「男前なアイテム」をアクセントに。“ヘビーデューティー”を取り入れたコーディネートのコツ

「男前なアイテム」をアクセントに。“ヘビーデューティー”を取り入れたコーディネートのコツ

ワークシャツ、ワークパンツ、ワークブーツ、そしてMA-1...いわゆるヘビーデューティーと呼ばれるアイテム。その武骨なイメージから女性らしさとは遠いものと考えていませんか?だけど、「意外性」は着こなしを新鮮に見せてくれる重要な要素。さらに、時にはその人自身の隠れた魅力まで引き出してくれることもあるのです。そして、なんといってもヘビーデューティーなアイテムは丈夫で頼りがいがあるというのがポイントですよね。さあ、男前コーデに身を包んで、おしゃれの域を広げてみませんか? 2018年12月16日作成

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
オアスロウ
Barbour
キーワード:
コーディネート
スタイル・テイスト
メンズライク
ワークウェア
ワークテイスト
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
186

ファッションに男前アイテムを取り入れるメリットとは?

安定感とバランスの良さ

トレッキングシューズ、エンジニアブーツ、ワークブーツ...。ちょっとゴツいイメージもあるけれど、安定感は抜群。スキニーパンツやレギンスと合わせれば、足首をきゅっと見せてくれて、絶妙なバランス。
出典:

トレッキングシューズ、エンジニアブーツ、ワークブーツ...。ちょっとゴツいイメージもあるけれど、安定感は抜群。スキニーパンツやレギンスと合わせれば、足首をきゅっと見せてくれて、絶妙なバランス。

さりげなく女性らしさを引き出してくれる

ここのところ流行しているビッグシルエットのアウター。女性らしい体の曲線を隠すと、逆にほんのちょこっと露出する部分から女性らしい線の細さや柔らかさが垣間見えたりして、新鮮です。たとえば、かの有名なフランス映画「男と女」のアヌーク・エーメ。無造作に着た男物のムートンコートが彼女のセンシャルな美しさを引き立てるのは、なぜでしょう。やっぱり秘訣はビッグシルエット。そして「男物」というところにあるのかもしれません。
出典:

ここのところ流行しているビッグシルエットのアウター。女性らしい体の曲線を隠すと、逆にほんのちょこっと露出する部分から女性らしい線の細さや柔らかさが垣間見えたりして、新鮮です。たとえば、かの有名なフランス映画「男と女」のアヌーク・エーメ。無造作に着た男物のムートンコートが彼女のセンシャルな美しさを引き立てるのは、なぜでしょう。やっぱり秘訣はビッグシルエット。そして「男物」というところにあるのかもしれません。

ヘビーデューティーだからこその頼りがい

アウトドアユース向けに設計されたアイテムは、何と言っても頼りがいがあります。アウトドアでの過酷な環境、様々なアクティビティに耐える素材やデザインは、日常で着るとまさに痒いところに手が届くといった感覚。日々、気負いなく使えてかなり長持ちするので、一度手に入れたら、なかなか手放せなくなります。
出典:

アウトドアユース向けに設計されたアイテムは、何と言っても頼りがいがあります。アウトドアでの過酷な環境、様々なアクティビティに耐える素材やデザインは、日常で着るとまさに痒いところに手が届くといった感覚。日々、気負いなく使えてかなり長持ちするので、一度手に入れたら、なかなか手放せなくなります。

男前アイテムを1点持つなら...アウターがおすすめ!

男前コーデと言っても、全部を男物にしてしまうというわけではありません。どこかに1つか2つ、ユニセックスでかっこいいアイテムを投入するだけで十分。そして、秋冬シーズンなら、男前アウターが断然おすすめです。さらりと無造作に着れば、とても新鮮で魅力的な表情に映るはず。こちらのボアコートは、ボリュームもあって今の気分にぴったり。ベーシックなカラーとデザインは、ずっと飽きずに愛用することができそうです。
出典:

男前コーデと言っても、全部を男物にしてしまうというわけではありません。どこかに1つか2つ、ユニセックスでかっこいいアイテムを投入するだけで十分。そして、秋冬シーズンなら、男前アウターが断然おすすめです。さらりと無造作に着れば、とても新鮮で魅力的な表情に映るはず。こちらのボアコートは、ボリュームもあって今の気分にぴったり。ベーシックなカラーとデザインは、ずっと飽きずに愛用することができそうです。

英国の伝統的なアウトドア・カントリーウェアブランド、「Barbour(バブアー) 」。乗馬、ハンティング、フィッシングを楽しむ上流階級の人々に長年愛され続けてきたブランドなだけに、どこか品の良さも感じさせます。キッズサイズなら、女性も着用しやすく、こなれた雰囲気になりますよ。
出典:

英国の伝統的なアウトドア・カントリーウェアブランド、「Barbour(バブアー) 」。乗馬、ハンティング、フィッシングを楽しむ上流階級の人々に長年愛され続けてきたブランドなだけに、どこか品の良さも感じさせます。キッズサイズなら、女性も着用しやすく、こなれた雰囲気になりますよ。

ハンサムなイメージのあるマックコート。カジュアルに着られるアイテムだけど、どんなときも着こなしをピリッと引き締めてくれます。
出典:

ハンサムなイメージのあるマックコート。カジュアルに着られるアイテムだけど、どんなときも着こなしをピリッと引き締めてくれます。

女性らしさを引き立てちゃう!?男前トップス

ユニセックスなクルーネックデザイン、温かみのあるウール素材、そして、エルボーパッチがアクセントのニットセーター。女性にはやや大きめかなというちょっと武骨なエルボーパッチ。ボーイッシュな魅力ある女性にぴったりです。
出典:

ユニセックスなクルーネックデザイン、温かみのあるウール素材、そして、エルボーパッチがアクセントのニットセーター。女性にはやや大きめかなというちょっと武骨なエルボーパッチ。ボーイッシュな魅力ある女性にぴったりです。

ワークやミリタリーテイストはかっこよく着こなしてもいいけど、かわいらしい女性にもよく似合います。「orSlow(オアスロウ)」のプルオーバージャケットはシャツ感覚で軽く着られるのが嬉しい。袖を無造作にたくし上げてラフに着こなすのも素敵です。
出典:

ワークやミリタリーテイストはかっこよく着こなしてもいいけど、かわいらしい女性にもよく似合います。「orSlow(オアスロウ)」のプルオーバージャケットはシャツ感覚で軽く着られるのが嬉しい。袖を無造作にたくし上げてラフに着こなすのも素敵です。

ベーシックだからずっと愛用できる。男前パンツ

ユニセックスタイプのアーミーパンツは、無駄のないすっきりとしたシルエットが絶妙。裾を折り返してゆるく履くのが今の気分!
出典:

ユニセックスタイプのアーミーパンツは、無駄のないすっきりとしたシルエットが絶妙。裾を折り返してゆるく履くのが今の気分!

ベーシックアイテムによく合い、いつでもアクティブでいられるワークパンツは、本当に日常で使いやすいアイテム。コットンウール素材なら、冬の寒さ対策もばっちりですね。
出典:

ベーシックアイテムによく合い、いつでもアクティブでいられるワークパンツは、本当に日常で使いやすいアイテム。コットンウール素材なら、冬の寒さ対策もばっちりですね。

みんなの男前コーデを参考にしてみよう

ビッグシルエット!?いえ、メンズアイテムなんです。

メンズライクなアイテムじゃなくて、本物のメンズアイテムを着てみる。初めは大丈夫かな?と思うかもしれないけれど、ビッグシルエットが当たり前となった現在、周りから浮いてしまうなんてことは、ありません。ミリタリーテイストのブルゾンもブラックやネイビーを選べば、ミリタリー過ぎず、シックに着こなせますよ。
出典:

メンズライクなアイテムじゃなくて、本物のメンズアイテムを着てみる。初めは大丈夫かな?と思うかもしれないけれど、ビッグシルエットが当たり前となった現在、周りから浮いてしまうなんてことは、ありません。ミリタリーテイストのブルゾンもブラックやネイビーを選べば、ミリタリー過ぎず、シックに着こなせますよ。

上下デニムは野暮ったく見えてしまいそうだけど、敢えてメンズ用を着てみると、これがなかなかいけるんです。かっこよさとかわいらしさの絶妙な塩梅。
出典:

上下デニムは野暮ったく見えてしまいそうだけど、敢えてメンズ用を着てみると、これがなかなかいけるんです。かっこよさとかわいらしさの絶妙な塩梅。

袖のまくり方で印象が変わる

メンズアイテムはどうしても袖が大分長くなってしまうもの。そんな時は適当にクルっとまくれば、問題なし。ちょっと多めにロールアップして、インナーの袖を見せてしまうとか...そんなアレンジもできちゃいます。
出典:

メンズアイテムはどうしても袖が大分長くなってしまうもの。そんな時は適当にクルっとまくれば、問題なし。ちょっと多めにロールアップして、インナーの袖を見せてしまうとか...そんなアレンジもできちゃいます。

袖をぐぐっとたくし上げるのもアリ。ラフな着こなし方が女性の華奢な部分を引き立てます。
出典:

袖をぐぐっとたくし上げるのもアリ。ラフな着こなし方が女性の華奢な部分を引き立てます。

ミリタリー×フェミニンって、なかなか素敵

ミリタリーテイストのアウターにスカートやワンピース。一見相反するような気もしますが、着てみるととてもしっくり来るのです。男前なアウターを手に入れたら、試してみるべき組み合わせ。
出典:

ミリタリーテイストのアウターにスカートやワンピース。一見相反するような気もしますが、着てみるととてもしっくり来るのです。男前なアウターを手に入れたら、試してみるべき組み合わせ。

前出のブルゾンもワンピースと合わせると、印象がずいぶん違って見えます。鮮やかなグリーンのインナーが挿し色になっていて素敵です。
出典:

前出のブルゾンもワンピースと合わせると、印象がずいぶん違って見えます。鮮やかなグリーンのインナーが挿し色になっていて素敵です。

男前アイテムも自由自在。遊び心いっぱいのコーデ

ヴィンテージのメンズコートにスタンドカラーシャツ&セーター、そしてチノパンツ。ハンチングや手袋までプラスすれば、まるで英国紳士のよう。色の配色もバランスがよく、とってもおしゃれ。
出典:

ヴィンテージのメンズコートにスタンドカラーシャツ&セーター、そしてチノパンツ。ハンチングや手袋までプラスすれば、まるで英国紳士のよう。色の配色もバランスがよく、とってもおしゃれ。

アウトドアに似合うコーデュロイのオーバーオールにデニムジャケット。そして、足元はサイドゴアブーツ。ベレー帽や巾着型のバッグなど、その人らしい味付けが効いています。遊び心もスタイルも感じさせるコーディネート。
出典:

アウトドアに似合うコーデュロイのオーバーオールにデニムジャケット。そして、足元はサイドゴアブーツ。ベレー帽や巾着型のバッグなど、その人らしい味付けが効いています。遊び心もスタイルも感じさせるコーディネート。

様々な男前アイテム&コーデをご紹介しましたが、いかがでしたか?着こなすのに特別なコツがいるというわけではなく、割とラフな感覚でも大丈夫。ファッションアイテムを選ぶときに、メンズアイテムも視野に入れれば、きっとまた、ぐんとおしゃれの世界が広がりますよ。
画像は下記サイトからお借りしました。ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info