「なりたい顔」はリップで叶える♪《色別》印象コントロール術

「なりたい顔」はリップで叶える♪《色別》印象コントロール術

リップの色が変われば、アイメイクやチークなど他のパーツが同じでも、雰囲気はがらりと変わります。例えば、赤ならトレンド感を出しつつ女性らしく、ピンクならピュアでフレッシュに、ベージュなら大人っぽく知的に、とリップカラーによって与えるイメージは様々。そんなリップカラーの色別の印象コントロール術についてご紹介します。自分のなりたいイメージに近づくために、リップカラーを活用してくださいね。 2017年07月29日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
リップ
メイク
ポイントメイク
ナチュラルメイク
口紅
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
391

顔の印象を決めるリップカラー

顔の印象をかなり左右するのがリップの色。他のパーツのメイクが同じでも、例えば赤のリップを選ぶかベージュのリップを選ぶかで雰囲気はがらりと変わります。
リップカラーの力を借りて、なりたい顔のイメージに近づけましょう。

出典:

顔の印象をかなり左右するのがリップの色。他のパーツのメイクが同じでも、例えば赤のリップを選ぶかベージュのリップを選ぶかで雰囲気はがらりと変わります。
リップカラーの力を借りて、なりたい顔のイメージに近づけましょう。

肌色別・似合う色の選び方

「赤」「ピンク」「ベージュ」などに分類されるリップカラーですが、一口に「赤のリップ」と言っても、真紅もあれば黄味がかった朱色のような赤もあります。

リップを選ぶ前提として、自分の肌色に合うのはどんな色味のものなのかをまずは把握しておきましょう。

出典:

「赤」「ピンク」「ベージュ」などに分類されるリップカラーですが、一口に「赤のリップ」と言っても、真紅もあれば黄味がかった朱色のような赤もあります。

リップを選ぶ前提として、自分の肌色に合うのはどんな色味のものなのかをまずは把握しておきましょう。

似合う色の判断するのに基準とされるのが「イエローベース」か「ブルーベース」のどちらか、ということ。

・日焼けすると赤くならずにすぐ黒くなる
・手首の内側の血管が緑がかっている
・ゴールド系のアクセサリーがしっくりくる
・オレンジやブラウンなど温かみのある服が似合う

このような特徴がある人は、イエローベースということになります。

出典: (@keijirokonishi)

似合う色の判断するのに基準とされるのが「イエローベース」か「ブルーベース」のどちらか、ということ。

・日焼けすると赤くならずにすぐ黒くなる
・手首の内側の血管が緑がかっている
・ゴールド系のアクセサリーがしっくりくる
・オレンジやブラウンなど温かみのある服が似合う

このような特徴がある人は、イエローベースということになります。

イエローベースさんに似合うリップは、黄味がかっていたり、温かみがあるカラー。
赤なら真紅ではなく朱色がかった色、ピンクならサーモンピンクやコーラルピンクなどが似合います。オレンジ色がかったベージュもおすすめです。

出典:

イエローベースさんに似合うリップは、黄味がかっていたり、温かみがあるカラー。
赤なら真紅ではなく朱色がかった色、ピンクならサーモンピンクやコーラルピンクなどが似合います。オレンジ色がかったベージュもおすすめです。

・日焼けすると、黒くならずに赤くなる
・手首の内側の血管が青または赤
・シルバーのアクセサリーがしっくりくる
・水色・グレーなど涼しげな色の服が似合う

このような特徴がある人は、ブルーベースです。

出典: (@yoshida_1121)

・日焼けすると、黒くならずに赤くなる
・手首の内側の血管が青または赤
・シルバーのアクセサリーがしっくりくる
・水色・グレーなど涼しげな色の服が似合う

このような特徴がある人は、ブルーベースです。

ブルーベースさんに似合うリップは青みがかった色。真紅やローズピンク・青みピンクの他、スモーキーなベージュがおすすめです。

出典:

ブルーベースさんに似合うリップは青みがかった色。真紅やローズピンク・青みピンクの他、スモーキーなベージュがおすすめです。

目指すイメージでリップの色を使い分け

唇の印象を強めてくれる赤のリップ。顔を明るい印象にしたり、肌の色を白く見せたりする効果があります。
トレンド感を出すならコレ!

出典: (@norimasasawa)

唇の印象を強めてくれる赤のリップ。顔を明るい印象にしたり、肌の色を白く見せたりする効果があります。
トレンド感を出すならコレ!

「真っ赤な仕上がりはちょっと勇気がいる」という人は透明感のある質感のリップがおすすめ。
ナチュラル感を残しつつ、今っぽい印象に。

出典: (@tominaga002)

「真っ赤な仕上がりはちょっと勇気がいる」という人は透明感のある質感のリップがおすすめ。
ナチュラル感を残しつつ、今っぽい印象に。

マットな質感の赤リップはセクシーでモードに、シアーな質感の赤リップはかわいらしい雰囲気にしてくれます。

ボーイッシュな印象のデニムのオーバーオールも、透明感ある赤リップでガーリーな雰囲気になりますね。

出典: (@kotochoki)

マットな質感の赤リップはセクシーでモードに、シアーな質感の赤リップはかわいらしい雰囲気にしてくれます。

ボーイッシュな印象のデニムのオーバーオールも、透明感ある赤リップでガーリーな雰囲気になりますね。

ピンク

キュートで女性らしい印象にしてくれるピンク。柔らかくピュアな雰囲気になります。

出典: (@kotochoki)

キュートで女性らしい印象にしてくれるピンク。柔らかくピュアな雰囲気になります。

淡いピンクはフレッシュでみずみずしい印象を与えるので、大人びた顔立ちの人でもどこか少女っぽい雰囲気に。

出典: (@kotochoki)

淡いピンクはフレッシュでみずみずしい印象を与えるので、大人びた顔立ちの人でもどこか少女っぽい雰囲気に。

ナチュラルでラフなヘアスタイルやファッションにかわいらしさをプラスしてくれるのがピンクリップです。

出典: (@yutalianca)

ナチュラルでラフなヘアスタイルやファッションにかわいらしさをプラスしてくれるのがピンクリップです。

ベージュ

ベージュは大人っぽくエレガントな仕上がりに。知的な印象も与えてくれますよ。ヌーディーな色味ならセクシーさもあります。

出典: (@tominaga002)

ベージュは大人っぽくエレガントな仕上がりに。知的な印象も与えてくれますよ。ヌーディーな色味ならセクシーさもあります。

ナチュラル感があるベージュはシンプルなスタイルにぴったり。肌色に近いものではなく、ピンクやオレンジがかった色味を選べば、血色が悪くなりません。

出典: (@kotochoki)

ナチュラル感があるベージュはシンプルなスタイルにぴったり。肌色に近いものではなく、ピンクやオレンジがかった色味を選べば、血色が悪くなりません。

ペイズリー柄のバンダナなど、インパクトの強いファッションアイテムを使うときには、色味を抑えたベージュでの引き算メイクもおすすめです。

出典: (@yutalianca)

ペイズリー柄のバンダナなど、インパクトの強いファッションアイテムを使うときには、色味を抑えたベージュでの引き算メイクもおすすめです。

オレンジがかったベージュは爽やかな印象に。軽さを出したい夏のメイクには◎

出典: (@sobuemotoshi)

オレンジがかったベージュは爽やかな印象に。軽さを出したい夏のメイクには◎

オレンジ

明るく健康的な印象にしてくれるオレンジ。特にイエローベースさんには相性がよい色です。
元気なイメージだけではなく、大人っぽさもあるのできちんと感を出すこともできます。

出典: (@kotochoki)

明るく健康的な印象にしてくれるオレンジ。特にイエローベースさんには相性がよい色です。
元気なイメージだけではなく、大人っぽさもあるのできちんと感を出すこともできます。

ベージュが加わった色味のオレンジなら、落ち着いた雰囲気に。
顔色をよく見せてくれるので、ヌーディーカラーの服がくすんだ印象になるのを避ける効果もあります。

出典: (@sobuemotoshi)

ベージュが加わった色味のオレンジなら、落ち着いた雰囲気に。
顔色をよく見せてくれるので、ヌーディーカラーの服がくすんだ印象になるのを避ける効果もあります。

下唇を中心にオレンジリップをオン♪
透明感たっぷりな、どこまでもキュートな表情に。

出典: (@ayami__takahashi)

下唇を中心にオレンジリップをオン♪
透明感たっぷりな、どこまでもキュートな表情に。

ブラウン

女性らしい仕上がりになるブラウン。赤よりもナチュラルに、でもベージュよりは華やかになります。オフィスでもおすすめのカラーです。

出典: (@yutalianca)

女性らしい仕上がりになるブラウン。赤よりもナチュラルに、でもベージュよりは華やかになります。オフィスでもおすすめのカラーです。

赤やピンクに比べると地味なイメージかもしれませんが、実は目鼻立ちをくっきりさせる効果も。ナチュラルメイクにしたいけど顔がぼやける、という人はお試しあれ。

出典: (@sobuemotoshi)

赤やピンクに比べると地味なイメージかもしれませんが、実は目鼻立ちをくっきりさせる効果も。ナチュラルメイクにしたいけど顔がぼやける、という人はお試しあれ。

リップカラーの力で理想のイメージに

リップカラーを変えれば、顔の印象は様々に変化します。
「大人っぽくしたい」「健康的に見せたい」「きちんと感ある雰囲気にしたい」などなりたいイメージに合わせてリップの色を選んでくださいね。

出典: (@yukie_horiuchi)

リップカラーを変えれば、顔の印象は様々に変化します。
「大人っぽくしたい」「健康的に見せたい」「きちんと感ある雰囲気にしたい」などなりたいイメージに合わせてリップの色を選んでくださいね。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info