提供: 第一三共ヘルスケア
“着たい服”をちゃんと着こなすために。肌から見直す『おしゃれの心得』

“着たい服”をちゃんと着こなすために。肌から見直す『おしゃれの心得』

寒い季節が終わり、いよいよ春がやってきます。今年の気分に合わせた新しい服を探しに街へ出るのはワクワクすること。でも、せっかく着たい服を見つけても、素肌のコンディションを見てあきらめてしまったことはありませんか。今年そんな思いをしないための、準備の方法をご紹介。 2018年03月28日作成

カテゴリ:
美容・ケア
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
614

着たい服を着て、出かけましょう。

“着たい服”をちゃんと着こなすために。肌から見直す『おしゃれの心得』

暖かくなってくると街で見かけるようになる、春風を楽しむような首や足まわりの抜け感のある装い。去年も素敵だなと思って見ていたけれど、思い返してみれば眺めているだけでどこか「他人ゴト」だったかも。今年こそ着られる服ではなく、自分が着たい服を着て、春の街を歩きませんか。

春を先取りする、お肌の準備を。

お洒落ゴコロの準備は、お肌から。どんな服も躊躇せず着れるよう、春の足音に合わせるように少しずつ準備をしていきましょう。

季節は春。なのにボディは冬のまま……?!

“着たい服”をちゃんと着こなすために。肌から見直す『おしゃれの心得』

颯爽と春風を浴びるファッションには、首まわりの抜け感がポイント。シンプルなシャツのコーディネートも、少しの抜け感で一気に春らしく。背中のベタつきやにきび、デコルテの肌あれなどの肌コンディションが気になって着たい服を躊躇してしまうことも。

春風を素肌で迎える

“着たい服”をちゃんと着こなすために。肌から見直す『おしゃれの心得』

そんな時に見直したいのが、美肌づくりの基本となる"洗うケア"。今までボディクリームなどの"塗るケア"だけに頼っていた方も、この春は洗浄剤選びから見直して、背中まわりやデコルテのケアをはじめてみるのはいかがでしょうか。

「MINON」で始める、素肌ケア。

洗うだけで、なめらかな肌へ。
顔と同じように、実はボディにもある「混合肌」。腕やすねはカサカサしているのに、デコルテや背中はベタベタでニキビも。実はその原因は、うるおいバランスが崩れてしまっているからかもしれません。そんな複雑な肌を一本でケアできるのが、デリケートな肌のうるおいを守りながら洗う「ミノン全身シャンプーさらっとタイプ」(医薬部外品)。うるおいバランスを整えるアミノ酸(グリシン、アルギニン:整肌成分)配合。つっぱり感のない洗いごこちで、さらっとすべすべな洗い上がり。全身とパーツを洗い分けられる弱酸性タオルもオススメです。
ミノン全身シャンプー さらっとタイプ(医薬部外品)
販売名:ミノン全身シャンプーSc

ミノン全身シャンプー さらっとタイプ(医薬部外品)
販売名:ミノン全身シャンプーSc

敏感肌・混合肌も優しく洗う「保湿洗浄」

カラダを洗うのは毎日のことですが、実は「適度に洗う」のは難しいこと。乾燥を招く洗いすぎも、肌トラブルを招く洗い残しも、どちらも肌表面の大事なバリア機能を低下させてしまいます。バリア機能を守りつつ、汚れをしっかり洗浄できる「保湿洗浄」のMINONで、適度なボディケアが毎日できます。
MINONは製薬会社が皮膚科学に基づいて開発した低刺激性処方のボディシャンプー。春を満喫したい女性も、赤ちゃんや小さなお子様、乾燥に悩むお年寄りなど家族全員で使えます。やさしい洗い心地だけでなく、洗いあがりやカラダを拭いた後の「潤い感」もMINONならでは。今年はMINONで、素肌から春を迎えにいきましょう。

関連リンク

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info