オシャレさんは『細身パンツ』にシフト中。バランス◎な“パンツコーデ特集”

オシャレさんは『細身パンツ』にシフト中。バランス◎な“パンツコーデ特集”

この冬は、ボアアウターやざっくりニットなど、ゆったりとしたトップスがトレンドの兆し。そんなトップスには、「細身パンツ」を合わせると、全体のバランスが整い、一気に垢抜けたスタイリングに♪そこでこちらでは、細身のパンツをバランスよく着こなすコツと、思わずマネしたくなる素敵なコーディネートをご紹介します! 2018年11月29日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
パンツ
スキニー
コーディネート
着こなし
パンツコーデ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1649

この冬、オシャレさんは”細身パンツ”にシフト中

この冬は、ボアアウターやざっくりニットなど、ゆったりとしたトップスがトレンドの兆し。そんなトップスには、「細身パンツ」を合わせると、全体のバランスが整い、一気に垢抜けたスタイリングに!
出典:

この冬は、ボアアウターやざっくりニットなど、ゆったりとしたトップスがトレンドの兆し。そんなトップスには、「細身パンツ」を合わせると、全体のバランスが整い、一気に垢抜けたスタイリングに!

パンツのシルエット細身に変えると、定番のスニーカーやバレエシューズの着こなしも、新鮮なスタイリングになりコーディネートの幅もぐんと広がりますね。
今回は、そんな細身パンツをオシャレに着こなすコツをご紹介していきます。ぜひコーデの参考にしてみてくださいね。
出典:

パンツのシルエット細身に変えると、定番のスニーカーやバレエシューズの着こなしも、新鮮なスタイリングになりコーディネートの幅もぐんと広がりますね。
今回は、そんな細身パンツをオシャレに着こなすコツをご紹介していきます。ぜひコーデの参考にしてみてくださいね。

細身パンツをキレイに穿くコツ

自分に合ったサイズ選びを

細身パンツをキレイに穿きこなすには、自分に合ったサイズ感を選ぶことが大切です。
ただ、女性はコンディションによって、むくみが気になりがちですよね。そのため、選ぶときはお尻周りや太ももは、生地が少しつまめるくらいのゆとりがあるものを選ぶと良いでしょう。
出典:

細身パンツをキレイに穿きこなすには、自分に合ったサイズ感を選ぶことが大切です。
ただ、女性はコンディションによって、むくみが気になりがちですよね。そのため、選ぶときはお尻周りや太ももは、生地が少しつまめるくらいのゆとりがあるものを選ぶと良いでしょう。

上手な丈の選び方

丈についてはお好みでOKですが、くるぶしが見えるくらいの丈だと脚のラインが美しく見えて、どんなシューズとも相性が良いのでおすすめです。
出典:

丈についてはお好みでOKですが、くるぶしが見えるくらいの丈だと脚のラインが美しく見えて、どんなシューズとも相性が良いのでおすすめです。

また、あえて丈を切らずに、ロールアップで穿いても◎バレエシューズやショートブーツと合わせれば、女性らしい雰囲気を作り出すことができます。自分のなりたいスタイルに合わせて調整しましょう。
出典:

また、あえて丈を切らずに、ロールアップで穿いても◎バレエシューズやショートブーツと合わせれば、女性らしい雰囲気を作り出すことができます。自分のなりたいスタイルに合わせて調整しましょう。

オシャレに穿きこなすコツは?

細身パンツをオシャレに穿きこなすコツは、ずばり「メリハリ」です。トップスをゆったりとしたシルエット、もしくはボリューム感のあるものにすると、コーディネートにメリハリが出て、全体のバランスが整ったオシャレなスタイリングに仕上がります。
出典:

細身パンツをオシャレに穿きこなすコツは、ずばり「メリハリ」です。トップスをゆったりとしたシルエット、もしくはボリューム感のあるものにすると、コーディネートにメリハリが出て、全体のバランスが整ったオシャレなスタイリングに仕上がります。

細身パンツは、ヒップや太もものシルエットがしっかり出てしまうので苦手…という方は、ワンピースとの重ね着や、長め丈のアウターを羽織ってカバーしつつオシャレを楽しみましょう。長め丈×細身パンツの着こなしは、縦のラインが強調されてスタイルアップ効果も期待できますよ。
出典:

細身パンツは、ヒップや太もものシルエットがしっかり出てしまうので苦手…という方は、ワンピースとの重ね着や、長め丈のアウターを羽織ってカバーしつつオシャレを楽しみましょう。長め丈×細身パンツの着こなしは、縦のラインが強調されてスタイルアップ効果も期待できますよ。

思わすマネしたくなる、細身パンツコーデ集

ボリューム感のあるニットと合わせて

冬に大活躍のニットと細身のパンツは相性抜群の組み合わせ。首元にボリュームのある存在感のあるリブニットには、すっきりとした黒のパンツを合わせ、さらにヘアスタイルもまとめることで、メリハリのある着こなしになります。
出典:

冬に大活躍のニットと細身のパンツは相性抜群の組み合わせ。首元にボリュームのある存在感のあるリブニットには、すっきりとした黒のパンツを合わせ、さらにヘアスタイルもまとめることで、メリハリのある着こなしになります。

ざっくりとしたケーブル編みニットと細身パンツの間に、シャツの裾をのぞかせることで、ワンランク上のスタイルに。足元にヒールをもってくれば、大人っぽい着こなしが楽しめます。
出典:

ざっくりとしたケーブル編みニットと細身パンツの間に、シャツの裾をのぞかせることで、ワンランク上のスタイルに。足元にヒールをもってくれば、大人っぽい着こなしが楽しめます。

ノルディック柄が目を惹くニットには、柄に含まれるカラーの細身パンツを合わせると◎手首を見せてぬけ感を出しつつ、後れ毛を残したヘアスタイルで女性らしさもプラスしてあげましょう。
出典:

ノルディック柄が目を惹くニットには、柄に含まれるカラーの細身パンツを合わせると◎手首を見せてぬけ感を出しつつ、後れ毛を残したヘアスタイルで女性らしさもプラスしてあげましょう。

ざっくりとしたベストを合わせても素敵です。インナーにシャツを着て、きれいめカジュアルコーデに仕上げましょう。すっきりとした着こなしでオフィスでもきっと好印象◎
出典:

ざっくりとしたベストを合わせても素敵です。インナーにシャツを着て、きれいめカジュアルコーデに仕上げましょう。すっきりとした着こなしでオフィスでもきっと好印象◎

ゆるりとしたシルエットのニットカーディガンと細身パンツの着こなし。長めの丈のカーディガンを選べば、気になる部分をさり気なくカバーしながらオシャレが楽しめますね。
出典:

ゆるりとしたシルエットのニットカーディガンと細身パンツの着こなし。長めの丈のカーディガンを選べば、気になる部分をさり気なくカバーしながらオシャレが楽しめますね。

トレンドのボアアウターにもぴったり!

モコモコのボリューム感が細身パンツと相性抜群。シンプルコーデには、ストールでアクセントをプラスしてあげると周りと差がつく、ひとつ上のコーデに仕上がります。
出典:

モコモコのボリューム感が細身パンツと相性抜群。シンプルコーデには、ストールでアクセントをプラスしてあげると周りと差がつく、ひとつ上のコーデに仕上がります。

ロング丈のボアアウターはバレエシューズを合わせて、ちょっぴりレディな着こなしに。黒トップス×デニムの何気ないコーディネートも、細身をのシルエットを選ぶことで、女性らしく華やかなスタイリングにまとまります。
出典:

ロング丈のボアアウターはバレエシューズを合わせて、ちょっぴりレディな着こなしに。黒トップス×デニムの何気ないコーディネートも、細身をのシルエットを選ぶことで、女性らしく華やかなスタイリングにまとまります。

ボアアウターのサイズ感はやや大きめのものを選ぶとバランス良く着こなせます。インナーをボトムスにタックインすると、すらりとしたシルエットになりスタイルアップにも繋がりますね。
出典:

ボアアウターのサイズ感はやや大きめのものを選ぶとバランス良く着こなせます。インナーをボトムスにタックインすると、すらりとしたシルエットになりスタイルアップにも繋がりますね。

ワンピースとのレイヤードでこなれたオシャレを

シャツワンピースにニットを重ね、さらに細身パンツを合わせた上級コーデ。タイツではなくあえてパンツを持ってくることでこなれたオシャレが楽しめます。
出典:

シャツワンピースにニットを重ね、さらに細身パンツを合わせた上級コーデ。タイツではなくあえてパンツを持ってくることでこなれたオシャレが楽しめます。

甘くなりがちなニットワンピースには、細身パンツとスニカーを合わせてカジュアル感をプラス。足首を少しだけ見せることでぬけ感がうまれ、重たい印象になりません。
出典:

甘くなりがちなニットワンピースには、細身パンツとスニカーを合わせてカジュアル感をプラス。足首を少しだけ見せることでぬけ感がうまれ、重たい印象になりません。

とろんとした素材感が魅力のドットワンピース。クールな黒のパンツを合わせることでヘルシーな装いに。ウエストの絞りで丈感をうまく調整しましょう。
出典:

とろんとした素材感が魅力のドットワンピース。クールな黒のパンツを合わせることでヘルシーな装いに。ウエストの絞りで丈感をうまく調整しましょう。

ショート丈アウターとはバランスがカギ!

幼くなりがちな白のダッフルコートも、細身パンツと組み合わせれば大人カジュアルに変身。白に映えるチェック柄ストールもコーディネートにメリハリを演出して、ワンランク上の着こなしを演出しています。
出典:

幼くなりがちな白のダッフルコートも、細身パンツと組み合わせれば大人カジュアルに変身。白に映えるチェック柄ストールもコーディネートにメリハリを演出して、ワンランク上の着こなしを演出しています。

ナチュラルさんに人気のボーダートップスとデニムのシンプルコーデは、アウターのボアの裏地をアクセントに使うのが上級者の着こなし。全身をネイビーとホワイト多めにすることで、冬のマリンコーデが楽しめます。
出典:

ナチュラルさんに人気のボーダートップスとデニムのシンプルコーデは、アウターのボアの裏地をアクセントに使うのが上級者の着こなし。全身をネイビーとホワイト多めにすることで、冬のマリンコーデが楽しめます。

ロング丈アウターで大人っぽく着こなす

ドレープが素敵なロングコートには、細みのブルーデニムを合わせてセンスよく仕上げましょう。トップスとボトムスをタイトにすることで、コートのラシルエトがより引き立つスタイルになりますね。
出典:

ドレープが素敵なロングコートには、細みのブルーデニムを合わせてセンスよく仕上げましょう。トップスとボトムスをタイトにすることで、コートのラシルエトがより引き立つスタイルになりますね。

ナチュラルさんの定番アイテム、ボーダーにも細身パンツはよく合います。ノーカラーのキルティングコートを合わせれば大人っぽい着こなしに。ビッグシルエットのアウターを羽織る時はインナーはできるだけスッキリまとめるとバランスが整います。
出典:

ナチュラルさんの定番アイテム、ボーダーにも細身パンツはよく合います。ノーカラーのキルティングコートを合わせれば大人っぽい着こなしに。ビッグシルエットのアウターを羽織る時はインナーはできるだけスッキリまとめるとバランスが整います。

フォーマルな印書のダブルブレストコートには、細身パンツにあえてハイカットスニーカーを合わせてカジュアルダウンするのがオシャレな着こなし。トップスを差し色にして遊び心もプラスすれば、小洒落た大人カジュアルコーデの完成です。
出典:

フォーマルな印書のダブルブレストコートには、細身パンツにあえてハイカットスニーカーを合わせてカジュアルダウンするのがオシャレな着こなし。トップスを差し色にして遊び心もプラスすれば、小洒落た大人カジュアルコーデの完成です。

パステルカラーのダッフルコートには、濃いめカラーのパンツを持ってきがちですが、あえて白を選んで全体を優しい印象にまとめましょう。黒の帽子とスニーカーで全身をサンドイッチすれば、コーディネートがきゅっと引き締まってメリハリのある着こなしに。
出典:

パステルカラーのダッフルコートには、濃いめカラーのパンツを持ってきがちですが、あえて白を選んで全体を優しい印象にまとめましょう。黒の帽子とスニーカーで全身をサンドイッチすれば、コーディネートがきゅっと引き締まってメリハリのある着こなしに。

柄アウターはトップスを無地にするのが着こなしのコツ♪小物はキチンと感のあるアイテムで揃えてブーツインすると、周りと差のつく大人のコーディネートとなります。
出典:

柄アウターはトップスを無地にするのが着こなしのコツ♪小物はキチンと感のあるアイテムで揃えてブーツインすると、周りと差のつく大人のコーディネートとなります。

この冬は、細身パンツを使ったオシャレを楽しもう!

細身パンツをオシャレに着こなすコツとコーディネートをご紹介しました。スタイリングが難しく思われがちな細身パンツですが、ボリューム感のあるトップスやアウターを合わせるだけでメリハリのあるコーディネートとなり、ワンランク上の着こなしが楽しめます。今年はぜひ「細身パンツ」で冬のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。
出典: (@crouka1953)

細身パンツをオシャレに着こなすコツとコーディネートをご紹介しました。スタイリングが難しく思われがちな細身パンツですが、ボリューム感のあるトップスやアウターを合わせるだけでメリハリのあるコーディネートとなり、ワンランク上の着こなしが楽しめます。今年はぜひ「細身パンツ」で冬のオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info