マンネリ弁当から脱出!“色・味・栄養”の3拍子が揃った『華やかおかず』のヒント

マンネリ弁当から脱出!“色・味・栄養”の3拍子が揃った『華やかおかず』のヒント

お弁当作りを毎日続けていると、ついつい手早くできるおかずを繰り返し選んでしまい、なんだかいつも似たような見た目だな…なんて思うことはないでしょうか。そこで今回は、忙しい朝にも便利な作り置きや、メインになるおかず、隙間を埋めてくれるサブおかずなど、お弁当作りにすぐに役立つレシピをご紹介します。一品加えるだけで見映えがアップする“色・味・栄養”が揃った華やかおかずを、さっそく明日のお弁当にいかがですか? 2018年05月20日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
作り置き
お弁当
常備菜
おかず
隙間おかず
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
785
おしゃれなお弁当には憧れるけど、おかず作りにあまり手間は掛けられない、という方も大丈夫。見た目にも美味しそうで栄養バランスも取れたおかず選びには、押さえておくべきコツがあるのです。
まずは、なるべく心がけたい基本のポイントから見ておきましょう。

出典:

おしゃれなお弁当には憧れるけど、おかず作りにあまり手間は掛けられない、という方も大丈夫。見た目にも美味しそうで栄養バランスも取れたおかず選びには、押さえておくべきコツがあるのです。
まずは、なるべく心がけたい基本のポイントから見ておきましょう。

バランスの良いお弁当を作るコツ

主食・主菜・副菜の3つをそろえる

お弁当は、主食(ごはんなど)、主菜(お肉や魚などのメインのおかず)、副菜(野菜などのサブおかず)の3つを揃えることが基本です。全体の割合は、主食:主菜:副菜=3:1:2くらいが理想だそう。また、肉類や卵を使った炒飯や混ぜご飯などを主食にしたときは、主菜は控えて副菜を数品入れるだけでも良いでしょう。

出典:

お弁当は、主食(ごはんなど)、主菜(お肉や魚などのメインのおかず)、副菜(野菜などのサブおかず)の3つを揃えることが基本です。全体の割合は、主食:主菜:副菜=3:1:2くらいが理想だそう。また、肉類や卵を使った炒飯や混ぜご飯などを主食にしたときは、主菜は控えて副菜を数品入れるだけでも良いでしょう。

主菜よりも副菜を多めにする

主菜であるお肉やお魚のおかずは、だいたいご飯がすすむ濃いめの味付けが多くなりますよね。主菜1品に対し、少し薄目の味付けにした副菜を2~3品組み合わせると味のメリハリがつき、全体を美味しく食べ進めることができます。また煮物やサラダなどで色々な野菜をたっぷり取り入れると、栄養も見た目も自然とランクアップします。

出典:

主菜であるお肉やお魚のおかずは、だいたいご飯がすすむ濃いめの味付けが多くなりますよね。主菜1品に対し、少し薄目の味付けにした副菜を2~3品組み合わせると味のメリハリがつき、全体を美味しく食べ進めることができます。また煮物やサラダなどで色々な野菜をたっぷり取り入れると、栄養も見た目も自然とランクアップします。

「赤・緑・黄・白・茶」の5色を意識する

ひと目見て「美味しそう!」と言いたくなるこちらのお弁当、とってもカラフルですよね。見映えの良いお弁当に仕上げるためには、赤、緑、黄、白、茶の5色が入るよう意識すると良いと言われています。全部は無理でも、そのうちの4色が揃っていれば見た目も充分華やぎます。

出典:

ひと目見て「美味しそう!」と言いたくなるこちらのお弁当、とってもカラフルですよね。見映えの良いお弁当に仕上げるためには、赤、緑、黄、白、茶の5色が入るよう意識すると良いと言われています。全部は無理でも、そのうちの4色が揃っていれば見た目も充分華やぎます。

忙しい朝も作り置きで楽チン♪お助け常備菜

鶏もも肉のレモン焼き

作り置きのお惣菜があれば、忙しい朝のお弁当作りもあっという間。こちらはハチミツを使ったちょっと甘めの鶏もも焼きです。大葉の緑とレモンの黄色で見た目も鮮やかなうえ風味も良くなり、さっぱりした味わいに。冷蔵で2〜3日、冷凍で2〜3週間保存できます。

出典:

作り置きのお惣菜があれば、忙しい朝のお弁当作りもあっという間。こちらはハチミツを使ったちょっと甘めの鶏もも焼きです。大葉の緑とレモンの黄色で見た目も鮮やかなうえ風味も良くなり、さっぱりした味わいに。冷蔵で2〜3日、冷凍で2〜3週間保存できます。

豚と小松菜のごま生姜和え

お肉のおかずを入れる時は、やっぱり緑黄色野菜も組み合わせてバランスに気をつけたいですよね。このレシピなら、緑の副菜を別に作らなくても、豚肉と一緒に栄養たっぷりの小松菜を摂ることができます。小松菜は醤油洗いをして味をしっかりなじませるのがコツだそうですよ。

出典:

お肉のおかずを入れる時は、やっぱり緑黄色野菜も組み合わせてバランスに気をつけたいですよね。このレシピなら、緑の副菜を別に作らなくても、豚肉と一緒に栄養たっぷりの小松菜を摂ることができます。小松菜は醤油洗いをして味をしっかりなじませるのがコツだそうですよ。

オレンジキャロット・ラペ

人参の細切りをドレッシングで和えるキャロット・ラペに、オレンジ(レシピでは“せとか”を使用)を加えた爽やかな副菜です。レーズンの濃い甘みも良いアクセントになりそうですね。冷蔵で4日保存できるので、お弁当の彩りがちょっと淋しい時、華やかな色味がとても重宝します。

出典:

人参の細切りをドレッシングで和えるキャロット・ラペに、オレンジ(レシピでは“せとか”を使用)を加えた爽やかな副菜です。レーズンの濃い甘みも良いアクセントになりそうですね。冷蔵で4日保存できるので、お弁当の彩りがちょっと淋しい時、華やかな色味がとても重宝します。

かぼちゃとさつまいものデリ風サラダ

黄色のおかずといえば卵を使ったものが多いかと思いますが、さつまいもやかぼちゃもお弁当に明るい色を添えてくれます。こちらのサラダはマヨネーズを使わず、ヨーグルトで仕上げてあるのでヘルシー。ほんのり香るカレー粉もポイントです。

出典:

黄色のおかずといえば卵を使ったものが多いかと思いますが、さつまいもやかぼちゃもお弁当に明るい色を添えてくれます。こちらのサラダはマヨネーズを使わず、ヨーグルトで仕上げてあるのでヘルシー。ほんのり香るカレー粉もポイントです。

ブロッコリーとツナのめんつゆ煮

緑が鮮やかなブロッコリーも、お弁当には大活躍する野菜ですよね。ツナと一緒に麺つゆで煮て常備菜にしておけば、すぐに使える上に味も染み込んでさらに美味しくなります。

出典:

緑が鮮やかなブロッコリーも、お弁当には大活躍する野菜ですよね。ツナと一緒に麺つゆで煮て常備菜にしておけば、すぐに使える上に味も染み込んでさらに美味しくなります。

豆とわかめの和風マリネ

カラフルなミックスビーンズは、彩りも可愛くて隙間を埋める小さなおかずにぴったりです。こちらはマリネなので、さっぱりしていて箸休めにもいいですね。ただしお弁当に入れる時にはしっかりマリネ液を切って、ほかのおかずと酸味が混ざってしまわないよう気をつけましょう。

出典:

カラフルなミックスビーンズは、彩りも可愛くて隙間を埋める小さなおかずにぴったりです。こちらはマリネなので、さっぱりしていて箸休めにもいいですね。ただしお弁当に入れる時にはしっかりマリネ液を切って、ほかのおかずと酸味が混ざってしまわないよう気をつけましょう。

みんなが喜ぶメインのおかず

ご飯がすすむ肉田楽

男性や子どもたちにやっぱり人気なのは、お肉がしっかり味わえるボリュームおかず。牛肉を串に刺してこんなふうに詰めておくと、見映えも良くて食べやすいので一石二鳥です。甘辛い味噌味も食欲をそそりますね。

出典:

男性や子どもたちにやっぱり人気なのは、お肉がしっかり味わえるボリュームおかず。牛肉を串に刺してこんなふうに詰めておくと、見映えも良くて食べやすいので一石二鳥です。甘辛い味噌味も食欲をそそりますね。

ピーマンと牛肉の酢醤油炒め

お肉のおかずは茶色くて地味な色味になってしまいがちですが、鮮やかなパプリカと組み合わせると見た目もパッと華やぎます。もちろん緑色のピーマンを使っても綺麗です。お酢を使ったさっぱり炒めなので、夏のお弁当にもおすすめ。常備菜にもできますよ。

出典:

お肉のおかずは茶色くて地味な色味になってしまいがちですが、鮮やかなパプリカと組み合わせると見た目もパッと華やぎます。もちろん緑色のピーマンを使っても綺麗です。お酢を使ったさっぱり炒めなので、夏のお弁当にもおすすめ。常備菜にもできますよ。

タンドリーポーク弁当

ごはんの上におかずを乗せる『のっけ弁当』は、忙しい朝の味方。小さなおかずをたくさん作ったり、詰め方をあれこれ考えなくてもパパッと出来上がるのが嬉しいところです。こちらはスパイシーなカレー風味のタンドリーポーク弁当。たっぷり野菜も敷き詰めておけば、色味も食べ応えもバッチリです。

出典:

ごはんの上におかずを乗せる『のっけ弁当』は、忙しい朝の味方。小さなおかずをたくさん作ったり、詰め方をあれこれ考えなくてもパパッと出来上がるのが嬉しいところです。こちらはスパイシーなカレー風味のタンドリーポーク弁当。たっぷり野菜も敷き詰めておけば、色味も食べ応えもバッチリです。

レンジで簡単♪ささ身のたらマヨチーズロール

マヨネーズで和えたたらこをささみと大葉で包み、レンジでチンすれば出来上がる簡単おかずです。コクのあるたらこマヨで食べるささみは子どもたちもきっと好きな味ですし、お父さんにも喜ばれそう。手軽にできるのに、大葉の緑が映えてお弁当の彩りとしてもしっかり活躍してくれます。

出典:

マヨネーズで和えたたらこをささみと大葉で包み、レンジでチンすれば出来上がる簡単おかずです。コクのあるたらこマヨで食べるささみは子どもたちもきっと好きな味ですし、お父さんにも喜ばれそう。手軽にできるのに、大葉の緑が映えてお弁当の彩りとしてもしっかり活躍してくれます。

肉巻きしょうが焼き

お肉料理をカラフルに仕上げたいなら、やっぱり野菜を巻いた豚肉ロールは外せません。少しのお肉でたっぷりの野菜が摂れ、栄養価の面でもおすすめ。こちらは生姜のきいた甘じょっぱいタレでいただきます。冷めても美味しいので、時間がある時の作り置きメニューとしても重宝しますよ。

出典:

お肉料理をカラフルに仕上げたいなら、やっぱり野菜を巻いた豚肉ロールは外せません。少しのお肉でたっぷりの野菜が摂れ、栄養価の面でもおすすめ。こちらは生姜のきいた甘じょっぱいタレでいただきます。冷めても美味しいので、時間がある時の作り置きメニューとしても重宝しますよ。

鮭のからあげハニーマスタード和え

色が綺麗な鮭は、昔からお弁当のおかずとしてもお馴染みの食材です。こちらは塩鮭ではなく生鮭。カラッと揚げたものをちょっと甘めのマスタードソースで和えるおしゃれなおかずです。塩鮭にはもう飽きた…なんて方はぜひお試し下さい。

出典:

色が綺麗な鮭は、昔からお弁当のおかずとしてもお馴染みの食材です。こちらは塩鮭ではなく生鮭。カラッと揚げたものをちょっと甘めのマスタードソースで和えるおしゃれなおかずです。塩鮭にはもう飽きた…なんて方はぜひお試し下さい。

たらの味噌マヨチーズグリル

お魚は好きだけど、青魚をお弁当に入れると少しにおいが気になるという方には、白身魚がおすすめ。鱈を使ったこちらのレシピは、濃厚な味噌マヨチーズソースで満足感もあり、ご飯もしっかり進む味付けです。作り置きもできるそうなので、ちょっと豪華なこんなおかずを朝からサッと詰められるなんて本当に助かりますよね。

出典:

お魚は好きだけど、青魚をお弁当に入れると少しにおいが気になるという方には、白身魚がおすすめ。鱈を使ったこちらのレシピは、濃厚な味噌マヨチーズソースで満足感もあり、ご飯もしっかり進む味付けです。作り置きもできるそうなので、ちょっと豪華なこんなおかずを朝からサッと詰められるなんて本当に助かりますよね。

隙間を埋めてくれる小さなおかず

ミニトマトの肉まき

色も形も大きさも可愛いミニトマトは、お弁当には欠かせない彩りのひとつです。さらに豚の薄切り肉で巻いて焼くとトマトの甘みも増し、ボリュームアップもできて立派なおかずに。見た目も鮮やかなので、子どもたちのお弁当にも入れてあげても喜ばれます。

出典:

色も形も大きさも可愛いミニトマトは、お弁当には欠かせない彩りのひとつです。さらに豚の薄切り肉で巻いて焼くとトマトの甘みも増し、ボリュームアップもできて立派なおかずに。見た目も鮮やかなので、子どもたちのお弁当にも入れてあげても喜ばれます。

プチトマトのカクテルサラダ

ミニトマトのおかずをもうひとつ。半分に切って中身をくり抜けば、こんなにキュートなカップになります。卵の黄色とトマトの赤、パセリの緑の組み合わせは、それだけでお弁当の彩りを明るくしてくれますね。

出典:

ミニトマトのおかずをもうひとつ。半分に切って中身をくり抜けば、こんなにキュートなカップになります。卵の黄色とトマトの赤、パセリの緑の組み合わせは、それだけでお弁当の彩りを明るくしてくれますね。

豆苗のねぎ塩ナムル

栄養たっぷりの豆苗とカニかまの旨味を合わせたこちらの副菜は、色合いも綺麗で作るのも簡単。豆苗はレンジにかけてしっかり水気を絞っておくのがコツです。作りたてより少し馴染んでからの方が美味しいそうなので、まさにお弁当にぴったり。

出典:

栄養たっぷりの豆苗とカニかまの旨味を合わせたこちらの副菜は、色合いも綺麗で作るのも簡単。豆苗はレンジにかけてしっかり水気を絞っておくのがコツです。作りたてより少し馴染んでからの方が美味しいそうなので、まさにお弁当にぴったり。

紫キャベツのさっぱりコールスロー

お弁当の片隅に入っていると、なんだかグッとおしゃれな雰囲気を添えてくれる紫色。中でも紫キャベツのマリネやコールスローはさっぱりしていて人気の副菜です。お好みでコーンやナッツを加えても美味しいですよ♪

出典:

お弁当の片隅に入っていると、なんだかグッとおしゃれな雰囲気を添えてくれる紫色。中でも紫キャベツのマリネやコールスローはさっぱりしていて人気の副菜です。お好みでコーンやナッツを加えても美味しいですよ♪

蓮根のガレット

蓮根を使ったおかずはいろいろありますが、独特の形をこんなふうにいかしてみるのも素敵です。蓮根をおろしたものと刻んだものに粉チーズを混ぜ、スライスしたものをトッピングして香ばしく焼き上げます。お弁当にはもちろん、お酒のおつまみとしても活躍しそうな一品です。

出典:

蓮根を使ったおかずはいろいろありますが、独特の形をこんなふうにいかしてみるのも素敵です。蓮根をおろしたものと刻んだものに粉チーズを混ぜ、スライスしたものをトッピングして香ばしく焼き上げます。お弁当にはもちろん、お酒のおつまみとしても活躍しそうな一品です。

カニかまチーズの海苔巻き

カニかまとスティックチーズを一緒に海苔で巻くとお花になるなんて、アイデアがすごいですよね…。これが入っているだけで、ちょっと手の込んだお弁当という印象になります。女の子のお弁当に入れてあげるときっと喜んでくれるはず。

出典:

カニかまとスティックチーズを一緒に海苔で巻くとお花になるなんて、アイデアがすごいですよね…。これが入っているだけで、ちょっと手の込んだお弁当という印象になります。女の子のお弁当に入れてあげるときっと喜んでくれるはず。

お野菜たっぷり!キッシュ風なカラフル卵焼き

お弁当の定番・卵焼きも、野菜やウィンナーを入れてキッシュ風に焼くと、栄養もしっかり摂れて彩りも良い贅沢な一品になります。ケチャップの赤をトッピングするとさらにカラフル。パプリカやトマトの赤を混ぜ込んで焼いても綺麗です。

出典:

お弁当の定番・卵焼きも、野菜やウィンナーを入れてキッシュ風に焼くと、栄養もしっかり摂れて彩りも良い贅沢な一品になります。ケチャップの赤をトッピングするとさらにカラフル。パプリカやトマトの赤を混ぜ込んで焼いても綺麗です。

しっかり味のごはんがあれば、少しのおかずで大丈夫!

とうもろこしご飯

鮮やかな黄色が元気をくれそうなとうもろこしご飯。とうもろこしの旬を迎えたら、1本丸ごと使って作ってみましょう。ご飯を炊く時には芯も一緒に入れておくと甘みと風味が増すそうです。家族みんなが喜んでくれる、夏にぴったりのお弁当になりそうですね。

出典:

鮮やかな黄色が元気をくれそうなとうもろこしご飯。とうもろこしの旬を迎えたら、1本丸ごと使って作ってみましょう。ご飯を炊く時には芯も一緒に入れておくと甘みと風味が増すそうです。家族みんなが喜んでくれる、夏にぴったりのお弁当になりそうですね。

キャロットピラフ

チャーハンや混ぜご飯はいろいろ手間もかかりますが、ピラフなら材料とお米を炊飯器に入れてスイッチを押すだけ。こちらの人参を使ったピラフは手軽に出来て彩りもよく、栄養も摂れます。野菜が苦手なお子さんのお弁当にもおすすめですよ。

出典:

チャーハンや混ぜご飯はいろいろ手間もかかりますが、ピラフなら材料とお米を炊飯器に入れてスイッチを押すだけ。こちらの人参を使ったピラフは手軽に出来て彩りもよく、栄養も摂れます。野菜が苦手なお子さんのお弁当にもおすすめですよ。

梅&大葉のオイルおにぎり

梅のピンク色を混ぜたおむすびは見た目にも可愛らしく、味わいもさっぱりしているのでお弁当にも人気ですよね。こちらは大葉も混ぜてさらに風味と彩りをプラス。白ごま油を混ぜることで食感がもっちりして、冷めても美味しくいただけます。

出典:

梅のピンク色を混ぜたおむすびは見た目にも可愛らしく、味わいもさっぱりしているのでお弁当にも人気ですよね。こちらは大葉も混ぜてさらに風味と彩りをプラス。白ごま油を混ぜることで食感がもっちりして、冷めても美味しくいただけます。

ささっとできる肉巻きおにぎり

子どもたちや男性にも人気の肉巻きおにぎりを、豚バラ薄切り肉で手軽に作るレシピです。バラ肉はどうしても油が多めですので、大葉と組み合わせてさっぱりと。お肉も少しの量で良く、彩りもアップするおすすめの組み合わせです。

出典:

子どもたちや男性にも人気の肉巻きおにぎりを、豚バラ薄切り肉で手軽に作るレシピです。バラ肉はどうしても油が多めですので、大葉と組み合わせてさっぱりと。お肉も少しの量で良く、彩りもアップするおすすめの組み合わせです。

豆ごはん

旬を楽しむ綺麗な色の炊き込みごはんといえば、やっぱり豆ごはんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。緑の副菜がちょっと足りないお弁当でも、鮮やかなグリーンが散りばめられた豆ごはんがあれば彩りもOK。ほどよい塩気とお豆の香りをしみじみ楽しめるおむすび、美味しそうですね。

出典:

旬を楽しむ綺麗な色の炊き込みごはんといえば、やっぱり豆ごはんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。緑の副菜がちょっと足りないお弁当でも、鮮やかなグリーンが散りばめられた豆ごはんがあれば彩りもOK。ほどよい塩気とお豆の香りをしみじみ楽しめるおむすび、美味しそうですね。

今日も美味しいお弁当を召し上がれ♪

毎日のお弁当は、お昼の大切な楽しみです。すべてのおかずにあれこれ凝るのは大変ですが、お馴染みのおうちの味に一品だけでも華やかおかずが加わると、なんだかそれだけでいつものお弁当がランクアップして見えるはず。
今回ご紹介したレシピから、ぜひ新しい定番おかずを見つけてみて下さいね。

出典:

毎日のお弁当は、お昼の大切な楽しみです。すべてのおかずにあれこれ凝るのは大変ですが、お馴染みのおうちの味に一品だけでも華やかおかずが加わると、なんだかそれだけでいつものお弁当がランクアップして見えるはず。
今回ご紹介したレシピから、ぜひ新しい定番おかずを見つけてみて下さいね。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info