《春の肌荒れ》なんとかしたい。原因と、今すぐ試せる対策法7つ

《春の肌荒れ》なんとかしたい。原因と、今すぐ試せる対策法7つ

春に肌荒れを感じることって多いですよね。ぽかぽかと過ごしやすい気候が訪れる反面、新生活や新環境でのストレスを感じやすい時期でもありますね。花粉や段々強くなる紫外線、冬の乾燥でバリア機能が弱っている・・・など肌荒れしてしまう原因はいろいろとあります。春の肌荒れがさらにひどくなってしまう前に、毎日の暮らしのなかで手軽に試せる対策を7つご紹介致します。 2018年03月15日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
スキンケア
悩み・効果
肌荒れ
紫外線対策
保湿
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
314

70%以上の女性を悩ませる、春の肌荒れ

穏やかな気候の春。この時期に、肌荒れに悩む女性はなんと70%以上いるそう。
今回は、そんな多くの女性を悩ませる春の肌荒れの原因と対策法をご紹介致します。
出典: (@cafune_fumiya)

穏やかな気候の春。この時期に、肌荒れに悩む女性はなんと70%以上いるそう。
今回は、そんな多くの女性を悩ませる春の肌荒れの原因と対策法をご紹介致します。

春の肌トラブルの原因は?

春の肌は、どうしても厳しい冬のダメージを引きずりがちです。
その中で新生活への環境の変化でストレスが加わったり、花粉が飛びはじめたり、紫外線も徐々に強くなり…どうしても敏感な女性の肌にはトラブルがでてきます。

春の肌荒れの原因は大きく分けてこの5つ。

1. 寒い冬のダメージ
2. 新生活でのストレス
3. 強くなる紫外線
4. 花粉
5. 風による乾燥

それぞれ詳しく見ていきましょう。
出典:

春の肌は、どうしても厳しい冬のダメージを引きずりがちです。
その中で新生活への環境の変化でストレスが加わったり、花粉が飛びはじめたり、紫外線も徐々に強くなり…どうしても敏感な女性の肌にはトラブルがでてきます。

春の肌荒れの原因は大きく分けてこの5つ。

1. 寒い冬のダメージ
2. 新生活でのストレス
3. 強くなる紫外線
4. 花粉
5. 風による乾燥

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 寒い冬のダメージ

寒い冷えの続く冬、お肌はその厳しい環境でのダメージを春まで引きずっています。

乾燥でヒリヒリしたり、かゆみや赤みが出たり。
口周りなど部分的にカサカサと乾燥してしまったり。
今までなかったニキビやぶつぶつが出てきたり。

春のお肌は冬のダメージを残していて、こういったトラブルが多く出てしまうそうです。
出典:

寒い冷えの続く冬、お肌はその厳しい環境でのダメージを春まで引きずっています。

乾燥でヒリヒリしたり、かゆみや赤みが出たり。
口周りなど部分的にカサカサと乾燥してしまったり。
今までなかったニキビやぶつぶつが出てきたり。

春のお肌は冬のダメージを残していて、こういったトラブルが多く出てしまうそうです。

2. 新生活でのストレス

春といえば、新生活。入学・卒業、転職や引っ越しなど。
環境が大きく変わり生活リズムも大きく変わるタイミングですよね。
環境が変化すると女性は生理が乱れたり、ホルモンバランスも乱れがち。
どうしても心身にストレスがかかってしまうため、この時期に肌はどうしても荒れやすくなってしまいます。
出典: (@ura_ura_days)

春といえば、新生活。入学・卒業、転職や引っ越しなど。
環境が大きく変わり生活リズムも大きく変わるタイミングですよね。
環境が変化すると女性は生理が乱れたり、ホルモンバランスも乱れがち。
どうしても心身にストレスがかかってしまうため、この時期に肌はどうしても荒れやすくなってしまいます。

3. 強くなる紫外線

御存知の通り、春になり夏にかけ、紫外線はどんどん強くなっていきます。
3月頃から4月にかけて、紫外線は急激に増え始めていきます。

冬のダメージが残っているお肌に、新生活でのストレスがかかり、更にそんな不安定な状態に紫外線が襲い掛かってきます。
そのため、ヒリヒリしたり赤みが出たり、ニキビなど吹き出物ができてしまいます。
出典: (@ura_ura_days)

御存知の通り、春になり夏にかけ、紫外線はどんどん強くなっていきます。
3月頃から4月にかけて、紫外線は急激に増え始めていきます。

冬のダメージが残っているお肌に、新生活でのストレスがかかり、更にそんな不安定な状態に紫外線が襲い掛かってきます。
そのため、ヒリヒリしたり赤みが出たり、ニキビなど吹き出物ができてしまいます。

4. 花粉

春になると飛び交う花粉。強い風に乗って吹かれた花粉は、花粉症の症状を起こすだけでなくお肌にも悪い影響があります。
出典: (@takeshi.kusumi)

春になると飛び交う花粉。強い風に乗って吹かれた花粉は、花粉症の症状を起こすだけでなくお肌にも悪い影響があります。

5. 風による乾燥

春は強い風の日も多い季節です。ただでさえお肌が敏感な時期に、春独特の強い風がお肌にさらにダメージを与えます。
しっかり保湿をしているつもりでも、この強風がお肌の水分を奪い、さらに乾燥させてしまいます。
出典: (@takeshi.kusumi)

春は強い風の日も多い季節です。ただでさえお肌が敏感な時期に、春独特の強い風がお肌にさらにダメージを与えます。
しっかり保湿をしているつもりでも、この強風がお肌の水分を奪い、さらに乾燥させてしまいます。

春の肌荒れに今すぐ試せる対策法7つ

1. 日々の保湿・保護ケア 

冬から続くダメージや春の強風によりお肌は想像以上に乾燥しています。
基本的なことですが、まず大切なのが日々の保湿・保護のケア。

自分で思っている以上に保湿はたっぷり行いましょう。
きちんと化粧水→美容液→クリームの順を追い、手のひらで包み込むように顔全体を保湿してあげます。
手のひらにお肌がもっちりと吸い付くくらい丁寧に行いましょう。

特に肌荒れや乾燥がひどいときは、油性の保護クリームをしっかりと塗ってあげてください。
出典: (@cafune_fumiya)

冬から続くダメージや春の強風によりお肌は想像以上に乾燥しています。
基本的なことですが、まず大切なのが日々の保湿・保護のケア。

自分で思っている以上に保湿はたっぷり行いましょう。
きちんと化粧水→美容液→クリームの順を追い、手のひらで包み込むように顔全体を保湿してあげます。
手のひらにお肌がもっちりと吸い付くくらい丁寧に行いましょう。

特に肌荒れや乾燥がひどいときは、油性の保護クリームをしっかりと塗ってあげてください。

2. 美容家電を使用してスペシャルケア

1の日々の保湿・保護ケアは丁寧にしているつもりでも、お肌に汚れが残っていたり十分に真皮までケアするのが難しかったりします。
そんな肌荒れしやすい春だからこそ、美容家電を取り入れてスペシャルケアをしてみましょう。

洗顔だけでは取れない汚れを取れる拭き取りのケアをしたり、
お肌の活性化を高めるLEDライトで自宅エステをしてみたり。
スチーマーを使ってお肌を柔らかくしてスキンケアをするのもおすすめです。

自分の手のひらだけでは補えないケアを美容家電は助けてくれます。
春の間試すだけでも、お肌は格段と蘇っていきますよ。
出典:

1の日々の保湿・保護ケアは丁寧にしているつもりでも、お肌に汚れが残っていたり十分に真皮までケアするのが難しかったりします。
そんな肌荒れしやすい春だからこそ、美容家電を取り入れてスペシャルケアをしてみましょう。

洗顔だけでは取れない汚れを取れる拭き取りのケアをしたり、
お肌の活性化を高めるLEDライトで自宅エステをしてみたり。
スチーマーを使ってお肌を柔らかくしてスキンケアをするのもおすすめです。

自分の手のひらだけでは補えないケアを美容家電は助けてくれます。
春の間試すだけでも、お肌は格段と蘇っていきますよ。

3. 正しいUV対策

夏にならないとしっかり紫外線対策をしない女性も多いのではないでしょうか。
春も、想像以上に紫外線は強いものです。外出する前に、しっかりとUV対策を行いましょう。

日常生活でしたら、SPF30・PA++以上の化粧下地・日焼け止めをきちんと使用すれば十分です。
更にSPFの含まれているファンデーションを重ねることでお肌はしっかりと守られていきます。

お花見やアウトドアBBQなど、太陽の下に長くいる場合は更に強めの日焼け止めを使用したりシチュエーションに合わせてUV対策するのもポイント。

日焼け止めを使用するだけではなく、日傘や帽子・サングラスの着用・長袖を着るなど、夏と同じように徹底的に紫外線からお肌を守るようにしましょう。
出典: (@botan_hiramoto)

夏にならないとしっかり紫外線対策をしない女性も多いのではないでしょうか。
春も、想像以上に紫外線は強いものです。外出する前に、しっかりとUV対策を行いましょう。

日常生活でしたら、SPF30・PA++以上の化粧下地・日焼け止めをきちんと使用すれば十分です。
更にSPFの含まれているファンデーションを重ねることでお肌はしっかりと守られていきます。

お花見やアウトドアBBQなど、太陽の下に長くいる場合は更に強めの日焼け止めを使用したりシチュエーションに合わせてUV対策するのもポイント。

日焼け止めを使用するだけではなく、日傘や帽子・サングラスの着用・長袖を着るなど、夏と同じように徹底的に紫外線からお肌を守るようにしましょう。

4. 早寝早起き

新生活でどうしても生活リズムが乱れがちな春。
細胞が肌のターンオーバーを正常に行うのが22時〜2時と言われています。
その時間にしっかりと寝て、朝もきちんと起きて体内のリズムを整えてあげる。
シンプルなことですが、なかなかできていない方も多いのでは?
肌を健康に保つ為に最も大切なことなので、春こそしっかり早寝早起きをして体調を整えましょう。
出典: (@ura_ura_days)

新生活でどうしても生活リズムが乱れがちな春。
細胞が肌のターンオーバーを正常に行うのが22時〜2時と言われています。
その時間にしっかりと寝て、朝もきちんと起きて体内のリズムを整えてあげる。
シンプルなことですが、なかなかできていない方も多いのでは?
肌を健康に保つ為に最も大切なことなので、春こそしっかり早寝早起きをして体調を整えましょう。

5. ヨガやウォーキングなどリラックスできる運動

ヨガやウォーキングなど、軽い呼吸と共にできるリズム運動は、緊張した自律神経を整えるのに有効です。
たまったストレスも優しく解放してくれ、体と心の内側から肌荒れを改善していきます。
出典:

ヨガやウォーキングなど、軽い呼吸と共にできるリズム運動は、緊張した自律神経を整えるのに有効です。
たまったストレスも優しく解放してくれ、体と心の内側から肌荒れを改善していきます。

6. ぬるめのお風呂につかる

肌トラブルを起こしている時には、なるべくゆったりと温かい湯船に浸かるようにしましょう。
血行が促進され新陳代謝も良くなりますし、ストレス発散としても効果的です。

熱いお湯は逆効果になってしまうため、38〜40度くらいのぬるめのお湯に浸かりましょう。
出典:

肌トラブルを起こしている時には、なるべくゆったりと温かい湯船に浸かるようにしましょう。
血行が促進され新陳代謝も良くなりますし、ストレス発散としても効果的です。

熱いお湯は逆効果になってしまうため、38〜40度くらいのぬるめのお湯に浸かりましょう。

7. 乳酸菌とビタミンCを摂る

花粉症の原因に「腸内細菌」「体の酸化」があげられます。

そこで有効なのが乳酸菌とビタミンC。
乳酸菌飲料やヨーグルトを積極的に摂ったり、果物を朝食に取り入れると摂取しやすいです。

もちろんサプリを利用してもOKです。
出典: (@ura_ura_days)

花粉症の原因に「腸内細菌」「体の酸化」があげられます。

そこで有効なのが乳酸菌とビタミンC。
乳酸菌飲料やヨーグルトを積極的に摂ったり、果物を朝食に取り入れると摂取しやすいです。

もちろんサプリを利用してもOKです。

終わりに

春の肌荒れの原因と対策法をご紹介しました。
手をかけたらかけただけお肌は綺麗になります。

花粉や風などで乾燥して荒れてしまったお肌、どうか優しくお手入れしてあげてくださいね。
出典: (@kotochoki)

春の肌荒れの原因と対策法をご紹介しました。
手をかけたらかけただけお肌は綺麗になります。

花粉や風などで乾燥して荒れてしまったお肌、どうか優しくお手入れしてあげてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info