母の日のプレゼントに悩んだら* カーネーションじゃなくても◎素敵な「お花の贈り方」

母の日のプレゼントに悩んだら* カーネーションじゃなくても◎素敵な「お花の贈り方」

もうすぐやってくる「母の日」。定番のフラワーギフトは、贈ったり・贈られたりする機会が意外に少ないもの。切花はタイムリミットがありますが、フレッシュな花の美しさや華やかさは、他ではなかなか敵いません。カーネーションにこだわらず、母の日にはお花の贈り物をしませんか?上手なオーダー方法から、自分でアレンジするときのポイント、おすすめのフラワーベースや手軽なフラワーギフトまで、幅広くご紹介します。 2018年04月12日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
プレゼント
フラワーベース
母の日
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
128

お母さん、いつもありがとう

一年に一度、いつもより素直にお母さんに「ありがとう」と伝えられる特別な日「母の日」。いつも温かく見守ってくれるお母さんに感謝の気持ちを伝えたいけれど…なにをあげようか、悩みどころですよね。

出典:

一年に一度、いつもより素直にお母さんに「ありがとう」と伝えられる特別な日「母の日」。いつも温かく見守ってくれるお母さんに感謝の気持ちを伝えたいけれど…なにをあげようか、悩みどころですよね。

気持があればなんでもいいとはいいますが…、大きな存在だからこそ、喜んでもらえるプレゼントを渡したい!そこで数あるギフトの中でも、今回は定番だけど華やかな「フラワーギフト」をおすすめします。

出典:

気持があればなんでもいいとはいいますが…、大きな存在だからこそ、喜んでもらえるプレゼントを渡したい!そこで数あるギフトの中でも、今回は定番だけど華やかな「フラワーギフト」をおすすめします。

想いをこめて「花束」を

一番のおすすめはフレッシュなお花(生花・せいか)の花束。受け取った時の特別感は、他ではなかなか敵いません。受け取った瞬間のお母さんも思わず笑顔がこぼれるはず♪
お花屋さんは商業施設や商店街、大きめの駅など、ほとんどの街にあって手軽に準備できるのも嬉しいところ。
花束は、既成のものやお花屋さんにお任せしてしまえば間違いありませんが、せっかくなら贈る相手に合わせて準備してみませんか♪ここでは、オーダーのポイントと自分で組み合わせるときのコツをご紹介します。

出典:

花束は、既成のものやお花屋さんにお任せしてしまえば間違いありませんが、せっかくなら贈る相手に合わせて準備してみませんか♪ここでは、オーダーのポイントと自分で組み合わせるときのコツをご紹介します。

花束をオーダーするときのポイントは二つだけ
家にお花を飾る習慣がない限り、なかなか訪れることのない「お花屋さん」。どんな風に注文すれば良いでしょうか?だいたいのお花屋さんが「どのようにしますか?」と聞いてくれるはず。最低限、伝えるべきことは「イメージ」と「予算」の二つだけです。

出典:

家にお花を飾る習慣がない限り、なかなか訪れることのない「お花屋さん」。どんな風に注文すれば良いでしょうか?だいたいのお花屋さんが「どのようにしますか?」と聞いてくれるはず。最低限、伝えるべきことは「イメージ」と「予算」の二つだけです。

イメージを伝える

〝ピンク系の優しい感じ”、〝母の日だからカーネーションを入れて欲しい”など、ざっくりでもイメージを伝えましょう。イメージがない場合は、どんなプレゼント(母の日、誕生日、入学祝など)なのかを伝えるのも◎

出典:

〝ピンク系の優しい感じ”、〝母の日だからカーネーションを入れて欲しい”など、ざっくりでもイメージを伝えましょう。イメージがない場合は、どんなプレゼント(母の日、誕生日、入学祝など)なのかを伝えるのも◎

予算を伝える

もうひとつ伝えるのは予算。お花屋さんによりますが、3,000円もあれば5~6本のお花とグリーンでボリュームのあるものができあがりそう。もちろん、お花は1本から買うもですから予算は500円でもOK。お母さんが好きなお花を1本かわいくラッピングしてもらうだけというのも素敵です。
自分でお花を選ぶときは
花束にはラッピング代やアレンジ代が含まれるので、具体的に渡したいお花が決まっているときなどは、自分で作るのもお手ごろ価格になるのでおすすめです。

出典:

花束にはラッピング代やアレンジ代が含まれるので、具体的に渡したいお花が決まっているときなどは、自分で作るのもお手ごろ価格になるのでおすすめです。

基本のアレンジは、2~3色

メインになるお花を決めてからサイドに入るお花を選ぶのがおすすめ。初心者の方は、使う色を2~3色くらいに抑えると、まとまった印象に仕上がります。

出典:

メインになるお花を決めてからサイドに入るお花を選ぶのがおすすめ。初心者の方は、使う色を2~3色くらいに抑えると、まとまった印象に仕上がります。

1種類(1色)だけでもOK

もちろん、1種類のお花だけで花束にするもの素敵♪ちょっと勇気がいりますが、大人でこなれた印象に仕上がることも。カラーなどの上品なお花はそれだけでキレイ&お値段が張るので一種類でもいいかもしれませんね。

出典:

もちろん、1種類のお花だけで花束にするもの素敵♪ちょっと勇気がいりますが、大人でこなれた印象に仕上がることも。カラーなどの上品なお花はそれだけでキレイ&お値段が張るので一種類でもいいかもしれませんね。

魔法のホワイトカラー

どんな色がいいか悩むときは、白とグリーンだけでも素敵。

出典:

どんな色がいいか悩むときは、白とグリーンだけでも素敵。

また、基本の2~3色に白を加えるのも、全体が中和されるのでおすすめです。

また、基本の2~3色に白を加えるのも、全体が中和されるのでおすすめです。

少し前は大きな花束が流行していましたが、今は丸いブーケタイプのものや、シャンペトルブーケといって(フランス語で「田舎風の」という意味)野花のような可憐な花束のブーケも人気です。どんな花束であっても、その魅力はフレッシュな花の美しさ。かたちにこだわりすぎず、楽しんでみてくださいね。

「フラワーベース」も一緒にプレゼント

予算に余裕があるときやお花の予算を低めにするなどして、フラワーベース(花瓶)を一緒にプレゼントしても喜んでもらえそう♪一度贈れば、"あの花瓶に入れるお花"を渡したくなりますね。

出典:

予算に余裕があるときやお花の予算を低めにするなどして、フラワーベース(花瓶)を一緒にプレゼントしても喜んでもらえそう♪一度贈れば、"あの花瓶に入れるお花"を渡したくなりますね。

Flora vase(Holmegaard)

デンマーク王室御用達・Holmegaard(ホルムガード)の人気アイテム「Flora vase」美しいデザインはもちろんのこと、その安定感が魅力的。どんなボリュームのお花と組み合わせてもバランスよく飾ることができますよ♪

出典: (@scope_japan)

デンマーク王室御用達・Holmegaard(ホルムガード)の人気アイテム「Flora vase」美しいデザインはもちろんのこと、その安定感が魅力的。どんなボリュームのお花と組み合わせてもバランスよく飾ることができますよ♪

SUU別注cocoon(Holmegaard)

こちらも同じく、Holmgaardのフラワーベース「Cocoon」。コロンとしたフォルムがかわいらしく、一輪でも花束でも◎野花のような可憐なお花もお似合いです。

出典:

こちらも同じく、Holmgaardのフラワーベース「Cocoon」。コロンとしたフォルムがかわいらしく、一輪でも花束でも◎野花のような可憐なお花もお似合いです。

上手なアレンジもこちらでチェック

Omaggio Glass(KAHLER)

デンマークが誇る製陶メーカー・KAHLER(ケーラー)の人気シリーズ「Omaggio」に登場したガラス製のOmaggio Glass(オマジオグラス)。美しい曲線やシルエットはそのまま、ガラスだからこその爽やかさを楽しむことができますよ。

出典:

デンマークが誇る製陶メーカー・KAHLER(ケーラー)の人気シリーズ「Omaggio」に登場したガラス製のOmaggio Glass(オマジオグラス)。美しい曲線やシルエットはそのまま、ガラスだからこその爽やかさを楽しむことができますよ。

いろいろなものをフラワーベースに

他にも、ブリキのじょうろや大きめのグラス、バスケットなどフラワーベースになりそうなものはたくさん!自分らしいアイデアで贈ってみるのも素敵ですね♪

出典:

他にも、ブリキのじょうろや大きめのグラス、バスケットなどフラワーベースになりそうなものはたくさん!自分らしいアイデアで贈ってみるのも素敵ですね♪

お花好きのお母さんには「鉢植え」

花束は切花なので、どうしてもタイムリミットがあります。もしも、ガーデニングやお花が好きなお母さんであれば、「鉢植え」でプレゼントするのもおすすめ。カーネーションの鉢植えはもちろん、寄せ植えをセルフアレンジするのも素敵です。
そのままお玄関先に置くだけで、ぱっと周りが明るくなる寄せ植えはギフトにぴったり。一鉢でも華やかなので、マンションなどにお住まいの方にもおすすめです。

出典: (@greensnap.jp)

そのままお玄関先に置くだけで、ぱっと周りが明るくなる寄せ植えはギフトにぴったり。一鉢でも華やかなので、マンションなどにお住まいの方にもおすすめです。

宿根や球根のお花を選べば、上手に育てると翌年もキレイな花を咲かせてくれる楽しみも。

出典: (@greensnap.jp)

宿根や球根のお花を選べば、上手に育てると翌年もキレイな花を咲かせてくれる楽しみも。

手軽なフラワーギフトもおすすめ

働いているお母さんや、手入れが負担にならないかな?と気になったら、飾って置くだけの手軽なフラワーギフトはいかがでしょうか。最近では、ボックスに入ったおしゃれなタイプもたくさんあるので、贈る相手のイメージにあうものを選んでみてくださいね。

出典: (@greensnap.jp)

働いているお母さんや、手入れが負担にならないかな?と気になったら、飾って置くだけの手軽なフラワーギフトはいかがでしょうか。最近では、ボックスに入ったおしゃれなタイプもたくさんあるので、贈る相手のイメージにあうものを選んでみてくださいね。

「プリザーブドフラワー」

数年前から人気のプリザーブドフラワー。一見フレッシュなアレンジメント?と思うくらいキレイで、置きっぱなしでも数年間は色の変化もなく楽しめるのが魅力です。

出典:

数年前から人気のプリザーブドフラワー。一見フレッシュなアレンジメント?と思うくらいキレイで、置きっぱなしでも数年間は色の変化もなく楽しめるのが魅力です。

「アーティフィシャルフラワー」

プリザーブドと同様、人気なのがアーティフィシャルフラワー。高品質な造花のことで、その美しいつくりがポイント。こちらのボックスは、バラの香りをつけた石膏のマカロンとセット。

出典:

プリザーブドと同様、人気なのがアーティフィシャルフラワー。高品質な造花のことで、その美しいつくりがポイント。こちらのボックスは、バラの香りをつけた石膏のマカロンとセット。

スワッグタイプのアーティフィシャルフラワーも素敵ですね。プレゼントされる方の印象はもちろん、お部屋のインテリアの印象に合うアイテムを選ぶのもいいかも♪

出典:

スワッグタイプのアーティフィシャルフラワーも素敵ですね。プレゼントされる方の印象はもちろん、お部屋のインテリアの印象に合うアイテムを選ぶのもいいかも♪

母の日には、お花の贈り物を

お花のプレゼントは定番ですが、実際にプレゼントしたりされたりする機会は少ないかもしれません。今回は母の日をテーマにご紹介しましたが、お友達の誕生日はもちろん同僚の歓送迎、年上の方へのギフトに悩んだら、ぜひ「お花」を贈ってみませんか?もちろん母の日には、「お母さん、ありがとう」のひと言もお忘れなく♪

出典:

お花のプレゼントは定番ですが、実際にプレゼントしたりされたりする機会は少ないかもしれません。今回は母の日をテーマにご紹介しましたが、お友達の誕生日はもちろん同僚の歓送迎、年上の方へのギフトに悩んだら、ぜひ「お花」を贈ってみませんか?もちろん母の日には、「お母さん、ありがとう」のひと言もお忘れなく♪

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info