清楚もナチュラルも“お化粧”で思いのまま♪《なりたいイメージ別》メイクテクニック

清楚もナチュラルも“お化粧”で思いのまま♪《なりたいイメージ別》メイクテクニック

その日の気分やファッションによって、大人っぽさを出したい時もあれば可愛さが欲しい日もありますよね。ヘアスタイルや服装で変化を出すのはもちろん、メイク方法や使う化粧品によってもイメージをガラリと変えることができます。今回は、「大人ナチュラル系」「大人可愛い系」「クールなマニッシュ系」など、なりたいイメージ別にメイクテクニックをご紹介します。 2018年09月13日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
メイクテク
ポイントメイク
ナチュラルメイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
478

メイクの色や質感でなりたいイメージに近づこう♪

その日の気分によって、ファッションやヘアスタイルを変えるように、お化粧で理想の自分に近づくことができます。
今回は、色選びや質感など、なりたいイメージ別にメイク方法をご紹介します。
出典: (@kanami_miyoshi)

その日の気分によって、ファッションやヘアスタイルを変えるように、お化粧で理想の自分に近づくことができます。
今回は、色選びや質感など、なりたいイメージ別にメイク方法をご紹介します。

大人リラックス系

肩の力を少し抜いた「大人リラックス系」のメイクは、作りこまずナチュラルに仕上げるのがポイントです。
出典: (@ayami__takahashi)

肩の力を少し抜いた「大人リラックス系」のメイクは、作りこまずナチュラルに仕上げるのがポイントです。

ベースメイク

大人リラックスなベースメイクは、“透明感”と“自然な艶感”が重要です。
美容液などが含まれた水分が多めの化粧下地を全体に伸ばしましょう。(SPFが入ってるとなお◎)
出典:

大人リラックスなベースメイクは、“透明感”と“自然な艶感”が重要です。
美容液などが含まれた水分が多めの化粧下地を全体に伸ばしましょう。(SPFが入ってるとなお◎)

赤みなど気になる部分がある場合は、コンシーラーやコントロールカラーでカバーしたらルースパウダーを重ねます。
下地の艶感が消えない程度に薄付きで、ナチュラルに仕上げるのがポイント。
出典: (@hironori_okada)

赤みなど気になる部分がある場合は、コンシーラーやコントロールカラーでカバーしたらルースパウダーを重ねます。
下地の艶感が消えない程度に薄付きで、ナチュラルに仕上げるのがポイント。

アイメイク

アイメイクも抜け感を意識してナチュラルに。
アイラインではなく、目の際にブラウンやグレーのアイシャドウを引いてぼかし、アイメイクはワントーンで仕上げましょう。
出典: (@inoaya56_luxe)

アイメイクも抜け感を意識してナチュラルに。
アイラインではなく、目の際にブラウンやグレーのアイシャドウを引いてぼかし、アイメイクはワントーンで仕上げましょう。

リップメイク

リップメイクは、唇の中心にのみ色を乗せて、指の腹などでポンポンとぼかすように広げるとナチュラル感のあるリップメイクに。
色はベージュ系や少し赤みのあるコーラルカラーがおすすめです。
出典: (@yukie_horiuchi)

リップメイクは、唇の中心にのみ色を乗せて、指の腹などでポンポンとぼかすように広げるとナチュラル感のあるリップメイクに。
色はベージュ系や少し赤みのあるコーラルカラーがおすすめです。

清楚系

誰でも好感が持てる、オフィスメイクとしても通用する「清楚系」のメイクは、薄すぎず、濃すぎない程よいバランスがポイントです。
出典: (@sobuemotoshi)

誰でも好感が持てる、オフィスメイクとしても通用する「清楚系」のメイクは、薄すぎず、濃すぎない程よいバランスがポイントです。

アイメイク

アイブロウは、直線に近いゆるめのカーブで、眉尻を細めになるように描くアーチ型眉がおすすめです。
カラーは髪の毛よりもワントーン明るめ、眉ブラシで毛並みをきちんと整えるのも忘れずに。
出典: (@sobuemotoshi)

アイブロウは、直線に近いゆるめのカーブで、眉尻を細めになるように描くアーチ型眉がおすすめです。
カラーは髪の毛よりもワントーン明るめ、眉ブラシで毛並みをきちんと整えるのも忘れずに。

アイシャドウは定番のベージュ系やブラウン系をアイホールにふんわり乗せて目元に立体感を、アイラインはペンシルで細くまつ毛の間を埋めるようなイメージで引きましょう。
仕上げにダークブラウンのアイシャドウで少しぼかしてあげると上品な目元に仕上がります。
出典: (@tatsuyahino)

アイシャドウは定番のベージュ系やブラウン系をアイホールにふんわり乗せて目元に立体感を、アイラインはペンシルで細くまつ毛の間を埋めるようなイメージで引きましょう。
仕上げにダークブラウンのアイシャドウで少しぼかしてあげると上品な目元に仕上がります。

リップメイク

リップメイクは、肌の色もパと明るく見せ愛らしさも 大人っぽさも兼ね備えた「ピンクベージュ」系の リップが好印象。
艶感のあるもよりセミマット系を選ぶことで、落ち着いた大人の女性らしさを引き出てくれます
出典: (@zenko_susuki)

リップメイクは、肌の色もパと明るく見せ愛らしさも 大人っぽさも兼ね備えた「ピンクベージュ」系の リップが好印象。
艶感のあるもよりセミマット系を選ぶことで、落ち着いた大人の女性らしさを引き出てくれます

チーク

チークはくすみ系のピンクを選んで大きめのブラシでふんわり入れると素敵な仕上がりに。
薄く・広めに入れることでさりげない色づきになりますよ。
出典:

チークはくすみ系のピンクを選んで大きめのブラシでふんわり入れると素敵な仕上がりに。
薄く・広めに入れることでさりげない色づきになりますよ。

肌のくすみが気になる場合は、パープルチークがおすすめ。
くすみを飛ばし肌に透明感を与えてくれます。
出典:

肌のくすみが気になる場合は、パープルチークがおすすめ。
くすみを飛ばし肌に透明感を与えてくれます。

ヘルシー系

「ヘルシー系」のメイクは、血色が良く見えるオレンジなど全体的に赤みのあるカラーを使用して、元気で明るいイメージに仕上げるのがポイントです。
出典: (@sleeping0mihoc)

「ヘルシー系」のメイクは、血色が良く見えるオレンジなど全体的に赤みのあるカラーを使用して、元気で明るいイメージに仕上げるのがポイントです。

ベースメイク

ヘルシー系のベースメイクで意識したいのは“艶感”。パウダーファンデーションよりも、リキッドやクリーム、クッションファンデーションなどもおすすめです。
鼻筋や頬の高い位置にハイライトを入れることで、太陽の光が反射し肌を美しく見せることができます。
出典: (@zenko_susuki)

ヘルシー系のベースメイクで意識したいのは“艶感”。パウダーファンデーションよりも、リキッドやクリーム、クッションファンデーションなどもおすすめです。
鼻筋や頬の高い位置にハイライトを入れることで、太陽の光が反射し肌を美しく見せることができます。

アイメイク

アイメイクは、赤みのあるブラウンで引き締めて、アイラインはペンシルで細く引くとナチュラル&ヘルシーな印象に。
瞼の中央あたりにヌーディーなベージュのアイシャドウを重ねると、立体的なアイメイクに仕上がりますよ。
出典: (@sobuemotoshi)

アイメイクは、赤みのあるブラウンで引き締めて、アイラインはペンシルで細く引くとナチュラル&ヘルシーな印象に。
瞼の中央あたりにヌーディーなベージュのアイシャドウを重ねると、立体的なアイメイクに仕上がりますよ。

リップメイク&チーク

リップとチークはオレンジ系がおすすめで、少しくすみがかったオレンジ色を選ぶと、秋冬を意識したヘルシーメイクに。
チークは頬全体が色づくようにクリームチークを乗せて、ほんのり目の下にも入れることでヘルシーな印象がアップします。
出典: (@hironori_okada)

リップとチークはオレンジ系がおすすめで、少しくすみがかったオレンジ色を選ぶと、秋冬を意識したヘルシーメイクに。
チークは頬全体が色づくようにクリームチークを乗せて、ほんのり目の下にも入れることでヘルシーな印象がアップします。

大人可愛い系

アイメイク

アイシャドウは、パステルピンクやラベンダー系を使うと大人の可愛いらしさがグッと増します。
アイラインは、ブラウン系で目尻を下げるイメージでタレ目っぽく引くことで、どこか少女らしさを残したあどけない印象に。
出典: (@yukie_horiuchi)

アイシャドウは、パステルピンクやラベンダー系を使うと大人の可愛いらしさがグッと増します。
アイラインは、ブラウン系で目尻を下げるイメージでタレ目っぽく引くことで、どこか少女らしさを残したあどけない印象に。

リップメイク

ピンク系のリップがおすすめですが、ポイントは“くすみカラー”を選ぶこと。
べっとり塗るのではなく、みずみずしい質感のものやリップグロスでニュアンスを出すと大人っぽさと可愛さのバランスが上手く取れます。
出典: (@inoaya56_luxe)

ピンク系のリップがおすすめですが、ポイントは“くすみカラー”を選ぶこと。
べっとり塗るのではなく、みずみずしい質感のものやリップグロスでニュアンスを出すと大人っぽさと可愛さのバランスが上手く取れます。

チーク

チークはあまり濃く入れると可愛らしすぎて大人っぽさが半減してしまうので、さり気なく色づくくらいでOK。
ピンク系やラベンダーカラーで、円を描くようにまぁるく乗せましょう。
出典: (@yutalianca)

チークはあまり濃く入れると可愛らしすぎて大人っぽさが半減してしまうので、さり気なく色づくくらいでOK。
ピンク系やラベンダーカラーで、円を描くようにまぁるく乗せましょう。

大人フェミニン系

「大人フェミニン系」のメイクは、大人っぽさの中にほんのり色っぽさをミックスさせたような、女性らしさを内側から引き出すイメージです。
出典: (@kotochoki)

「大人フェミニン系」のメイクは、大人っぽさの中にほんのり色っぽさをミックスさせたような、女性らしさを内側から引き出すイメージです。

アイメイク

アイラインは、ダークブラウンのリキッドで細く少し長めに、目尻を外ハネ気味に引くと妖艶な印象に。
出典: (@sobuemotoshi)

アイラインは、ダークブラウンのリキッドで細く少し長めに、目尻を外ハネ気味に引くと妖艶な印象に。

アイシャドウはパール系など艶感のあるもので濡れ瞼風に。
まつ毛はロング系のマスカラで、ボリュームではなく長さを意識することでナチュラルで色っぽく仕上がります。
出典: (@tatsuyahino)

アイシャドウはパール系など艶感のあるもので濡れ瞼風に。
まつ毛はロング系のマスカラで、ボリュームではなく長さを意識することでナチュラルで色っぽく仕上がります。

リップメイク

リップメイクは、ほんのり色っぽさを出したいので、くすみ感のあるパープルとピンク中間マゼンタ系がオススメ。
質感はマット系を選ぶことで大人っぽさと色っぽさのバランスがとりやすくなります。
出典: (@tatsuyahino)

リップメイクは、ほんのり色っぽさを出したいので、くすみ感のあるパープルとピンク中間マゼンタ系がオススメ。
質感はマット系を選ぶことで大人っぽさと色っぽさのバランスがとりやすくなります。

チーク

リップをマットな質感にした場合は、チークはクリームチークで艶っぽく仕上げましょう。
指の腹でポンポンと乗せ内側からほてったようなイメージで、肌のくすみが気になる場合はハイライトを重ねてもOKです。
出典: (@inoaya56_luxe)

リップをマットな質感にした場合は、チークはクリームチークで艶っぽく仕上げましょう。
指の腹でポンポンと乗せ内側からほてったようなイメージで、肌のくすみが気になる場合はハイライトを重ねてもOKです。

クール系

ほんのり男前なマニッシュ系のファッションにぴったりなの「クール系」のメイクは、全体的にメリハリのある雰囲気を出すのがポイントです。
出典: (@gamacut)

ほんのり男前なマニッシュ系のファッションにぴったりなの「クール系」のメイクは、全体的にメリハリのある雰囲気を出すのがポイントです。

ベースメイク

ベースメイクはクールな雰囲気を出したいので、“マットな質感”に仕上げましょう。
乾燥しやすいので、しっかり保湿力の高い下地でベースを整えてから、マット系ファンデーションを重ねるのがポイントです。
出典: (@sobuemotoshi)

ベースメイクはクールな雰囲気を出したいので、“マットな質感”に仕上げましょう。
乾燥しやすいので、しっかり保湿力の高い下地でベースを整えてから、マット系ファンデーションを重ねるのがポイントです。

アイメイク

アイメイクは、アイシャドウよりもアイラインを重視で、目尻2ミリ程度の切れ長ラインを意識して。
出典: (@sobuemotoshi)

アイメイクは、アイシャドウよりもアイラインを重視で、目尻2ミリ程度の切れ長ラインを意識して。

アイシャドウを使うなら、スモーキーなカラーを選びましょう。
アイブロウは太めで、パウダーでぼかしつつキリッとした印象に仕上げるのがポイントです。
出典: (@botan_hiramoto)

アイシャドウを使うなら、スモーキーなカラーを選びましょう。
アイブロウは太めで、パウダーでぼかしつつキリッとした印象に仕上げるのがポイントです。

リップメイク

肌のクールな質感に合わせて、リップメイクはシックなボルドー系のマットリップをチョイス。
深みのあるカラーは、顔全体がキリリと締まります。
出典: (@norimasasawa)

肌のクールな質感に合わせて、リップメイクはシックなボルドー系のマットリップをチョイス。
深みのあるカラーは、顔全体がキリリと締まります。

チーク

チークは頬の高い位置から中央に向かって斜めに入れることで、フェイスラインをシャープに見せることができます。
色は、くすみ感のあるレッドブラウン系がおすすめです。
出典: (@cafune_fumiya)

チークは頬の高い位置から中央に向かって斜めに入れることで、フェイスラインをシャープに見せることができます。
色は、くすみ感のあるレッドブラウン系がおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?メイクのカラーや質感で“なりたいイメージ”にグッと近づくことができます。
服装やヘアスタイルの変化と同様、気分に合わせてお化粧で雰囲気を変えて楽しんでみてくださいね♪
出典: (@joemi_kubo)

いかがでしたか?メイクのカラーや質感で“なりたいイメージ”にグッと近づくことができます。
服装やヘアスタイルの変化と同様、気分に合わせてお化粧で雰囲気を変えて楽しんでみてくださいね♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info