もう、かわいさはいらない。意志ある30代に捧ぐ『女優顔メイクレッスン』

もう、かわいさはいらない。意志ある30代に捧ぐ『女優顔メイクレッスン』

30代になったら今までと同じメイク方法ではなく、上品で洗練された「大人メイク」にシフトしたいもの。そんな大人の女性がお手本にしたいのは、やわらかい雰囲気の中に“芯の強さ”を感じる『女優顔』メイクです。女性からも圧倒的に支持されている女優さんたちの共通点は、凛とした美しさと可愛らしさを持ち合わせ、「自分らしい美しさ」を引き出すナチュラルメイクをしていること。今回はしなやかさと強さを兼ね備えた『女優顔』メイク術のポイントをご紹介します♪ 2018年01月28日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
ポイントメイク
アイメイク
ベースメイク
ナチュラルメイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
2209

30代女性に欲しいのは「自分らしい美しさ」を引き出すメイク

30代はメイクの転換期。今までと同じメイク方法ではなく、より洗練された「大人メイク」にシフトしたいですよね。
そんな大人の女性がお手本にしたいのは、やわらかい雰囲気の中に“芯の強さ”を感じる『女優顔』メイクです。
女性からも圧倒的に支持されている多くの女優さんたちは、凛とした美しさと可愛らしさを持ち合わせ、「自分らしい美しさ」を引き出すナチュラルメイクをしています。
きちんと自分を持った芯のある女性になるために、今回は大人の女性をより魅力的に見せる『女優顔』メイク術を6つのポイントに分けてご紹介します。

出典: (@kanami_miyoshi)

30代はメイクの転換期。今までと同じメイク方法ではなく、より洗練された「大人メイク」にシフトしたいですよね。
そんな大人の女性がお手本にしたいのは、やわらかい雰囲気の中に“芯の強さ”を感じる『女優顔』メイクです。
女性からも圧倒的に支持されている多くの女優さんたちは、凛とした美しさと可愛らしさを持ち合わせ、「自分らしい美しさ」を引き出すナチュラルメイクをしています。
きちんと自分を持った芯のある女性になるために、今回は大人の女性をより魅力的に見せる『女優顔』メイク術を6つのポイントに分けてご紹介します。

ナチュラルだけど芯のある『女優顔』メイクレッスンスタート!

もう、かわいさはいらない。意志ある30代に捧ぐ『女優顔メイクレッスン』

出典: (@kanami_miyoshi)

①メイクの前に「化粧下地」で肌を整える

美しいベースメイクを作るために欠かせない「化粧下地」。メイク前に下地でお肌の表面を整えておくことで、ファンデーションのフィット感が高まり、ベースメイクをより美しく仕上げることができます。

出典: (@botan_hiramoto)

美しいベースメイクを作るために欠かせない「化粧下地」。メイク前に下地でお肌の表面を整えておくことで、ファンデーションのフィット感が高まり、ベースメイクをより美しく仕上げることができます。

また、化粧下地にはファンデーションに含まれる添加物や、紫外線の刺激、乾燥などからもお肌を守る役割があります。まずは以下の動画をお手本に、ベースメイクの一番の基礎である化粧下地の正しい使い方をおさらいしましょう。下地の選び方も紹介されていますので、メイクの際にぜひ参考にしてくださいね。

出典: (@cafune_fumiya)

また、化粧下地にはファンデーションに含まれる添加物や、紫外線の刺激、乾燥などからもお肌を守る役割があります。まずは以下の動画をお手本に、ベースメイクの一番の基礎である化粧下地の正しい使い方をおさらいしましょう。下地の選び方も紹介されていますので、メイクの際にぜひ参考にしてくださいね。

化粧下地の使い方・選び方

ベースメイクを綺麗に仕上げるためには、化粧下地を上手に使うことが大切です。化粧下地は顔のパーツ(おでこ・頬・鼻・あご)ごとに丁寧に塗りましょう。乾燥や毛穴などお肌の気になる部分に合わせて、下地を使い分けるのも大事なポイントです。

②「ベースメイク」は明るさと透明感を重視

多くの女性が憧れる、女優さんのような“透明感のある美しい肌”。そんな女優肌に近づくための鍵になるのが、肌印象を大きく左右する「ベースメイク」です。お肌の気になる部分はしっかりカバーしつつも、薄くナチュラルに仕上げるのが大事なポイント。

出典: (@kanami_miyoshi)

多くの女性が憧れる、女優さんのような“透明感のある美しい肌”。そんな女優肌に近づくための鍵になるのが、肌印象を大きく左右する「ベースメイク」です。お肌の気になる部分はしっかりカバーしつつも、薄くナチュラルに仕上げるのが大事なポイント。

また、ファンデーションは種類や塗り方によって仕上がりの印象は大きく変わるので、なりたいイメージに合わせて選ぶことも大切です。以下の動画では「素肌感のあるナチュラル肌」と、「明るい毛穴レスな肌づくり」のポイントが紹介されています。ベースメイクの基本をおさえて、明るく透明感のある美肌を目指しましょう♪

出典: (@kanami_miyoshi)

また、ファンデーションは種類や塗り方によって仕上がりの印象は大きく変わるので、なりたいイメージに合わせて選ぶことも大切です。以下の動画では「素肌感のあるナチュラル肌」と、「明るい毛穴レスな肌づくり」のポイントが紹介されています。ベースメイクの基本をおさえて、明るく透明感のある美肌を目指しましょう♪

ナチュラル均一肌のつくり方

こちらの動画では、素肌感のあるパウダーファンデーションを使用したベースメイクを紹介しています。スポンジを使用する際は、ファンデーションがムラにならないよう、力を入れずにスルスルとすべらすように仕上げましょう。

毛穴レス肌のつくり方

こちらの動画では、リキッドファンデーションとルースパウダーを使用したベースメイクを紹介しています。リキッドファンデーションは顔の中心から外側に向かって広げていくことがポイントです。指先だけで塗るとムラになりやすいので、顔になじませる時は指の腹全体、手のひら全体を使って伸ばしましょう。

ファンデーションの色の選び方

「自分の肌に合うファンデーションの色がわからない…」とお困りの方は、こちらの動画をぜひ参考にしてくださいね。肌色に合ったファンデーションの選び方はもちろん、自分がなりたいイメージに合わせた色の選び方も紹介しています。色選びのポイントを知ることで、より理想の仕上がりに近づくことができますよ。

③眉は「理想バランス」を意識して、ナチュラルに仕上げる

意思の強さを感じるけれど、女性らしくてやわらかい印象。そんな女優さんのような美しい眉を描くためには、眉頭・眉山・眉尻の位置を正しく決めることが大事なポイントです。骨格に沿った眉の形と毛流れを意識してナチュラルに描くことで、バランスの良い美眉に近づくことができます。以下の動画をお手本に、眉の理想バランスと描き方のポイントをマスターしましょう。

出典: (@norimasasawa)

意思の強さを感じるけれど、女性らしくてやわらかい印象。そんな女優さんのような美しい眉を描くためには、眉頭・眉山・眉尻の位置を正しく決めることが大事なポイントです。骨格に沿った眉の形と毛流れを意識してナチュラルに描くことで、バランスの良い美眉に近づくことができます。以下の動画をお手本に、眉の理想バランスと描き方のポイントをマスターしましょう。

美人眉のつくり方

眉の下ライン→眉の上ライン→眉山から眉尻→眉頭の順に描きます。眉尻は眉頭よりも下がらないように描き、眉頭は薄く仕上げることも大事なポイントです。眉頭・眉山・眉尻の正しい位置の決め方も紹介されていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

④アイメイクは「アイシャドウ+アイライン」で印象的な目元に

色の選び方やメイクの方法によって、大きく印象が変わるアイメイク。最近はヌケ感のあるノーアイラインメイクもトレンドですが、凛とした大人っぽい雰囲気を作るためには、アイラインで目元に意志の強さをプラスすることがポイントです。

出典: (@botan_hiramoto)

色の選び方やメイクの方法によって、大きく印象が変わるアイメイク。最近はヌケ感のあるノーアイラインメイクもトレンドですが、凛とした大人っぽい雰囲気を作るためには、アイラインで目元に意志の強さをプラスすることがポイントです。

アイシャドウは上品なカラーでグラデーションを作ると、より印象的な目元を演出できます。以下の動画でアイシャドウ&アイラインの基本テクをおさらいしましょう。

出典: (@yutalianca)

アイシャドウは上品なカラーでグラデーションを作ると、より印象的な目元を演出できます。以下の動画でアイシャドウ&アイラインの基本テクをおさらいしましょう。

アイシャドウのグラデーションのつけ方

こちらの動画では立体的で大人っぽい印象の目元を作る、3色のアイシャドウを使ったグラデーションのつけ方を紹介しています。ブラウン系で全体をまとめることで上品な印象に仕上がり、さらに眉下にハイライトカラーを入れることで自然な立体感とメリハリが生まれます。

綺麗なアイラインの引き方

ポイントメイクの中でも特に難しいアイライン。「なかなかイメージ通りにアイラインが引けない…。」という方は、ぜひこちらの動画を参考にしてくださいね。アイラインを引く時は目線を下にして、眉下を少し持ち上げるとラインを描きやすくなります。

⑤「チーク&ハイライト」で立体感をつくる

理想の表情に近づくためのもう一つのポイントは、「ハイライト」と「チーク」で立体感を作ることです。立体感をだすことで顔にメリハリが生まれ、ぐっと垢抜けた印象になります。ハイライトにはパウダー・クリーム・リキッド・スティックタイプがありますが、いずれも薄く塗って自然な印象に仕上げることが大切です。

出典: (@yutalianca)

理想の表情に近づくためのもう一つのポイントは、「ハイライト」と「チーク」で立体感を作ることです。立体感をだすことで顔にメリハリが生まれ、ぐっと垢抜けた印象になります。ハイライトにはパウダー・クリーム・リキッド・スティックタイプがありますが、いずれも薄く塗って自然な印象に仕上げることが大切です。

チークも血色をよく見せる程度に、ふんわりのせるとナチュラルな雰囲気に仕上がります。チークカラーの選び方によって顔の印象が変わりますが、30代の大人メイクにおすすめなのは、ピンクやオレンジ系のヘルシーで上品なカラーです。チークの入れ方よっても雰囲気が変わるので、なりたいイメージに合わせて位置や形を決めると◎。基本的なチークの入れ方については、以下の動画をぜひ参考にしてくださいね。

出典: (@cafune_fumiya)

チークも血色をよく見せる程度に、ふんわりのせるとナチュラルな雰囲気に仕上がります。チークカラーの選び方によって顔の印象が変わりますが、30代の大人メイクにおすすめなのは、ピンクやオレンジ系のヘルシーで上品なカラーです。チークの入れ方よっても雰囲気が変わるので、なりたいイメージに合わせて位置や形を決めると◎。基本的なチークの入れ方については、以下の動画をぜひ参考にしてくださいね。

基本のチークのつけ方&イメージに合わせたチークの入れ方

こちらの動画では、基本的なチークのつけ方~イメージに合わせたチークの入れ方を紹介しています。チークの基本をおさらいすることで、自分に似合うチークの位置を把握しやすくなりますよ。

⑥シックな「マットリップ」で大人っぽさと女性らしさをプラス

ポイントメイクの中でも「リップ」は重要なアイテム。最近は光沢のあるリップグロスよりも、シックなマットリップが注目されています。マットな質感で肌なじみの良いナチュラルカラー(ピンク・オレンジ系など)を選ぶと、女優さんのようにノーブルで上品な雰囲気に仕上げることができますよ。

出典: (@norimasasawa)

ポイントメイクの中でも「リップ」は重要なアイテム。最近は光沢のあるリップグロスよりも、シックなマットリップが注目されています。マットな質感で肌なじみの良いナチュラルカラー(ピンク・オレンジ系など)を選ぶと、女優さんのようにノーブルで上品な雰囲気に仕上げることができますよ。

落ち着いた大人の色気をプラスしたい時は、女性らしさ&かっこよさを両方アピールできる「赤リップ」がおすすめです。「赤」と一口に言っても、鮮やかな赤・くすみレッド・青み系ベリーレッドなど色味は様々。なりたいイメージや自分の肌色に合わせて、お気に入りの色味を見つけてくださいね。

出典: (@kanami_miyoshi)

落ち着いた大人の色気をプラスしたい時は、女性らしさ&かっこよさを両方アピールできる「赤リップ」がおすすめです。「赤」と一口に言っても、鮮やかな赤・くすみレッド・青み系ベリーレッドなど色味は様々。なりたいイメージや自分の肌色に合わせて、お気に入りの色味を見つけてくださいね。

いかがでしたか?

30代はファッションやメイクの転換期。
「今までのメイクが似合わなくなってきた…」と感じたら、いつものメイク方法を見直してみませんか?
女性はメイクのやり方を少し変えるだけで、色々とイメージを変えられるもの。
ナチュラルでありながら凛とした美しさをもつ素敵な女優さんたちをお手本に、“自分らしい美しさ”を演出するメイクで大人顔にシフトしていきましょう♪

出典: (@kanami_miyoshi)

30代はファッションやメイクの転換期。
「今までのメイクが似合わなくなってきた…」と感じたら、いつものメイク方法を見直してみませんか?
女性はメイクのやり方を少し変えるだけで、色々とイメージを変えられるもの。
ナチュラルでありながら凛とした美しさをもつ素敵な女優さんたちをお手本に、“自分らしい美しさ”を演出するメイクで大人顔にシフトしていきましょう♪

※画像をご協力いただき、ありがとうございました!
Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info