気になる「ほうれい線」どうしてる?メイクでうまく隠すコツとむくみスッキリマッサージ術

気になる「ほうれい線」どうしてる?メイクでうまく隠すコツとむくみスッキリマッサージ術

年齢とともに少しずつ気になり始める「ほうれい線」。濃くなればなるほど老けて見える原因にもなり、フェイスラインのたるみと相まって、30代女性の中でも気にされている方が多いと思います。今回はそんな「ほうれい線」の悩みを解決するべく、メイクで目立ちにくくする方法や、ほうれい線を改善するためのマッサージやトレーニング方法をご紹介します。 2018年02月27日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
マッサージ
メイク
アンチエイジング
30代
ほうれい線
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1406

『ほうれい線』が気になりはじめたら…

顔のシミやシワとともに、年齢を重ねるごとに少しずつ気になりはじめる「ほうれい線」。
鼻から口にかけて「八」の字に刻まれるほうれい線は、見た目年齢を大きく変えてしまうエイジングサインのひとつです。
フェイスラインのたるみと相まって、30代女性の中でも気にされている方も多いのではないでしょうか?
今回はそんな「ほうれい線」の悩みを解決するべく、メイクで目立ちにくくする方法や、ほうれい線を改善するためのマッサージやトレーニング方法をご紹介します。

出典:

顔のシミやシワとともに、年齢を重ねるごとに少しずつ気になりはじめる「ほうれい線」。
鼻から口にかけて「八」の字に刻まれるほうれい線は、見た目年齢を大きく変えてしまうエイジングサインのひとつです。
フェイスラインのたるみと相まって、30代女性の中でも気にされている方も多いのではないでしょうか?
今回はそんな「ほうれい線」の悩みを解決するべく、メイクで目立ちにくくする方法や、ほうれい線を改善するためのマッサージやトレーニング方法をご紹介します。

まずは、「ほうれい線のタイプ」を確認しましょう

ほうれい線は20~30代でもできてしまう「浅いほうれい線」と、加齢とともに目立ちやすくなる「深いほうれい線」の2種類があります。その種類によってケア方法やメイク方法が異なりますので、まずは自分がどちらのタイプであるかを把握することが大切です。

出典:

ほうれい線は20~30代でもできてしまう「浅いほうれい線」と、加齢とともに目立ちやすくなる「深いほうれい線」の2種類があります。その種類によってケア方法やメイク方法が異なりますので、まずは自分がどちらのタイプであるかを把握することが大切です。

『浅いほうれい線』の原因と解消法

浅いほうれい線はお肌の「乾燥」や、顔の「むくみ」が主な原因だと言われています。日頃から保湿成分配合の化粧品でお肌に潤いを与えたり、むくみ解消のマッサージを取り入れることが大切です。むくみを改善するマッサージ方法については、以下の動画を参考にしてくださいね。

出典:

浅いほうれい線はお肌の「乾燥」や、顔の「むくみ」が主な原因だと言われています。日頃から保湿成分配合の化粧品でお肌に潤いを与えたり、むくみ解消のマッサージを取り入れることが大切です。むくみを改善するマッサージ方法については、以下の動画を参考にしてくださいね。

1分間でむくみがとれるメイク前のマッサージ方法

こちらの動画では、メイク前にできる1分間のマッサージ方法を紹介しています。化粧水やクリームで保湿をする際にマッサージを取り入れることで、血行が促進されて顔の血色が良くなり、むくみもとれてスッキリしますよ。

『深いほうれい線』の原因と解消法 

深いほうれい線ができる主な原因は、「表情筋の衰え」やお肌の「たるみ」だと言われています。お肌の内部にあるコラーゲンやエラスチン繊維が減少し、さらに顔の表情筋が衰えることでお肌のハリ・弾力を保つことが難しくなり、重力によって頬がたるみやすくなります。

出典:

深いほうれい線ができる主な原因は、「表情筋の衰え」やお肌の「たるみ」だと言われています。お肌の内部にあるコラーゲンやエラスチン繊維が減少し、さらに顔の表情筋が衰えることでお肌のハリ・弾力を保つことが難しくなり、重力によって頬がたるみやすくなります。

深いほうれい線を改善するためには、コラーゲンの生成を促すためにバランスの良い食事や、良質な睡眠を心がけることが大切です。また、ほうれい線やたるみを改善するエイジングケアを取り入れることも大事なポイントです。以下の動画では、自宅で簡単に実践できるほうれい線ケアを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

出典:

深いほうれい線を改善するためには、コラーゲンの生成を促すためにバランスの良い食事や、良質な睡眠を心がけることが大切です。また、ほうれい線やたるみを改善するエイジングケアを取り入れることも大事なポイントです。以下の動画では、自宅で簡単に実践できるほうれい線ケアを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

朝晩3分!簡単引き上げ術でほうれい線ケア

自宅で毎日続けられる簡単なツボ押しと、引き上げ術を紹介した動画です。自宅で行う際は、摩擦によるお肌への負担を減らすために、クリームやオイルを塗ってから実践しましょう。

安眠&美容に!おやすみ前の15分フェイシャルマッサージ

こちらの動画では、むくみや老廃物を流すリンパマッサージと、アロマオイルを使用したリフトアップ&疲れ目解消のマッサージ法を紹介しています。基本的にエッセンシャルオイル(精油)は、高濃度で抽出されているためそのまま肌に直接つけることはできません。マッサージをおこなう際は、必ず美容オイルやフェイス用のオイルを使用しましょう。

ほうれい線を目立ちにくくする『メイク』のポイント

メイク前は十分な「保湿ケア」が大事

気になるほうれい線を目立ちにくくするためには、まずはしっかりと保湿ケアをすることが重要です。お肌が乾燥した状態のままでは、たとえ綺麗にメイクをしてもファンデーションが肌に密着しにくくなり、お化粧が崩れやすくなります。

出典:

気になるほうれい線を目立ちにくくするためには、まずはしっかりと保湿ケアをすることが重要です。お肌が乾燥した状態のままでは、たとえ綺麗にメイクをしてもファンデーションが肌に密着しにくくなり、お化粧が崩れやすくなります。

メイク前は必ず化粧水や美容液を肌に良くなじませて、手で優しく押さえるようにハンドプレスしましょう。以下の動画で「保湿の基本と応用テクニック」が紹介されていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

出典:

メイク前は必ず化粧水や美容液を肌に良くなじませて、手で優しく押さえるようにハンドプレスしましょう。以下の動画で「保湿の基本と応用テクニック」が紹介されていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【保湿の基本と応用テクニック】

化粧水と美容液を使って、効率的にしっかり保湿を行う方法です。化粧水は頬やおでこなど面積の広いところからなじませ、あおぐようにパッティングします。美容液は指のはらで螺旋を描くようにのばし、肌に押し込むようにハンドプレスしましょう。

ベースメイクは「薄く均一に」仕上げる

ほうれい線を目立ちにくくするメイクの基本は「薄く仕上げる」ことです。ベースメイクはリキッドファンデーションのみを使用し、仕上げにパウダーファンデーションは使用しません。メイクは重ねれば重ねるほど崩れやすくなり、逆にほうれい線を目立たせてしまいます。パウダーファンデーションでテカリを抑えたい時には、口周りは避けてTゾーンだけに使用しましょう。

出典:

ほうれい線を目立ちにくくするメイクの基本は「薄く仕上げる」ことです。ベースメイクはリキッドファンデーションのみを使用し、仕上げにパウダーファンデーションは使用しません。メイクは重ねれば重ねるほど崩れやすくなり、逆にほうれい線を目立たせてしまいます。パウダーファンデーションでテカリを抑えたい時には、口周りは避けてTゾーンだけに使用しましょう。

また、ファンデーションと肌を密着させる化粧下地は、顔全体にまんべんなく塗ることも大切なポイントです。以下の動画で「ナチュラルなベースメイクの作り方」が紹介されていますので、ぜひメイクの参考にしてみてはいかがでしょう。

出典:

また、ファンデーションと肌を密着させる化粧下地は、顔全体にまんべんなく塗ることも大切なポイントです。以下の動画で「ナチュラルなベースメイクの作り方」が紹介されていますので、ぜひメイクの参考にしてみてはいかがでしょう。

【ナチュラルベースメイクの作り方】

こちらの動画では、リキッドファンデーションを使用したベースメイクテクニックを紹介しています。化粧下地は顔の中心から輪郭に向かって均一に伸ばし、毛穴の気になる小鼻やフェイスラインも丁寧に塗りましょう。ベースメイクをナチュラルな印象に仕上げるためには、「圧力・面積・量」を意識してファンデーションを塗ることがポイントです。

「コンシーラー&ハイライト」で明るい印象に仕上げる

ほうれい線を目立たなくするためには、顔全体を明るい印象に仕上げることも大切です。年齢を重ねると顔の中心部に影が現れやすくなりますが、それをカバーして明るい印象に見せてくれるのが「コンシーラー」と「ハイライト」です。以下の動画でメイクのコツが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

出典:

ほうれい線を目立たなくするためには、顔全体を明るい印象に仕上げることも大切です。年齢を重ねると顔の中心部に影が現れやすくなりますが、それをカバーして明るい印象に見せてくれるのが「コンシーラー」と「ハイライト」です。以下の動画でメイクのコツが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【コンシーラーとハイライトのメイクテクニック】

顔の中でも「目の下・小鼻の脇・口角」は影が現れすい部分ですが、コンシーラーを塗ることで影が消えて綺麗な肌に仕上げることができます。また、「目の下・おでこ・鼻筋」にハイライトをのせることで、より立体感のある仕上がりになりますよ。

ほうれい線を『予防』することも大切

「紫外線対策」をして肌のハリを守る

ほうれい線を改善するためのマッサージ方法やメイク方法をご紹介しましたが、日頃から「ほうれい線予防」をすることも大事なポイントです。美しい肌を保つために欠かせないコラーゲンは、年齢だけではなく「紫外線」によっても減少すると言われています。紫外線は季節を問わず1年中降り注いでいるため、日差しが弱い日でもUVケアを怠らないようにしましょう。

出典:

ほうれい線を改善するためのマッサージ方法やメイク方法をご紹介しましたが、日頃から「ほうれい線予防」をすることも大事なポイントです。美しい肌を保つために欠かせないコラーゲンは、年齢だけではなく「紫外線」によっても減少すると言われています。紫外線は季節を問わず1年中降り注いでいるため、日差しが弱い日でもUVケアを怠らないようにしましょう。

「正しい姿勢」を心がける

実は「姿勢が悪い」ことも、ほうれい線をつくる原因の一つだと言われています。後頭部から背中にかけて広い範囲の位置に“僧帽筋”という筋肉がありますが、僧帽筋には顔の筋肉を引き上げる働きがあるため、筋力が衰えると顔のたるみ・ほうれい線が目立ちやすくなります。

出典:

実は「姿勢が悪い」ことも、ほうれい線をつくる原因の一つだと言われています。後頭部から背中にかけて広い範囲の位置に“僧帽筋”という筋肉がありますが、僧帽筋には顔の筋肉を引き上げる働きがあるため、筋力が衰えると顔のたるみ・ほうれい線が目立ちやすくなります。

日頃から正しい姿勢を意識して過ごすようにしたり、軽いストレッチを取り入れるなどして、猫背にならない工夫をしましょう。僧帽筋のトレーニング方法については、以下の動画を参考にしてみてくださいね。

出典:

日頃から正しい姿勢を意識して過ごすようにしたり、軽いストレッチを取り入れるなどして、猫背にならない工夫をしましょう。僧帽筋のトレーニング方法については、以下の動画を参考にしてみてくださいね。

【僧帽筋トレーニング】

こちらの動画では、肩の下がりを改善し上半身のねじれを正す「僧帽筋トレーニング」を紹介しています。「肩を耳に近づける→後ろに回して戻す→肩を耳に近づける→前に回して戻す」という運動を、左右それぞれ10回ずつ3~5セット行います。

いかがでしたか?

「ほうれい線」を目立ちにくくするためにはメイク方法も大切ですが、それ以上に毎日のスキンケアで保湿をしっかり行うことが重要です。
また、自宅で実践できるマッサージを取り入れたり、ほうれい線を予防することも大事なポイント。
丁寧なスキンケアとベースメイクを心がけて、いつまでもハリのある若々しいお肌を目指しましょう。

出典:

「ほうれい線」を目立ちにくくするためにはメイク方法も大切ですが、それ以上に毎日のスキンケアで保湿をしっかり行うことが重要です。
また、自宅で実践できるマッサージを取り入れたり、ほうれい線を予防することも大事なポイント。
丁寧なスキンケアとベースメイクを心がけて、いつまでもハリのある若々しいお肌を目指しましょう。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info