我が家のお味噌汁が一番おいしい。《お味噌汁の基本》を見直してみませんか

我が家のお味噌汁が一番おいしい。《お味噌汁の基本》を見直してみませんか

お野菜がたっぷりと入ったお味噌汁はじんわりと体を温めてくれます。顆粒だしやだし入り味噌を使うのはお手軽ですが、ほんの少しの手間をかけてきちんとだしを引くだけで、お味噌汁の味は格段にアップします。習慣にしてしまえば、だしを引くのはそれほど手間ではありません。美味しいお味噌汁の基本をもう一度、おさらいしてみませんか? 2017年11月21日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
和食
出汁
味噌汁
基本
旬の食材
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
867

お味噌汁のある毎日

日本人らしい暮らしぶりといえば、やはり和食。栄養バランスが良く、体を温め、活性化してくれる和食は、朝ご飯だけではなく、お昼ご飯や夜ご飯にももっともっと登場してほしいお食事です。

出典:

日本人らしい暮らしぶりといえば、やはり和食。栄養バランスが良く、体を温め、活性化してくれる和食は、朝ご飯だけではなく、お昼ご飯や夜ご飯にももっともっと登場してほしいお食事です。

白いごはんとお味噌汁はいつの時代も日本人の心と体を癒してくれる大切なメニューです。美味しいごはんとお味噌汁が作れるようになれば、質の高いごはん時間を過ごすことができるようになります。

出典:

白いごはんとお味噌汁はいつの時代も日本人の心と体を癒してくれる大切なメニューです。美味しいごはんとお味噌汁が作れるようになれば、質の高いごはん時間を過ごすことができるようになります。

お味噌汁は具沢山にすることで、それだけでも栄養価の高いひと品にすることができる万能の汁物です。基本を押さえて、さまざまなアレンジにチャレンジしてみましょう。

出典:

お味噌汁は具沢山にすることで、それだけでも栄養価の高いひと品にすることができる万能の汁物です。基本を押さえて、さまざまなアレンジにチャレンジしてみましょう。

基本のだしの取り方

かつおと昆布の合わせだし

まず覚えておきたいのは、もっともベーシックなかつおと昆布の合わせだしです。かつおと昆布を合わせて使うことで、しっかりと旨みの効いただしになります。火にかける30分ほど前から昆布は水につけておきます。火をつけたら、10分ほどかけて温め、沸騰直前に昆布を取り出します。

出典:

まず覚えておきたいのは、もっともベーシックなかつおと昆布の合わせだしです。かつおと昆布を合わせて使うことで、しっかりと旨みの効いただしになります。火にかける30分ほど前から昆布は水につけておきます。火をつけたら、10分ほどかけて温め、沸騰直前に昆布を取り出します。

昆布を取り出した後に、いったん沸騰させ、火を止めてから鰹節をいれます。3、4分ほどで鰹節を濾します。お料理によって、もう少し早めに引き上げるなど微調整してあげると繊細なお味を作り上げることができます。

出典:

昆布を取り出した後に、いったん沸騰させ、火を止めてから鰹節をいれます。3、4分ほどで鰹節を濾します。お料理によって、もう少し早めに引き上げるなど微調整してあげると繊細なお味を作り上げることができます。

詳しい基本のだしの取り方はこちら

煮干しのだし

美味しい煮干しのだしを取るには、美味しい煮干しをチョイスすることが大切です。煮干しのだしも昆布を合わせることで、深みのあるだしが出来上がります。水出し、煮出しでも味わいが変わるので、好みの味を追求してみるのも楽しいですね。

出典:

美味しい煮干しのだしを取るには、美味しい煮干しをチョイスすることが大切です。煮干しのだしも昆布を合わせることで、深みのあるだしが出来上がります。水出し、煮出しでも味わいが変わるので、好みの味を追求してみるのも楽しいですね。

水出しの取り方

保存容器に煮干しや昆布、鰹節などお好みの素材と水を入れて、一晩おくだけでも美味しいだしを取ることができます。味噌汁だけではなく、さまざまなお料理に使うことができるので、夜ご飯の支度のついでに用意しておくと重宝します。

出典:

保存容器に煮干しや昆布、鰹節などお好みの素材と水を入れて、一晩おくだけでも美味しいだしを取ることができます。味噌汁だけではなく、さまざまなお料理に使うことができるので、夜ご飯の支度のついでに用意しておくと重宝します。

だしを取ったあとの昆布も活用

昆布のだしがらも美味しく最後までいただきましょう。だしがらと椎茸を使って、佃煮にすることができます。ある程度の量をまとめて調理する方が美味しいので、だしがらが出たら、まずは冷凍しておくとよいそうですよ。

出典:

昆布のだしがらも美味しく最後までいただきましょう。だしがらと椎茸を使って、佃煮にすることができます。ある程度の量をまとめて調理する方が美味しいので、だしがらが出たら、まずは冷凍しておくとよいそうですよ。

丁寧に出汁をとる時間も大切だよ。出汁が決め手!の和食基本レシピ帖

和食の基本、「出汁」。みなさん、出汁のとり方ってどうしていますか?普段は、顆粒出汁を使っているという方も多いかもしれませんね。忙しい日常の中で便利なモノに頼ってしまうことは多々あることですし、別に悪いことでもありません。でも、ふと入った和食料理屋さんのお料理の美味しさに驚くことはあるはず…。和食の基本は出汁。今回は、面倒でもやっぱり出汁が違うと、格別に美味しくなる出汁が決め手!の基本和食レシピをご紹介します。

お出汁がとれたら、お味噌汁以外にも活用できますよ。だし巻き卵やおでんの作り方など、お出汁の利いた和食レシピをたくさんご紹介しています

お味噌汁に入れる具材はなにを選ぶ?

お味噌汁の具材は旬の季節のお野菜をチョイスするのが一番です。一種類のお野菜だけでももちろん美味しいですが、いくつか具材を組み合わせるとより深みのあるお味に仕上げることができます。一年中使えるお豆腐や油揚げにプラスしていくといいですね。

出典:

お味噌汁の具材は旬の季節のお野菜をチョイスするのが一番です。一種類のお野菜だけでももちろん美味しいですが、いくつか具材を組み合わせるとより深みのあるお味に仕上げることができます。一年中使えるお豆腐や油揚げにプラスしていくといいですね。

旬の具材を使うことで、四季折々、季節感をだすことができるようになります。春にはアスパラガスや菜の花、夏には茄子やミョウガ、秋にはきのこやぎんなん、芋類、冬には大根や白菜など、組み合わせは無限大です。

出典:

旬の具材を使うことで、四季折々、季節感をだすことができるようになります。春にはアスパラガスや菜の花、夏には茄子やミョウガ、秋にはきのこやぎんなん、芋類、冬には大根や白菜など、組み合わせは無限大です。

具材の組み合わせとして昔からいわれているのは、浮くものと沈むものの組み合わせです。浮くものとしてはワカメやネギ、三つ葉などがありますね。グリーンが入ると見た目にも美しくなるので、何種類か合わせるときには浮くものをプラスしてみるといいですね。

出典:

具材の組み合わせとして昔からいわれているのは、浮くものと沈むものの組み合わせです。浮くものとしてはワカメやネギ、三つ葉などがありますね。グリーンが入ると見た目にも美しくなるので、何種類か合わせるときには浮くものをプラスしてみるといいですね。

貝や豚肉などたんぱく質をプラスすると食べごたえもあり、栄養価もアップします。おにぎりと具沢山お味噌汁だけでも満足感の高いお食事にすることができます。

出典:

貝や豚肉などたんぱく質をプラスすると食べごたえもあり、栄養価もアップします。おにぎりと具沢山お味噌汁だけでも満足感の高いお食事にすることができます。

基本の味噌の選び方は?

味噌は白味噌、赤味噌のほか、米味噌、豆味噌、麦味噌などさまざまな種類があります。味噌屋さんでは量り売りでも購入することができるので、お好みの味の味噌を二種類ほど合わせて使うと、オリジナリティの高いお味噌汁を作ることができます。季節によって、味わいを変えていくのも面白いですね。

出典:

味噌は白味噌、赤味噌のほか、米味噌、豆味噌、麦味噌などさまざまな種類があります。味噌屋さんでは量り売りでも購入することができるので、お好みの味の味噌を二種類ほど合わせて使うと、オリジナリティの高いお味噌汁を作ることができます。季節によって、味わいを変えていくのも面白いですね。

我が家だけの味! 美味しい「手作り味噌」の作り方♪

日本の食卓には欠かせないお味噌。朝晩の味噌汁など、毎日使う方も多いのでは?そんなお味噌を最近では手作りする人も増えてるんです!自家製のお味噌は塩分量を調節できたり自分の好みで作ることができます。また環境で味が変わるのでご家庭ごとに味が違うのも魅力です。そんな我家だけのお味噌を作ってみませんか?今回はそんな手作り味噌の作り方と注意点などをまとめてみました。

お味噌も手作りしちゃいましょう!おうちでできる本格的&簡単「手作り味噌」のご紹介です

美味しい味噌汁レシピを見ていきましょう

春のお味噌汁

菜の花のみそ汁
菜の花とタケノコを具材にした春の訪れを告げるお味噌汁です。歯ごたえもあって、満足感の高いお味噌汁ですね。

出典:

菜の花とタケノコを具材にした春の訪れを告げるお味噌汁です。歯ごたえもあって、満足感の高いお味噌汁ですね。

キャベツとスナップエンドウのみそ汁
スナップエンドウは真ん中で開いて、可愛らしい実が並んでいるところが見えるようにすると見栄えがよくなります。さやの部分と実の部分の食感の違いも楽しめます。

出典:

スナップエンドウは真ん中で開いて、可愛らしい実が並んでいるところが見えるようにすると見栄えがよくなります。さやの部分と実の部分の食感の違いも楽しめます。

新ジャガとニラのみそ汁
香りのいいニラをたっぷりと使って滋味あふれるお味噌汁が出来上がりました。ニラと同じように新じゃがを細長くカットすると美しく仕上がります。

出典:

香りのいいニラをたっぷりと使って滋味あふれるお味噌汁が出来上がりました。ニラと同じように新じゃがを細長くカットすると美しく仕上がります。

夏のお味噌汁

茄子と油揚げのお味噌汁
茄子が油揚げの旨みを吸って、じんわりとした美味しさが広がるお味噌汁です。刻みネギを散らして、香りと食感をアップしました。

出典:

茄子が油揚げの旨みを吸って、じんわりとした美味しさが広がるお味噌汁です。刻みネギを散らして、香りと食感をアップしました。

炒め野菜の味噌汁
お野菜は炒めると嵩が減って、たっぷり食べられるようになります。油で炒めるのでコクも増します。お豆腐も入ってたんぱく質もしっかり摂れますね。

出典:

お野菜は炒めると嵩が減って、たっぷり食べられるようになります。油で炒めるのでコクも増します。お豆腐も入ってたんぱく質もしっかり摂れますね。

鰯(いわし)のつみれの味噌汁
鰯のつみれにはショウガをたっぷり入れて、風味よく食べやすくしています。刻みネギの相性も抜群で、お代わりしたくなってしまう美味しさです。

出典:

鰯のつみれにはショウガをたっぷり入れて、風味よく食べやすくしています。刻みネギの相性も抜群で、お代わりしたくなってしまう美味しさです。

秋のお味噌汁

柚子こしょう仕立て♪さつま芋ときのこの味噌汁
大きめにカットしたさつまいもがほくほくとして、食べごたえもあるお味噌汁になりました。きのこはお好みのものを何種類か合わせると深みが増します。

出典:

大きめにカットしたさつまいもがほくほくとして、食べごたえもあるお味噌汁になりました。きのこはお好みのものを何種類か合わせると深みが増します。

里芋のみそ汁
里いものやわらかくねっとりとした食感がたまらないお味噌汁です。刻みネギは煮立つ直前に入れるようにすると、色合いもくすまず、香りよく仕上がります。

出典:

里いものやわらかくねっとりとした食感がたまらないお味噌汁です。刻みネギは煮立つ直前に入れるようにすると、色合いもくすまず、香りよく仕上がります。

しょうが香る具ざくさんお味噌汁
たっぷりのお野菜にショウガをプラスすると体も温まり、美味しさもアップします。お野菜の大きさを揃えるようにしてカットすると、見た目が美しくなりますね。

出典:

たっぷりのお野菜にショウガをプラスすると体も温まり、美味しさもアップします。お野菜の大きさを揃えるようにしてカットすると、見た目が美しくなりますね。

冬のお味噌汁

大根の味噌汁
大根と油揚げという冬の定番お味噌汁ですが、トップに柚子の千切りを飾ることで上品なひと品に仕上がりました。おもてなしにも使えるお味噌汁ですね。

出典:

大根と油揚げという冬の定番お味噌汁ですが、トップに柚子の千切りを飾ることで上品なひと品に仕上がりました。おもてなしにも使えるお味噌汁ですね。

高野豆腐と白菜の味噌汁
高野豆腐は薄くカットすることで、お味噌汁の具にもなるんですね。白菜をお味噌汁に入れるときは、繊維が豊富な外側の葉っぱをチョイスすると食べごたえも出て、美味しくなります。

出典:

高野豆腐は薄くカットすることで、お味噌汁の具にもなるんですね。白菜をお味噌汁に入れるときは、繊維が豊富な外側の葉っぱをチョイスすると食べごたえも出て、美味しくなります。

ちょっと変わった具材のお味噌汁

にんじんとセロリとひよこ豆のお味噌汁
人参は半月にカットして、丸いセロリとひよこ豆との対比をつけるとキュートな雰囲気のお味噌汁に仕上がります。ほくほくとしたお豆のお味噌汁はクセになりますよ。

出典:

人参は半月にカットして、丸いセロリとひよこ豆との対比をつけるとキュートな雰囲気のお味噌汁に仕上がります。ほくほくとしたお豆のお味噌汁はクセになりますよ。

切干し大根のみそ汁
食物繊維がたっぷりと摂れる切り干し大根のお味噌汁。買い置き素材で作れるお味噌汁は覚えておくといいですね。

出典:

食物繊維がたっぷりと摂れる切り干し大根のお味噌汁。買い置き素材で作れるお味噌汁は覚えておくといいですね。

水菜とベーコンの洋風おみそ汁
水菜とベーコンの洋風お味噌汁はお味噌にオリーブオイルをプラスするというちょっぴり意外な組み合わせですが、一度食べてみると具材をアレンジして何度でも食べたくなってしまうお味なんですよ。コクのあるお味噌汁が欲しいときにおすすめです。

出典:

水菜とベーコンの洋風お味噌汁はお味噌にオリーブオイルをプラスするというちょっぴり意外な組み合わせですが、一度食べてみると具材をアレンジして何度でも食べたくなってしまうお味なんですよ。コクのあるお味噌汁が欲しいときにおすすめです。

にんにく風味の洋風みそ汁
仕上げに黒コショウを挽いて、スープのようにいただける洋風味噌汁。クレソンとマッシュルームという洋風のお野菜もお味噌によく合うということがよくわかります。

出典:

仕上げに黒コショウを挽いて、スープのようにいただける洋風味噌汁。クレソンとマッシュルームという洋風のお野菜もお味噌によく合うということがよくわかります。

新しい発想で脱・マンネリ。今日も明日も困らない「お味噌汁手帖」保存版

おウチで作るお味噌汁の具の組み合わせは、たいてい決まっているというご家庭は多いのではないでしょうか?定番の味は間違いないおいしさだけど、たまには違う味も試してみたい。今回はそんな方へおすすめしたいお味噌汁のレシピをご紹介します。お味噌汁の新しい組み合わせを発見してみませんか?

お魚、野菜、ヘルシー食材、洋食にもあうお味噌汁など、アレンジお味噌汁のレシピがいっぱいのこちらもどうぞ

美味しい味噌汁で満足度の高いごはんの時間を

ごはんとお味噌汁のある食卓につくと、なんだかほっとします。お味噌汁は基本を押さえておけば、あとは自由な発想でいろいろな組み合わせにチャレンジできるお料理です。旬のお野菜を活用しつつ、ほっこり温まることができるお味噌汁を作ってみてくださいね♪

出典: (@chisato3pei)

ごはんとお味噌汁のある食卓につくと、なんだかほっとします。お味噌汁は基本を押さえておけば、あとは自由な発想でいろいろな組み合わせにチャレンジできるお料理です。旬のお野菜を活用しつつ、ほっこり温まることができるお味噌汁を作ってみてくださいね♪

素敵な画像のご協力をいただいたレシピです
Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info