提供: タパック株式会社
2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

ただ時間を知るための道具ではなく、アクセサリーとして手元を彩るアイテムでもある腕時計は、洋服と同じくらいわたしたちの気分を変えてくれる力があります。いつもスニーカーを履いているひとが、ヒールを履くように――「定番」の腕時計を外して、女性らしさを意識させてくれる“よそゆき”の腕時計としておすすめのブランドと、アイテムを紹介します。 2018年04月11日作成

カテゴリ:
ファッション
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
773

1本目は、無意識に着けられる「定番」を

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

大人の女性の“たしなみ”として身に着けたいアイテム――腕時計。時間を知るならスマホで…という時代ですが、腕元をチラリと確認する所作は、誰の目にもスマートに映ります。実用性だけでなく、ファッションの一部でもあるので、なるべくコーディネートに合わせやすいものをと、シンプルでベーシックなデザインの腕時計が人気のようです。確かに、まずは自分の「定番」になる腕時計を1本持っておきたいですね。

2本目には気分を変えられる「新鮮さ」を

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

例えばドレスアップをすると背筋が伸びるように、腕時計も“着替える”ことで気分を変えることができます。すでに「定番」を1本持っているならば、2本目はいつもよりも“よそゆき顔”になれるものがおすすめ。

では、具体的にどんな腕時計がいいのでしょうか。わたしたちの憧れである女性たち――パリジェンヌが愛するアイテムからヒントを見つけてみませんか?

“Made in FRANCE”の風薫る『ピエール・ラニエ』

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

ブランド設立から40周年を迎えたフランスの老舗ファッションウォッチブランド「PIERRE LANNIER(ピエール・ラニエ)」。“フランス製の腕時計”と聞くと、あまり馴染みがない方も多いかも知れません。しかし、日本に上陸して30年、著名人にもコレクターがいるほど、多くの人を魅了しているブランドです。

ピエール・ラニエのブランドコンセプトは、ずばり「着替え用の時計」。洋服を着替えるように、腕時計も気分に合わせて変えて装いを楽しまない?そんな問いかけを感じる、バリエーション豊富なラインナップ
が、パリジェンヌをはじめ、おしゃれに貪欲な女性たちの心をつかんでいるのでしょうか。

パリから届いたばかり!手元に華を添える新作腕時計

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

4月11日より、この春の新作が店頭に入荷したそう。「日常に華を。」というインスピレーションでデザインされた『Eolia(エオリア)』シリーズは、文字盤に施された装飾が特徴的でとても華やか。浮き立つ春の気分がそのまま手元に咲いたようなイメージです。

女性らしさを引き出す繊細なデザイン

エオリアシリーズ最大の特徴は、彫刻のように立体的に施された文字盤のデザイン。滑らかな曲線で繊細に描かれているのは、エレガントなフローラル模様です。
インデックスにはさり気なく石をあしらい、ジュエリーのような煌き。着けるだけで女性らしい手元が演出できます。お呼ばれや、おめかしをしてレストランへ食事に行く、といったシーンに“着替える”にはぴったり。

エオリアシリーズ最大の特徴は、彫刻のように立体的に施された文字盤のデザイン。滑らかな曲線で繊細に描かれているのは、エレガントなフローラル模様です。
インデックスにはさり気なく石をあしらい、ジュエリーのような煌き。着けるだけで女性らしい手元が演出できます。お呼ばれや、おめかしをしてレストランへ食事に行く、といったシーンに“着替える”にはぴったり。

デザイン画のスケッチを忠実に再現した文字盤の装飾。フランスの職人たちの丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

デザイン画のスケッチを忠実に再現した文字盤の装飾。フランスの職人たちの丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

トレンドorベーシック?好みで楽しめる

一口に「女性らしい」と言っても、一人ひとり個性があり、魅力もまた違います。エオリアシリーズは文字盤・ケースのカラー、ベルトの素材・色のバリエーションを揃えることで多彩な花を咲かせています。

シルバーとピンクゴールドの2色で展開されているのは、ここ最近注目されている金属のメッシュベルト。よりアクセサリー感覚で着けることができ、フェミニンな印象です。ナチュラルな洋服と合わせて、トレンド感のある装いを楽しんで。

一口に「女性らしい」と言っても、一人ひとり個性があり、魅力もまた違います。エオリアシリーズは文字盤・ケースのカラー、ベルトの素材・色のバリエーションを揃えることで多彩な花を咲かせています。

シルバーとピンクゴールドの2色で展開されているのは、ここ最近注目されている金属のメッシュベルト。よりアクセサリー感覚で着けることができ、フェミニンな印象です。ナチュラルな洋服と合わせて、トレンド感のある装いを楽しんで。

一方、同じケースと文字盤でも、レザーベルトのタイプになるとベーシックな印象に。ベルトのカラーは全6色。それぞれ文字盤のカラーも変わってくるので、一つひとつ雰囲気が違って見えます。決してカジュアルではなく、どことなくエレガントなので、普段着に合わせても上品に決まります。

一方、同じケースと文字盤でも、レザーベルトのタイプになるとベーシックな印象に。ベルトのカラーは全6色。それぞれ文字盤のカラーも変わってくるので、一つひとつ雰囲気が違って見えます。決してカジュアルではなく、どことなくエレガントなので、普段着に合わせても上品に決まります。

生粋のパリジェンヌが「エオリアのある暮らし」を発信中

現在、フランスで多大な影響力をもつ人物のひとりとして知られている、女優・モデルのAndy Rowski(アンディー・ロフスキー)。彼女が「ピエール・ラニエ」のアンバサダーとして、実際にライフスタイルに取り入れた様子をインスタグラムで発信しています。
なんでも自分らしく着こなす、パリジェンヌのセンスを参考にしてみませんか?

現在、フランスで多大な影響力をもつ人物のひとりとして知られている、女優・モデルのAndy Rowski(アンディー・ロフスキー)。彼女が「ピエール・ラニエ」のアンバサダーとして、実際にライフスタイルに取り入れた様子をインスタグラムで発信しています。
なんでも自分らしく着こなす、パリジェンヌのセンスを参考にしてみませんか?

アンティークムードに惹かれる、八角形の腕時計

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

せっかくなので、ピエール・ラニエの定番モデルからも代表的なアイテムをご紹介します。
八角形をしたケースが特徴的なシリーズ「グランモデル」はベストセラー。珍しいフォルムにくわえ、八角形は風水的に縁起が良いと言われていることからギフトとしても選ばれているとか。

「受け継がれたもの」のような愛おしい佇まい

現行品でありながら、どこかアンティークのような雰囲気が漂います。ローマ数字のインデックスや、型押しのレザーベルトとメタルのケースといった組み合わせが、そう感じさせてくれるのかも知れません。家族のイベントごとなど、特別な日にも身に着けたくなる逸品です。

現行品でありながら、どこかアンティークのような雰囲気が漂います。ローマ数字のインデックスや、型押しのレザーベルトとメタルのケースといった組み合わせが、そう感じさせてくれるのかも知れません。家族のイベントごとなど、特別な日にも身に着けたくなる逸品です。

シンプルで“永遠”を感じるデザイン

並んでいるのは全て同じ「グランモデル」。ケースのカラーは3色ですが、実はベルトの種類がとっても豊富。革の種類とカラーの掛け合わせで数十種類にもなります。ベルトだけでも販売しており、色々なカラーバリエーションが楽しめます。

だから長年使っているうちに飽きてしまったり、新しい時計が欲しくなったりしても、ベルトを変えるだけで大丈夫。文字盤自体はとってもシンプルで飽きのこないデザインなので、そのときの気分でベルトを選びながら、賢くずっと使い続けることができそう。

並んでいるのは全て同じ「グランモデル」。ケースのカラーは3色ですが、実はベルトの種類がとっても豊富。革の種類とカラーの掛け合わせで数十種類にもなります。ベルトだけでも販売しており、色々なカラーバリエーションが楽しめます。

だから長年使っているうちに飽きてしまったり、新しい時計が欲しくなったりしても、ベルトを変えるだけで大丈夫。文字盤自体はとってもシンプルで飽きのこないデザインなので、そのときの気分でベルトを選びながら、賢くずっと使い続けることができそう。

「新しい自分」を探しに行こう

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

ピエール・ラニエは東京・銀座ファイブ内にある直営店のほかに、全国の百貨店、ウォッチ専門店などで直接手に取ることができます。ご紹介した新作の「エオリア」をはじめ、定番モデルなど豊富なラインナップのなかから、新しい自分へ導いてくれる1本を探しに行きませんか?

オリジナルジュートバッグがもらえるフェア開催!

4月20日(金)~5月13日(日)までのフェア期間中、全国のオンタイム、move by On timeにてピエール・ラニエの時計をお買い上げの方に先着でピエール・ラニエロゴ入りジュート(麻製)バッグをプレゼント。
2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

(無くなり次第終了となります。開催期間は店舗によって多少異なる場合がございます。また、お店により取扱の無い店舗もございます。詳しくは店頭またはタパックへお問い合わせください。)

洋服を着替えるように、腕時計を替えてみよう

2本目に欲しいのは脱、定番。新しい自分と出会える【フランス製の腕時計】

女性ならば誰もが、ときには“ひと味違う自分”を装いたいもの。洋服やメイクで気分を変えるように、手元を彩る腕時計も「着替え」を用意しておきましょう。

この春、新しい自分を咲かせてみませんか。
icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info