色・質感・アイラインの引き方。“奥二重さん”のナチュラルアイメイク術

色・質感・アイラインの引き方。“奥二重さん”のナチュラルアイメイク術

二重幅が隠れてしまって、思うようにアイメイクができない奥二重さん。アイシャドウやアイラインなど、メイクを工夫してみても「あまり印象が変わらない」「アイラインが滲みやすい…」と感じている方も多いと思います。そんな奥二重さんの目をより魅力的に見せるためには、アイシャドウのカラーや塗る順番、アイラインの引き方を変えることが大切です。そこで今回は、奥二重さんの涼し気な目元を引き立てるアイシャドウの色の選び方とアイメイク術をご紹介します。 2018年06月18日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
アイシャドウ
ポイントメイク
アイライン
アイメイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1105

「奥二重さん」におすすめのナチュラルアイメイク術

二重幅が隠れてしまって、思うようにアイメイクができない奥二重さん。
アイシャドウやアイラインなど、メイクを工夫してみても「あまり印象が変わらない…。」と感じている方も多いと思います。
そんな奥二重さんの目をより魅力的に見せるためには、アイシャドウのカラー・塗る順番・アイラインの引き方を変えることが大切です。
そこで今回は、ナチュラルでありながらも奥二重さんの涼しげな目元を引き立てる、アイシャドウの「色の選び方」と「アイメイク術」をご紹介します。

出典: (@hironori_okada)

二重幅が隠れてしまって、思うようにアイメイクができない奥二重さん。
アイシャドウやアイラインなど、メイクを工夫してみても「あまり印象が変わらない…。」と感じている方も多いと思います。
そんな奥二重さんの目をより魅力的に見せるためには、アイシャドウのカラー・塗る順番・アイラインの引き方を変えることが大切です。
そこで今回は、ナチュラルでありながらも奥二重さんの涼しげな目元を引き立てる、アイシャドウの「色の選び方」と「アイメイク術」をご紹介します。

アイメイクは「アイシャドウの色・質感」がポイント

奥二重さんのアイメイクでは、「自分の肌」に合ったアイシャドウの色を選ぶことがとても大切。肌に自然に馴染むカラーを選ぶことで、自然な陰影を作ることができますよ。

出典: (@hironori_okada)

奥二重さんのアイメイクでは、「自分の肌」に合ったアイシャドウの色を選ぶことがとても大切。肌に自然に馴染むカラーを選ぶことで、自然な陰影を作ることができますよ。

肌タイプは大きく分けて、「イエローベース」と「ブルーベース」の2種類あります。自分がどちらのタイプかわからない…という方は、以下のチェック項目を参考にしてくださいね。肌のベースカラーについてきちんと知りたい方は、カラースクールなどでプロの方に診断してもらいましょう。

出典: (@hironori_okada)

肌タイプは大きく分けて、「イエローベース」と「ブルーベース」の2種類あります。自分がどちらのタイプかわからない…という方は、以下のチェック項目を参考にしてくださいね。肌のベースカラーについてきちんと知りたい方は、カラースクールなどでプロの方に診断してもらいましょう。

【イエローベース】
・目の色…茶色っぽい
・白目の部分…黄みがかったアイボリー
・肌…黄みよりのベージュ系

出典: (@kanayandesu)

【イエローベース】
・目の色…茶色っぽい
・白目の部分…黄みがかったアイボリー
・肌…黄みよりのベージュ系

【ブルーベース】
・目の色…黒っぽい
・白目の部分…青みがかった白
・肌…ピンクみを帯びた色白肌

出典: (@kanayandesu)

【ブルーベース】
・目の色…黒っぽい
・白目の部分…青みがかった白
・肌…ピンクみを帯びた色白肌

イエローベース・ブルーベースに似合うカラーは?

イエローベースの方は肌と同じように、黄みがかった色のアイシャドウが似合います。定番のブラウンやベージュをはじめ、カーキやオレンジなどもおすすめです。

出典: (@kanayandesu)

イエローベースの方は肌と同じように、黄みがかった色のアイシャドウが似合います。定番のブラウンやベージュをはじめ、カーキやオレンジなどもおすすめです。

ブルーベースの方はラベンダーやパープルなどの寒色系をはじめ、ピンク・ブラウン・ベージュなどの暖色系も似合います。ブラウンやベージュは少しグレーがかった色を選ぶことで、ブルーベースの肌にも馴染みやすくなり、ナチュラルな印象に仕上げることができます。

出典: (@er__c29)

ブルーベースの方はラベンダーやパープルなどの寒色系をはじめ、ピンク・ブラウン・ベージュなどの暖色系も似合います。ブラウンやベージュは少しグレーがかった色を選ぶことで、ブルーベースの肌にも馴染みやすくなり、ナチュラルな印象に仕上げることができます。

ピンク・赤系のアイシャドウは「ポイント使い」に

奥二重さんの場合には、ピンクや赤系の暖色カラーを瞼全体にのせてしまうと、目が腫れぼったく見えてしまいます。ピンクや赤系のアイシャドウは上瞼や下瞼の目尻など、「ポイント使い」がおすすめです。

出典: (@hironori_okada)

奥二重さんの場合には、ピンクや赤系の暖色カラーを瞼全体にのせてしまうと、目が腫れぼったく見えてしまいます。ピンクや赤系のアイシャドウは上瞼や下瞼の目尻など、「ポイント使い」がおすすめです。

アイシャドウは“マットな質感”がおすすめ

アイシャドウには様々な種類がありますが、華やかな印象のメイクにしたい時には、ラメやパール入りのものを使う方も多いのではないでしょうか?でも奥二重さんの場合には、ラメやパール感の強いアイシャドウだと、瞼が重く腫れぼったい印象に見えてしまうことも…。

出典: (@er__c29)

アイシャドウには様々な種類がありますが、華やかな印象のメイクにしたい時には、ラメやパール入りのものを使う方も多いのではないでしょうか?でも奥二重さんの場合には、ラメやパール感の強いアイシャドウだと、瞼が重く腫れぼったい印象に見えてしまうことも…。

アイシャドウはラメやパールの少ない、できるだけマットに近い質感のものがおすすめです。ツヤを抑えたマットな質感のアイシャドウは、自然な陰影をつけやすく、奥二重さんのクールな目元を引き立ててくれますよ。

出典: (@er__c29)

アイシャドウはラメやパールの少ない、できるだけマットに近い質感のものがおすすめです。ツヤを抑えたマットな質感のアイシャドウは、自然な陰影をつけやすく、奥二重さんのクールな目元を引き立ててくれますよ。

アイシャドウを「塗る順番」も大切

奥二重さんの場合には、二重の方と同じようにアイメイクをすると、瞼が重なっている部分でアイシャドウが隠れてしまいますよね?「奥二重に合うアイシャドウの塗り方が分からない…」という方も多いはず。

出典: (@er__c29)

奥二重さんの場合には、二重の方と同じようにアイメイクをすると、瞼が重なっている部分でアイシャドウが隠れてしまいますよね?「奥二重に合うアイシャドウの塗り方が分からない…」という方も多いはず。

そんな奥二重さんのアイメイクでは、グラデーションで立体感を出すことがポイントになります。グラデーションを作る時には、同系色のカラーで構成されたアイシャドウパレットがおすすめです。アイシャドウを塗る順番やメイクのテクニックは、以下の動画をぜひ参考にしてくださいね。

出典: (@kanayandesu)

そんな奥二重さんのアイメイクでは、グラデーションで立体感を出すことがポイントになります。グラデーションを作る時には、同系色のカラーで構成されたアイシャドウパレットがおすすめです。アイシャドウを塗る順番やメイクのテクニックは、以下の動画をぜひ参考にしてくださいね。

【奥二重さんのアイメイク術】

アイシャドウのグラデーションは、薄い色から塗っていくというのが一般的ですが、こちらのアイメイクはパレットの1番濃い色から塗りはじめます。自然な陰影を作るメイクテクニックもぜひ参考に。

アイラインは「細く・長く」

アイライナーもアイシャドウと同じくらい、メイクに欠かせないアイテムのひとつ。アイラインを引くことで目元の印象を大きく変えることができますが、太く描いてしまうと目が小さく見えたり、ヨレやにじみの原因になってしまうことも。アイラインを引く時には、“細く・長く”を意識することがポイントになります。

出典: (@hironori_okada)

アイライナーもアイシャドウと同じくらい、メイクに欠かせないアイテムのひとつ。アイラインを引くことで目元の印象を大きく変えることができますが、太く描いてしまうと目が小さく見えたり、ヨレやにじみの原因になってしまうことも。アイラインを引く時には、“細く・長く”を意識することがポイントになります。

アイラインを引く時には、目尻よりも少し長く、力を入れずにスッと描きましょう。アイラインを長くすることで、切れ長の涼し気な目元を演出できます。アイラインの色はブラウン系を選ぶと、優しい印象の目元になりますよ。

出典: (@hironori_okada)

アイラインを引く時には、目尻よりも少し長く、力を入れずにスッと描きましょう。アイラインを長くすることで、切れ長の涼し気な目元を演出できます。アイラインの色はブラウン系を選ぶと、優しい印象の目元になりますよ。

よりナチュラルな印象にしたい時には、アイライナーの代わりにアイシャドウを使うのも◎。カーキやパープルなど、ワンポイントになる色を細いチップで目尻にのせると、抜け感のあるメイクに仕上げることができます。

出典: (@kanayandesu)

よりナチュラルな印象にしたい時には、アイライナーの代わりにアイシャドウを使うのも◎。カーキやパープルなど、ワンポイントになる色を細いチップで目尻にのせると、抜け感のあるメイクに仕上げることができます。

いかがでしたか?

奥二重さんは切れ長の涼しげな目元が魅力的ですが、アイシャドウの色や塗り方によっては印象が大きく変わってしまいます。
今回ご紹介した色の選び方やメイク術をヒントに、自分に似合うアイメイクを見つけてみませんか?

出典: (@hironori_okada)

奥二重さんは切れ長の涼しげな目元が魅力的ですが、アイシャドウの色や塗り方によっては印象が大きく変わってしまいます。
今回ご紹介した色の選び方やメイク術をヒントに、自分に似合うアイメイクを見つけてみませんか?

画像のご協力ありがとうございました!
Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info