自分らしい素敵なキッチンを。「使いやすさ」のポイントはこの3つ

自分らしい素敵なキッチンを。「使いやすさ」のポイントはこの3つ

キッチンはおしゃれなだけでなく使いやすさが大切なポイント。使いやすいキッチンは、家事をスムーズにしてくれるだけでなく、家族のコミュニケーションにも一役買ってくれますよ。今回は、キッチンの模様替えにも役立つ、使いやすさのポイントを3つご紹介します。ぜひあなたも自分らしい素敵なキッチンづくりにお役立てくださいね。 2019年04月20日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
部屋
キッチン
インテリアコーディネート
収納術
キッチン収納
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
380

あなたにとって使いやすいキッチンって?

あなたにとって、使いやすいキッチンとはどんなものでしょうか。キッチンは、ライフスタイルによって求めるものや使いやすさのポイントが変わるもの。ぜひあなたの理想に照らし合わせながら、使いやすいキッチンのポイントをご覧ください。
出典:

あなたにとって、使いやすいキッチンとはどんなものでしょうか。キッチンは、ライフスタイルによって求めるものや使いやすさのポイントが変わるもの。ぜひあなたの理想に照らし合わせながら、使いやすいキッチンのポイントをご覧ください。

こんなキッチンはちょっと使いにくいかも

かつては、キッチンの定型的なタイプが「独立型」でした。キッチンが個室としてつくられていたため、生活感が出やすい場所を隠せるのがメリット。しかし、壁やドアが邪魔になってスムーズに配膳できなかったり、閉鎖感や圧迫感があったりとデメリットも多く、最近ではキッチンからリビングなどを眺められる「オープンキッチン」が人気のタイプとなっています。
出典:

かつては、キッチンの定型的なタイプが「独立型」でした。キッチンが個室としてつくられていたため、生活感が出やすい場所を隠せるのがメリット。しかし、壁やドアが邪魔になってスムーズに配膳できなかったり、閉鎖感や圧迫感があったりとデメリットも多く、最近ではキッチンからリビングなどを眺められる「オープンキッチン」が人気のタイプとなっています。

使いやすいキッチンのポイントは?

ポイント1:スムーズな家事動線に

使いやすさをポイントにしたキッチンは家事動線を意識することが大切。例えばこちらのお宅のように、キッチンとダイニングを繋げるアイデアも人気。キッチンで調理した料理を、熱々の状態で運べるのもメリットです。料理を作る人と家族の距離が近いため、作りながらわいわい楽しく食卓を囲めそうですね。
出典:

使いやすさをポイントにしたキッチンは家事動線を意識することが大切。例えばこちらのお宅のように、キッチンとダイニングを繋げるアイデアも人気。キッチンで調理した料理を、熱々の状態で運べるのもメリットです。料理を作る人と家族の距離が近いため、作りながらわいわい楽しく食卓を囲めそうですね。

料理しやすいことはもちろん、家族に手伝ってもらいやすいことも使いやすさの鍵に。こちらのお宅のように、キッチンとダイニングテーブルが並列したレイアウトもおすすめ。開放的なだけでなく、家事動線もスムーズですね。
出典:

料理しやすいことはもちろん、家族に手伝ってもらいやすいことも使いやすさの鍵に。こちらのお宅のように、キッチンとダイニングテーブルが並列したレイアウトもおすすめ。開放的なだけでなく、家事動線もスムーズですね。

キッチンでの作業がスムーズにできる工夫も注目したいところ。こちらのお宅では、食洗機で洗った食器をすぐに食器棚へとしまえるよう、高さを揃え対面させています。
出典:

キッチンでの作業がスムーズにできる工夫も注目したいところ。こちらのお宅では、食洗機で洗った食器をすぐに食器棚へとしまえるよう、高さを揃え対面させています。

ポイント2:収納は使いやすさの鍵

大容量の収納があれば、すっきりとした美しいキッチンが保てます。そこで取り入れたいのが「パントリー」。パントリーとは、食材や食器などをたっぷり収納できるスペースのこと。食材ストックだけでなく、かさばる調理器具などもまとめておくことができますよ。
出典:

大容量の収納があれば、すっきりとした美しいキッチンが保てます。そこで取り入れたいのが「パントリー」。パントリーとは、食材や食器などをたっぷり収納できるスペースのこと。食材ストックだけでなく、かさばる調理器具などもまとめておくことができますよ。

限られたスペースでも、収納場所を確保することはできます。こちらのお宅では、床から壁まで見せる収納に。引き出しケースや有孔ボードなどを取り入れ、もともとある収納だけでなくカスタマイズ。自分が使いやすい高さ、位置を探しながら収納をつくっていくのも楽しいですね。
出典:

限られたスペースでも、収納場所を確保することはできます。こちらのお宅では、床から壁まで見せる収納に。引き出しケースや有孔ボードなどを取り入れ、もともとある収納だけでなくカスタマイズ。自分が使いやすい高さ、位置を探しながら収納をつくっていくのも楽しいですね。

調理に関係するものを収納する場合は、自分の動きに合わせてモノを配置するのがおすすめ。背の高さや動きのくせは人それぞれ。家事動線を意識しながら収納を使いこなしましょう。
出典:

調理に関係するものを収納する場合は、自分の動きに合わせてモノを配置するのがおすすめ。背の高さや動きのくせは人それぞれ。家事動線を意識しながら収納を使いこなしましょう。

こちらのお宅で取り入れているのはハンギング収納。「吊るす」収納のことで、スペースが限られたキッチンにぴったりの収納方法です。お気に入りの調理器具などがインテリアとして生かされるだけでなく、モノが出し入れしやすいため、家事効率アップにもつながります。
出典:

こちらのお宅で取り入れているのはハンギング収納。「吊るす」収納のことで、スペースが限られたキッチンにぴったりの収納方法です。お気に入りの調理器具などがインテリアとして生かされるだけでなく、モノが出し入れしやすいため、家事効率アップにもつながります。

ポイント3:お手入れのしやすさにも注目

キッチンで気になるのが、調理中に付いた汚れ。特に、ワークトップやシンク周りは、飛び散った油や食材などが落ちにくく汚れの原因になります。
出典:

キッチンで気になるのが、調理中に付いた汚れ。特に、ワークトップやシンク周りは、飛び散った油や食材などが落ちにくく汚れの原因になります。

そこで、意識したいのが掃除のしやすさ。ワークトップやシンク内は、汚れの落としやすいステンレス製がおすすめです。
出典:

そこで、意識したいのが掃除のしやすさ。ワークトップやシンク内は、汚れの落としやすいステンレス製がおすすめです。

衛生的に使うことをポイントにするなら、ワークトップとシンクが一体化したタイプが最適です。汚れても拭き取りやすく、掃除しやすいためこまめなお手入れも楽しくなりそう。
出典:

衛生的に使うことをポイントにするなら、ワークトップとシンクが一体化したタイプが最適です。汚れても拭き取りやすく、掃除しやすいためこまめなお手入れも楽しくなりそう。

調理器具や家電など、ものが増えてしまいがちなキッチン。掃除のしやすさや見た目の美しさを保つなら、シンク周りやワークトップは必要最低限のものだけを置くようにしましょう。こちらのお宅のように、食材ストックなどはハンギング収納にするのも素敵。見た目も可愛く、調理しやすさもアップします。
出典:

調理器具や家電など、ものが増えてしまいがちなキッチン。掃除のしやすさや見た目の美しさを保つなら、シンク周りやワークトップは必要最低限のものだけを置くようにしましょう。こちらのお宅のように、食材ストックなどはハンギング収納にするのも素敵。見た目も可愛く、調理しやすさもアップします。

清潔で美しいキッチンに自分らしさをプラスして

使いやすいキッチンは、家事をスムーズにしてくれるだけでなく、家族がコミュニケーションを取りやすくなりそうですね。清潔で美しい空間を目指しつつ、収納の位置やデザインにこだわって使いやすさをプラスしてみてください。
出典:

使いやすいキッチンは、家事をスムーズにしてくれるだけでなく、家族がコミュニケーションを取りやすくなりそうですね。清潔で美しい空間を目指しつつ、収納の位置やデザインにこだわって使いやすさをプラスしてみてください。

キッチンから広がる楽しい暮らし。あなたもお気に入りのキッチン用品が映える素敵なキッチンを実現してくださいね。
出典:

キッチンから広がる楽しい暮らし。あなたもお気に入りのキッチン用品が映える素敵なキッチンを実現してくださいね。

素敵な画像のご協力ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info