メイク前の『ひと手間』がポイント。崩れにくいベースメイクの作り方。

メイク前の『ひと手間』がポイント。崩れにくいベースメイクの作り方。

メイクをしっかり丁寧にしたつもりでも、なぜか時間とともに崩れてしまう…そんな経験ありませんか?化粧崩れの原因はベースメイクが関係しています。ベースである土台がしっかりしていないと時間がたった時にヨレやテカりの原因になってしまうのです。そこで今回はメイク持ちが良く、崩れにくいベースメイクをつくるポイントをご紹介します。 2018年04月06日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
ケア
ベースメイク
ナチュラルメイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
768

ベースメイクとは?

ベースメイクとは簡単に言うとメイクの土台となる肌作りをすることです。メイクをする上で実はとっても重要な役割をしているのがこのベースメイク。土台となるベースメイクがしっかりとしていると、化粧のノリ、持ちが良くなりメイクが映えるといった効果が期待できます。

出典:

ベースメイクとは簡単に言うとメイクの土台となる肌作りをすることです。メイクをする上で実はとっても重要な役割をしているのがこのベースメイク。土台となるベースメイクがしっかりとしていると、化粧のノリ、持ちが良くなりメイクが映えるといった効果が期待できます。

毎日のスキンケアもベースメイクのひとつ

正しい洗顔してますか?

化粧崩れの原因のひとつとしてベースである肌のコンディションが関係します。とくに乾燥肌だと肌がカサつき、粉をふいた肌はシワができやすくファンデーションが割れてしまいます。化粧崩れの原因にもなる乾燥を引き起こさないためにも、毎日の洗顔方法を見直してみましょう。

出典:

化粧崩れの原因のひとつとしてベースである肌のコンディションが関係します。とくに乾燥肌だと肌がカサつき、粉をふいた肌はシワができやすくファンデーションが割れてしまいます。化粧崩れの原因にもなる乾燥を引き起こさないためにも、毎日の洗顔方法を見直してみましょう。

~基本の洗顔方法~

1.手のひらで洗顔料をしっかりと泡立てる。泡立てネットがあればキメの細かい泡が手軽に作れます
2.皮脂の多い部分から順に泡を乗せて洗う。優しく円を描くように“泡で洗う”
3.ぬるま湯で、擦らずに水をかけて泡を洗い流す。泡が肌に残らないようしっかりとすすぐ
4.タオルで押さえながら水分を優しく吸いとる

※ゴシゴシ擦ると摩擦で肌への負担になるので優しく洗いましょう

出典:

~基本の洗顔方法~

1.手のひらで洗顔料をしっかりと泡立てる。泡立てネットがあればキメの細かい泡が手軽に作れます
2.皮脂の多い部分から順に泡を乗せて洗う。優しく円を描くように“泡で洗う”
3.ぬるま湯で、擦らずに水をかけて泡を洗い流す。泡が肌に残らないようしっかりとすすぐ
4.タオルで押さえながら水分を優しく吸いとる

※ゴシゴシ擦ると摩擦で肌への負担になるので優しく洗いましょう

化粧水は、洗顔後“5分以内”を目安に

崩れないメイクにするためには、肌の保湿が大切です。特に洗顔後のスキンケアが最も重要なカギとなってきます。洗顔後はきれいさっぱりと油分が肌から洗い流された状態なのでできれば“洗顔後5分以内”には化粧水で水分を与えて保湿し、乳液の油分で肌にふたをしてあげましょう。

出典:

崩れないメイクにするためには、肌の保湿が大切です。特に洗顔後のスキンケアが最も重要なカギとなってきます。洗顔後はきれいさっぱりと油分が肌から洗い流された状態なのでできれば“洗顔後5分以内”には化粧水で水分を与えて保湿し、乳液の油分で肌にふたをしてあげましょう。

化粧水をぱちぱちと顔に叩き込むといったイメージを持っている人が多いかと思いますが、顔の内側に水分を浸透させるには手に取り、やさしく顔全体を包み込むように馴染ませれば大丈夫です。

出典:

化粧水をぱちぱちと顔に叩き込むといったイメージを持っている人が多いかと思いますが、顔の内側に水分を浸透させるには手に取り、やさしく顔全体を包み込むように馴染ませれば大丈夫です。

乳液の量にも気を配って

メイク前の乳液は少量にしておくことがポイントです。就寝前はたっぷりと乳液をで油分を与えても大丈夫なのですが、朝のメイクでは乳液後に“日焼け止め→下地→ファンデーション”と油分を多く含む化粧品を重ねていくので、乳液は控えめな量で十分です。肌に油分が多くなるとメイクがヨレてしまう原因になるので、目安は1プッシュ程度でOK♪

出典:

メイク前の乳液は少量にしておくことがポイントです。就寝前はたっぷりと乳液をで油分を与えても大丈夫なのですが、朝のメイクでは乳液後に“日焼け止め→下地→ファンデーション”と油分を多く含む化粧品を重ねていくので、乳液は控えめな量で十分です。肌に油分が多くなるとメイクがヨレてしまう原因になるので、目安は1プッシュ程度でOK♪

マッサージを取り入れてみよう

乾燥やくすみは、肌の血行が悪くなっていることも原因のひとつと言われています。肌がくすんで顔色が冴えない人は、マッサージを毎日のスキンケアに取りいれてみましょう。肌の血行が良くなり明るく健康的でハリのある肌に導いてくれます。

出典: (@hironori_okada)

乾燥やくすみは、肌の血行が悪くなっていることも原因のひとつと言われています。肌がくすんで顔色が冴えない人は、マッサージを毎日のスキンケアに取りいれてみましょう。肌の血行が良くなり明るく健康的でハリのある肌に導いてくれます。

5分でできる!簡単マッサージ♪

朝のメイク前に5分もあればできるお手軽マッサージ。『手で優しくさする』『軽く押す』ことで優しく肌に刺激を与え、血の巡りを良くしてあげます。乾燥した肌だと摩擦で肌への刺激となってしまうこともあるので、化粧水や乳液を肌に馴染ませるタイミングで取り入れると、滑りもよくマッサージ効果もUPしますよ♪

化粧下地、ベースカラーを使おう

化粧崩れを防ぐ必須アイテムと言っても過言ではない「化粧下地」と「ベースカラー」。どちらも肌を整える役割がありますが、それぞれの効果はまったく違ってきます。

出典: (@hironori_okada)

化粧崩れを防ぐ必須アイテムと言っても過言ではない「化粧下地」と「ベースカラー」。どちらも肌を整える役割がありますが、それぞれの効果はまったく違ってきます。

メイク崩れを防ぐ必需品、化粧下地

化粧下地は肌の毛穴や表面の凹凸をなめらかに整える役割があります。ファンデーションを肌に密着させ化粧持ちを良くしてメイク崩れを防いでくれます。
スキンケア後、顔全体に薄くのばしたら、しっかりと乾くのを待ってからファンデーションを塗っていきましょう。下地が乾くまえにファンデーションを塗ってしまうと、ムラができたりヨレたりと崩れの原因になります。

出典:

化粧下地は肌の毛穴や表面の凹凸をなめらかに整える役割があります。ファンデーションを肌に密着させ化粧持ちを良くしてメイク崩れを防いでくれます。
スキンケア後、顔全体に薄くのばしたら、しっかりと乾くのを待ってからファンデーションを塗っていきましょう。下地が乾くまえにファンデーションを塗ってしまうと、ムラができたりヨレたりと崩れの原因になります。

健康的なツヤ肌に仕上げるコントロールカラー

コントロールカラーとは肌の色の悩みをカバーし、メイク後の肌をキレイに見せてくれるアイテムです。シミやくすみ、クマやニキビ跡といった気になる部分をコントロールカラーを使ってカバーし、健康的で血色のよい肌を作ります。

出典:

コントロールカラーとは肌の色の悩みをカバーし、メイク後の肌をキレイに見せてくれるアイテムです。シミやくすみ、クマやニキビ跡といった気になる部分をコントロールカラーを使ってカバーし、健康的で血色のよい肌を作ります。

~コントロールカラーの使い方~
1.スキンケア後、化粧下地で肌を整える。
2.肌の色で補正したい部分(目の下、頬、小鼻など)に指で少しずつ置くように色をのせる。
3.コントロールカラーが乾いていることを確認し、ファンデーションで肌の色を馴染ませる。

出典: (@yutalianca)

~コントロールカラーの使い方~
1.スキンケア後、化粧下地で肌を整える。
2.肌の色で補正したい部分(目の下、頬、小鼻など)に指で少しずつ置くように色をのせる。
3.コントロールカラーが乾いていることを確認し、ファンデーションで肌の色を馴染ませる。

自分の肌に合ったファンデーションのタイプを知ろう

ベースメイクを仕上げるファンデーションには、大きく分けると4種類あり、それぞれカバー力や質感が違ってきます。

出典:

ベースメイクを仕上げるファンデーションには、大きく分けると4種類あり、それぞれカバー力や質感が違ってきます。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは一番ベーシックなタイプのファンデーションで、メイクが苦手な人でも扱いやすいタイプです。他のファンデーションに比べるとカバー力は劣りますが、その分ナチュラルなメイクに仕上がります。油分が少ないファンデーションなのでオイリー肌の人におすすめのファンデーションです。

出典:

パウダーファンデーションは一番ベーシックなタイプのファンデーションで、メイクが苦手な人でも扱いやすいタイプです。他のファンデーションに比べるとカバー力は劣りますが、その分ナチュラルなメイクに仕上がります。油分が少ないファンデーションなのでオイリー肌の人におすすめのファンデーションです。

~塗り方のポイント~
スポンジの3分の1程度ほどのファンデーションを取り、顔の中心部分から外側へ向かって塗ります。あまり厚塗りしすぎると化粧崩れが起こるので少量ずつ部位ごとに塗り馴染ませていきます。

出典: (@ayami__takahashi)

~塗り方のポイント~
スポンジの3分の1程度ほどのファンデーションを取り、顔の中心部分から外側へ向かって塗ります。あまり厚塗りしすぎると化粧崩れが起こるので少量ずつ部位ごとに塗り馴染ませていきます。

クリームファンデーション・リキッドファンデーション

クリームファンデーション、リキッドファンデーションは油分を多く含んだファンデーションでクリームタイプの方がリキッドタイプに比べやや油分が多めです。しっとしとしたファンデーションなので肌にしっかりと密着しマットな仕上がりになります。共にカバー力、保湿力に優れ油分が多く含まれたファンデーションなので、乾燥肌の人はこの油分のあるタイプのファンデーションがおすすめです。

出典:

クリームファンデーション、リキッドファンデーションは油分を多く含んだファンデーションでクリームタイプの方がリキッドタイプに比べやや油分が多めです。しっとしとしたファンデーションなので肌にしっかりと密着しマットな仕上がりになります。共にカバー力、保湿力に優れ油分が多く含まれたファンデーションなので、乾燥肌の人はこの油分のあるタイプのファンデーションがおすすめです。

~塗り方のポイント~
クリームタイプもリキッドタイプも同じで、適量手に取り手の上で馴染ませます。これは肌にムラなくファンデーションを塗るための下準備です。その後、パウダーファンデーションと同じ手順で顔全体にのばしていきます。手で塗ったあとに目や鼻、口周りなどの細かな凹凸部分はスポンジを使い馴染ませると自然でマットな質感の肌に仕上がります。

出典: (@sleeping0mihoc)

~塗り方のポイント~
クリームタイプもリキッドタイプも同じで、適量手に取り手の上で馴染ませます。これは肌にムラなくファンデーションを塗るための下準備です。その後、パウダーファンデーションと同じ手順で顔全体にのばしていきます。手で塗ったあとに目や鼻、口周りなどの細かな凹凸部分はスポンジを使い馴染ませると自然でマットな質感の肌に仕上がります。

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションとは顔料がミネラル成分だけで作られており石鹸だけで落とすことができます。敏感肌、トラブル肌にやさしいファンデーション。サラサラしたパウダータイプのファンデーションなので、肌が乾燥していると肌とファンデーションがしっかりと密着せず化粧崩れしやすくなります。そのためにもメイク前の保湿が重要です。

出典:

ミネラルファンデーションとは顔料がミネラル成分だけで作られており石鹸だけで落とすことができます。敏感肌、トラブル肌にやさしいファンデーション。サラサラしたパウダータイプのファンデーションなので、肌が乾燥していると肌とファンデーションがしっかりと密着せず化粧崩れしやすくなります。そのためにもメイク前の保湿が重要です。

~ミネラルファンデーションの使い方~
1.耳かき1杯程度の粉をファンデーションのフタに出し、蓋の中でブラシを円を描くように回しながらブラシに粉を馴染ませる
2.蓋の端でブラシをたたき、余分な粉を落とす
3.ブラシのコシを感じる程度の力で、顔の中心から外側へ向かってくるくるとブラシを回しながら塗り込む
4.カバー力が足りなく感じる場合は、粉の量を増やすのではなく“少量で重ね付け”して塗る

メイク前に必ず肌に水気がないことを確かめてから使いましょう。水分が残っているとファンデーションが肌にきれいに馴染みません。

出典: (@cafune_fumiya)

~ミネラルファンデーションの使い方~
1.耳かき1杯程度の粉をファンデーションのフタに出し、蓋の中でブラシを円を描くように回しながらブラシに粉を馴染ませる
2.蓋の端でブラシをたたき、余分な粉を落とす
3.ブラシのコシを感じる程度の力で、顔の中心から外側へ向かってくるくるとブラシを回しながら塗り込む
4.カバー力が足りなく感じる場合は、粉の量を増やすのではなく“少量で重ね付け”して塗る

メイク前に必ず肌に水気がないことを確かめてから使いましょう。水分が残っているとファンデーションが肌にきれいに馴染みません。

フェイスパウダーで最後の仕上げを

フェイスパウダーの粒子はとても細かく、肌とメイクをしっかりと密着させます。リキッドファンデーションやクリームファンデーションの仕上げとしてフェイスパウダーを使用すると、汗や油分による化粧崩れを防ぐことができます。

出典:

フェイスパウダーの粒子はとても細かく、肌とメイクをしっかりと密着させます。リキッドファンデーションやクリームファンデーションの仕上げとしてフェイスパウダーを使用すると、汗や油分による化粧崩れを防ぐことができます。

最近ではフェイスパウダーの中に細かなラメが入っているものもあり、パウダーファンデーションやミネラルファンデーションのハイライト効果にもなり、メイクに立体感を出してくれます。ファンデーションの上から塗り重ねるだけで肌のキメが細かくなり、より透明感のある自然な肌に仕上がりますよ♪

出典: (@norimasasawa)

最近ではフェイスパウダーの中に細かなラメが入っているものもあり、パウダーファンデーションやミネラルファンデーションのハイライト効果にもなり、メイクに立体感を出してくれます。ファンデーションの上から塗り重ねるだけで肌のキメが細かくなり、より透明感のある自然な肌に仕上がりますよ♪

いかがでしたか?

崩れにくいベースメイクの作り方をそれぞれご紹介しました。「化粧崩れ=ファンデーションの塗り方」と思いがちですが、実は土台となるベースがとっても重要です。紹介したベースメイクのポイントを全て網羅するとなると、面倒に感じてしまいますが、意識してポイントごとに取り入れるだけでも化粧映えやメイクの持ちは変わってきます。今日から崩れないメイクを作る“ひと手間プラス”を始めてみませんか?

出典: (@kotochoki)

崩れにくいベースメイクの作り方をそれぞれご紹介しました。「化粧崩れ=ファンデーションの塗り方」と思いがちですが、実は土台となるベースがとっても重要です。紹介したベースメイクのポイントを全て網羅するとなると、面倒に感じてしまいますが、意識してポイントごとに取り入れるだけでも化粧映えやメイクの持ちは変わってきます。今日から崩れないメイクを作る“ひと手間プラス”を始めてみませんか?

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info