夏の皮脂や汗に負けない!”崩れないメイク”4つのポイント

夏の皮脂や汗に負けない!”崩れないメイク”4つのポイント

海やプール、バーベキューなど夏は楽しいイベントが盛りだくさん♪シーンに合わせて、ファッションやメイクを楽しみたいですよね。今年の夏は、暑い日ざしに負けない"崩れないメイク"で気持ちよく過ごしませんか?今回は、夏のメイクが崩れてしまう原因と、"崩れないメイク"の4つのポイントをご紹介します。いつものケアにプラスして、すっきり艶やかな肌を目指しましょう♪ 2017年07月30日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
スキンケア
美容
メイク
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
160

夏のメイク崩れに悩んでいませんか?

夏になると、汗や皮脂によってメイクが崩れてしまいがちですよね。今回は、メイクが崩れてしまう原因と、"崩れないメイク"の4つのポイントをご紹介。毎日のお手入れにプラスして、今年の夏は気持ちのいい肌で過ごしませんか。

出典:

夏になると、汗や皮脂によってメイクが崩れてしまいがちですよね。今回は、メイクが崩れてしまう原因と、"崩れないメイク"の4つのポイントをご紹介。毎日のお手入れにプラスして、今年の夏は気持ちのいい肌で過ごしませんか。

メイク崩れの大きな原因とは?

原因➀乾燥

メイク崩れの大きな原因のひとつは「乾燥」です。乾燥した肌の上からメイクすると、肌とメイクがしっかりと密着しないため崩れやすくなります。また、肌は水分が不足すると皮脂を分泌する性質があるため、それが原因でメイク崩れにつながることも。

出典:

メイク崩れの大きな原因のひとつは「乾燥」です。乾燥した肌の上からメイクすると、肌とメイクがしっかりと密着しないため崩れやすくなります。また、肌は水分が不足すると皮脂を分泌する性質があるため、それが原因でメイク崩れにつながることも。

原因➁皮脂

気温や湿度が高い夏は汗をかくことが多く、皮脂の分泌が活発になりがち。この汗や皮脂もメイク崩れの原因となります。肌から分泌される皮脂は、ファンデーションの油分と混ざりあってクレンジングのようにメイクを落としてしまうのです。

出典:

気温や湿度が高い夏は汗をかくことが多く、皮脂の分泌が活発になりがち。この汗や皮脂もメイク崩れの原因となります。肌から分泌される皮脂は、ファンデーションの油分と混ざりあってクレンジングのようにメイクを落としてしまうのです。

原因③汗

皮脂同様、ファンデーションは汗でも流れ落ちてしまいます。顔に汗をかく原因は、運動不足や顔面多汗症など。定期的に体を動かし身体の機能をととのえることで、汗かきが改善することも。

出典:

皮脂同様、ファンデーションは汗でも流れ落ちてしまいます。顔に汗をかく原因は、運動不足や顔面多汗症など。定期的に体を動かし身体の機能をととのえることで、汗かきが改善することも。

崩れにくいメイクのポイントって?

原因がわかったところで、さっそく"崩れないメイク"のポイントをご紹介します。4つのポイントを押さえることでメイク崩れを防ぐことができますよ。

出典: (@kotochoki)

原因がわかったところで、さっそく"崩れないメイク"のポイントをご紹介します。4つのポイントを押さえることでメイク崩れを防ぐことができますよ。

1.顔を冷やして顔汗改善

顔がほてっていると汗をかきやすくなるので、お風呂上がりや気温が高い日には、顔を冷水で冷やしてからスキンケアするのがおすすめです♪きちんと汗がひいてからスキンケアをしましょう。

出典:

顔がほてっていると汗をかきやすくなるので、お風呂上がりや気温が高い日には、顔を冷水で冷やしてからスキンケアするのがおすすめです♪きちんと汗がひいてからスキンケアをしましょう。

とくに暑い日や顔汗をかきやすい人は、氷や保冷剤で首元を冷やすのが効果的。ネッククーラーならファッション感覚で首元を冷やせるのでおすすめです♪

出典:

とくに暑い日や顔汗をかきやすい人は、氷や保冷剤で首元を冷やすのが効果的。ネッククーラーならファッション感覚で首元を冷やせるのでおすすめです♪

2.保湿をしっかりと!

メイク崩れの原因のひとつ「乾燥」を防止するために、メイク前のスキンケアはしっかりと行いましょう。とくに化粧水は、数回にわけて浸透させることがおすすめです。ハンドプレスすることでさらに浸透力をアップさせることができます。

出典:

メイク崩れの原因のひとつ「乾燥」を防止するために、メイク前のスキンケアはしっかりと行いましょう。とくに化粧水は、数回にわけて浸透させることがおすすめです。ハンドプレスすることでさらに浸透力をアップさせることができます。

コットンを使う場合はたっぷりと含ませて。そのままコットンパックにするのもおすすめです。

出典:

コットンを使う場合はたっぷりと含ませて。そのままコットンパックにするのもおすすめです。

また、化粧水、乳液、クリームはそれぞれ時間をおいてしっかりとなじませましょう。浸透させてから次のアイテムを使うことで、メイク崩れの原因にもなるヨレを防ぐことができますよ。

出典:

また、化粧水、乳液、クリームはそれぞれ時間をおいてしっかりとなじませましょう。浸透させてから次のアイテムを使うことで、メイク崩れの原因にもなるヨレを防ぐことができますよ。

保湿はしっかりと!油分が多すぎると感じたら軽くティッシュでオフしましょう。

出典:

保湿はしっかりと!油分が多すぎると感じたら軽くティッシュでオフしましょう。

3.真夏にはウォータープルーフタイプを

ファンデーションの密着度をあげるためにはメイク下地も大切。汗をかきやすい特に暑い日は、ウォータープルーフの下地でカバーすると安心です。

出典:

ファンデーションの密着度をあげるためにはメイク下地も大切。汗をかきやすい特に暑い日は、ウォータープルーフの下地でカバーすると安心です。

SPF値が高いウォータープルーフで気になるのは肌への負担ですよね。おすすめは、天然素材配合のUVアイテム。敏感肌の人でも安心して使えます。

出典:

SPF値が高いウォータープルーフで気になるのは肌への負担ですよね。おすすめは、天然素材配合のUVアイテム。敏感肌の人でも安心して使えます。

ウォータープルーフのUVアイテムは、海やプールに行くときにも必需品。夏にはぜひそろえておきたいアイテムです。

出典:

ウォータープルーフのUVアイテムは、海やプールに行くときにも必需品。夏にはぜひそろえておきたいアイテムです。

4.仕上げはパウダーでしっかり密着!

仕上げにフェイスパウダーでしっかりとファンデーションを密着させましょう。パフやブラシにたっぷりつけて、一度手のひらでなじませてから顔にのせると自然にしあがりますよ。

出典:

仕上げにフェイスパウダーでしっかりとファンデーションを密着させましょう。パフやブラシにたっぷりつけて、一度手のひらでなじませてから顔にのせると自然にしあがりますよ。

フェイスパウダーを使うことで、余分な皮脂を抑える効果も期待できます。透明感がプラスされるパール入りのタイプもおすすめ。

出典:

フェイスパウダーを使うことで、余分な皮脂を抑える効果も期待できます。透明感がプラスされるパール入りのタイプもおすすめ。

4つのポイントを押さえてメイク崩れを防止!

"崩れないメイク"の4つのポイントをご紹介しました。どれも、普段のスキンケアにプラスするお手軽なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

出典: (@kotochoki)

"崩れないメイク"の4つのポイントをご紹介しました。どれも、普段のスキンケアにプラスするお手軽なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

関連する情報

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info