去年と同じになってない?定番のデニムシャツこそスタイリングに工夫しよう♪

去年と同じになってない?定番のデニムシャツこそスタイリングに工夫しよう♪

オフの日にまといたくなるデニムシャツ。定番のアイテムではありますが、スタイリングにはトレンド感を取り入れることが大切です。お手本コーディネートをチェックして、今年らしい着こなし方を研究してみましょう♪ 2018年03月19日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
トップス
シャツ
デニムシャツ
大人カジュアル
定番服
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
168

春の装いに欠かせないデニムシャツ

ちょうどいい肉厚感と、高い着回し力。私たちのワードローブを支えてくれるそんなデニムシャツは、春のファッションには欠かせない存在です。
そこで今回は、今年真似したいデニムシャツの着こなし方を、コーディネートのテイスト別に大特集。要チェックな“ひとくせ”アイテムもご紹介しますよ♪
出典:

ちょうどいい肉厚感と、高い着回し力。私たちのワードローブを支えてくれるそんなデニムシャツは、春のファッションには欠かせない存在です。
そこで今回は、今年真似したいデニムシャツの着こなし方を、コーディネートのテイスト別に大特集。要チェックな“ひとくせ”アイテムもご紹介しますよ♪

1. デニムシャツを大人カジュアルに着る

ブルー系ワントーンで爽やかに

青空みたいな水色のデニムシャツに、深いネイビーのパンツをセット。これからの季節にぴったりな、後味のいいワントーンコーディネートです。
出典:

青空みたいな水色のデニムシャツに、深いネイビーのパンツをセット。これからの季節にぴったりな、後味のいいワントーンコーディネートです。

スカートスタイルにさらりと羽織って

2枚目のデニムシャツをお探しの方には、ライトな着心地のヒッコリータイプがおすすめ。細いストライプ柄が、着こなしをリズミカルにしてくれますよ♪
出典:

2枚目のデニムシャツをお探しの方には、ライトな着心地のヒッコリータイプがおすすめ。細いストライプ柄が、着こなしをリズミカルにしてくれますよ♪

ボタンを上まで閉めてカッチリと

休日仕様のラフスタイルも、ボタンをきちんと閉めれば上品な印象に。ウォッシュの効いていないインディゴブルーなら、清潔感のあるイメージに持ち込めます。
出典:

休日仕様のラフスタイルも、ボタンをきちんと閉めれば上品な印象に。ウォッシュの効いていないインディゴブルーなら、清潔感のあるイメージに持ち込めます。

2. デニムシャツをフェミニンに着る

レディ小物でキレイめに♪

デニムシャツを女性らしく味付けしたいときは、つば広帽子にパンプスなど、フェミニティ薫る小物たちの力を借りて。スキッパータイプのプルオーバーなら、春夏のボヘミアンルックにもマッチしそうです。
出典:

デニムシャツを女性らしく味付けしたいときは、つば広帽子にパンプスなど、フェミニティ薫る小物たちの力を借りて。スキッパータイプのプルオーバーなら、春夏のボヘミアンルックにもマッチしそうです。

顔回りをすっきり見せるVネック

デニムシャツにはちょっと珍しいノーカラー&Vネック。首元がほんの少し覗くことで、コーディネートもグッとマチュアなテイストにシフトします。
出典:

デニムシャツにはちょっと珍しいノーカラー&Vネック。首元がほんの少し覗くことで、コーディネートもグッとマチュアなテイストにシフトします。

春風が舞い込むふんわりシルエット

胸回りの細やかなギャザーに、ふわっとエアリーなボリュームスリーブ。メンズっぽいイメージが強いデニムシャツも、そんな甘ディテールなら清楚なムードで着こなせます。
出典:

胸回りの細やかなギャザーに、ふわっとエアリーなボリュームスリーブ。メンズっぽいイメージが強いデニムシャツも、そんな甘ディテールなら清楚なムードで着こなせます。

衿元のフリルが愛くるしい

控えめに立ち上がったスタンドネックのデニムシャツ。衿がフリルデザインになっているので、ふとした表情もソフトに引き立ててくれますよ。
出典:

控えめに立ち上がったスタンドネックのデニムシャツ。衿がフリルデザインになっているので、ふとした表情もソフトに引き立ててくれますよ。

後ろ姿から可憐な雰囲気を演出

一見シンプルなデニムシャツですが、バックにはギャザーがたっぷり!空気感のあるシルエットで、去り際に女性らしい余韻を残しましょう。
出典:

一見シンプルなデニムシャツですが、バックにはギャザーがたっぷり!空気感のあるシルエットで、去り際に女性らしい余韻を残しましょう。

3. デニムシャツをボーイッシュに着る

オーバーサイズが今っぽい♪

中で体が泳ぐぐらいのサイズ感なら、トレンドのスポーティールックにもばっちりフィット。インナーはイエローにして、プレーンなコーディネートにチアフルな差し色を。
出典:

中で体が泳ぐぐらいのサイズ感なら、トレンドのスポーティールックにもばっちりフィット。インナーはイエローにして、プレーンなコーディネートにチアフルな差し色を。

ドロップショルダーでこなれ感倍増

ドロップショルダーのデニムシャツは、さらに肩を落としてルーズな雰囲気をメイク。深いインディゴブルーにホワイトのステッチが映えています。
出典:

ドロップショルダーのデニムシャツは、さらに肩を落としてルーズな雰囲気をメイク。深いインディゴブルーにホワイトのステッチが映えています。

個性派デザインで自分らしさを出してみよう

ありそうでなかったタートルネック

一歩先行くデニムスタイルを追求するなら、ちょっと珍しいタートルネックなんていかが?いつものボトムを合わせるだけで、新鮮なコーディネートが完成しますよ!
出典:

一歩先行くデニムスタイルを追求するなら、ちょっと珍しいタートルネックなんていかが?いつものボトムを合わせるだけで、新鮮なコーディネートが完成しますよ!

絶妙に配された“赤”がアクセント

胸ポケットのステッチに最後のボタン、そしてチラリと見える前立て部分…。ところどころに散りばめられた「赤」が、おしゃれ感度の高さをさり気なくアピールしてくれています。
出典:

胸ポケットのステッチに最後のボタン、そしてチラリと見える前立て部分…。ところどころに散りばめられた「赤」が、おしゃれ感度の高さをさり気なくアピールしてくれています。

ルックを格上げする繊細なシワ加工

シワや折り目がつけられたデニムシャツがあれば、王道のパンツスタイルもたちまち垢抜けた仕上がりに。あえてエレガントなボトムに合わせてみても◎。
出典:

シワや折り目がつけられたデニムシャツがあれば、王道のパンツスタイルもたちまち垢抜けた仕上がりに。あえてエレガントなボトムに合わせてみても◎。

定番だからこそ“こだわり”を持って丁寧に

ベーシックアイテムとして愛され続けるデニムシャツ。親しみのある存在ゆえに、つい“何気なく”袖を通してしまいがちです。けれど、自分らしいスタイルを築くことができるのは、「いつもの洋服」を丁寧にスタイリングすればこそ。
去年と同じデニムシャツを着るという人も、その着こなし方には、自分ならではのエッセンスと、ひとさじのトレンド感を加えてみてくださいね。
出典:

ベーシックアイテムとして愛され続けるデニムシャツ。親しみのある存在ゆえに、つい“何気なく”袖を通してしまいがちです。けれど、自分らしいスタイルを築くことができるのは、「いつもの洋服」を丁寧にスタイリングすればこそ。
去年と同じデニムシャツを着るという人も、その着こなし方には、自分ならではのエッセンスと、ひとさじのトレンド感を加えてみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
Amorpropioアプリで◎

Amorpropioアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

icons- amorpropio.info Googl Play- amorpropio.info