派手じゃないのにちゃんとキレイ。ワインレッドのルージュで見つける新しい自分

派手じゃないのにちゃんとキレイ。ワインレッドのルージュで見つける新しい自分

トレンドのクリアに発色する真っ赤な口紅。確かにドラマティックではあるけれど、試すのにはなかなか勇気の要るアイテムです。そこでオススメしたいのが、レッドよりもディープなワインレッドのルージュ。自分にしっくりくるリップが見つからない…という悩みでさえ、この色ならサクッと解決できるかも知れません。 2018年01月10日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
コスメ
ポイントメイク
トレンド
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
328

唇に色香を宿すワインレッドのルージュ

レッドより深く、ブラウンより艶っぽい。そんないいとこ取りをしたようなワインレッドのルージュは、冬のダークな装いとも相思相愛。顔周りが華やぐだけでなく、落ち着きのある艶やかさを叶えてくれます。そこで今回は、ワインレッドのルージュを使ったメイク実例や、そのポイントについて解説。リップメイクを見直したい方も、ぜひチェックしてみてくださいね。
出典:(@joemi_kubo)

レッドより深く、ブラウンより艶っぽい。そんないいとこ取りをしたようなワインレッドのルージュは、冬のダークな装いとも相思相愛。顔周りが華やぐだけでなく、落ち着きのある艶やかさを叶えてくれます。そこで今回は、ワインレッドのルージュを使ったメイク実例や、そのポイントについて解説。リップメイクを見直したい方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

黒髪との相性もバツグン!

ワインレッドとブラックのコントラストが美しい

“清楚”と“エキゾチック”が共存する黒髪は、メイク次第で向かうベクトルが変わってきます。ヘアと鮮明な対比を生むワインレッドのルージュなら、ミステリアスなアジアンビューティーな印象に。
出典:(@nero_hair_salon)

“清楚”と“エキゾチック”が共存する黒髪は、メイク次第で向かうベクトルが変わってきます。ヘアと鮮明な対比を生むワインレッドのルージュなら、ミステリアスなアジアンビューティーな印象に。

血色がよく見えて肌の明度もアップ♪

ワインレッドのリップは、大人っぽいだけでなく、表情を生き生きと見せてくれる効果もアリ。程よく血色感が備わり、肌もワントーン明るくしてくれます。
出典:(@botan_hiramoto)

ワインレッドのリップは、大人っぽいだけでなく、表情を生き生きと見せてくれる効果もアリ。程よく血色感が備わり、肌もワントーン明るくしてくれます。

チークが薄めでも寂しくない

ワインレッドのルージュは、唇に十分な華やかさが添えられるので、チークは軽く乗せるくらいでOK。
出典:(@nero_hair_salon)

ワインレッドのルージュは、唇に十分な華やかさが添えられるので、チークは軽く乗せるくらいでOK。

エアリーヘアも大人っぽいイメージに

ふんわりボブがマチュアに昇華

一歩間違ると子供っぽくなってしまいがちな、ゆるウェーブの肩上ボブ。ワインレッドで口元を彩れば、俄然落ち着いた雰囲気に引っ張れます。
出典:(@tatsuyahino)

一歩間違ると子供っぽくなってしまいがちな、ゆるウェーブの肩上ボブ。ワインレッドで口元を彩れば、俄然落ち着いた雰囲気に引っ張れます。

ふと滲み出るナチュラルな色っぽさ

作り込まないノンシャランなエアリーヘアは、今っぽいヌケ感たっぷり!リップはワインレッドをセレクトし、計算済みの自然な色気を解き放って。
出典:(@joemi_kubo)

作り込まないノンシャランなエアリーヘアは、今っぽいヌケ感たっぷり!リップはワインレッドをセレクトし、計算済みの自然な色気を解き放って。

オン眉バングも子供っぽさゼロ

あどけなく見えそうな短めバングも、ワインレッドの力で女度が急上昇。ざっくりニットも相まって、イノセントな中にやり過ぎないセクシーさが匂い立ちます。
出典:(@joemi_kubo)

あどけなく見えそうな短めバングも、ワインレッドの力で女度が急上昇。ざっくりニットも相まって、イノセントな中にやり過ぎないセクシーさが匂い立ちます。

肌に合わせて色味を変えてみるのも◎

ブルーベースはローズ系をチョイス

肌に青味のあるブルーベースの方は、同じく青味がかったローズ寄りのワインレッドがベストマッチ。
出典:(@tatsuyahino)

肌に青味のあるブルーベースの方は、同じく青味がかったローズ寄りのワインレッドがベストマッチ。

イエローベースならオレンジ味のあるものに

肌色に黄味が見られるイエローベースの方は、朱赤のようなワインレッドがオススメ!
出典:(@hironori_okada)

肌色に黄味が見られるイエローベースの方は、朱赤のようなワインレッドがオススメ!

ラフに塗ってヌケ感出し

均一に広げないのがこなれ見えのコツ

洋服をカジュアルにまとめる日は、ワインレッドのルージュもほんのり色を置くくらいがちょうどいい!指を使ってポンポンと乗せていくのがポイントです。
出典:(@nero_hair_salon)

洋服をカジュアルにまとめる日は、ワインレッドのルージュもほんのり色を置くくらいがちょうどいい!指を使ってポンポンと乗せていくのがポイントです。

リップラインを曖昧にしてニュアンシーに

唇の縁に沿ってきっちり塗り込むのではなく、あえてその内側だけにルージュをオン。リップの主張を抑えたいときにも使えるテクニックです。
出典:(@joemi_kubo)

唇の縁に沿ってきっちり塗り込むのではなく、あえてその内側だけにルージュをオン。リップの主張を抑えたいときにも使えるテクニックです。

グロスを乗せれば透明感も手に入る

ワインレッドの深みはそのままに潤いをプラス

こっくりとした色合いが魅力のワインレッドのルージュ。フレッシュな印象にしたいときは、表面をグロッシーに仕上げ、みずみずしさを演出します。
出典:(@hironori_okada)

こっくりとした色合いが魅力のワインレッドのルージュ。フレッシュな印象にしたいときは、表面をグロッシーに仕上げ、みずみずしさを演出します。

ウェットヘアとも好相性♡

ジューシーなワインレッドの口元は、トレンドの濡れ髪スタイリングに絶妙フィット。ヘアもリップもウォータリーにして、乾燥しがちな冬でも“潤ってる感”をアピール!
出典:(@gamacut)

ジューシーなワインレッドの口元は、トレンドの濡れ髪スタイリングに絶妙フィット。ヘアもリップもウォータリーにして、乾燥しがちな冬でも“潤ってる感”をアピール!

肌のツヤを引き立てる品のある“うるりん”リップ

グロスを一部分だけに塗って、自然なしっとり感とぷっくり感をメイク。グロスではなく、リップクリームやリップバームでも代用できますよ!
出典:(@botan_hiramoto)

グロスを一部分だけに塗って、自然なしっとり感とぷっくり感をメイク。グロスではなく、リップクリームやリップバームでも代用できますよ!

ワインレッドでいつものメイクをセンシュアルに

いかがでしたか?まさに大人の女性に似合う、ワインレッドのルージュ。初心者の方は、薄づきのリップや、グロスタイプのティントなどから試してみるのがいいかも知れません。ぜひトライして、新しいメイクで、新しい自分を見つけてみましょう!
出典:(@kanayandesu)

いかがでしたか?まさに大人の女性に似合う、ワインレッドのルージュ。初心者の方は、薄づきのリップや、グロスタイプのティントなどから試してみるのがいいかも知れません。ぜひトライして、新しいメイクで、新しい自分を見つけてみましょう!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info