麦、チコリなどの穀物を粉末にしてコーヒー風味にした飲料です。
苦味が少なく香ばしいのが特徴で、コーヒーより優しいマイルドな味わいです。飲みやすく「意外と美味しい!」と感じる人も多いようです

出典:

穀物コーヒーは大麦やライ麦、チコリなどの穀物を粉末にしてコーヒー風味にした飲料です。
苦味が少なく香ばしいのが特徴で、コーヒーより優しいマイルドな味わいです。飲みやすく「意外と美味しい!」と感じる人も多いようです

マヤナッツコーヒー

栄養が豊富なマヤナッツコーヒー(コーヒー風ノンカフェイン飲料)は、南米グアテマラに自生しているラモンの木の実を
焙煎して粉末にしたもの。煮出したり、豆乳や牛乳と合わせたりして飲みます。
栄養豊富なマヤナッツは、古代マヤの飢饉の時代、これだけを食べて生き延びられたというバランスフード。鉄分や亜鉛もはいっているので、貧血になりやすい妊娠中にもまさにぴったりです。

出典: (@Masahiko Satoh)

栄養が豊富なマヤナッツコーヒー(コーヒー風ノンカフェイン飲料)は、南米グアテマラに自生しているラモンの木の実を
焙煎して粉末にしたもの。煮出したり、豆乳や牛乳と合わせたりして飲みます。
栄養豊富なマヤナッツは、古代マヤの飢饉の時代、これだけを食べて生き延びられたというバランスフード。鉄分や亜鉛もはいっているので、貧血になりやすい妊娠中にもまさにぴったりです。

番外編:気を付けたい!カフェインが多く含まれる飲み物。

飲料100ml当りに含まれるカフェイン量の目安(100ml当り)

レギュラーコーヒー浸出液....約60mg
インスタントコーヒー....約60mg
玉露....約160mg
煎茶....約20mg
紅茶....約30mg
ウーロン茶....約20mg

出典:

実は、コーヒーや紅茶よりも玉露のカフェインが高いようです。
大人の1日のカフェイン摂取量は約200mg~300mgが最適なので100mLに約160mgも含まれるとなると、かなりのカフェインを摂取していることになりますね。妊娠・授乳期間であれば玉露は避けるよう常に気を付けましょう。

出典:

実は、コーヒーや紅茶よりも玉露のカフェインが高いようです。
大人の1日のカフェイン摂取量は約200mg~300mgが最適なので100mLに約160mgも含まれるとなると、かなりのカフェインを摂取していることになりますね。妊娠・授乳期間であれば玉露は避けるよう常に気を付けましょう。

意外!?チョコレートにもカフェインが

意外なことにチョコレートにもカフェインが含まれているんだそう。チョコレート1枚(50ml)あたり20mg程度とのことですが、知らず知らずたくさん食べていた!なんてことがないように注意しましょう。

出典: (@Peter Pearson)

意外なことにチョコレートにもカフェインが含まれているんだそう。チョコレート1枚(50ml)あたり20mg程度とのことですが、知らず知らずたくさん食べていた!なんてことがないように注意しましょう。

いかがでしたか?

妊婦さんにカフェインがもたらす影響と、カフェインレスのお茶、コーヒーの種類がわかっていただけたかと思います。
妊娠するとお医者さんからも注意があると思いますが、うっかり飲んでしまったり、飲みすぎたりしないように注意が必要になります。
また、妊娠していなくても周りに妊婦さんや授乳期間の赤ちゃんがいるお母さんなどがいらっしゃる場合、飲み物に気遣ってあげたいですね。

妊娠期間には様々なストレスに見舞われるものです。ストレスを溜めると自分にも赤ちゃんにも悪影響が及びます。ストレスを溜めこまないためにも、ノンカフェインのお茶を飲んで気分をリフレッシュしたいですね。
Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info