「疲れてる?」って言われないために。目の下のクマをカバーするメイク術とケア方法

「疲れてる?」って言われないために。目の下のクマをカバーするメイク術とケア方法

目の下の肌トラブルとして代表的なのが「クマ・くすみ・たるみ」。その中でも、クマは特に疲れているような印象を与えてしまいがちです。きちんとメイクをしていても、なぜかメイクが映えないという時は、目の下の肌トラブルが影響しているのかもしれません。そんな疲れきったイメージを払拭するためにも、今回は目の下のクマに悩む女性に取り入れてもらいたいお手入れ方法や、できてしまったクマを目立たなくするカバーメイクについてご紹介していきます。 2018年04月25日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
スキンケア
メイク
ケア
お手入れ
方法
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
272

どこか疲れた雰囲気はクマのせい!?

目の下の肌トラブルの中でもクマは年齢関係なく現われます。周りの人から「疲れてる?」と思われるような印象を与えてしまうだけでなく、実年齢以上に見られてしまうことも…。

出典:

目の下の肌トラブルの中でもクマは年齢関係なく現われます。周りの人から「疲れてる?」と思われるような印象を与えてしまうだけでなく、実年齢以上に見られてしまうことも…。

そんな疲れきったイメージを払拭するためにも、今回はクマに悩む女性に取り入れてもらいたい目の下の「正しいケア方法」や、できてしまったクマを目立たなくする「カバーメイク」についてご紹介します。

出典: (@sleeping0mihoc)

そんな疲れきったイメージを払拭するためにも、今回はクマに悩む女性に取り入れてもらいたい目の下の「正しいケア方法」や、できてしまったクマを目立たなくする「カバーメイク」についてご紹介します。

クマの種類は3つ

クマは年齢に関係なく、どんな人にでも起こるとっても身近な肌トラブル。「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と種類があり、その原因はまったく違ってきます。

出典:

クマは年齢に関係なく、どんな人にでも起こるとっても身近な肌トラブル。「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と種類があり、その原因はまったく違ってきます。

血行不良が原因で起こる「青クマ」

「青クマ」とはその名の通り「青黒い」「紫っぽい」色をしたクマです。寝不足や冷え、疲れなどによる血行不良が原因で起こるといわれています。

出典:

「青クマ」とはその名の通り「青黒い」「紫っぽい」色をしたクマです。寝不足や冷え、疲れなどによる血行不良が原因で起こるといわれています。

色素沈着や刺激が原因で起こる「茶クマ」

「茶クマ」は、メイクがキレイに落とせていない事や摩擦による刺激や色素沈着、紫外線が原因で起こるトラブル。目の下の肌が黄色っぽく、くすんでしまった状態です。

出典:

「茶クマ」は、メイクがキレイに落とせていない事や摩擦による刺激や色素沈着、紫外線が原因で起こるトラブル。目の下の肌が黄色っぽく、くすんでしまった状態です。

たるみによる黒い影「黒クマ」

目の下の肌の「たるみ」によって影ができ、目の下が黒く見えるため「黒クマ」と呼ばれています。加齢やむくみが原因で起こるトラブルです。

出典:

目の下の肌の「たるみ」によって影ができ、目の下が黒く見えるため「黒クマ」と呼ばれています。加齢やむくみが原因で起こるトラブルです。

クマの予防や悪化を防ぐ“目の下の正しいケア”

目の下は顔の中でも最も皮膚が薄い箇所。外からの刺激や環境の影響を受けやすいため、肌トラブルが起こりやすい場所です。そんなデリケートな目の下に負担をかけない正しいケアをご紹介します。

出典: (@kotochoki)

目の下は顔の中でも最も皮膚が薄い箇所。外からの刺激や環境の影響を受けやすいため、肌トラブルが起こりやすい場所です。そんなデリケートな目の下に負担をかけない正しいケアをご紹介します。

たっぷりの保湿ケアを

目の下は皮膚が薄い上に他の部位に比べ皮脂腺が少ないため、皮脂量が少なく乾燥しやすい場所です。どのクマのタイプにも保湿は大切ですが、特に乾燥は「黒クマ」の原因でもあるシワやたるみを引き起こします。黒クマの予防のためにも目の下が乾燥しないような保湿ケアを取り入れましょう。

出典:

目の下は皮膚が薄い上に他の部位に比べ皮脂腺が少ないため、皮脂量が少なく乾燥しやすい場所です。どのクマのタイプにも保湿は大切ですが、特に乾燥は「黒クマ」の原因でもあるシワやたるみを引き起こします。黒クマの予防のためにも目の下が乾燥しないような保湿ケアを取り入れましょう。

目元の保湿ケアには専用の保湿クリームがおすすめです。目の下の刺激となる摩擦を防ぐためにも、伸びが良いものを選ぶとよいでしょう。

出典:

目元の保湿ケアには専用の保湿クリームがおすすめです。目の下の刺激となる摩擦を防ぐためにも、伸びが良いものを選ぶとよいでしょう。

マッサージを取り入れてみよう

目の下専用アイクリームを使って摩擦を少なくした状態で、目の周りのマッサージもシワや「青クマ」の原因でもある血行不良には効果的だと言われています。血行だけでなく目の周りの皮膚のたるみ予防にもなるので、黒クマ予防にもつながります。

※過度なマッサージは肌への刺激となってしまい色素沈着の原因にもなるので注意してくださいね。

紫外線対策を万全に

「茶クマ」の原因でもある色素沈着は日焼けも関係しています。紫外線を浴びることで薄いシミが発生し、そのシミが目の周りに現れクマのような形となっている場合もあります。

出典: (@sleeping0mihoc)

「茶クマ」の原因でもある色素沈着は日焼けも関係しています。紫外線を浴びることで薄いシミが発生し、そのシミが目の周りに現れクマのような形となっている場合もあります。

メイク前には、必ず目の周りにも日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。また日差しが強い日は、日傘や帽子を使い日焼け対策をするとより効果的です◎

出典:

メイク前には、必ず目の周りにも日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。また日差しが強い日は、日傘や帽子を使い日焼け対策をするとより効果的です◎

目元のクレンジングは“こすらず優しく”

色素沈着が原因でもある「茶クマ」を作らないためにも、目の周りのクレンジングは念入りに行いましょう。念入りにとはいってもデリケートな目の下のクレンジングは「こすらずに優しく」が基本です。

出典:

色素沈着が原因でもある「茶クマ」を作らないためにも、目の周りのクレンジングは念入りに行いましょう。念入りにとはいってもデリケートな目の下のクレンジングは「こすらずに優しく」が基本です。

クレンジングは、綿棒を使って細部まで丁寧に

~アイメイクのクレンジング方法~

1.クレンジングをコットンにしっかりと染み込ませます
2.クレンジングをしっかりと染み込ませたコットンを、まぶたの上に乗せ肌に浸透させます
3.10秒ほど乗せて肌に浸透したら、優しく滑らせるようにコットンでメイクをふき取りましょう
4.アイラインなどの細かい部分は、綿棒の先にクレンジングを染み込ませて優しくふき取ってください

出典:

~アイメイクのクレンジング方法~

1.クレンジングをコットンにしっかりと染み込ませます
2.クレンジングをしっかりと染み込ませたコットンを、まぶたの上に乗せ肌に浸透させます
3.10秒ほど乗せて肌に浸透したら、優しく滑らせるようにコットンでメイクをふき取りましょう
4.アイラインなどの細かい部分は、綿棒の先にクレンジングを染み込ませて優しくふき取ってください

ウォータープルーフのアイラインやマスカラなどのアイメイクは落としにくく、色素沈着の原因になりやすい場所です。特に落ちにくい頑固なマスカラならクレンジングを染み込ませたコットンでまつ毛を挟み、10秒ほど経ってからまつ毛の先に向かってコットンを滑らせてふき取ると効果的です。

出典:

ウォータープルーフのアイラインやマスカラなどのアイメイクは落としにくく、色素沈着の原因になりやすい場所です。特に落ちにくい頑固なマスカラならクレンジングを染み込ませたコットンでまつ毛を挟み、10秒ほど経ってからまつ毛の先に向かってコットンを滑らせてふき取ると効果的です。

それでも出来てしまったら…カバーメイクを取り入れて

いつも通りのメイクで仕上げても、残念ながら出来てしまったクマをカバーすることはできません。どんなアイテムを使って、どのようなメイクを心がければ目の下のクマをカバーすることが出来るか紹介していきます!

出典: (@gamacut)

いつも通りのメイクで仕上げても、残念ながら出来てしまったクマをカバーすることはできません。どんなアイテムを使って、どのようなメイクを心がければ目の下のクマをカバーすることが出来るか紹介していきます!

クマ隠しの必須アイテム「リキッドコンシーラー」

どのクマのタイプにも使える「リキッドコンシーラー」。リキッド状になっているので肌にしっかりと密着しカバー力にも優れています。またリキッドタイプは、色を混ぜ合わせて使うことも出来るので細かな色の調節にも役立ちます。

出典:

どのクマのタイプにも使える「リキッドコンシーラー」。リキッド状になっているので肌にしっかりと密着しカバー力にも優れています。またリキッドタイプは、色を混ぜ合わせて使うことも出来るので細かな色の調節にも役立ちます。

白浮きしない「茶クマ」のカバーメイク

~カバーメイクのポイント~
1.化粧下地→リキッドファンデーションで土台を作ります。
2.リキッドコンシーラーをクマの上に重ねてしっかりとカバーしていきます。
3.コンシーラーでカバーした目元に、さらにルースパウダーを重ねることでコンシーラーが白く浮かず、ふわっとナチュラルな目元に仕上がります。

出典:

~カバーメイクのポイント~
1.化粧下地→リキッドファンデーションで土台を作ります。
2.リキッドコンシーラーをクマの上に重ねてしっかりとカバーしていきます。
3.コンシーラーでカバーした目元に、さらにルースパウダーを重ねることでコンシーラーが白く浮かず、ふわっとナチュラルな目元に仕上がります。

赤みをプラスして「青クマ」をカバー

~カバーメイクのポイント~
1.化粧下地→リキッドファンデーションで土台を作ります。
2.目の下にチークやリップで赤みを足します。指の先に少量の色を乗せ、クマのある場所にポンポンと指先で色を乗せてクマ全体に馴染ませます。
3.次にリキッドコンシーラーを赤みの上から重ねて、自然な赤みになるように肌に馴染ませ完成。

青紫だった目の下の青クマが薄くなり、赤みをプラスしてあげることで自然な血色の目元に仕上がります。

出典: (@kotochoki)

~カバーメイクのポイント~
1.化粧下地→リキッドファンデーションで土台を作ります。
2.目の下にチークやリップで赤みを足します。指の先に少量の色を乗せ、クマのある場所にポンポンと指先で色を乗せてクマ全体に馴染ませます。
3.次にリキッドコンシーラーを赤みの上から重ねて、自然な赤みになるように肌に馴染ませ完成。

青紫だった目の下の青クマが薄くなり、赤みをプラスしてあげることで自然な血色の目元に仕上がります。

光で「黒クマ」の影を飛ばす

~カバーメイクのポイント~
1.化粧下地→リキッドファンデーションで土台を作ります。
2.白色のコンシーラーを、クマのある場所に3ヵ所ほど乗せます。
3.同じ場所にベージュのリキッドコンシーラーも乗せて、色を混ぜ合わせながら馴染ませていきます。
4.影がまだ濃い部分には、ブラシでハイライトを薄く乗せて完成。

白いコンシーラーは光を飛ばして、クマの影をカバーする役割があります。

出典: (@er__c29)

~カバーメイクのポイント~
1.化粧下地→リキッドファンデーションで土台を作ります。
2.白色のコンシーラーを、クマのある場所に3ヵ所ほど乗せます。
3.同じ場所にベージュのリキッドコンシーラーも乗せて、色を混ぜ合わせながら馴染ませていきます。
4.影がまだ濃い部分には、ブラシでハイライトを薄く乗せて完成。

白いコンシーラーは光を飛ばして、クマの影をカバーする役割があります。

クマを上手にケアして、お疲れ顔にサヨナラ!

目の下のクマをカバーするメイクのコツや、お手入れ方法をご紹介しました。これに加えて、日頃からクマができにくい生活習慣を心掛けることも大切です。「疲れてる?」なんて言われないためにも、肌トラブルが起こりにくい日頃のケアを始めてみませんか?

出典: (@er__c29)

目の下のクマをカバーするメイクのコツや、お手入れ方法をご紹介しました。これに加えて、日頃からクマができにくい生活習慣を心掛けることも大切です。「疲れてる?」なんて言われないためにも、肌トラブルが起こりにくい日頃のケアを始めてみませんか?

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info