ナチュラルなのに女性らしい*色香が滲む大人顔のつくり方

ナチュラルなのに女性らしい*色香が滲む大人顔のつくり方

大人になったら、パーツを引き立たせるだけのメイクはもう卒業。上品で艶っぽいメイクテクニックを習得して、ナチュラルな色っぽさを手に入れましょう♪ 2018年05月11日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
大人
リップ
メイク
アイメイク
ナチュラルメイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
520

メイクで上品な色香をまといたい

ヘルシーなメイクは魅力的だけれど、ただ「健康的なだけ」ではちょっと物足りない…。大人の女性たるもの、媚びない色っぽさをメイクで何とか表現したいですよね。
今回は、ほのかに色香が匂い立つメイク術のHowToを、パーツごとに徹底レクチャーいたします♪

出典: (@gamacut)

ヘルシーなメイクは魅力的だけれど、ただ「健康的なだけ」ではちょっと物足りない…。大人の女性たるもの、媚びない色っぽさをメイクで何とか表現したいですよね。
今回は、ほのかに色香が匂い立つメイク術のHowToを、パーツごとに徹底レクチャーいたします♪

女性らしいメイクを叶える3つのルール

具体的なメイクステップの前に、女性らしいメイクを叶えるための“3つのルール”をチェックしておきましょう!

ルール1:ナチュラルな仕上がりを目指す

コテコテのメイクは女性らしさが半減するばかりか、今っぽさもゼロ。「メイクしているのは分かるけど、すっぽんっぽさも残ってる」と思われるような、自然な仕上がりを目指しましょう。

出典: (@kotochoki)

コテコテのメイクは女性らしさが半減するばかりか、今っぽさもゼロ。「メイクしているのは分かるけど、すっぽんっぽさも残ってる」と思われるような、自然な仕上がりを目指しましょう。

ルール2:血色感を出す

女性らしいいメイクには、やっぱり「ほのかな赤味」が不可欠。お風呂から上がりたての蒸気肌をイメージして、血色感を丁寧に出していきます。

出典: (@kotochoki)

女性らしいいメイクには、やっぱり「ほのかな赤味」が不可欠。お風呂から上がりたての蒸気肌をイメージして、血色感を丁寧に出していきます。

ルール3:ヌケ感を忘れない

女性らしい今どきメイクでは、全部のパーツをパーフェクトにする必要はありません。ポイントを押さえて、メイクすべき部分だけを重点的にやっていけばOK。反対に完璧にやり過ぎると、女性らしい“隙”がなくなってしまうので要注意!

出典: (@yoshida_1121)

女性らしい今どきメイクでは、全部のパーツをパーフェクトにする必要はありません。ポイントを押さえて、メイクすべき部分だけを重点的にやっていけばOK。反対に完璧にやり過ぎると、女性らしい“隙”がなくなってしまうので要注意!

色っぽさ漂う大人のメイク ~ベースメイク編~

すっぴん感のあるツヤ肌が理想

「塗り重ねてキレイな肌にする」のではなく、「素肌感を活かす」つもりでベースメイクは施します。コントロールカラーやコンシーラーは気になる部分だけに乗せて、他はなるべく触らないようにしましょう。

出典: (@ryo_watanabe_)

「塗り重ねてキレイな肌にする」のではなく、「素肌感を活かす」つもりでベースメイクは施します。コントロールカラーやコンシーラーは気になる部分だけに乗せて、他はなるべく触らないようにしましょう。

ファンデーションはリキッドタイプを

肌を艶っぽくするには、パウダーより水分量が多いリキッドファンデーションがベター。ファンデーションも全体的に塗るのではなく、顔の中心のみ・頬の毛穴が目立つ部分のみなど、あくまでもポイント的に使っていきます。もちろん、必要なければ塗らなくても大丈夫です♪

出典:

肌を艶っぽくするには、パウダーより水分量が多いリキッドファンデーションがベター。ファンデーションも全体的に塗るのではなく、顔の中心のみ・頬の毛穴が目立つ部分のみなど、あくまでもポイント的に使っていきます。もちろん、必要なければ塗らなくても大丈夫です♪

色っぽさ漂う大人のメイク ~アイブロウ編~

眉尻は長めに引っ張る

眉は長めにすると大人っぽい印象に。いつもより5mmほど長くして、先端はスッと細くなるように描いていきます。

出典: (@sobuemotoshi)

眉は長めにすると大人っぽい印象に。いつもより5mmほど長くして、先端はスッと細くなるように描いていきます。

眉頭は気持ち近づけて

顔のイメージを左右する眉頭の間隔。狭く設定すると、女性らしく凛とした表情に見せてくれます。少しずつ加減を見ながら、アイブロウパウダーで埋めていきましょう。

出典: (@kotochoki)

顔のイメージを左右する眉頭の間隔。狭く設定すると、女性らしく凛とした表情に見せてくれます。少しずつ加減を見ながら、アイブロウパウダーで埋めていきましょう。

アイブロウコスメを複数使う

眉をひとつのコスメだけで完結させると、どうしてものっぺりとした仕上がりになってしまいがち。ペンシル・リキッド・パウダー・マスカラなど、質感の違うアイブロウコスメを活用して、立体感のある眉づくりを心がけます。

出典:

眉をひとつのコスメだけで完結させると、どうしてものっぺりとした仕上がりになってしまいがち。ペンシル・リキッド・パウダー・マスカラなど、質感の違うアイブロウコスメを活用して、立体感のある眉づくりを心がけます。

色っぽさ漂う大人のメイク ~アイメイク編~

アイシャドウはグラデーションに

色をボテッと乗せたままにせず、しっかりぼかして陰影感のあるまぶたに。たとえ単色でも、優しくきちんとぼかすことが大切です!

出典: (@yashi714)

色をボテッと乗せたままにせず、しっかりぼかして陰影感のあるまぶたに。たとえ単色でも、優しくきちんとぼかすことが大切です!

アイラインは目尻のハネ上げがポイント

アイラインを引くときは、目尻をキュッと上にあげてフィニッシュ。長くするとキツイ印象になってしまうので、実際の目幅を2~3㎜程度広げる感覚で引いていきます。

出典: (@ayami__takahashi)

アイラインを引くときは、目尻をキュッと上にあげてフィニッシュ。長くするとキツイ印象になってしまうので、実際の目幅を2~3㎜程度広げる感覚で引いていきます。

目尻を重点的にマスカラをON

マスカラは特に目尻を多めに。時間が経ったときのヨレが気になる場合は、予め下まぶたにファンデーションやスールパウダーを馴染ませ、サラッとした状態にしておきましょう。

出典: (@mikitakami)

マスカラは特に目尻を多めに。時間が経ったときのヨレが気になる場合は、予め下まぶたにファンデーションやスールパウダーを馴染ませ、サラッとした状態にしておきましょう。

色っぽさ漂う大人のメイク ~リップメイク編~

落ち着いた赤を乗せる

真っ赤なリップはモードではあるけれど、“色っぽい”のとはちょっと違うかも…?ワインレッドやバーガンディなど、少しダークで深みのある色を選びます。

出典: (@keijirokonishi)

真っ赤なリップはモードではあるけれど、“色っぽい”のとはちょっと違うかも…?ワインレッドやバーガンディなど、少しダークで深みのある色を選びます。

ピンクはローズ系をセレクト

明るいリップで彩りたいときは、ローズ系のピンクがおすすめです。黄味が強いものと青味が強いものがあるので、自分のスキンカラーに合わせたチョイスを。

出典: (@gamacut)

明るいリップで彩りたいときは、ローズ系のピンクがおすすめです。黄味が強いものと青味が強いものがあるので、自分のスキンカラーに合わせたチョイスを。

メイクで自然な色香を手に入れよう

メイクで叶える飾らない色っぽさ。最初は加減が難しいかも知れませんが、少しずつマスターすれば、自分のチャームポイントについてもより深く理解できるようになります。ぜひ参考にして、いつものメイクをブラッシュアップさせてみてくださいね♪

出典: (@kotochoki)

メイクで叶える飾らない色っぽさ。最初は加減が難しいかも知れませんが、少しずつマスターすれば、自分のチャームポイントについてもより深く理解できるようになります。ぜひ参考にして、いつものメイクをブラッシュアップさせてみてくださいね♪

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info