Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ | Amorpropio- amorpropio.info
提供: デッカーズジャパン
サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ

サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ

ここ数年、大人のカジュアルコーデはアウトドアテイストを取り入れることがトレンドに。春夏はストラップ付きのスポーツサンダルが相変わらず人気でしたが、これからの秋冬シーズンの足元を彩るヒットアイテムはなんでしょうか。スポーツサンダルで大人気のブランド「Teva®」から発売になる新作のスニーカーにフォーカスし、その魅力と素敵なコーディネート例をご紹介します。 2018年09月05日作成

カテゴリ:
ファッション
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1602

この秋、“大人カジュアル”の必需品は「スリッポンスニーカー」

サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ

春夏コーデの足元には、今年も「スポーツサンダル」が大活躍でしたね。カジュアルな装いにはもちろん、きれい目コーデの“はずし”として合わせれば、こなれた大人っぽいカジュアルスタイルも決まります。

では、スポーツサンダルに代わる、秋冬の足元におすすめのアイテムとは?今、注目されているのは「スリッポンスニーカー」。なかでも、スポーツサンダル同様、さり気なくアウトドアテイストを取り入れるのが、この秋冬の大人カジュアルスタイルのポイントになりそうです。

知ってた?サンダルの定番ブランド「Teva」はスニーカーも素敵!

サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ

スポーツサンダルで知られる、アメリカの人気フットウェアブランド「Teva(テバ)」。夏場はヘビロテ…という方も多いのではないでしょうか?サンダルのイメージが強いですが、実は他にもさまざまなタイプのシューズがあります。

ラインナップのなかには、注目アイテムである「スリッポンスニーカー」も。サンダル同様、ほどよいアウトドア感がありながらスタイリッシュでタウンユースもよく似合う――ファッションアイテムとしても優秀な、Tevaの新作『EMBER MOC 2(エンバー モック 2)』の魅力を見てみましょう。

どう履きこなす?『EMBER MOC 2』を取り入れた“お手本”大人カジュアルコーデ

はじめての方は、どんな洋服と合わせたら……と、正解が分からず難しく感じてしまうかもしれません。そこで、『エンバー モック 2』の上手な取り入れ方のポイントを、コーディネート例と併せてご紹介します。

【Style1】リラックス感のあるシンプルなスタイルに

グレーのシンプルなゆったりニットに、黒いワイドパンツを合わせた大人のリラックススタイルは、足元も“軽さ”を出すのがポイント。オフホワイトの柔らかな色味に、さっぱりとしたシンプルなルックス、軽快な素材感のスリッポンスニーカーが、コーディネートのムードをより引き立ててくれます。

グレーのシンプルなゆったりニットに、黒いワイドパンツを合わせた大人のリラックススタイルは、足元も“軽さ”を出すのがポイント。オフホワイトの柔らかな色味に、さっぱりとしたシンプルなルックス、軽快な素材感のスリッポンスニーカーが、コーディネートのムードをより引き立ててくれます。

◎珍しいカラー展開に注目
全3色で展開されている「エンバー モック 2」ですが、アウトドア系シューズは濃い目の色味が多いなか、トーンの明るいバーチカラーは非常に珍しい色と言えそう。秋冬の装いは重たい印象になりがちなので、秋冬素材×淡いカラーのシューズが一足あるとコーディネートの幅が広がり、重宝しそうです。

全3色で展開されている「エンバー モック 2」ですが、アウトドア系シューズは濃い目の色味が多いなか、トーンの明るいバーチカラーは非常に珍しい色と言えそう。秋冬の装いは重たい印象になりがちなので、秋冬素材×淡いカラーのシューズが一足あるとコーディネートの幅が広がり、重宝しそうです。

【Style2】アクティブなカジュアルスタイルに

「モダンアウトドア」をコンセプトに作られたシューズだから、アクティブなカジュアルスタイルには相性ぴったり。オーバーシルエットのシャツや、もこもこ素材のパンツ、ニット帽といった、アウトドアテイストを取り入れたコーディネートには是非合わせてみて。トレンド感を意識するなら、ワントーンで揃えるのもおすすめです。

「モダンアウトドア」をコンセプトに作られたシューズだから、アクティブなカジュアルスタイルには相性ぴったり。オーバーシルエットのシャツや、もこもこ素材のパンツ、ニット帽といった、アウトドアテイストを取り入れたコーディネートには是非合わせてみて。トレンド感を意識するなら、ワントーンで揃えるのもおすすめです。

◎かかとを踏んで2WAYで履ける
「エンバー モック 2」の大きな特長のひとつが、かかとを踏んでクロッグサンダルのように着用することもできること。より気軽に脱ぎ履きしやすいので、ピクニックなどのシーンでもラクラク。足元のシルエットにも変化がつけられるので、ボトムスやコーディネートとのバランスを見ながら履きこなしを楽しめます。

「エンバー モック 2」の大きな特長のひとつが、かかとを踏んでクロッグサンダルのように着用することもできること。より気軽に脱ぎ履きしやすいので、ピクニックなどのシーンでもラクラク。足元のシルエットにも変化がつけられるので、ボトムスやコーディネートとのバランスを見ながら履きこなしを楽しめます。

【Style3】定番デニムのベーシックな秋スタイルに

ワードローブに欠かせない定番アイテム、デニムとの相性も抜群。シーズンレスで着用するボトムスだけに、季節感の演出は足元とのコーディネートで差がつきます。ブーツだと重たいけど、キャンバススニーカーだと……。そんなときに、中綿入りのキルティングがアッパーになったスリッポンスニーカーは、時季に寄り添ったコーデ作りのポイントに。デニム×白ソックス×カーキの「エンバー モック 2」の組み合わせは、この秋すぐに真似したい気分♪

ワードローブに欠かせない定番アイテム、デニムとの相性も抜群。シーズンレスで着用するボトムスだけに、季節感の演出は足元とのコーディネートで差がつきます。ブーツだと重たいけど、キャンバススニーカーだと……。そんなときに、中綿入りのキルティングがアッパーになったスリッポンスニーカーは、時季に寄り添ったコーデ作りのポイントに。デニム×白ソックス×カーキの「エンバー モック 2」の組み合わせは、この秋すぐに真似したい気分♪

◎歩きやすいから、嬉しい
なにより嬉しいポイントは、履き心地の快適さ。足裏にフィットする反発性の高いポリウレタンの中敷や、〈EVAフォーム〉と呼ばれる柔軟性・弾力性に優れた素材をミッドソールに使用。クッション性が高く、弾むような歩き心地です。足への衝撃も緩和されるので、秋の行楽やお出かけのお供に大活躍しそう。

なにより嬉しいポイントは、履き心地の快適さ。足裏にフィットする反発性の高いポリウレタンの中敷や、〈EVAフォーム〉と呼ばれる柔軟性・弾力性に優れた素材をミッドソールに使用。クッション性が高く、弾むような歩き心地です。足への衝撃も緩和されるので、秋の行楽やお出かけのお供に大活躍しそう。

【Style4】トラッドなスカートスタイルに

この秋冬のトレンドキーワードとして注目されている「トラッド」。自分らしく取り入れるなら、こんなミックスコーディネートはいかが?トラッドな秋色チェック柄のスカートにスリッポンスニーカーを合わせれば、程よくスポーティーに。ブラックはコーデ全体を引き締めて見せてくれるので、“はずし”として取り入れても、大人の女性らしく、きちんとまとまります。

この秋冬のトレンドキーワードとして注目されている「トラッド」。自分らしく取り入れるなら、こんなミックスコーディネートはいかが?トラッドな秋色チェック柄のスカートにスリッポンスニーカーを合わせれば、程よくスポーティーに。ブラックはコーデ全体を引き締めて見せてくれるので、“はずし”として取り入れても、大人の女性らしく、きちんとまとまります。

◎安心感のある暖かさ
中綿の入ったキルティングのアッパーは、見た目だけでなく、履いた瞬間から心地良いぬくもり感に包まれるよう。寒い時季になると、足元の冷えは切実な問題。おしゃれを楽しんでいる場合じゃ……なんてことも。アウトドアシーンにも対応している「エンバー モック 2」だからこそ、“おしゃれ”と“快適さ”の両方を叶えてくれます。

中綿の入ったキルティングのアッパーは、見た目だけでなく、履いた瞬間から心地良いぬくもり感に包まれるよう。寒い時季になると、足元の冷えは切実な問題。おしゃれを楽しんでいる場合じゃ……なんてことも。アウトドアシーンにも対応している「エンバー モック 2」だからこそ、“おしゃれ”と“快適さ”の両方を叶えてくれます。

【Style5】フェミニンなマキシ丈スタイルに

引き続きトレンドの、マキシ丈アイテムとのコーディネートもお手のもの。フェミニンな印象をカジュアルダウンして、こなれ感のあるバランスに見せてくれます。マキシ丈には挑戦したいけど、自分らしく着こなしたい――スリッポンスニーカーは、シンプル&ベーシックなおしゃれを好む方の、そんな気持ちにすっと馴染むアイテムかも知れません。マキシ丈アイテムと合わせるときは、タイツよりもレギンスなどで足首をチラリと覗かせると◎

引き続きトレンドの、マキシ丈アイテムとのコーディネートもお手のもの。フェミニンな印象をカジュアルダウンして、こなれ感のあるバランスに見せてくれます。マキシ丈には挑戦したいけど、自分らしく着こなしたい――スリッポンスニーカーは、シンプル&ベーシックなおしゃれを好む方の、そんな気持ちにすっと馴染むアイテムかも知れません。マキシ丈アイテムと合わせるときは、タイツよりもレギンスなどで足首をチラリと覗かせると◎

◎クラシックなデザインも「お気に入り」
「エンバー モック 2」の魅力は、機能性や合わせやすさだけではありません。その見た目の可愛さも、きっと気に入るはず。古きよき時代のアウトドアスタイルをイメージしてデザインされ、ソールに入ったラインや、ぬくもり感のあるニットのリブなど、どことなくクラシックな雰囲気が漂っています。モダンなのに懐かしい――不思議な感覚。そして、コロンとしたフォルムは見るほどに愛おしく思えます。

「エンバー モック 2」の魅力は、機能性や合わせやすさだけではありません。その見た目の可愛さも、きっと気に入るはず。古きよき時代のアウトドアスタイルをイメージしてデザインされ、ソールに入ったラインや、ぬくもり感のあるニットのリブなど、どことなくクラシックな雰囲気が漂っています。モダンなのに懐かしい――不思議な感覚。そして、コロンとしたフォルムは見るほどに愛おしく思えます。

好みで選べる豊富なラインナップ!

サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ

ご紹介した、Tevaの新作「エンバー モック 2」ですが、実は、昨年登場した「エンバー モック」のソール部分とアッパーのデザインをアップデートしたもの。すでに昨年人気を博し、継続展開しているモデルなのです。

三角形のキルティングステッチが特徴的な昨年モデルの「エンバー モック」は、新色の2色を加えた全4色展開。新作の「エンバー モック 2」はご紹介してきた全3色と、シリーズ全体で計7タイプから選べます。ベーシックなカラーにする?それとも、コーデのアクセントになりそうなカラー?

旬な大人カジュアルスタイルを先取ろう

サンダルの次はこれ!「スリッポンスニーカー」で作る、大人のカジュアルコーデ

「おしゃれは足元から」というフレーズがあるくらい、どんなシューズを選び、どう合わせるかでコーディネートの印象は大きく変わります。だけど、その分おしゃれも自在に楽しめるということ。スポーツサンダルを履き替える時期が来たら、迷わず、この秋冬のマストアイテムを手にしませんか?
【衣装クレジット(シューズ以外)】
〈style1〉カットソー¥19,440、パンツ¥22,680/ともにシーエヌエルゼット(アルファ PR)、ピアス¥23,760、バングル¥9,720/ともにイディアライト(イディアリズムサウンド)

〈style2〉シャツ¥27,000/ネーム、パンツ¥30,240/ノーマティーディー(ともにビームス ウィメン 渋谷)、その他スタイリスト私物

〈style3〉ニット¥19,440/アールビーエス(ビームス ウィメン 渋谷)、バッグ¥23,760/ザ ライブラリー(ザ ライブラリー 自由が丘店)、その他スタイリスト私物

〈style4〉コート¥65,880/ナナナナサーカ、スカート¥12,960/レイ ビームス(ともにビームス ウィメン 渋谷)、ブラウス¥28,080/シーエヌエルゼット(アルファ PR)、バッグ¥23,760/ザ ライブラリー(ザ ライブラリー 自由が丘店)、その他スタイリスト私物

〈style5〉ワンピース¥35,640/シーエヌエルゼット(アルファ PR)、その他スタイリスト私物

【問い合わせ先】
アルファ PR 03-5413-3546|イディアリズムサウンド 03-5773-5070|ザ ライブラリー 自由が丘店 03-3725-6121|ビームス ウィメン 渋谷 03-3780-5501
photo/Nobuki Kawaharazaki、styling/Yo Danjo、Hair&Make/Satoshi Ito、
model/Colliu(AMAZONE)

関連リンク

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info