ミニマムな抜け感と色のニュアンスを楽しむ「ワントーンメイク」でおしゃれ顔♪

ミニマムな抜け感と色のニュアンスを楽しむ「ワントーンメイク」でおしゃれ顔♪

毎日メイクをしているけど、気づけばいつもワンパターン…なんて方も多いのではないでしょうか?そんなときは、コスメの色のトーンをちょっぴり意識してみてましょう。色味を統一した「ワントーンメイク」なら、ナチュラルな抜け感のあるトレンドの旬顔に…♪そこで今回は、「ブラウン・ベージュ系」「コーラル系」「レッド・ボルドー系」「ピンク系」のカラー別に、ニュアンスが素敵な大人の「ワントーンメイク」についてご紹介します。 2018年03月04日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
メイクテク
ナチュラルメイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
824

ミニマムな抜け感と色のニュアンスが魅力の「ワントーンメイク」

目元は深みのあるブラウンにリップはシックなボルドー…など、複数の色味を楽しむ華やかなメイクもいいですが、単色or同系色のニュアンスを楽しむ大人っぽいメイクに挑戦してみませんか?
今回は、ナチュラルな抜け感が魅力の「ワントーンメイク」をカラー別にご提案します。
出典:(@yukie_horiuchi)

目元は深みのあるブラウンにリップはシックなボルドー…など、複数の色味を楽しむ華やかなメイクもいいですが、単色or同系色のニュアンスを楽しむ大人っぽいメイクに挑戦してみませんか?
今回は、ナチュラルな抜け感が魅力の「ワントーンメイク」をカラー別にご提案します。

《カラー別》ワントーンメイク集

ブラウン・ベージュ系

ベージュ系リップ=血色が気になる…という方は艶感・パール感のあるルージュを選ぶとニュアンスのあるヌーディーな口元に。
目元は少し赤みのあるブラウンアイシャドウをふんわり入れると、優しい雰囲気に仕上がります。
出典:(@sobuemotoshi)

ベージュ系リップ=血色が気になる…という方は艶感・パール感のあるルージュを選ぶとニュアンスのあるヌーディーな口元に。
目元は少し赤みのあるブラウンアイシャドウをふんわり入れると、優しい雰囲気に仕上がります。

シックな雰囲気に仕上げたいときは、少し赤みのあるブラウンのルージュを選んでみて。
赤みが加わることでほんのり色づくので、目元はベージュ系のシャドウを乗せて艶を出す程度でちょうどいいバランスに。
アイラインもペンシルで目尻を少し描き足すくらいでOK◎
出典:(@kanami_miyoshi)

シックな雰囲気に仕上げたいときは、少し赤みのあるブラウンのルージュを選んでみて。
赤みが加わることでほんのり色づくので、目元はベージュ系のシャドウを乗せて艶を出す程度でちょうどいいバランスに。
アイラインもペンシルで目尻を少し描き足すくらいでOK◎

ちょっぴり個性を出したいときは、下瞼を中心にアイシャドウを乗せるのもオシャレ。
リップは少しくすみのあるベージュ系で馴染ませるとナチュラルな仕上がりに。
チークは入れずに、シェーディングでメイクに立体感を持たせましょう。
出典:(@ayami__takahashi)

ちょっぴり個性を出したいときは、下瞼を中心にアイシャドウを乗せるのもオシャレ。
リップは少しくすみのあるベージュ系で馴染ませるとナチュラルな仕上がりに。
チークは入れずに、シェーディングでメイクに立体感を持たせましょう。

マットな質感が今っぽい、スモーキーブラウンを使ったシックなワントーンメイク。
チークもあえてダークカラーを乗せてトーンを統一させることで、大人っぽい雰囲気に。
出典:(@sobuemotoshi)

マットな質感が今っぽい、スモーキーブラウンを使ったシックなワントーンメイク。
チークもあえてダークカラーを乗せてトーンを統一させることで、大人っぽい雰囲気に。

コーラル系

ピンクとイエローを混ぜたくすみ感のある「コーラルカラー」のワントーンメイクも素敵。
リップはコーラル、アイシャドウは同系色の深みのあるテラコッタで馴染ませて。
頬はふんわりオレンジを入れるとトーンバランスが取れますね◎
出典:(@zenko_susuki)

ピンクとイエローを混ぜたくすみ感のある「コーラルカラー」のワントーンメイクも素敵。
リップはコーラル、アイシャドウは同系色の深みのあるテラコッタで馴染ませて。
頬はふんわりオレンジを入れるとトーンバランスが取れますね◎

くすみ感のあるマットなコーラルリップのときは、赤みのあるブラウンシャドウをアイラインのように入れると目元を程よく強調した仕上がりに。
頑張りすぎない大人のリラックススタイルによく似合います♪
出典:(@norimasasawa)

くすみ感のあるマットなコーラルリップのときは、赤みのあるブラウンシャドウをアイラインのように入れると目元を程よく強調した仕上がりに。
頑張りすぎない大人のリラックススタイルによく似合います♪

ワントーンメイクでニュアンスを出したい場合は、目元は目尻に、リップは唇の中央にカラーを強めに乗せてあげると◎
さらに鼻筋にハイライトを少し入れると、ワントーンでも立体的な印象に見せることができます。
出典:(@ayami__takahashi)

ワントーンメイクでニュアンスを出したい場合は、目元は目尻に、リップは唇の中央にカラーを強めに乗せてあげると◎
さらに鼻筋にハイライトを少し入れると、ワントーンでも立体的な印象に見せることができます。

よりナチュラルなワントーンメイクを楽しみたいときは、全体的に色味を抑えましょう。
目尻にだけコーラルカラーのアイシャドウをポイント的に乗せ、ベージュに近いコーラルピンクで素肌に馴染ませて…。
出典:(@sobuemotoshi)

よりナチュラルなワントーンメイクを楽しみたいときは、全体的に色味を抑えましょう。
目尻にだけコーラルカラーのアイシャドウをポイント的に乗せ、ベージュに近いコーラルピンクで素肌に馴染ませて…。

レッド・ボルドー系

レッド系のワントーンメイクを楽しむときは、色を乗せる範囲・バランスを重視!
赤リップにすることでリップメイクは際立つので、アイメイクは目尻から目頭に向かって薄くグラデーションにするといい感じにバランスが取れますよ◎
出典:(@er__c29)

レッド系のワントーンメイクを楽しむときは、色を乗せる範囲・バランスを重視!
赤リップにすることでリップメイクは際立つので、アイメイクは目尻から目頭に向かって薄くグラデーションにするといい感じにバランスが取れますよ◎

レッド系のアイシャドウにちょっと抵抗がある…という方は、下瞼にアイライン風に少しだけ入れて楽しむのがオススメ◎
その代わり、チーク&リップでほんのり赤みを持たせましょう。
出典:(@joemi_kubo)

レッド系のアイシャドウにちょっと抵抗がある…という方は、下瞼にアイライン風に少しだけ入れて楽しむのがオススメ◎
その代わり、チーク&リップでほんのり赤みを持たせましょう。

赤みのあるブラウンをアイシャドウに取り入れると、シックで大人っぽい雰囲気に。
リップはセミマットタイプのくすみ系レッドで、レディライクなレッド系ワントーンメイクの完成です♪
出典:(@er__c29)

赤みのあるブラウンをアイシャドウに取り入れると、シックで大人っぽい雰囲気に。
リップはセミマットタイプのくすみ系レッドで、レディライクなレッド系ワントーンメイクの完成です♪

鮮やかなレッドをリップにもってくるときは、唇の中心からぼかすように塗ることで抜け感のある雰囲気に♪
このときアイメイクやチークを控えめにすると、バランスの良いワントーンメイクに仕上がります。
出典:(@norimasasawa)

鮮やかなレッドをリップにもってくるときは、唇の中心からぼかすように塗ることで抜け感のある雰囲気に♪
このときアイメイクやチークを控えめにすると、バランスの良いワントーンメイクに仕上がります。

レッド系のリップグロスだけのシアーなリップメイクも素敵。
唇の艶感を引き立てるため、目元はアイシャドウのみでマットに仕上げ、全体のバランスを取りましょう。
出典:(@norimasasawa)

レッド系のリップグロスだけのシアーなリップメイクも素敵。
唇の艶感を引き立てるため、目元はアイシャドウのみでマットに仕上げ、全体のバランスを取りましょう。

ピンク系

ピンクを可愛らしくなりすぎないように見せるポイントは“くすみ感”。
アイシャドウやリップもスモーキー系ピンクを選ぶことで、肌馴染みもよく大人っぽさのあるワントーンメイクに仕上がりますよ。
出典:(@kanami_miyoshi)

ピンクを可愛らしくなりすぎないように見せるポイントは“くすみ感”。
アイシャドウやリップもスモーキー系ピンクを選ぶことで、肌馴染みもよく大人っぽさのあるワントーンメイクに仕上がりますよ。

マットな質感がトレンドですが、くすみ系のカラーの場合は、顔全体がのっぺりした印象になりがち…。
その場合は、鼻筋・頬などにハイライトを入れてメリハリをつけると顔全体に立体感が生まれます◎
出典:(@yukie_horiuchi)

マットな質感がトレンドですが、くすみ系のカラーの場合は、顔全体がのっぺりした印象になりがち…。
その場合は、鼻筋・頬などにハイライトを入れてメリハリをつけると顔全体に立体感が生まれます◎

パール感のあるピンクルージュを選ぶと立体感も増して大人っぽい印象に。
その場合は、目元はサッと薄めに仕上げて、チークもほんのり薄付き程度でOK◎
出典:(@kanami_miyoshi)

パール感のあるピンクルージュを選ぶと立体感も増して大人っぽい印象に。
その場合は、目元はサッと薄めに仕上げて、チークもほんのり薄付き程度でOK◎

顔のくすみ感が気になるときは広めにふんわりチークを入れて血色良く見せてあげるのも◎
ナチュラルな抜け感を出すために、目元はピンクのクリームシャドウを指の腹でポンポンッと乗せる程度でOK。
口元はセミマットなピンクルージュで、肌の色に自然に溶け込むようなイメージで仕上げましょう。
出典:(@joemi_kubo)

顔のくすみ感が気になるときは広めにふんわりチークを入れて血色良く見せてあげるのも◎
ナチュラルな抜け感を出すために、目元はピンクのクリームシャドウを指の腹でポンポンッと乗せる程度でOK。
口元はセミマットなピンクルージュで、肌の色に自然に溶け込むようなイメージで仕上げましょう。

春を少し先取りしたピンク系のワントーンメイクも気になる…そんなときは、明るめのコーラルピンクを選ぶと◎
アイメイクは、目尻を中心にピンクをふんわり乗せて、チークはほんのり色づくくらいでOK。
リップは艶感の少ないセミマット系ルージュで甘さは控えめに。
出典:(@yukie_horiuchi)

春を少し先取りしたピンク系のワントーンメイクも気になる…そんなときは、明るめのコーラルピンクを選ぶと◎
アイメイクは、目尻を中心にピンクをふんわり乗せて、チークはほんのり色づくくらいでOK。
リップは艶感の少ないセミマット系ルージュで甘さは控えめに。

おわりに

単色or同系色でも、塗り方、質感などを工夫することでニュアンスのある雰囲気に仕上げることができます。
今回の記事を参考に、ナチュラルな抜け感を楽しむ大人の「ワントーンメイク」にぜひ挑戦してみてくださいね。
出典:(@kanami_miyoshi)

単色or同系色でも、塗り方、質感などを工夫することでニュアンスのある雰囲気に仕上げることができます。
今回の記事を参考に、ナチュラルな抜け感を楽しむ大人の「ワントーンメイク」にぜひ挑戦してみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info