温もり感じる時間に。食卓をやさしく彩る『木のテーブルウェア』

温もり感じる時間に。食卓をやさしく彩る『木のテーブルウェア』

お家に木の温もりを感じるアイテムがあると、気分がほっこり癒されますよね。だけど、木のインテリアを揃えるにはお部屋のバランスや広さを考慮しなければならず、気軽に取り入れられないのが実情です。そんなときにおすすめしたいのが、木で作られたテーブルウェア。テーブルウェアを木製に変えるだけで、毎日の食卓を温かくナチュラルに演出できます。今回は、プレートからお椀、カトラリーまで、木でできたテーブルウェアを特集します。 2018年03月14日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
食器
テーブルウェア
お椀
テーブルコーディネート
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
221

木のテーブルウェアで、食卓をナチュラルに彩ろう♪

木でできたテーブルウェアを取り入れるだけで、いつもの食卓がガラリとナチュラルな雰囲気に様変わりします。陶器のプレートや銀のカトラリーなどのテーブルウェアも素敵ですが、たまには木製にチェンジして、ほっこり温かな食卓を演出してみませんか?
温もり感じる時間に。食卓をやさしく彩る『木のテーブルウェア』

出典:

木製のテーブルウェアに盛り付ければ、何げないお料理も優しい印象に。まるでカフェを訪れたみたいに、おしゃれなランチやディナーができあがるのも大きな魅力です。

今回は、プレートからお椀、カトラリーまで、木製の素敵なテーブルウェアを厳選しました。ぜひ食卓に取り入れて、毎日の食生活をナチュラルに彩ってくださいね♪

使い勝手のいい「丸いプレート」

さくら パン皿 はちのす/木工房玄 高塚和則

高塚和則さんは、栃木県塩谷町で木の食器や家具を手づくりしている職人さんです。「さくら パン皿 はちのす」は、その名の通りさくらの木でできていて、トーストをのせるのにぴったりのサイズ感。パンの水分をお皿の木が吸収してくれるので、カリッとしたパンの食感を楽しめます。

出典:

高塚和則さんは、栃木県塩谷町で木の食器や家具を手づくりしている職人さんです。「さくら パン皿 はちのす」は、その名の通りさくらの木でできていて、トーストをのせるのにぴったりのサイズ感。パンの水分をお皿の木が吸収してくれるので、カリッとしたパンの食感を楽しめます。

パン皿としてはもちろん、デザートや和食のワンプレート用としてもおすすめ◎お皿の表面には、ハチの巣みたいな「はちのす彫り」が丁寧に彫られていて、優しい表情に仕上がっています。さくらの木でできているので、使い込むと飴色に変化していきます。

出典:

パン皿としてはもちろん、デザートや和食のワンプレート用としてもおすすめ◎お皿の表面には、ハチの巣みたいな「はちのす彫り」が丁寧に彫られていて、優しい表情に仕上がっています。さくらの木でできているので、使い込むと飴色に変化していきます。

木のお皿・器/木工 木の香 伊高匡彦

伊高匡彦さんは、奈良市で完全オーダーメイドの木の家具や小物を製作している職人さん。「木のお皿・器」は、クルミ科のブラックウォールナットで作られていて、深い色合い&重厚感があるのが特徴です。シンプルな丸いプレートですが、高級感にあふれていますね◎

出典:

伊高匡彦さんは、奈良市で完全オーダーメイドの木の家具や小物を製作している職人さん。「木のお皿・器」は、クルミ科のブラックウォールナットで作られていて、深い色合い&重厚感があるのが特徴です。シンプルな丸いプレートですが、高級感にあふれていますね◎

横から見たフォルムも、なめらかで優しい曲線を描いています。表面をガラス塗料で仕上げていますので、防水性が高く、陶器のプレートと同じように果物や前菜なども盛り付けられます。サラダからおつまみ入れまで、幅広く活用できそうです。

出典:

横から見たフォルムも、なめらかで優しい曲線を描いています。表面をガラス塗料で仕上げていますので、防水性が高く、陶器のプレートと同じように果物や前菜なども盛り付けられます。サラダからおつまみ入れまで、幅広く活用できそうです。

くるみ オーバル皿 /木工房玄 高塚和則

くるみで作られた高塚和則さんのオーバル皿。温かみがあるだけでなく、手ざわりがいいのも特徴です。楕円形のオーバル皿があれば、マフィンにレモンやジャムを添えたり、コーヒーカップを置いたりと、盛り付けるお料理の幅がグンと広がります。

出典:

くるみで作られた高塚和則さんのオーバル皿。温かみがあるだけでなく、手ざわりがいいのも特徴です。楕円形のオーバル皿があれば、マフィンにレモンやジャムを添えたり、コーヒーカップを置いたりと、盛り付けるお料理の幅がグンと広がります。

お皿の縁がゆるやかなカーブになったリム皿なので、パスタ用のプレートとしても活用できます。いつものパスタ料理を、ゆっくり丁寧な気持ちでいただけそうです。

出典:

お皿の縁がゆるやかなカーブになったリム皿なので、パスタ用のプレートとしても活用できます。いつものパスタ料理を、ゆっくり丁寧な気持ちでいただけそうです。

けやきの耳付きオーバルプレート/インディゴファニチャー 工藤悠市

工藤悠市さんは富山県南砺市で、木の家具などをデザイン・製作しています。「けやきの耳付きオーバルプレート」は、けやきで作られたプレートに耳が付いた遊び心のある一品です。厚みがあってズッシリとした佇まいなので、テーブルの主役として華やかにしてくれます。

出典:

工藤悠市さんは富山県南砺市で、木の家具などをデザイン・製作しています。「けやきの耳付きオーバルプレート」は、けやきで作られたプレートに耳が付いた遊び心のある一品です。厚みがあってズッシリとした佇まいなので、テーブルの主役として華やかにしてくれます。

素朴なおにぎりをのせるだけで、とっても絵になります◎ 重厚感があるプレートなので、盛り付けたお料理をワンランク上の高級な仕上がりに演出してくれます♪

出典:

素朴なおにぎりをのせるだけで、とっても絵になります◎ 重厚感があるプレートなので、盛り付けたお料理をワンランク上の高級な仕上がりに演出してくれます♪

デザートからおつまみまで♪「木の豆皿」は、来客用としても便利☆

さくら 小皿/ふたば工房 井筒佳幸

井筒佳幸さんは、岐阜県八百津町で木のお皿やお椀などを作っている木地職人さん。「さくら 小皿」は、さくらでできた豆皿で、丸いシンプルなデザインが特徴です。高さも10ミリと程よいサイズなので、お茶菓子をのせたり、お湯のみをのせたり、いろんな使い方を楽しめます。

出典:

井筒佳幸さんは、岐阜県八百津町で木のお皿やお椀などを作っている木地職人さん。「さくら 小皿」は、さくらでできた豆皿で、丸いシンプルなデザインが特徴です。高さも10ミリと程よいサイズなので、お茶菓子をのせたり、お湯のみをのせたり、いろんな使い方を楽しめます。

井筒さんの作品は、木を挽くところから全て手作りしています。そのため複数注文しても、それぞれ木目が異なります。素敵な豆皿に添えた和菓子やお茶をいただいたら、何気ないティータイムもほっこりした時間になりそうです。

出典:

井筒さんの作品は、木を挽くところから全て手作りしています。そのため複数注文しても、それぞれ木目が異なります。素敵な豆皿に添えた和菓子やお茶をいただいたら、何気ないティータイムもほっこりした時間になりそうです。

ボウル9cm/ki-to-te 前田充

前田充さんは、東京都立川市で無垢の木の家具やカトラリーを製作しています。手のひらにすっぽり納まる小ぶりのボールは、おつまみを入れたり、ヨーグルトやアイスを食べたりするのにぴったりのサイズです。

出典:

前田充さんは、東京都立川市で無垢の木の家具やカトラリーを製作しています。手のひらにすっぽり納まる小ぶりのボールは、おつまみを入れたり、ヨーグルトやアイスを食べたりするのにぴったりのサイズです。

おやつ用としてはもちろん、お浸しなどを入れて小鉢用としても◎素材には天然のチェリーを使っていて、すべすべと手触りが良いのも特徴です。使い続けると淡い色味が少しずつ濃くなっていき、木ならではの味わいが深まります。

出典:

おやつ用としてはもちろん、お浸しなどを入れて小鉢用としても◎素材には天然のチェリーを使っていて、すべすべと手触りが良いのも特徴です。使い続けると淡い色味が少しずつ濃くなっていき、木ならではの味わいが深まります。

こぼん(クルミ)/ ki-to-te前田充

前田充さんが手がける「こぼん」は、クルミでできた小さなお盆。16cmという程よいサイズなので、グラスと一緒にお茶菓子も添えられます。木でできた器は、洋菓子だけでなく和菓子とも相性が良いのも嬉しい♪

出典:

前田充さんが手がける「こぼん」は、クルミでできた小さなお盆。16cmという程よいサイズなので、グラスと一緒にお茶菓子も添えられます。木でできた器は、洋菓子だけでなく和菓子とも相性が良いのも嬉しい♪

お盆の側面も丁寧に彫られていて、滑り止めとしての役割も果たしています。ボウルにもこぼんにも、裏面には「ki-to-te」の刻印がされていますので、器を集める楽しみも持てそうです。

出典:

お盆の側面も丁寧に彫られていて、滑り止めとしての役割も果たしています。ボウルにもこぼんにも、裏面には「ki-to-te」の刻印がされていますので、器を集める楽しみも持てそうです。

「お椀」で、心身ともにほっこり癒されよう♪

めいぼく椀/SONOBE(ソノベ)

ソノベは、神奈川県小田原市にある木工メーカー「薗部産業」が手がけるブランド。「無理なく、無駄なく、土に還るまで」をコンセプトに、親しみやすい木の製品を展開しています。めいぼく椀はソノベを代表するテーブルウェアで、1996年にグッドデザイン賞を受賞しました。

出典:

ソノベは、神奈川県小田原市にある木工メーカー「薗部産業」が手がけるブランド。「無理なく、無駄なく、土に還るまで」をコンセプトに、親しみやすい木の製品を展開しています。めいぼく椀はソノベを代表するテーブルウェアで、1996年にグッドデザイン賞を受賞しました。

めいぼく碗の素材は、天然のぶなやけやき、くるみなど6種類。全てのお椀はろくろ木挽きで、職人さんが丁寧に形作っています。素朴でシンプルなデザインなので、お味噌汁はもちろん、シチューやサラダ、フルーツなどを添えるのも良さそうです。

出典:

めいぼく碗の素材は、天然のぶなやけやき、くるみなど6種類。全てのお椀はろくろ木挽きで、職人さんが丁寧に形作っています。素朴でシンプルなデザインなので、お味噌汁はもちろん、シチューやサラダ、フルーツなどを添えるのも良さそうです。

飯椀・汁椀/卯之松堂

卯之松堂(うのまつどう)の歴史は、1930年まで遡ります。初代・畑卯之松さんが手塗り職人として独立し、石川県加賀市で畑漆器店を設立しました。加賀市といえば、木工轆轤(ろくろ)挽きで製造されている「山中塗(やまなかぬり)」が有名ですね。畑漆器店では、山中塗の技術を用いた卯之松堂というブランドを展開し、素朴ながらもモダンなテーブルウェアを製造しています。

出典:

卯之松堂(うのまつどう)の歴史は、1930年まで遡ります。初代・畑卯之松さんが手塗り職人として独立し、石川県加賀市で畑漆器店を設立しました。加賀市といえば、木工轆轤(ろくろ)挽きで製造されている「山中塗(やまなかぬり)」が有名ですね。畑漆器店では、山中塗の技術を用いた卯之松堂というブランドを展開し、素朴ながらもモダンなテーブルウェアを製造しています。

お椀だけでなく飯碗も展開しているので、セットで揃えるのがおすすめです。さくらでできた器にはウレタン加工がされているため、ご飯がこびりつきにくく、温かいスープを入れても独特の匂いを発しません。飯碗・汁椀ともに口まわりが薄いので、口あたりが良いのも特徴です。

出典:

お椀だけでなく飯碗も展開しているので、セットで揃えるのがおすすめです。さくらでできた器にはウレタン加工がされているため、ご飯がこびりつきにくく、温かいスープを入れても独特の匂いを発しません。飯碗・汁椀ともに口まわりが薄いので、口あたりが良いのも特徴です。

スープボウル 羽反(はぞれ)/我戸幹男商店

我戸幹男商店は、石川県加賀市の山中温泉で1908年に創業しました。山中漆の伝統と現代的なデザインを融合しつつ、奇をてらわず、永く愛される製品を展開しています。「スープボウル 羽反」は、けやきでできたお椀にウレタン塗装を施した一品です。羽反とは、外側に反った口元の形状のことで、口にぴったりフィットするのが特徴です。

出典:

我戸幹男商店は、石川県加賀市の山中温泉で1908年に創業しました。山中漆の伝統と現代的なデザインを融合しつつ、奇をてらわず、永く愛される製品を展開しています。「スープボウル 羽反」は、けやきでできたお椀にウレタン塗装を施した一品です。羽反とは、外側に反った口元の形状のことで、口にぴったりフィットするのが特徴です。

「スープボウル 羽反」は、茶道で使う茶碗をヒントにデザインされました。底面が鋭角で持ちやすいため、お味噌汁の器としてだけでなく、カフェオレやお抹茶用のカップとしてもおすすめです。

出典:

「スープボウル 羽反」は、茶道で使う茶碗をヒントにデザインされました。底面が鋭角で持ちやすいため、お味噌汁の器としてだけでなく、カフェオレやお抹茶用のカップとしてもおすすめです。

「テーブル用カトラリー」で、お食事がまろやかな味わいに

桜のスプーン/koopcafe高倉清

高倉清さんは、木製のカトラリーなどを製作・販売している木工作家。「桜のスプーン」は山桜でできていて、銀のスプーンみたいに見た目がシャープなのが特徴です。くるみ油などで仕上げているため、撥水性があってお手入れがしやすいのもポイントです♪

出典:

高倉清さんは、木製のカトラリーなどを製作・販売している木工作家。「桜のスプーン」は山桜でできていて、銀のスプーンみたいに見た目がシャープなのが特徴です。くるみ油などで仕上げているため、撥水性があってお手入れがしやすいのもポイントです♪

取っ手のカーブが手にぴったりとフィットするので、持ちやすく使いやすいのも魅力。サイズもS・M・Lの3種類あり、お料理内容に応じて使いわけすることができます。シンプルなデザインは、どんな食卓にもなじんでくれます。

出典:

取っ手のカーブが手にぴったりとフィットするので、持ちやすく使いやすいのも魅力。サイズもS・M・Lの3種類あり、お料理内容に応じて使いわけすることができます。シンプルなデザインは、どんな食卓にもなじんでくれます。

スプーン/甲斐のぶお工房

甲斐のぶお工房では、作家の甲斐暢夫さんが竹や木を使ったカトラリーを製作しています。工房は大分市湯布院町にあり、甲斐さん自身も大分県出身であることから、材料には主に大分県産の孟宗竹(もうそうちく)が用いられています。孟宗竹とは、日本に生息する最も大きな竹で、ざるやかごの材料としても利用されています。

出典:

甲斐のぶお工房では、作家の甲斐暢夫さんが竹や木を使ったカトラリーを製作しています。工房は大分市湯布院町にあり、甲斐さん自身も大分県出身であることから、材料には主に大分県産の孟宗竹(もうそうちく)が用いられています。孟宗竹とは、日本に生息する最も大きな竹で、ざるやかごの材料としても利用されています。

竹は木より硬いため、カトラリーの先端を薄く仕上げることができます。竹のスプーンでスープやカレーを食べると、口あたりの良さを実感できます♪竹ならではのしなやかさもあるので、持ちやすいのも特徴です。フォークやナイフも展開されていますので、セットで揃えるとカトラリーの幅が広がりますね◎

出典:

竹は木より硬いため、カトラリーの先端を薄く仕上げることができます。竹のスプーンでスープやカレーを食べると、口あたりの良さを実感できます♪竹ならではのしなやかさもあるので、持ちやすいのも特徴です。フォークやナイフも展開されていますので、セットで揃えるとカトラリーの幅が広がりますね◎

木のれんげ/アトリエつみき屋

愛知県春日井市にあるアトリエつみき屋は、木工作家の三輪真一さんと販売担当の三輪愛子さんがご夫婦で営んでいます。天然木を使った家具や生活小物を製造したり、木工教室などを開催したりしています。「木のれんげ」は、天然木のチェリーでできていて、軽くて口あたりが優しいのが特徴です。

出典:

愛知県春日井市にあるアトリエつみき屋は、木工作家の三輪真一さんと販売担当の三輪愛子さんがご夫婦で営んでいます。天然木を使った家具や生活小物を製造したり、木工教室などを開催したりしています。「木のれんげ」は、天然木のチェリーでできていて、軽くて口あたりが優しいのが特徴です。

持ち手と底面には、彫あとを少し残しています。手作り感たっぷりで、天然木ならではの温かな雰囲気を感じることができますよ♪カレーライスや丼ものはもちろん、かき氷やグラノーラ用のカトラリーとしてもおすすめです。

出典:

持ち手と底面には、彫あとを少し残しています。手作り感たっぷりで、天然木ならではの温かな雰囲気を感じることができますよ♪カレーライスや丼ものはもちろん、かき氷やグラノーラ用のカトラリーとしてもおすすめです。

木のテーブルウェアで、お食事タイムも素敵に楽しもう♪

温もり感じる時間に。食卓をやさしく彩る『木のテーブルウェア』

出典:

テーブルウェアを変えるだけで、食卓の雰囲気がガラリと変わります。木のテーブルウェアを取り入れれば、温かみあふれるナチュラルな食卓を演出できますよ♪木のプレートやお椀、カトラリーなどを利用して、毎日のお食事タイムをもっと楽しんでくださいね☆
Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info