季節の変わり目にプラス1♪初夏の「カーディガン&シャツ」の着こなしコーデ集

季節の変わり目にプラス1♪初夏の「カーディガン&シャツ」の着こなしコーデ集

爽やかな初夏の陽気かと思えば、曇りor小雨で少し肌寒い日もあり…そんな不安定な天候が交互にやってくる今の時期は、何を着たらいいか迷ってしまいますよね。そんな時は、シャツやブラウス、カーディガンなどの体温調節のしやすいアイテムを夏コーデにプラス1した服装がおすすめです。そこで今回は、インナーの基本スタイルやアイテム別のコーディネート実例を参考にしながら、季節の変わり目のお洒落を快適に楽しむための着こなしについてご紹介します。 2018年05月25日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
シャツ
カーディガン
夏コーデ
羽織
ロングカーディガン
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
263

何を着たら良いか迷う…季節の変わり目。

涼しい日と暑い日が交互にやってきて、ジャケットやコートを着るほどではないけれど肌寒い時もある…そんな今の季節は、どんな服を着たら良いか迷いますよね。

出典:

涼しい日と暑い日が交互にやってきて、ジャケットやコートを着るほどではないけれど肌寒い時もある…そんな今の季節は、どんな服を着たら良いか迷いますよね。

着脱しやすくコンパクトな「カーディガン&シャツ」がおすすめ

そんな今の季節は、コンパクトに持ち運びのできるシャツやカーディガンが便利です。着脱しやすいアイテムは、体温調節にぴったり。今回は、「シャツ&カーディガン」の基本スタイルとコーディネート実例をご紹介します。

出典:

そんな今の季節は、コンパクトに持ち運びのできるシャツやカーディガンが便利です。着脱しやすいアイテムは、体温調節にぴったり。今回は、「シャツ&カーディガン」の基本スタイルとコーディネート実例をご紹介します。

インナーの基本スタイル:シンプルな夏コーデをベースに

シャツやカーディガンをすっきり合わせるなら、これからの季節はシンプルな夏コーデをベースにしましょう。インナーには、このようなジャストサイズのトップスがおすすめです。

出典:

シャツやカーディガンをすっきり合わせるなら、これからの季節はシンプルな夏コーデをベースにしましょう。インナーには、このようなジャストサイズのトップスがおすすめです。

シャツやカーディガンを合わせた時に女性らしく決めるなら、首元の開いたタンクトップを合わせると、美しいデコルテラインが作れます。袖を通さずに羽織って肩周りを少しだけ隠すと、二の腕カバーと涼しさの両方が叶います。

出典:

シャツやカーディガンを合わせた時に女性らしく決めるなら、首元の開いたタンクトップを合わせると、美しいデコルテラインが作れます。袖を通さずに羽織って肩周りを少しだけ隠すと、二の腕カバーと涼しさの両方が叶います。

また、シャープなVネックのカットソーもおすすめです。首元をすっきりさせておけば、カーディガンやシャツを羽織ったりボリュームボトムスを合わせても、バランスよく着こなすことができます。

出典:

また、シャープなVネックのカットソーもおすすめです。首元をすっきりさせておけば、カーディガンやシャツを羽織ったりボリュームボトムスを合わせても、バランスよく着こなすことができます。

シンプルなワンピースも、カーディガンやシャツと合わせやすいアイテム。こなれ感のあるロング丈や肩掛けスタイル、ショート丈のシャツの裾を前で結んだり…コーディネートの幅も広がります。

出典:

シンプルなワンピースも、カーディガンやシャツと合わせやすいアイテム。こなれ感のあるロング丈や肩掛けスタイル、ショート丈のシャツの裾を前で結んだり…コーディネートの幅も広がります。

初夏のカーディガンコーデ

白のブラウスに同色のカーディガンを羽織った初夏らしい爽やかなコーディネート。ショート丈のカーディガン&インナーのボトムスにインで、ワイドパンツをバランスよく着こなしています◎

出典:

白のブラウスに同色のカーディガンを羽織った初夏らしい爽やかなコーディネート。ショート丈のカーディガン&インナーのボトムスにインで、ワイドパンツをバランスよく着こなしています◎

袖なしカットソーにカーティガンを肩掛けしたデニムスタイル。こんな風にあえて袖を通さずにラフに羽織ると、フェミニンな印象の着こなしに。

出典:

袖なしカットソーにカーティガンを肩掛けしたデニムスタイル。こんな風にあえて袖を通さずにラフに羽織ると、フェミニンな印象の着こなしに。

タイトな白Tシャツにプリーツスカート、黒のカーディガンを肩掛けしたスカートスタイル。質感や色の割合で、重たくなりがちなモノトーンコーデをすっきりと見せています。

出典:

タイトな白Tシャツにプリーツスカート、黒のカーディガンを肩掛けしたスカートスタイル。質感や色の割合で、重たくなりがちなモノトーンコーデをすっきりと見せています。

あたたかなテラコッタカラーのノースリーブワンピースに、肩からカーディガンを羽織った上品なスタイル。足元はカーディガンと同色の黒のバブーシュサンダルで抜け感をプラスしています。

出典:

あたたかなテラコッタカラーのノースリーブワンピースに、肩からカーディガンを羽織った上品なスタイル。足元はカーディガンと同色の黒のバブーシュサンダルで抜け感をプラスしています。

初夏のシャツコーデ

襟ぐりの開いた白Tシャツに同色のシャツを合わせて爽やかコーデ。暑くなったら下にタンクトップを合わせても良いですね。シャツの袖やパンツの裾をロールアップして、大人の抜け感を演出しましょう。

出典:

襟ぐりの開いた白Tシャツに同色のシャツを合わせて爽やかコーデ。暑くなったら下にタンクトップを合わせても良いですね。シャツの袖やパンツの裾をロールアップして、大人の抜け感を演出しましょう。

白のタンクトップをインナーに、ゆったたりとしたブラウスを合わせたデニムコーデ。首元が広めに開いたタンクトップは、シャツのボタンを開けて着た時に、デコルテラインを女性らしく見せてくれます。

出典:

白のタンクトップをインナーに、ゆったたりとしたブラウスを合わせたデニムコーデ。首元が広めに開いたタンクトップは、シャツのボタンを開けて着た時に、デコルテラインを女性らしく見せてくれます。

ゆったりとした黒のノースリーブワンピースに、カシュクールブラウスを合わせることでメリハリのあるシルエットに。ロング丈×ショート丈のバランスが絶妙で、スタイルアップ効果が期待できます。

出典:

ゆったりとした黒のノースリーブワンピースに、カシュクールブラウスを合わせることでメリハリのあるシルエットに。ロング丈×ショート丈のバランスが絶妙で、スタイルアップ効果が期待できます。

キャミソールやタンクトップも、サロペットとインナーとしてなら抵抗なく着れる方も多いのでは?さらに、上からシャツやカーディガンを羽織るのはもちろん、暑い時は腰に巻けばまた違った印象に見せることができます。

出典:

キャミソールやタンクトップも、サロペットとインナーとしてなら抵抗なく着れる方も多いのでは?さらに、上からシャツやカーディガンを羽織るのはもちろん、暑い時は腰に巻けばまた違った印象に見せることができます。

ボーダートップス×デニムのシンプルスタイルに、ロングシャツワンピースを羽織るコーデは今年も人気。Iラインを作ることですっきりと大人っぽい着こなしに。

出典:

ボーダートップス×デニムのシンプルスタイルに、ロングシャツワンピースを羽織るコーデは今年も人気。Iラインを作ることですっきりと大人っぽい着こなしに。

プラス1アイテムで、お洒落で快適な初夏コーデを♪

シンプルな夏コーデをベースに、シャツやカーディガンを一枚プラスするだけで、季節の変わり目の気温の変化に柔軟に対応できますね。今回の記事を参考に、初夏のお洒落を快適に楽しみましょう。

出典:

シンプルな夏コーデをベースに、シャツやカーディガンを一枚プラスするだけで、季節の変わり目の気温の変化に柔軟に対応できますね。今回の記事を参考に、初夏のお洒落を快適に楽しみましょう。

Amorpropioアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info